小説のこういう表現見て笑いがとまらないんだがwwwwwwwwww


小説のこういう表現見て笑いがとまらないんだがwwwwwwwwww


1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 03:22:10.704 ID:ID:qP87leYR0.net
「よーし、鉄砲隊は発砲の準備を行え」
全員が鉄砲を構えると、鉄砲隊全軍に指示をだす。

「全軍撃てー」
バーン、バーン、バーン
孫一の合図により、各鉄砲隊より一斉に発報が開始された。前衛である大高、五十目陣の武将たちは次々に倒れていく、伊達陣へも安東勢から発砲があったが、あまりにも静かな発砲であった。
「あー、痛い」
「いてー」
「肩を打ち抜かれた」
安東勢より、阿鼻叫喚があがった。

こういうのもっと教えてwww



引用元: ・なろう小説のこれ見て笑いがとまらないんだが





勝利を確信したゲーマーの末路wwww
2: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 03:23:08.720 ID:i2GFUCTA0.net
なんかビュクッ!ビュルルル!みたいな攻撃するやつあったよな
基準として使われてたやつ



5: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 03:24:21.162 ID:LNYE1a48a.net
>>2
『それじゃ、行くぞ』
 フェルのかけ声とともにみんなが部屋の中へ飛び込んでいった。
 ザシュッ、ザシュッ、ザシュッ―――。
 ドガンッ、ドガンッ、ドガンッ―――。
「「「グォォォッ」」」
「「「ブモォォォッ」」」
 トロールとミノタウロスにフェルの風魔法と雷魔法が炸裂する。
 ズドッ、ズドッ、ズドッ、ズドッ、ズドッ―――。
「「「「「グルォォォォッ」」」」」
 火魔法を体にまとったドラちゃんが高速で移動しながらトロールの胸を次々と貫いていく。
 ビュッ、ビュッ、ビュッ、ビュッ、ビュッ―――。
「「「「「ブモォォォォッ」」」」」
 スイの酸弾がミノタウロスの腹を溶かしていく。



14: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 03:28:38.759 ID:ID:qP87leYR0.net
>>5は有名なやつだな
とんスキや孤児院じゃなくてもっとマイナーなので面白いのないかな



3: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 03:23:09.197 ID:emKhXhhpa.net
痛そうじゃねぇwwwww



6: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 03:24:52.562 ID:s3qsRbeVa.net
ある意味才能の塊



10: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 03:27:11.680 ID:9vOZwAPr0.net
なろうはバカが集まってバカを崇拝する場かだらな



11: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 03:27:16.045 ID:KcRaH8bP0.net
「あな痛し」
「よや」
みたいのを訳した説を提唱したい



13: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 03:28:36.507 ID:LNYE1a48a.net
「オレンジボールなんかおいしそう」

 エルの言葉に早乙女は聞き返した。

「オレンジボールとはなんだ?」

「あー、オレンジ色のしたとても甘い果物」

 恐らくオレンジの事を言っている事が分かった。オレンジは球体であるからそんな名前が付いているのであろうかと考える。



17: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 03:30:47.714 ID:LNYE1a48a.net
 「ケーレスさん……もうダメだ。肥料を探したけど全部使い切って無くなってる。肥料が無い以上農作物が収穫できない」
 一人の老人が私たちの元へと駆け寄ってそう告げる。その言葉にケーレスは溜め息を吐いた。
 「やっぱり全滅かぁ……こうなったら肥料の代わりになるものを探すべきだね」
 「ふむ、肥料の代わり……か」
 肥料の代わりは意外と多かったりする。例えば動物の骨、それも粉々に砕いて土に撒けば肥料にはなるが。
 だが、その考えを私は敢えて口にしない。なぜならケーレスが他の案を思い付いたようだったからだ。
 「えっとだね……土に砂糖を撒くのはどうだろうか」
 「砂糖……ですか? アレが肥料になると……!」
驚いたように目を丸くする老人。それにケーレスはこくりと頷く。
 砂糖に含まれているブドウ糖は人間や動物の栄養源になるのは当然の事で、植物ともまた例外ではない。
 土に引かれている水に砂糖を流し込む事で作物にブドウ糖が行き渡りその栄養ですくすく育つのだ。
 「ケーレスの案は悪くない。だが、一つ肝心な事を忘れている」
 「肝心な事……?」
 私の意見に首を傾げるケーレス。そんな彼女の美しい髪を撫でながら。
 「砂糖を撒けば虫が集まり作物が荒らされてしまう」
 「ああ……そういうことか。言われてみればそうだね」
 自分の意見の欠点を指摘され頷くケーレス。だが、その可能性も考慮していたのか、打開策を明示する。
 「それなら食虫植物を植えれば良いんだよ。作物と食虫植物。それを交互に植える事で虫が来ても植物がそれを防いでくれる」
 「ふむ……悪くない着眼点だな、ならばそれを実践してみよう」
 今回はケーレスの奇抜な発想に委ねる事にする。私の発想でも肥料問題は解決するが普通すぎるのだ。
 彼女の死神的発想。その発想は人智を超越した考えは見ていて飽きない。
 私とケーレスは農民たちに食虫植物を植えるのと砂糖を撒くことを指示をする。
 「な、なるほど……食虫植物にそんな使い道があったとは……同じ人間の発想とは思えない」



21: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 03:33:09.116 ID:ID:qP87leYR0.net
>>17
これはじめて見たwwww
結局砂糖まいたの?



20: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 03:32:22.559 ID:YzorEvqW0.net
てやんでぇ!男が黙っていられるかっ!  
ぶつくさ野郎一匹珍道浪漫談  

             上巻  


第一話  

てやんでぇいっ!俺は男だこんちくしょうッ!!  



朝日が昇る清い朝  

こんな清みきった朝にも野郎はその汚い面をしかめながら町を練り歩くわけで  
今日もそんな素晴らしい朝焼けに似てもにつかぬ風貌の男に周りの住民は逃げるように距離をとる  

「けっなんでぇ俺がなんかしたんっていうんでぇい」  
男は不満を漏らしながら目的もなくただ朝日で照らされた道を歩くばかりだった



23: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 03:34:31.017 ID:ID:qP87leYR0.net
>>20
これも初めて見たけどはじめから狙って笑かしにきてるやつは逆に全く笑えんな
ただのゴミ



25: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 03:36:46.147 ID:E+Fi+aJNr.net
「空気から肥料を作り出せるようになった人類は何を始めたとおもう?」

「お腹一杯たべた?」

「人の物を奪いに行ったのさ、戦争さ。」
「どし難いね、人はアンモニア、空気中の窒素を固定化する方法を編み出した。」
「ご存じの通り肥料の元だな。そして火薬の元でもある」

「人は明日のパンで敵を殺すのさ。」


こんなんよく続けられるなめんどくさすぎだろ



30: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 03:41:19.907 ID:ID:qP87leYR0.net
>>25
どし難いのとこ誤字かと思った
読みにくいw



33: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 03:41:58.418 ID:ZNWBxk8j0.net
金勘定のやつで有名なやつがあった気がするけど
なんだっけ?



36: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 03:44:00.929 ID:ID:qP87leYR0.net
>>33
それは知ってる
探してきたけどこれだろwww

店主は金貨が入った袋を取り出して金貨を棚の上に並べ始める。一枚、一枚ゆっくりと。

 「宗室くん……彼は一体何をしているんだろう」
 「金貨を用意しているのは分かるが……これは」

 私は思わず頭を抱えたくなるのをぐっと抑えて店主の行動を見る。
 彼は数えているのだ、金貨を一枚、一枚丁寧に。それはありがたい事ではあるが非効率だ。

 「すまない。少し手伝わせて貰うよ」

 袋に手を突っ込んで十枚の金貨を取り出す。それを棚の上に積み上げた。
 そしてその行為を十回繰り返す。これで十枚の金貨が十セット出来て百枚の金貨が揃った。

 「んあ、これで百枚になったって言うのかよ?」
 「ああ、数えてくれても構わない」
 「どれどれ…………本当だ百枚になってやがる!!」

 偉く驚いた様子で歓喜の声を上げる店主。
私はそんな彼の事などどうでも良いので金貨を受け取って立ち去ろうと思ったのだが。

 「アンタ何者だ! こんな革命的発想を思い付くなんて只者じゃねえな?」

 後ろから店主に呼び止められる。仕方がないので私は一度、去ろうとした歩みを止めて後ろを振り返り。

 「私の名前は島井宗室。君と同じくして、一流の商人を目指すものさ」



43: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 03:48:09.092 ID:ZNWBxk8j0.net
>>36
そうこれだwwww
VIPで初めてこれを見たときはほんと笑った
わざわざ探して貼ってくれてありがと





中1から6年引きこもってた俺の末路wwwwwwwwwwwwwww


34: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 03:42:15.554 ID:hDeE0gnM0.net
 ――違和。この世界は何かがおかしい。毛皮の綻びを綿で繕っているような、そんな不揃いの世界。彼女に聞くしかない。
「ところでバイザウェイ、ヒスイだったか、君は、その、足が悪いのかい」
 違和感の正体。異世界に転移して、初めて出会った人間が車椅子の少女。確率的にはおかしなことではない。しかし、どうにも不可解だ。
「足……? 別に、大丈夫ですよ」
 予想は確かに身中を射抜いた。彼女は足をパタパタと動かし愛想よく微笑む。そうだ、この少女は、ヒスイは、歩ける。
「じゃあ、なぜ君は、車椅子に乗っているんだ――」
 そう言いながら立ち上がって、困惑する。なぜ、この少女は私を見て【驚い】ているのか。
「あの、その、何をなさっているので?」
「……立ち上がっただけではないか?」
「立つ……?」
 ――違和、ではない。これはもはや、不和。
「君は、歩くことを知らないのか?」
 そう言って目の前の少女に見せつけるように、ただ、歩いてみせる。
「そんな――」

「――そんな移動方法があったなんて……貴方、オメガ様は、神なのですか?」



39: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 03:45:18.516 ID:ID:qP87leYR0.net
>>34
これいまいち理解できないんだがまさか立っただけで驚かれてるの?



37: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 03:44:14.762 ID:YzorEvqW0.net
男の名は寅次郎
仲のいい男達には

寅さん

っていわれてらぁ


そんな俺は一匹狼ゆらりゆらりと目的もなくこの日本列島をふらついてやがる



44: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 03:48:28.682 ID:jM1pt4N90.net
地球なめんなファンタジー!が行き過ぎるとファンタジー舐めすぎるようになるんだろうなあって



53: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 03:58:44.517 ID:Iudt+TbeE.net
意味が通ってないからな

ダイヤモンドと言い張っているが似ても似つかぬガラス玉
これが正しい使い方じゃないかな



54: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 03:59:01.494 ID:hDeE0gnM0.net
あとこれも立てたな

「何って、そりゃ、標的じゃないの?」
 ルリマの唐突な問いかけにエリーザベトはひどく当惑する。彼女の銃と心臓はただ敵を倒すためだけに存在していた。今更弾道の突き当りを確認することなど、彼女には無意味に等しく思えた。
「狙撃手が打つのは、点だ」
 ルリマはそう言い続けてガンケースに手を伸ばす。簡易的な留め金を外して重々しく蓋を開ける。彼女の腕は小銃を扱うには不格好で頼りなく感じるほどに白く、細い。
「点?」
 そうつぶやくエリーザベトの表情はどことなく不安と疑惑に満ち溢れていた。本当にこの女があの伝説の狙撃手ルリマなのか?
この女は今回の仕事を本当にやり遂げられるのか? そう言った払拭し難い疑念が彼女の脳内で絶えず渦巻いて離れない。
「スナイパーは狙撃位置について目標を観測する。ポイントと、スポットだ」
 ルリマはそんな彼女を半ば無視するかのようにライフルの組み立てを続ける。光学照準器を銃の天頂に取り付け、バイポッドを押し立てて地面に設置する。
組み上がったのはメカニカルな風貌の自動式狙撃銃。ブルパップ方式を採用した高精度オートマチックメカニカルライフル。正式名称、WA2000。
「最後の点は――」
 そう囁いた後、深く息を吸い、覗き込む。目標到達の予測時間。彼女の眼は、瞳は、既に『それ』を捉えていた。
「――ピリオドだ」



61: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 04:04:10.025 ID:L7TVoWlw0.net
>>54
笑うた



56: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 03:59:45.952 ID:9vOZwAPr0.net
言語の壁を越えたいんじゃね



58: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 04:01:58.546 ID:y4LKiWTK0.net
自分が頭よくないから相手を馬鹿ってレベルじゃないぐらに下げるのはいい発想だと思う



66: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 04:08:47.673 ID:DDNUx/ci0.net
syamuの大型ハンター云々のコピペください




68: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 04:11:04.393 ID:ID:qP87leYR0.net
>>66
これか

 大型肉食恐竜型ハンターは、小型獣型ハンターに振り向いて大きく口を開けて吠える。
 まるで獲物の邪魔するなと言われているようで、攻撃を止めて戸惑う小型獣型ハンター。
 小型獣型ハンターは大型肉食恐竜型のハンターに牙を向けて威嚇したり、吠えて威嚇している。
 大型肉食恐竜型ハンターはぶるぶると頭を振って小型獣型ハンターを片足で踏み潰す。
 大型肉食恐竜型ハンターに踏み潰された小型獣型ハンターは頭を上げて吠え、頭が地面に突く。
 小型獣型ハンターの紅い眼が点滅して消え、小型獣型ハンターからばちばちと火花が散っている。
 大型肉食恐竜型ハンターがオレに襲い掛かろうとしている小型獣型ハンターを銜えて放り投げ、口の中の砲口が伸びてキャノン砲で小型獣型ハンターを撃つ。
 小型獣型ハンターが空中で身体を起こすのも虚しく空中爆発する。
 大型肉食恐竜型ハンターは尻尾で小型獣型ハンターを薙ぎ払い、口の中の砲口からキャノン砲で小型獣型ハンターを撃っている。
 小型獣型ハンターが大型肉食恐竜型ハンターと戦っている。 



72: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 04:14:06.755 ID:9vOZwAPr0.net
>>68
こんなの思い付くやつ天才だな
書く方もしんどいだろ



70: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 04:11:41.493 ID:DDNUx/ci0.net
>>68
ありがたい



71: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 04:13:47.443 ID:ID:qP87leYR0.net
あとこれもすき

ばたん『痛てぇ』『ふぎゃあ』櫂斗は、しりもちついて。
少女は、姿中学制服だ。一瞬下着のは、ピンク色だった。
スカートの端が乱れていった。
少女の姿は、セーラー服髪の色は、金色ポニーテールしてリボンは、ピンク色だった。
櫂斗は、しりもちついた一瞬で、一瞬で、立ち上がった。
『君大丈夫?』櫂斗が心配そうに言った。
美少女は、両面の瞳の色が違ったオッドアイだった。右が赤、左が青だ。
『へぇだい……』美少女がセーラー服の乱れが気がつき声が止まった。
櫂斗は、急に逃げ出したくなって、しまった。
『あなた見た!』美少女が涙目で言ってくる。
『何も見ていないけど?』櫂斗は、右手を左右振って言った。
『本当は、み・た・ん・でしょ』美少女がガンガン攻めてくる。
『本当に見てないから』
櫂斗が女の子にぶつかった責任背負った。
『あなたの名前は』少し奥歯ギリギリならしながら言った。
『俺の名前は、銀牙櫂斗だ』櫂斗は、自分の自己紹介した。
『櫂斗ね、……バカカイト』少し間は、櫂斗のあだ名を考えもおもいつかなった。から悪口なってしまった。
『…………『バカカイト』ね君の名前は、?』
カイトは、少し敬語しようと、考えたが止めった。
『私の名前は、夜神刹那よ見た通り日本人よ。』



73: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 04:17:43.664 ID:Iudt+TbeE.net
>>71
他人の文章とか国語の教科書すらまともに読んでないだろうことが伝わってきてゾクゾクする



74: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 04:22:22.856 ID:3jjXl5MW6.net
いやいや、外国の人にしてはよく書けてるだろ



8: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 03:25:26.033 ID:3oMot1110.net
楽しそう




何処よりも最速で面白い2chまとめを見れるニュー速クオリティをお気に入り登録しよう!(スマフォONLY)




【激写】姉貴の部屋にガチで侵入したった!!!→ 結果wwwww(画像あり)

【画像】元AKBメンバーが脱がされるwwwwwwwwww

格闘技歴8年目で他のジムに未経験者のフリして体入したらwwwwww

【画像大量】切ない画像で心動いたら寝ろwwww

ホーリーランドを読んで格闘家と喧嘩した結果wwww

【壮絶人生】まだ20年間しか生きてないのに人生壮絶すぎワロリッシュwww


【閲覧注意】とんでもない胸糞漫画が発見されるwwwwwwwwwwww




  


この記事へのコメント

1.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2017年03月20日 08:38

面白さが良く解らん

2.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2017年03月20日 08:40

>>34辺りは、「立つという概念が存在しない」ことの理由付けがちゃんと説明されるなら、文章としては別におかしくないだろ。

水戸黄門を「変な親父が薬とか入れる箱をだして、何か叫んだと思ったらみんな土下座し始めてワロス」と書くのと同じだし。

3.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2017年03月20日 09:03

そのファンタジー世界の住人がこっちにきて書いた小説と思えばワンチャン?

4.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2017年03月20日 09:20

ラノベとどう違うのか分からん

5.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2017年03月20日 11:57

一回書いてみると自分も大した事無いのに気付く
普段使わない漢字は読めるけども書けないのと一緒

6.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2017年03月20日 14:35

主語と述語すら理解してないのは文章として問題外

コメントの投稿