【長編良スレ】危険な好奇心が止められません。









【長編良スレ】危険な好奇心が止められません。

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/27(日) 01:30:43.08 ID:ID:CYsKlT/k.net
初めてスレ立てました…
お手柔らかにお願いします。

私には止めたほうがいい習性があって
それは危なそうだな、って思って普通だったら行かないような所とかいっちゃったり
危なそうな人について行っちゃったりします。
沢山ありすぎてひとにはなすと
よく今まで死ななかったね?
って言われます。

書き溜めてないのでゆっくりですが暇つぶしにでも読んで欲しいです。





引用元: ・危険な好奇心が止められません。


勝利を確信したゲーマーの末路wwww
2: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/27(日) 01:42:23.94 ID:ID:CYsKlT/k.net
全ての始まりは小学校低学年の時誘拐された事が始まりでした。

私は小学校低学年の時に2回誘拐されました。
誘拐されたと言っても何日も監禁されたとかではないのでトラウトとかになるほどではないです。

1回目は夏に小学校のすぐ近くの公園で姉とお花を摘んでいたら男の人が近づいて来て手を繋がれました。
「こっちへおいで」
私は言われるがままついて行って
(公園のすぐ裏が山になっていたんですがそこにつれて行かれました)

姉といたんですがお互い花摘みに夢中でどんどん離れていってしまっていたので
姉はこちらの様子に気づいていませんでした


そしたらその男の人がズボンを脱いで
こうして?と言って私の手を持って行き握らされました
『気持ち悪い…なんだろう?』
とは思いましたがなんとなく抵抗したらいけない気がしたので黙って従いました。

最後にキスもされました。(…これが私のファーストキスです。)




3: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/27(日) 01:50:07.47 ID:ID:CYsKlT/k.net
どこに住んでるの?と聞かれ
私は正直に自分の住んでる市と、何丁目らへん〜というところまで話しました

そして男の人に「あなたはどこに住んでるの?」
って聞いたら「おれは〇〇4丁目に住んでるよ
」と言われました。

そして最後にまたキスをされて
その人はどこかへ行きました。

なんだったんだろう…手洗いたいなぁ
って思って公園に戻ると姉に
「あなた何してたの?私見てたよ?」
と言われ、
何をさせられたのかとか意味は分からなかったけど
とても見られてはいけないところを見られてしまったように感じました。

家に帰ると姉が親の前でその話をしてしまい親にばれてしまいました。
親に何をされたのか聞かれ、
話したくなかったけど何をされたのか全てを話しました。




4: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/27(日) 01:58:24.31 ID:ID:CYsKlT/k.net
親に

その人は悪い人なんだよ、気を付けなさい。
と言われ「そうなのか!」と思い自分の住んでる場所を言ってしまったことと相手の住んでる場所を聞いたことを思い出しました。
「私その人に住んでる場所聞かれて話しちゃったよ…。けど、その人の住んでる場所も聞いたんだよ!〇〇4丁目って言ってた!悪い人捕まえられる?」
と言ったら親から
「〇〇は、2丁目までしかないわよ。4丁目なんてありません。」

と言われ自分が嘘をつかれたんだということをその時知りました。
ショックでした。
次の日学校へ行くと緊急全校集会が開かれ、先生が「昨日学校の近くに不審者が出ました〜」という内容でした。それを聞いてすぐに
あ、これ私の事だ

って分かりました。
先生にも呼び出されて事細かに何をされたのか聞かれました。

あんまりはなしたくないな…と思いながら話しました。




5: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/27(日) 02:07:34.49 ID:ID:CYsKlT/k.net
2回目も1人で公園で遊んでいたら男の人が近づいて来て体をベタベタ触ってきて

服の中に手を入れてきたりして

嫌だな、へんだな
とは、思いましたが口に出さず黙ってました。

手を繋がれて近くの山奥に連れて行かれました
(まぁまぁ田舎なので山に囲まれています)

その時も性的なイタズラをされました。
内容は省きます、最後まではされていません!

親には言っちゃダメだよ、と別れ際にその人に言われて私は
いうことを聞いて親には話しませんでした。

多分本能なんですが、抵抗したりしたら危ない気がする…とにかく言うことを聞こう

とその時はとっさに思っていたので抵抗はしませんでした。
だから無傷で家に帰れました。




6: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/27(日) 02:24:32.21 ID:ID:CYsKlT/k.net
中学生になり、自分が何をさせられたのかも
されたのかも
分かりました。
トラウマほどなダメージは無いけれど
なんとなく男子が嫌でした。
自分を好きになってくれるひとに対して気持ち悪い…という感情を抱いてしまってました。(別に誘拐関係なく男子にそういう感情持つ女の人って一定数いると思うのでゆうかされたせいだそうなった、とは言い難いですが影響してることは確かだと思います。)
恋愛したい!けどなんとなく気持ち悪い…という悩みを
近所にあった時計屋さんのお兄さんに相談していました。
(割とそのお兄さんは子供から人気で子供の溜まり場っぽくなっていました。私もそこに行く1人でした。)




7: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/27(日) 02:24:41.13 ID:ID:CYsKlT/k.net
そしてふと「そこまで気持ち悪いって思っちゃうって、もしかして何かあったりした?」
と聞かれ、私はあぁ、そういえばと
小学生低学年の時の誘拐の話をしました。
すると自分で思っていた以上に大きな反応が返って来ました

「えぇ!!そんなことがあったの?よく無事で帰ってこれたね、殺されちゃう子だって沢山いるんだよ?しかもそれが2回もあったなんて…もし、騒いだり抵抗したら殺されてたかもしれないね、おとなしくしてて良かったね。賢い」

と言われ、私はとてもいい気持ちになってしまいました。
『私…運がいいんだ。きっと私は死なない、すごい体験をしたけど私は生きてる。こんな経験してる子なかなか居ないわ、私は特別!』
と、とても危険な自信がついてしまいました。




8: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/27(日) 02:34:51.15 ID:sxWQduVN.net
みてるぞ




9: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/27(日) 02:53:29.82 ID:ID:CYsKlT/k.net
>>8
見てくれてる方いたんですね!
ありがとうございます、ゆっくりですが書いていきます。

2回誘拐されても無事だったから
自分は死なないという妙な自信がついてしまいました。
(これを言うとまるでこれから死ぬみたいですが死にませんよ私は生きています)


私は男性嫌悪?なのかなんなのか分かりませんがとにかく恋愛が上手くいきませんでした。
高校が家から1時間くらい電車に乗って行ってたんですが満員でよく痴漢にも遭いました。

普通、嫌だとか気持ち悪いとか思うんだろうけど私は「どうしてこういうことをするんだろう?」っていう純粋な疑問を感じていました。
男の人はみんなこういう人なのかな?っていう偏見もこの頃から持っていたと思います。

そして高校卒業して受験に落ちて
私は音大を目指して浪人していました

最初は伸び悩んだりしたものの楽しかったし良かったのですが受験前に段々と心に余裕がなくなってきて
全ての事から逃げ出したい衝動に駆られてしまいました。

そんな時フラフラ街を歩いているとありがちな水商売系の「お仕事探してませんか〜?」お兄さんに声をかけられました

普段なら絶対にスルーするのにその時魔が差してしまって私は足を止めました。




10: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/27(日) 03:03:18.30 ID:ID:CYsKlT/k.net
受かる気もしないし
じぶんで脱落するより人のせいにして足を踏み外してしまいたい

そんな事を考えてしまいました。

時給の話をされて話を聞いたもののすぐに正気に戻りました。
『私は何を考えているんだ
これから受験が控えているのに仕事をする時間なんてあるはずない、行ったら破滅だ!』

「や、やっぱりやめます!無理です!すみませんでした」
と逃げようとしたら腕を掴まれ
「話聞くだけでいいからさ、もう1人キャッチしにこの近くに来てるんだけど一緒に車で店まで行こうよ。ね?」

何度かいや、やめます!のやり取りをしたけど根負けしたのと
自暴自棄になっていたのも重なり私はついて行ってしまいました。
「車は怖いので電車なら良いです!」

と言い電車でそのお店まで行きました。
その人はあまり電車に乗らないようだったので「私にまかせてください!〇〇駅ですね!」
と言い乗り換えを調べて乗っていたんですが何回も乗り換えを間違えてしまいました
その人に
ちょっと本当に大丈夫??しっかりしてくれよ〜〜笑

と言い少し和んだ感じがしました。




11: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/27(日) 03:13:45.93 ID:ID:CYsKlT/k.net
私は電車の移動中好奇心のままに色々な事を聞きました

「どうしてこのお仕事をしているの?」

と聞くと
僕は高校卒業してから1人で東京に来て最初は清掃の仕事を住み込みでしていたんだけど紆余曲折あって今この仕事をしているんだ。

私は高校卒業してから浪人させてもらって
そんな状況なのに絶望してしまっていたので
1人で生きてきたこの人を本当に心から尊敬しました
「私は進学ですらこんなに大変だし悩んでるのに…
高校卒業してから1人で
自分の力だけで生きて居るなんて本当に尊敬します。」

そうこうしているうちにお店に着きました。
簡単な仕事内容を説明され
出来そうかな?この書類に記入して、身分証明書をコピーしたいんだけど
出してもらえる?

私は「やります。」
と言い書類に記入して身分証明書を渡しました

もう後戻りは出来ないと思った

強く言われればノーと言えない自分の性格を知っているからこそ

ずるずると引き込まれていく未来が想像できました。
アディオス受験。そう思いました。




12: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/27(日) 03:18:09.01 ID:sxWQduVN.net
押しに弱い人なのかな?
俺もアングラな場所行くの好きだよ




14: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/27(日) 03:24:32.78 ID:ID:CYsKlT/k.net
>>12

押しに弱いと思います。

相手のいう事聞かないと危険って本能に刷り込まれてるせいもあるかもしれません




15: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/27(日) 03:29:16.22 ID:YiVyA6OD.net
作家になれるよ




16: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/27(日) 04:39:56.81 ID:ID:CYsKlT/k.net
>>15 さん

ありがとうございます
う、嬉しいです!お世辞でも!
けどただ体験した事を話しているだけなので作家にはなれないかも…
すぐにネタが尽きます笑


そして書類に記入し終わり、身分証のコピーを取り終わったそのひとが身分証を返してくれました。

その後にその人が
「あ、そういえばウチは基本足かけ接客だから。お客さん1人に対して女の子1人ついてお客さんの足の上に足をかけて密着してね。あとブラも外して胸元の開いた店のドレス(?)を着てもらうからね」

と言われ私は目が点

えぇぇ????ただお酒飲んでお話するだけってさっき言ってたじゃん…!
え?え?なんで後で言うの?

「え?それってき、キスとかもするんでしょうか…?」


「強制はしないけどしたがるお客さんがほとんどだし、どんどん稼ぎたい子はするね。したほうが良いと思うよ」

「軽くちゅってのなら頑張れば出来るかもしれないけど…えっと、それってみんなやっぱりすごいキスとかしてるんでしょうか?」


「まぁここで働く女の子たちはお金稼ぎに来てるからね、そのほうがお客さんも盛り上がるしどんどん稼げるからバンバンやる子はやるよ。強制はしないけどね」

この、「強制はしないけど」の
多分絶対しないといけない流れなんだろうな感が半端なかった。

後で改めて聞いたらキャバクラだと思っていたその店はセクキャバだったらしい。

無知でバカな私は、こんなはずではなかったのにぃぃぃ
という言葉が既に頭を駆け巡っていました。




17: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/27(日) 04:55:38.12 ID:ID:CYsKlT/k.net
家に帰って親の顔が見れませんでした。


「ただいま」

ごめんなさいお母さんさようなら私

そう思って部屋に行きケータイを開くと
さっきの店の人から早速メールが届いていました

お疲れ様!今日はお店まで来てくれてありがとう。
今週の日曜日空いてる?
ご飯でも食べに行きましょう、ご馳走するよ。


ほぅほぅなるほど
こうやってアフターケアをしてちゃんと捕まえた女の子を逃げないで働かせようという魂胆なのか。
ご飯おごってもらった以上ちゃんと働かないと!
という心理にさせる気なんだ、私はそう確信した。


それからも予備校で頑張って入試の勉強などをしていましたが気分が暗く集中出来ずトイレにこもって泣いたりしていました。

そして日曜日になり私はご飯を食べに行こうという誘いに乗りました。
自分でもバカだとわかっています。

怖さよりやはり、自分の知らない世界、一体私をどんなことが待ち受けているんだろう⁉︎
という好奇心に勝つことができませんでした。

待ち合わせの駅に行くとその人は車で待っていました。

『車かーい!!怖いな、大丈夫かな。』
とはよぎったもののもうどうにでもなれ!です
ここまで来た以上
私にとってもう何も怖いものなど何も無くなっていました。




19: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/27(日) 11:29:22.73 ID:ID:CYsKlT/k.net
何が食べたい〜?

と聞かれ緊張していた私
はなんでもいいです!!

と答えお任せしました。
最初は緊張していたものの、
車の移動中話していると段々緊張が溶けていきました。


お店に着きご飯を食べながら
これからの仕事の話とかされるんだろうな〜と他人事のようにぼんやり考えていると

その人が
「面接で話した感じ、人懐っこいし君はこの仕事向いてると思う。

……実はおれ、最初は君のこと騙そうと思ってたんだ。だけど君と話してて久しぶりに心から笑えて、本当に楽しかった。君は今受験前で大変な時期なんだ。
本当に良い子だと思ったから情が湧いてしまった
君にはこの仕事はさせられない。」

と言われ唖然
え????
なんかめっちゃ良い人だった…

「ご飯に誘ったの、営業のためだと思ってました…私が逃げないように、ご飯をおごってくれたんじゃないんですね」

と素直に思ったことを言いました。
すると

「そんなことしないよ。お店に入る前の女の子をご飯に連れて行った事なんてない。
俺は三年前に、四年くらい付き合ってて結婚したいなって思ってた子が居たんだけど
振られて
それから心から笑えなくて…

けど、久しぶりに君と話してて心から笑えたんだ
こういう仕事してるから
顔だけで言ったらめちゃくちゃ可愛い子とかお店には沢山いる。
けどそう言う子以上に君には魅力を感じる。

俺と結婚して欲しい、結婚を前提に付き合って欲しい。
付き合ってくれたとしても、付き合ってくれなくても
どのみちこの仕事はさせないから安心して」

と言われました。
そういう仕事をしたら危険だとわかっていながら抑えきれない好奇心と
受験に集中しろ、やめたほうが良い
という自分の冷静な思考が打ち消しあって消えたのを感じました。

ホッとした。
助かった…そう思いました。




20: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/27(日) 11:49:01.25 ID:ID:CYsKlT/k.net
私は受験に集中したいし
恋愛のことはちょっと考えられないといいやんわりと交際はお断りしました。

それに「え、私とまだ1回しか話してないですよね?それなのに告白するって勇気ありますね…本当はもっと嫌な女かもしれないですよ?」

と言うと

「俺は好きって思ったらすぐに告白する。1日遅れてその間にもし彼氏が出来たら後悔するから。早いほうが良いよ」
と言っていました

帰りの車中その人が
飴食べる?

と聞いときたので
食べます!
と貰い舐めていると

「俺食後にはその飴舐めてるんだよね、ガム的な感覚で
あ!けどそれ最後の1つだった…半分ちょうだい」
と言われ

「え???どういうことですか?」


「口にくわえて飴出して」

言われたまま飴を半分出したら

その人の顔が一気に近付いて目の前まで来て
私の口から飴を取ると同時に唇が重なりました。

一瞬の出来事で唖然としてしまいました。

「キスされた??いったい今何がおこったんだーー!」
といい混乱してると
「君って面白いしちょっとかわってるね笑
普通飴欲しいとか言われても断るでしょ」

と笑われ

別に断りはしなかったかもしれないけど受け入れたつもりはなかったんだけどな…と思いましたが

小さい頃もすきでもなんでもない人にキスをされたこともあり

嫌だとも嬉しいともなんとも感じませんでした。

そして家の近くまで送ってもらいサヨナラしました。

後にも先にもその人に会ったのはそれが最後でした。




21: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/27(日) 12:01:01.42 ID:ID:7vpiNJ5Z.net
この経験をして私はまた自信をつけてしまいました。

今回に関しては自分から悪い方に飛び込んで行ったのに

押し戻された感じでした。

やっぱり私は運がある。ついてる。

あの日ついて行った人が本当に悪い人だったら
今頃働いて受験どころでは無くなっていただろう


危ない目に合わなかった上に

何が起きるんだろうというドキドキとスリルとちょっとの非日常が体験できて私は大満足でした。


ここで気づき始めたのですが

ヤバいかもしれない、という恐怖のドキドキを感じた時
逃げたいと思う反面
命が助かるならギリギリまでスリルを味わいたいと思うようになってきました


「怖い、命大事だ……死にたくないって思うってことは
私って今生きてる!」

と生きている実感を強く感じました。
この感覚が最高でした…




24: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/27(日) 12:50:01.63 ID:ID:7vpiNJ5Z.net
無事大学に受かって
私は大学生になりました。
夏の話です
また私は怖いことに遭いました。

(なんか痴漢しかり性的な変質者は夏が多いですね)


大学から帰って来て私の家のある住宅路に入ったら薄暗い住宅路の道角に人が立っているのが見えました
(23時を過ぎていました。)

まっすぐの道と横に曲がる道があってその角に居たその人は
道様がる方の道に行き見えなくなりました


私はそのまま歩いて行ってその分かれ道を通り過ぎようとした時視界の横にさっきの人影が居るのが見えました

『わ、曲がって行ったんじゃなくて角にまだ居たのか。でもなんでこんなところに?気持ち悪いな、変だな…』

そう思って進んでいきました
こういう感覚って100%当たりますね。


その男の人、私がその道の前を通り過ぎた瞬間こちらに向かって歩き始め私の後ろを付いてきました。

『まってまって嘘でしょ、怖い怖い。
きっと思い込み思い込み
たまたま後ろを歩いてるだけ!』

そう言い聞かせたものの怖いので
道の真ん中を歩いてた私は左の家の塀沿いに寄り、早歩きにしました。

ザッザッザッ

すると後ろの男の人も左の塀沿いに寄って私と歩幅を合わせて早歩きになりました

ザッザッザッ

これはもうヤバいと確信した私は本当に死の恐怖を感じました




25: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/27(日) 12:50:22.92 ID:ID:7vpiNJ5Z.net
『こわいよぉぉぉぉお刺されたらどうしようどうしよう死にたくない死にたくない死にたくない!!!神様助けて!』

幸いにつけられた場所から自分の家がすぐだったので

早く…!早く…!
と思い早歩きで進みました


感覚でいうと本当に影みたいにぴったりくっついてこられてる感じです。


あんなに家までの距離を遠く感じて
家までの時間を長く感じたことはありません

やっと門の前に着き
門に手をかけて門の中に入り、
閉じるために後ろを振り向いたら
黒いニット帽にマスクの男が門のすぐ前でこちらに向かって立っていました

もう目の前に立っていて目が遭いました。

『ヒッ…』心の中でそう思いましたが
本当に怖い時って何も言葉も悲鳴も出ませんでした



下に何かを持っているのが視界の端に見えましたが確認する間も無く

踵を返して家のドアを開け家の中に入りました。


助かった!!!!!!!




27: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/27(日) 13:03:06.93 ID:JcIxno46.net
仕事サボりつつ見てる




28: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/27(日) 13:11:37.13 ID:ID:7vpiNJ5Z.net
そしてすぐ鍵をかけて
親に言いました。


今家の前まで変な人につけられた、死ぬかと思った、怖かった

それを聞いて父はすぐに家から出て周りを見てきてくれましたが

もう犯人は居ませんでした…


そとのきも、追いかけられてる時は本当に怖かったし
死にたくない、怖いって思ってたのに


時間が経つにつれてその恐怖の感覚がまた快感に変わっていくのを感じました

みんな殺されるかもしれないよなんて言うけどあんなのは滅多に起きないことであって
私には関係がない

私は殺されない

やっぱり今回だってなんともなかった。

死ぬかと思ったけど今自分の心臓がドキドキしているのを感じて

自分が生きてることを強く実感しました。
私、生きてる…!
お金をかけてギャンブルを楽しむ人が居るならまさに私は自分の命をかけてギャンブルしているような感覚なんだと思います。


次の日一応警察にこの場所でこういう不審者が出ました

と報告に行きました。


警察の人曰く私が言ったような特徴(マスクとニット帽)の露出魔が出たという報告が

私が遭遇した近くで何件かあったようなので多分同一犯ということになりました。


そうか、門で振り返ってみた時視界の端にその人が何か待っているのが見えましたが

あれはナイフではなくてアレを持っていて見せたかったんだ!
と理解しました。

(見なくてよかったし叫ばなくて良かった…そういう人は女性のきゃーーー!という叫びに興奮すると聞いたことがあったので)




29: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/27(日) 13:47:17.29 ID:ID:7vpiNJ5Z.net
>>27

見てくれてありがとうございます!(^o^)/

危険な事を恐怖を感じつつも楽しんでしまう心が自分の中にあるのは
知っていましたが、


最初から恐怖が好きだったのではなく
普通の人よりそういう事に沢山遭って来てしまったからそういう心理が形成されたんだと思います。


高校生の時普通の露出魔には3回程あった事があります。
学校帰りに道で友達と遭遇していました。


そしてこれは大学に入る前だったんですが
もう1つ怖い出来事をお話ししようと思います。




30: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/27(日) 14:11:09.57 ID:ID:7vpiNJ5Z.net
私の地元は割と田舎で
夜になると人が少ないのですが

学校帰りにトイレに行きたくなり家に帰る途中にある公園のトイレに入りました。

そこには個室が2つあったのですが1つ個室が閉まっていました。

誰か入ってるんだな

そう思い特に気に留めずもう1つの個室に入り鍵を閉めドアに荷物をかけて用を足そうとした時でした。

ドアの下に少し隙間があるのですがそこに何か黒いものが見えました。
今自分が入ってきて閉めたのでドアの下にさっきまで何もなかったのは確認済みです。

何だろう?私はしゃがんで近くで見てみると
黒くて丸くてレンズのようなものが確認できました。
『これ…カメラだ。盗撮だ』


血の気がサーーッと引きました。

おそらく最初から閉まって居た個室に犯人が盗撮するために誰かが狙い待ち伏せしていたんだと確信しました。
しかも今私は思いっきりレンズを覗き込んでしまいました私が気付いた事相手は気付いただろうか?
私の顔はもう見られてばれてしまっただろうか?

絶望的な気持ちになり恐怖で、
親に電話しようかとも思ったけど電話で「今、変な人がトイレの前にいるの」なんて喋ったら相手にも聞こえてしまう。
メールをすれば良かったのですがその時はテンパってそんなことは考えられず個室の隅へ行ってただただ怯えていました。

不思議だったのがドアの向こうに誰か居るはずなのに物音1つしないんです

ただ黒いレンズが下から覗いていてその無音の時間を過ごしました。




31: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/27(日) 14:26:54.02 ID:ID:7vpiNJ5Z.net
しばらくしてレンズがサッとなくなりました。


隣の個室に誰か入ってるはずなのに、前に誰か居るはずなのに本当に物音1つせずにレンズも無くなったので不思議でした。

物音しなかったからこそ犯人はもう居なくなったのか、まだ前に居るのか、

何もわからず怖くて20分程待ったと思います。
ドアの前で待ち伏せされてて刃物で刺されたらどうしよう
まだ死にたくない死にたくない死にたくない
神様助けて下さい

心でずっとそう念じました。

何の物音もしないし
きっともう居なくなってるだろう。

そう信じて泣きそうになりながら恐怖を打ち破りドアを開けました
ドアを出て左がもう1つの個室、右が出口方面だったのですが

左を確認!個室のドアは空いていてもう犯人は居なくなっていました

そしてすぐに出口を見て誰もいない事を確認するとダッシュでトイレから出て家まで駆け抜けました

怖くて後ろも振り返らず右も左も見ずにただただ走りました。
犯人がもし居てめが遭ったらと思うと怖かった。


そして家に着きドアを閉めました


助かった……
安堵と猛烈な達成感で玄関に入ったすぐその場に座り込みました

私はゲームはあまりしないのですが
ゲームで逃げ切った達成感の喜びの
何百倍もの達成感だと思います

こうして恐怖の体験をするたびに

助かった時の喜びの快感を私は覚えてしまいました。

今回は大丈夫だったけど次は分からないよ

という警告も次第に薄れていきました

私は大丈夫、なんだかんだ大丈夫。




32: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/27(日) 14:27:45.24 ID:ID:7vpiNJ5Z.net
書きっぱなしで
送っているので後で読み返すと結構誤字脱字多いですね…すみません

気を付けます!




33: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/27(日) 14:55:58.46 ID:JcIxno46.net
>>32
誤字を指摘されず逃げ切った時の快感を覚えているのかもしれないと黙っていたんだがw




34: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/27(日) 15:23:26.78 ID:ID:CYsKlT/k.net
>>33

ちがいます〜笑
暖かく見守ってくれてありがとうございます*\(^o^)/*


私は大学で派遣のバイトをたまにしていたんですが

或る日そこで会った年上の大学生とちょっと意気投合して連絡先を交換しました。

たまに連絡をやり取りしていて仲良くなったらある日その人から

今迄誰にも打ち明けたことがない秘密の話をしようと思うんだけど聞きたい?


と来ました。
好奇心旺盛な私ですからとても興味が湧きました。

どんな話?聞きたい!!

するとその人は

僕の大学、夜に忍び込めるんだ。
夜にそこに忍び込んで話そうと思う
来ない?

と誘われました明らかに怪しいです。

これはちょっと危ないのでは…?
と流石に思いました。
会ったことあるとはいえ派遣のバイト先で1回だけです
もしかしたら怖い人かもしれません

メールで話して貰えないか頼みましたが
直接じゃないと話す気はないと言っていました。

会って聞くとしてもなぜわざわざ夜中大学に忍び込む必要があるのだろうか?

危ないかな?とは思いつつやはり
興味があったので私は行くことに決めました。
親には友達の家に泊まると嘘をつきました。

不安な気持ちと好奇心のワクワクを胸に
電車に乗りその人の最寄駅に向かいました。




37: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/27(日) 23:04:57.13 ID:+7NjM5HW.net
めっちゃきになる




38: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/28(月) 00:16:05.69 ID:ID:OfG+gO12.net
>>37
お待たせです!

その人の最寄に着いた頃にはたしか夜の22時を回っていたと思います。

その人は改札で待ってくれていました。
その人の大学に行く途中コンビニでお菓子とお酒を買って向かいました。

この時から私の心臓はかなりハイテンションでした。
今迄誰にも打ち明けたことない話って??
なんだろうなんだろう!!
楽しみだ!!

お菓子とお酒を買って夜道を世間話しながら歩いていると
気付けばすっかり恐怖は無くなっていました。

大学の門の前につき、校内に入ろうとした時はちょっとビクビクしました。(警備の方が居たので)

無意識に私はその前を通過する時にすごく速歩きになっていたみたいで笑われました

「本当わかりやすいね笑
ビビってるんでしょ〜大丈夫だから」

と言われ私は
「だってこんな時間から男女が学校に入るなんて絶対怪しいよ!
君、学生証見せて!
とか言われたらこの大学の生徒じゃないのバレる!一貫の終わり!」

警備の方にとめられることもなくあっさり大学校内侵入に成功し
その人が鍵を開けておいた窓の場所に着きました。




39: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/28(月) 00:35:05.95 ID:ID:OfG+gO12.net
ガラガラと窓を開け(腰の高さ位の位置にあった窓なので)乗り越えて侵入に成功!

学校の中は電気が消えていて真っ暗闇だった

この時ちょっと悪いことしてる感があって
ドキドキしました。

真っ暗闇な学校はなぜあんなにも不気味なのか分からないけど
普通に怖かった…暗闇が…
非常口のほんのりとした明かりしかない空間にいるとこれから何かが起きるんじゃないかという恐怖に駆り立てられた。


なぜスリルがあることってこんなに気持ちいいんだろう
やめられない…

そしてその人には私の考えてること全部バレバレだったみたいです。(私分かりやすいので)

「君は絶対来ると思ったよ。笑
好奇心旺盛って言ってたし
夜の大学に忍び込むなんてなかなか非日常でしょ?」

と言われ図星だったので
「うん、こういうのめちゃくちゃ大好き…ばれていたか…!けど怖い!怖がらせないでね!」

男「わっ!!」
私「ねぇ本当にやめてっていってる!!」

そんな話をしながら階段を上り3階まで来ました。

真っ暗な教室のドアを開けその人が
「ここにクッションとかあるから持って屋上に行こうか」

と言われたのですが真っ暗な教室が怖くて

先に入って!

と言い先に入ってもらってから私が入りました
そこにはソファーがありその上にクッションがありました
ケータイの明かりだけで薄暗く相変わらず私が
「本当怖い本当怖い、ちょっと後悔してるかも」
なんて怖がっているとその人が急に真剣な声になり

「ねぇ、こうちゃん(←私の事です好奇心のこうでこうちゃんにしました適当)」

「おれ、今からこうちゃんのこと殺そうと思ってるんだ」


暗闇の中にその声だけが響いて私の頭の中で何度も反響しました

暗くてあの人がどんな顔をしているのか、どんな目でこちらを見ているのか見えず
悪魔のように見え、

一瞬で血の気が引きました

え?この人今なんて言った?




40: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/28(月) 00:40:55.96 ID:eplpraYP.net
ヤバイヤバイヤバイヤバイ
映画みたい




41: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/28(月) 00:44:08.27 ID:ID:OfG+gO12.net
あ、ID変わったけど1です〜(つД`)ノ


その間の沈黙は3秒くらいだったのですが私にはとてつもなく長く感じました。

一瞬走馬灯に近いものが見えました
↑マジですこれ。走馬灯って見えます。

ああ私ここでこの人に殺されるんだ
嫌だな
だから危ないってちゃんと私の動物的感は働いてたのに
好奇心に勝てないばっかりに殺されるんだ。

本当に本当に後悔しました。

ごめんなさい、危険な事好きなんてもう言いません
私は死にたくありません
神様助けてください。

そんな感情
が一気に流れ

最後は
明日の新聞の記事に〇〇何者かに殺害され死亡

と載っているシーンまで頭に浮かびました




42: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/28(月) 01:16:44.60 ID:ID:R4WH5174.net
「…ねぇ?本当に待って、近付かないで」


男「ハハハ!冗談だよ、やだなぁ〜」

もうその笑ってる声も顔も人間に見えなくてサイコパスか悪魔にしか思えなくて
信じられなくて


「来ないで来ないで!!信じられない!私もう帰る!帰りたい!」

男「もう終電ないんじゃない?笑
てか嘘だよ、こうちゃんの事殺すわけないじゃん。おれに何のメリットがあるんだよ〜笑」

そんなやり取りをしているうちにまた恐怖心は消えました

『何だ…冗談だったのか…な?』


こうやってすぐに相手を信じて警戒心を解いてしまうのが私の性質です

どうやら私を怖がらせようとしてあんな事を言っただけだったようでした。

けど、長い付き合いならまだしも
たった一回しか会った事無かった相手に通じる冗談ではないと思うし
状況も状況だし、

この男の人がヤバイ人間である事は間違いないだろうと
確信しました。




43: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/28(月) 01:19:03.97 ID:eplpraYP.net
うんうん絶対にヤバイ




44: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/28(月) 01:33:37.55 ID:ID:R4WH5174.net
>>43
反応ありがとうございます!
ですよねヤバイですよね…^_^;


しかし私はなんてポジティブというか、怖いもの知らずな人間なんでしょう。

だった数分前には本当に自分の事を殺すんじゃないか⁇って恐怖を感じた人間に対して

もう恐怖を感じなくなっていました

今までも怖い目にあってるその瞬間は
怖い!今までは平気だったけど今度こそやられる!

と強く思うのに過ぎてしまうと
『なんだかんだ大丈夫、今までも大丈夫だったんだから。』

となってしまうのです
学習能力が無いとはまさにこの事です。

それに私は何のためにここに来たんだ?
…そうだ秘密の話!

秘密の話って何だよ気になるよ。それを聞くために私はリスクを背負い、スリルを味わいながらここまで来たんだ。

自分が好奇心よりも身の安全を選ぶ事なんて無いと知っていました。

身の安全は万が一のためにとるくらいのものであって大丈夫な事がほとんどだと
この身を持って体感しているから。

そんな万が一のために面白そうな出来事をみすみす逃せるだろうか⁇

私にはそんなもったい無い事できない!




45: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/28(月) 01:38:25.06 ID:eplpraYP.net
もったいないことはできないぞ!!
秘密の話はなんなんだ、、、!?




46: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/28(月) 01:59:00.01 ID:ID:R4WH5174.net
クッションを持ち、屋上に行く事になりました。

恐怖心は無いもののその男の人に対してまだ警戒はしていたので絶対に前を歩かせました。

先に行って!後から行くから!


そう言い常に1メートル以上は距離を置いて屋上まで案内してもらい屋上に上りました。


クッションを置いて座りお酒を飲みました。
お菓子も食べました。


たわいの無い話をしばらくして、向こうから話すのを待ちました。
ところが全く話す気配がありません。

これではラチがあかないと思った私は
「で?秘密の話って何?」

と聞きました。
しかし
「う〜ん…ちょっと待って…」

となかなか話したがりません。
相当渋っていました(4時くらいまで話さす時間が過ぎました)

言ってごらん?ちょっとやそっとじゃ引かないから大丈夫だよ?
とずっと催促をしていたら


「膝枕をしてくれたら話せるんだ」

と言い始めました。

「はぁ?なんで膝枕なの?そんなのしなくても喋れるでしょう!」

「お願い!!膝枕して欲しい!そしたら話せる!」

いったい何を言っているんだこの男は…と思いました

そもそも最初は
直接じゃないと話せないだけだったはずの条件が
→夜じゃ無いと言いづらい→膝枕しくれないと話せない

とどんどん追加されている事に気づきました

こういう商法ありそうよね…


「…分かったよ。膝枕をしたら話せるのね??」

「うん!話せる!」

私は膝枕をしてあげました。




48: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/28(月) 02:09:27.55 ID:ID:R4WH5174.net
その日はスカートを履いていたのでちょっとアレでしたが
まぁ良いかと思い応じました。

「膝枕したよ。話してもらいましょうか」

ところがどうでしょう
なかなか話さないのです。

なぜだ!膝枕もしたのに話さないとは…

しかし私はなんとなくその人が何系の話をしたがってるのか分かってしまいました。

多分人から引かれたり嫌われたりするのが怖くて言えないでいる感じの言い淀み方だったので
私はもうこっちから言ってやりました。

「ねぇ、なんとなく何言おうとしてるかわかるんだけどさ、
君変態なんでしょ。それを隠して生きてるんでしょ?別に引かないよ?それくらい。話してごらん?」


私にとって男の人が変態なのは
小学生の時の体験から既にデフォだった。




51: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/28(月) 07:39:05.99 ID:zZ4yuZRu.net
マジレス
あなたみたいな女の子いたよ。幼い頃に性的いたずらを受けてからおかしくなった
その子はおかしいくらいテンション高く生きてたけど突然死んだよ
自分で自分をおかしくして体壊して20か21でもう死んだ
本当に酷似してるから心配




53: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/28(月) 09:39:37.94 ID:ID:4HHCOT9r.net
>>51

ええ!そうなんですか…その子の話詳しく聞きたいです!
具体的にどうおかしくなってたんですか?

私は危険なところについて行っちゃったりはしますが
日常生活は普通に送れていますよ!
大丈夫です、多分死なないと思います…




52: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/28(月) 09:33:17.85 ID:OT1FqOxA.net
妙にテンション高かったりボーダーラインをちょいちょい越えてしまう人というのは精神的にダウンすると底まで行くからな…幸い都内なようだし、いざとなればオフでもやれば人数も集まるだろう。あまり無理はせんことだ。




54: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/28(月) 09:42:26.72 ID:ID:4HHCOT9r.net
>>52

身バレ怖いので
住んでる場所は伏せておきますが…


確かに落ち込んだり何もやる気起きなくなったりする時もありますが

それくらい誰にでもあることだと思うので
普通の範囲内だと思います!
心配してくれてありがとう!




58: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/29(火) 10:53:45.14 ID:ID:TKMqb30Z.net
続き書きます。



その人はやっと話し始めました。


過去に好きな女の子の体操着をぬすんでしまった話、
他にもマニアックな動画を好んで見てしまう(規制で投稿できないので詳しく書けない)
自分の心の中にある異常な感情に気づいてしまってそれを認められなくてただただ辛い、
どうしたら良いかわからない

誰にも言えず
誰かに聞いて欲しかったと
話してました。




59: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/29(火) 10:57:15.51 ID:ID:TKMqb30Z.net
その人は少し泣いていました。
そんなに思い悩む必要なんて無いのに…
この人は多分真面目な人だったんだと思います。
私は引きもおどろきもしませんでした。

「大丈夫だよ、なにも変なんかじゃないわ。仕方ないよ、だってそういうのが好きなんでしょ?
生まれた時から変えられない性へきなんだよ。
気にすることなんてないよ。」



そう言ってその人の懺悔を聞いてあげました。

そして私も過去に男の人に性的イタズラをされたこと打ち明け、
あなたはぜんぜん普通の範囲内よと慰めました。

その人はずっと自分の中で燻っていたことを吐き出せてスッキリしたのか
表情が明るくなったように見えました。

朝になり
屋上から降りて駅まで歩きバイバイして私は家に帰りました。

よかった…この人悪魔なんかじゃなかった。
やっぱり世の中にそこまで悪い人なんて居ないんだ。

きっと人を殺すほど悪い人に出会ったら自分は見抜けるような気がする。

水商売のキャッチについて行ってしまったのも
その人はそこまで悪い人に見えなかったから、
なんとなくこの人は多分大丈夫だという私の動物的勘が無意識に働いていて
これから先も何回変な人について行ってしまっても
助かるような気がした
私は本気でそう確信を持ちました。




60: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/29(火) 10:59:12.27 ID:n93AVBXN.net
あれ?その人は屋上から鳥になっちゃったの?
さらっとアイキャンフライ?




61: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/29(火) 11:13:33.14 ID:ID:TKMqb30Z.net
自分から危なそうだな、と思う人について行ってしまうのも危険な事に出会う1つの理由だと思いますが


今までの体験上自分が意図せず遭遇したことも
普通の人よりは明らかに多いと思います。


今まで書いた体験は私の中でも死ぬんじゃ無いかって思ったわりとトップの出来事を書きましたが

そこまでじゃないけど変な人に遭遇した話は書いてもキリが無いくらいあります。


親や、友達に話すたびに
「ねぇ…あなたってどうしてそんなに電車でもどこでも変な人にばかり会うの?」

と呆れられます

お父さんと同じ線で通学していたのですが
「おれは何十年電車に乗ってきたがそんな変な奴に会ったことは一度も無い!なんでそんなに会うんだ?」

と不思議がられたりもします。

信られない人は信じられ無いと思いますが
引き寄せの法則?で
本当に変質者に会う人はいっぱい会うし

会わない人は全くと言って良いほど会わないんです。

私も変人なのでしょうか…そんなことはないとおもうんですが

少なくとも死ぬかもしれない恐怖を味わうことに実は快感を覚えているなんて
友達にも親にも言えません。




63: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/29(火) 11:23:41.22 ID:gvS/KtPP.net
お、更新されてる。
男は意外といい奴だったな。




64: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/29(火) 11:48:36.42 ID:ID:TKMqb30Z.net
危険指数が高ければ高いほど
それから逃れられた時の快感は強く

助かった経験を重ねれば重ねるほど危機感は薄れていき
恐怖体験を求めてしまう気持ちが雪だるま式に大きくなっていきました。

「いつか最後本当に殺される瞬間にあ、大丈夫なんかじゃなかった…ついにゲームオーバーだった…ってなってなるよ。そうなってるこうちゃんの姿が目に浮かぶよ
本当に悪い事は言わないからもう運だめしのような事はするな。」
と友達には何度も警告されています。
(私のこの異常心理を話してる友達は数人います)

確かにそう思う気持ちもわかります。

けど私は逆に
絶対に死なないと思うんです。

こんなに危険な目に会う人もそもそも少ないとは思いますが

あっても助かってるんだから運があると思います。
逆に1度も危険な目に遭ったことの無い人でも急に1度目で殺されてしまう事もあると思います。

全ては運だし

死ぬときはしぬ、大丈夫なときは大丈夫。
それは自分が危険なところに付いて行こうが行くまいが関係無いと思ったのです。


私は生きてるうちに体験できる事、見たことのないものはできる限りみたいと思っています。

自分は殺されないと思うと言いましたが
それは少しウソかもしれない…

もしいつか本当に殺されてしまったとしても
かまわないのかもしれません。

私はもうこの衝動を抑えて生きていく事は出来ない気がしています。
物足りない日常に満足なんて出来ない。

映画を見てもなにも面白くない。
実際に自分の身で体験していない事のなにが面白いのだろうか?

坂道を自転車で思いっきり気持ち良く下っていき
もう自分の力では止められなくなっている状態なのかもしれない。




65: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/29(火) 11:55:51.70 ID:/anVAWMR.net
ならさ、変な話ここで連絡先貼って見ず知らずの人と会うってのも快感なのか?




68: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/29(火) 12:03:47.38 ID:ID:TKMqb30Z.net
>>65

正直私人を見る目に自信があるんです


本当に人を殺しそうな人だったら多分ついていかないんじゃないかな。

だから今までの人はその人を見た上でついて行ってます

文字だけの繋がりの人と、2人でいきなり会った事はないです。

見極めた上でギリギリを狙って楽しんでる…つもり…




66: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/29(火) 12:00:38.73 ID:ID:TKMqb30Z.net
もしかしたら私は心が壊れているのかもしれません。
、認めたくないけど。

治したいとも思わないし
治す気もありませんが…。


こんな私がまともな恋愛ができるわけがないのは当たり前なのかもしれない。

好意を寄せてくれる人がたまにいますが
「真面目でおとなしくておしとやかそうな子」と思って私に近づいてくるのです。
真逆な性格なのに周りからはそう見られるのです。

価値観、考え方がズレすぎていて隠していてもいつかそれは伝わる、
上手くいかない未来しか見えなくてスタートすらさせられない事がほとんどです。


そんな私が付き合った人の話をこれから話したいと思います。




67: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/29(火) 12:02:55.27 ID:/anVAWMR.net
じみにこのスレ面白いし、楽しみにしてるんだよ、ゆっくりでいいからな




70: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/29(火) 12:10:02.14 ID:ID:TKMqb30Z.net
>>67

ありがとうございます〜
嬉しいです…

ずっと前からいつかスレ立ててみたいと思っていた&話せる体験も溜まってきたし
そろそろ本当にいつか死んだ時のために

死ぬ前に書いておきたいと思いまして。


その付き合った人なんですが
さっき話した派遣先の男の人よりも前の話になります。

時系列バラバラに書いてます。

結論から言うと1年で別れました、
これがまたヤバい人に当たってしまったんです。
これも恐怖体験のうちの1つ入るかな…




71: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/29(火) 12:12:13.28 ID:/anVAWMR.net
どんなふうにヤバイのかかなり気になるなw




72: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/29(火) 12:37:11.66 ID:ID:TKMqb30Z.net
>>71
いつもコメくれてる人かな?
ありがとう!励みになります!

私は飲食店でバイトをする事に決めました。そこの店員さんの制服が可愛くて「私も着たい!」
と思って面接を受けました。
単純だけど
女子のバイト先を決める理由あるあるだと思います。笑

無事に面接に通り働き始めました。
私はホール担当で出てきた料理をお客様に運んでいました

私は自他共に認めるちょいとアホな子で
そんなに要領が良い方では無かったので怒られながらミスしながら頑張っていました。

その店は制服の胸元に名札を付けているのですが
お客のおじさんに
「おい!こうちゃん!このグラス持ってって」
といきなり名前を呼ばれ
「えっ!?!?何で私の名前知ってるんですか!?」
客「いや名札にかいてあるじゃない」
私「は、そうだった!」

という出来事もありました…アホすぎる。

あと番号札がなかなか見つけられなくて
「料理提供するだけで何分かかってるんだー!」
と怒られていました。

そんな中
仕事中キッチンから大きな声で
「あーーー料理作るのメンドクセェ〜〜」とか
「ハハハ!ふざけんなよなー」とか会話が聞こえて来ます。

その男の人は二十代中盤の社員だったのですがバイトの人とふざけたりしながら料理を作っていました。

私はだんだんその人が気になってきてしまいました。
「大人なのに言動が子供っぽくてなんかワイルドで…ステキ!!きになる!!」




74: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/29(火) 13:36:19.99 ID:ID:TKMqb30Z.net
私はあっという間にその人を好きになってしまいました。
なぜ好きかわからないけど本能的に好きでした。

ワイルドな言動、タバコを吸う姿、
全てがかっこ良く見えました
(今思うと別にかっこいいわけではないですむしろ目つきが悪くてちょっと犯罪者っぽい顔だった気がする)

キッチンとホール…
話しかける勇気もなくて密かに思いを寄せていました。

仕事が終わり休憩室に入るとその人がタバコを吸って他のバイトと喋っていました。

ドッキーーーン

「お疲れ様です〜」
そう言う事しかできず
更衣室に向かいました。

するとその人が
「お、こうちゃんお疲れ〜」
と声をかけてくれました
「!〇〇さん、お疲れ様です!」

「俺の名前覚えててくれたのか!嬉しいな」

「私も覚えててもらえて嬉しいです!」

「面接の時から知ってたよ!可愛い子来たなって思ったーww」

とへらへら言われて
女の先輩に
「コイツほんとちゃらんぽらんだから相手にしなくて良いよ!」

と言われ
私は照れて「そうなんですか…笑」としか言えず
更衣室に入り着替えました。

そして更衣室に居た
キッキンの女の子(同い年でまぁまぁ仲良くなっていた)にこっそり、私はその人が気になってるんだ、という事を打ち明けました。


すると次バイトに入った時なんとその子がその人に言ってしまっていたのです

「こうちゃんが〇〇さんのことかっこいい、すきって言ってましたよーって言っといたから!ムフフw」

と耳打ちされて

「えっ!?ばかばかなんで言っちゃったの?うそでしょ?恥ずかしい…」

「がんばれっ☆」と言い残しその子はキッチンにもどっていきました




75: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/29(火) 13:36:34.40 ID:ID:TKMqb30Z.net
私も気持ちを切り替えてホールへ出ていつも通り仕事をしました。

いつも料理を出してくれるその人が
明らかにいつもより照れたような様子で
「提供お願いしまーす…」と言い料理を出してくれたので
私も照れながら
ありがとうございます…
と言い料理を受け取りました



後ろでその子が楽しそうにファイトポーズをしていました

そしてその人が「俺シャイだからほんとに恥ずかしい!!」
とか言いながら楽しそうに話してました

完全に面白がられてる…言うんじゃなかった…と、後悔しましたが

もう自分の好意がばれてしまった以上頑張ろうと思いました。




81: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/29(火) 19:46:48.16 ID:ID:TKMqb30Z.net
いつものように仕事をして、最後にゴミチェックをして上がりなんですが
(店内全てのゴミ箱からゴミを1つの大きな袋に集める)


事務室のゴミ箱のゴミを入れようと中に入るとあの人がパソコンに向かって座っていました。

身長が180超えているその人の背中は大きくて
ドキドしました
「失礼しまーーす…」

と言い
入り口近くのゴミ箱に手をかけたらその人が振り向きました。

「おっこうちゃんじゃーん!あざーす」

その一言会話を交わしただけでも嬉しくて
ゴミを入れ終えて事務室から出ました。

しかし私は
あれ…今この人しかいない、チャンスなのでは????
と思い

私は勇気を振り絞ってもう一度事務室のドアを開けました

「あ、あの……!」

その人はびっくりした様子で振り向きました。

「うん?どうした?」

「あの…よかったら連絡先教えて貰えますか?あ、あとでで良いので!」

その人は微笑んで
「おぉ、いいよ。笑」

と言ってくれました。

恥ずかしくて限界だったので
「ありがとうございます!
し、失礼します!」
と言って部屋を出ました。

恥ずかしくて嬉しかった…
ドキドキしながらゴミ集めを終わらせてタイムカードを切り

休憩室に行ったら
その人が居ました。
相変わらず他の社員やバイトと和気あいあいと話していました。




82: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/29(火) 20:11:48.72 ID:ID:TKMqb30Z.net
更衣室に入り
着替え終わって出ると休憩室にまだその人と、他に2人くらい残っていました。

私も休憩室の椅子に腰掛け会話に加わりました。
その男の人をこれから
はんとします(犯罪者っぽいからはん。適当!笑)

バイトの人「こうちゃんお疲れさま〜」

「お疲れ様です〜」

バイト「こうちゃん聞いてよーはんさん男のくせに奥華子聴いてるんだよ、やばくない?笑」

(奥華子は恋愛ソングを主に歌ってるシンガーソングライターです)

はん「うるせーー!奥華子いいじゃん!」

私も奥華子が好きだったので
「え!奥華子いいですよね!私も大好きです!でもはんさん奥華子好きなんて乙女チックなんですね…笑」

バイト「はんさんオトメンだからなーーww」

私はこれを聞いてさらに好きになってしまいました

こんなにワイルドで男っぽいのに奥華子好きなんて…!可愛い!
これがギャップ萌えと言うやつか…!

そしてそろそろ帰るかーという流れになって
その人がコッソリ連絡先を書いた紙を渡してくれました、

「ありがとうございます!みんないたから無理かと思いました…嬉しいです」

はん「だろうと思ってたよ。みんないるからいえないんだろうなって笑」

なんて優しい人なんだろう…!
と胸を締め付けられました。

そしてさっき勇気を出して言って良かった…と思いました。




84: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/29(火) 20:52:00.82 ID:ID:TKMqb30Z.net
その日からメールのやり取りが始まり

距離がどんどん縮まっていきました。
その人が
「この日上がる時間一緒だし家まで車で送ってあげるよ」
と言ってくれました。
2回ほど家まで送ってもらいました。
バイト先から家までは車で1時間くらいかかるので
音楽を流しながらいろんなことを話しながら過ごし
とても楽しくて幸せでした。

その後キッチンの女の子とまた更衣室で一緒になった時

そういえばはんさんて恋人居るの?
と今まで聞いたことがなかったのでふと聞いてみると

はんさんには2年くらい付き合ってる彼女がいるという事実を知らされました。


そうだったのか……期待して舞い上がっていた分とてもショックでした。
恋人居るかくらい最初に聞いておけば良かった。
そうすればこんなに好きになる前に諦められたかもしれない

なにより、彼女がいるのに
二回も家まで送ってもらっちゃって彼女に悪いことをしてしまったなと後悔しました。

その日もバイト後家まで送ってくれるという約束をしていたので私はこれを最後にしようと決めました。




83: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/29(火) 20:51:38.92 ID:/anVAWMR.net
>>82
ここまでは、はんは良い奴だよなw




86: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/29(火) 21:18:22.74 ID:ID:TKMqb30Z.net
>>83

まだ、良い人です。笑


いつものようにバイト後私は先に外に出てコンビニではんさんを待ち

はんさんがきて
何が飲みたい?
ってコンビニで飲み物を買ってくれました。
(私はいつもはんさんと同じものを選び買ってもらいました)

今までだったらしてもらったり言ってもらって嬉しかったことが、

1人で舞い上がってしまっていただけだと悟ったので
逆に悲しく感じました。

その人はかなり思わせぶりなことも言ってきていたので罪な男だ!私は弄ばれたんだ〜と思っていました。

車に乗り込み音楽をかけてもらい
しゃべりながらこれが最後のドライブになると思っていました。

ちょっと細かい会話とかはうろ覚えなのでなんとなく思い出しながら書きます

はん「いや〜ほんとにこうちゃんて可愛いよねw」

私「ははは…ありがとうございます!はんさんは女の先輩に、社員なのにはんさんは
ちゃらんぽらんだーって言われてましたね。笑」

はん「そーなんだよーーおれあいつに嫌われてんだよね!あいつが真面目すぎるんだよ〜バイトのくせによ笑
あ、雨降ってきたな。」

ポツポツと雨が降り始めました。

この日はもっと遠くまでドライブでもしようと約束していて
私の家よりもっと先の田舎の「道の駅?」までいこうと言っていました。

もう深夜なので店も何も開いて無いのですがただドライブしたくて行くことがきまっていました。








87: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/29(火) 21:43:58.80 ID:ID:TKMqb30Z.net
>>85



彼女いるからいけないと思いつつもやっぱりその人との会話もドライブも楽しくて
私はすっかり楽しんでいました

道の駅に到着し、ガラガラの広い駐車場に車を止め、
シートベルトを外しました

外は土砂降りになっていて時間は0時を回っていたと思おます。

はん「いやーー着いたな!…けど星どころか雨で外の景気もよく見えないな〜」

フロントガラスに雨が激しく打ち付けられて曇り
磨りガラスみたいに外が見えない状態でした

私「そうですね〜…けど私雨って結構好きです!
てかほんとにいつもこんな遠くまで来てくれてありがとうございます…またはんさんの家に帰るまでにここから1時間かかるのに…」

はん「いんだよいんだよ!おれドライブ好きだし
こうちゃんと話すの楽しいし、いつでも送ってあげるからな!
確かに雨のドライブも良いかもな〜」

私「あの…私もすごく楽しいし、嬉しかったんですけど。もう今日で最後にします。今日はそれを伝えようと思ってて」

はん「……」

私「私、聞きました。はんさん彼女居るんですよね。だから彼女に悪いし私はもうこれ以上はんさんと仲良くなるのは良くないと思って…」

と言った瞬間
頭を撫でられました

はん「そうなんだよ…おれ彼女居るんだよ、ごめんな〜…
〇〇(キッチンの女の子)から
こうちゃんからおれに彼女居るか聞かれて言たよって聞いてたから今日はそう言われると思ってたよ」

胸が苦しくなりました。
頭を撫でられてる手を振り払い

「…やめて下さい。正直辛いのでこれ以上近くに居たくないです…」




90: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/29(火) 22:24:55.10 ID:ID:TKMqb30Z.net
はん「けど、おれこうちゃんと居るのすごい楽しいし
もうドライブ出来ないなんて嫌だ。
正直今日彼女と別れてって言われるかと思ったけど…今のこうちゃんの対応見ててほんとに良い子なんだなってわかったし…」

私「そんなこと言わないで下さい…」


私はその人に背を向けました。

その人の手が伸びて来て急に後ろから抱きしめられました

「え…!!」


はん「こうちゃん…おれ彼女よりこうちゃんのこと好きになっちゃったんだ。ダメだってわかってだけど、こうちゃんを失いたくない。彼女と別れるから俺と付き合ってほしい…」


「そんな…」

初めて私も好意を抱いた人に抱きしめられて
心臓が破裂しそうでした


男の人に体を触られてこんなにドキドキしたのは初めてでした。

外は土砂降りでフロントガラスに打ち付ける雨の
ドーーーーと言う音に包まれて
はんさんに抱きしめられて
2人のムードはさらに高まりました。


「私もはんさんのこと好きです…」


私ははんさんと付き合うことになりました。




95: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/29(火) 22:51:33.67 ID:ID:TKMqb30Z.net
ただ、
彼女と別れてから正式に付き合うこと。

彼女と別れるまでは2人では会わない(送ってもらわない)こと

と言う事を決めました。

もうすっかり夜が明けていました。
家まで送ってもらい
バイバイしました。

シャワーを浴びながらまだ頭はぼーっとしていました

布団に入っても夢なんじゃ無いか?
と実感が湧きませんでした。

しかし彼女とまだ別れていないから

やっぱり別れられなくて、付き合えない。
ってなる可能性もあると思い
期待しすぎないようにしようと自分を落ち着かせてその日は寝ました。

次の日その人から

ほんとに嬉しかった、こうちゃんのこと大切にするからな

とメールが届いて居て夢じゃ無いんだ…と噛み締めました。




98: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/29(火) 23:12:42.40 ID:ID:TKMqb30Z.net



最初におかしいな?
と思ったことがあったのはこのすぐ後でした。


はんさんと出会う前の話ですが
高校の違うクラスの男の子から
一緒に登校したい。
映画を見に行こう。と
何度か誘いを受けていました。

私はその人を好きでも嫌いでもなかったのですが
音楽の趣味が合ったので

ライブに誘われ、行く約束をし
もうチケットも買っていました。

それははんさんに出会う前の出来事でした。

はんさんと出会ってから付き合う話になるまでには期間的に1ヶ月もなかったです


はんさんとはまだ付き合ってはないにしろ
付き合おうという話になっているし

男の人と2人でライブに行くのは良くないと思ったので
その人に

本当にごめんなさい、ライブには行けません。チケットのお金も私の分は当たり前だけど返してくれなくて良いので他の誰かと行ってください。
自分勝手な事をして本当にごめんなさい


とメールをしました。

すると
「ひどいよ。こうちゃんと行こうって決めて買ったライブのチケットなんだ。
他の人と行っても意味がない、せめて最後にライブだけ一緒に行ってくれないと諦めがつかない。」

と返事が来てどうしよう…とおもいはんさんに相談することにしました。




104: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/29(火) 23:36:02.40 ID:ID:TKMqb30Z.net
私は
はんさんにメールをしました

事情を話し
そう言うメールが来たんだけどどうすればいいかな?と

ライブは1週間後に迫っていました。

私とはんさんは5つ以上年が離れていて(身バレ怖いので詳しい年齢は伏せさせてもらいます)

私は学生、はんさんは社会人なので大人な対応が返ってくると思っていました。

メールを送ると
はんさんからすぐに電話がかかってきました。

「おい、メール読んだけど。その男なんなの?どういうこと?こうはそいつのこと好きじゃないんだろ?」

「うん…もちろん好きじゃないよ!ただの友達って感じだよ!」

電話の向こうで明らかに機嫌が悪くなっているはんさんの声を聞いてちょっと戸惑いました
『ちょっと怖いな…』

こんな風にイライラしているはんさんを初めて見ました。

「絶対に行くなよ。わかってるよな?まあ、まさか行くわけないよな?」
明らかに起こっていて怖かったです。

「うん、もちろん行かないよ!ごめんね…ちゃんと断るね。」

そう言って電話を切りましたが違和感を感じました。

まだ付き合ってもないし
自分は彼女とも別れていないのに私にこんなに強く言ってくるって

…ちょっと自己中??

けど今はまだ不安定な時期だしここで私が怒って喧嘩とかになるのも嫌だし


と思い何も言わずに

その男の子にはちょっとキツめに

本当に行けない!

と送ってしまいました。
その人は本当に悪い子ではなかったので正直前から約束していたライブに最後に行くくらいいいかなとか思っていたので
(考えが甘くてすいません。)
はんさんもそう言ってくれるんではないかと期待してしまっていました。

全ては自分の責任ですがその男の子には悪いことしたな…と思いました。


今思えばこの時の感は当たっていました。

はんさんと付き合うことをやめておけばよかったのです…




106: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/29(火) 23:53:21.70 ID:ID:TKMqb30Z.net



そして1週間もしないうちに
はんさんは彼女と別れて
私とはんさんは正式に付き合うことになりました。

今まで付き合ったことあったけど
すぐ別れてしまったり
メールのやり取りだけでおわったりと

思春期特有の感じで
ちゃんと付き合ったという経験はほぼなかった私は

付き合うってどういうことなんだろう…?
という感じでした。
楽しみでもありましたが同じくらい不安な気持ちがありました。

はんさんからは
職場ではバレると面倒くさいし一応社内恋愛?
は禁止だから秘密にしようと言われていたので私は言いつけを守りました。

初めてのデートの時
車で
キスをされました。

恋人とするのはこれがファーストキスでした。
嬉しいような恥ずかしいような気持ちでしたが


小さい頃のトラウマのせいなのかな?
本当にはんさんは好きだったのに
そう言う行為にはやはり抵抗をかんじました。




107: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/30(水) 00:14:07.63 ID:ID:RJW/sNRN.net



はんさんはかなりマメで絵文字いっぱいのメールを毎日送ってくれました。
そして付き合ってまだ2週間しか経ってないのに
「こうちゃんと結婚したい…結婚しような!!」
と言っていました。

私は結婚したくないわけではなかったのですがまだ10代だし
結婚とか雲の上のような話だったので正直

そんなこと言われてもまだわからないよ〜

と思って居ました。

そして私は絵文字はそこまで使わない方だったのですがある日

「ねぇこうはなんで絵文字あんまり使ってないの?おれはこんなに使ってるのに」

「え…私あんまり絵文字使わないんだよね!」

「使えよ。俺のこと好きじゃ無いの?俺は好きだから少しでもこの気持ちを伝えたくて絵文字いっぱい使うよ。こうはそこまで俺が好きじゃ無いの?」

「そんなこと無いよ、好きだよ?
けどはんさんがもし無理して絵文字使ってるなら無理に使わなくて良いよ?私は無理せずメールのやり取りしてるから」

「おれは全力でお前のために絵文字もメールも打ちたいんだ。それなのにお前からのメールに絵文字が無いのが嫌だって言ってるんだ。なんでそれができないの?おれの言ってることわからない?」

なんでそこまで指図されないといけないんだろう…と思いながらも。

「…そっか。わかった。絵文字使うようにするね」
と言いました。

私がまだちゃんと付き合ったことがないことは話していたので
「お前は今までちゃんと付き合った事が無いから分からないだろうけど付き合うってこういうことなんだよ。俺が教えてやるよ」

と言われていました。
ちゃんと付き合ったことが無いから

自分が間違ってるだけでこの人の言ってることが普通なのかな??とこのときは判断ができませんでした。




109: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/30(水) 00:38:44.60 ID:rm4pDP43.net
束縛彼氏だぁ〜〜




110: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/30(水) 00:39:35.41 ID:ID:RJW/sNRN.net
そして私は今までちゃんと付き合ったことがなかったので



はんさんにも「絶対処女だと思った。処女って顔してる。笑」

と言われ、処女みたいな顔ってどんなだよ…と思いました


職場では秘密にしようと言ったのは
はんさんだったのに1週間もしないうちに自分でバラしていました。

自分で言わないでって言ったのに
私に事前に相談もなしに言うなんて勝手な人だな…とは思いましたが。

「ごめん嬉しすぎて隠せなかった。」と言われ、少し嬉しかったので普通に許しましたが。

本当は私的にはバイト先にバラしたくなかったのですが…

そしてバイト後家まで送ってもらってる時のことです。

「おれ今まで付き合って来た人処女しかいないんだよね〜」

私「え、そうなの?それってたまたま?」

はん「たまたまっていうか…おれ、すごい独占欲強いんだ。少なくとも結婚する人は絶対処女じゃないと無理。お前に出会わなかったら前付き合ってた彼女と結婚してたと思う。その彼女と別れてお前と付き合ったってことは覚えといてね?」

と言われ
プレッシャーを感じました
え…私、この人と結婚するのかな…
そこまでの覚悟まだ私に無いな…
と思いました。
何より自分は処女としか結婚できないと言いながら
前の彼女の処女をうばっておきながら
振るって…かなり自己中だな、と思いました。

そして私は冗談ぽく

「じゃあもし私が処女じゃなかったらどうしてた?付き合ってなかったー?」

と聞くとちょっとの間沈黙になり

「…わかんない」
「おれは処女のこうを好きになったんだ
処女じゃないこうなんてこうじゃ無い。」

と言われました。

私って処女じゃないと価値は無いの…?
ウソでも「そんなこと無いよ、こうのこと好きになってたし付き合ってたと思うよ」
と言って欲しかった。




113: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/30(水) 22:38:39.53 ID:ID:RJW/sNRN.net
こんばんは!1です。
続き書きます〜


私も結婚する人以外とはしたく無い!
と思っていたので

「私も結婚する人以外とはしたく無いんだ。」
と言いその日は別れました。
この時くらいからちょっとずつはんさんに対する不信感が積もってきていました。

今は好きと言ってくれてるけど自分の都合で簡単に捨てられそう…
だからこそ私は彼に体を許したくありませんでした。

デートや会う機会が増えるにつれてはんさんとの関係も進んでいきました。

ある日
ご飯を食べ終わってからカラオケに行き何曲か歌ったら
はんさんが抱きしめてきました。

「こう…好きだよ」

頭をなでられ

体を引き寄せられて
私は
はんさんの膝の上に向かい合う形に乗り
腕の中にすっぽりはまって
抱きしめられました。

こんなに男の人と密着したことがなくて
恥ずかしさとドキドキで頭がおかしくなりそうでした

し、心臓が痛い………いたいいたい






中1から6年引きこもってた俺の末路wwwwwwwwwwwwwww


114: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/30(水) 22:40:56.42 ID:ID:RJW/sNRN.net
キスをされて首筋を触られてゾクゾクしてへんな声が出てしまいました。

うぅぅぅぅ恥ずかしい…

そして私のお尻に何か当たってる…
すぐにそれが何か分かって
恥ずかしくなりました。
何度もキスをされてついにブラウスのボタンが1つずつ外されていきました。

…ちょ!心の準備が!

「ま、まって!」

はんさんは待ってくれませんでした
ブラウスの中に手を入れられて
片手でブラを外されました

な、慣れている!!!

早すぎる展開についていけず混乱しました。頭は真っ白

はんさんの表情がいつもと違う…明らかに今のはんさんとわたしは
狼と羊状態でした。

カラオケボックスの部屋の空気全てが支配されている感じがして

私は怖くなりました。

どうしよう…無理だよ私…

胸を触られながら押し倒されました。
そして手がついにスカートの中に…

「あっ…」

「こうが可愛くてもう我慢できない」

正直混乱して気持ちいいとかそう言うのは、全くありませんでした。

はんさんの手を握り
止めました

「待って!!!これ以上は…ごめん、、怖い…」

はんさんはやめてくれました。




115: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/30(水) 22:43:00.23 ID:ID:RJW/sNRN.net
はん「分かった。無理すんなよ、ちょっとずつでいいから」
と言い頭をポンとされました。


良かった…やめてくれた…。
優しい。

そして帰る時間になり車に乗り込みました
はん「あーあ!こうがさせてくんないから帰ってAVみよーー!」

「ごめんだけど…うん、そうして笑」

「おれ、こうが大丈夫になるまで待つから。ちゃんと待つからな。」

私「うん…ありがとう。」
正直結婚するまでしたくなかったので2ヶ月や3ヶ月経てば許せるとかそういう問題ではなかったので
私は正直に言いました。
「私ね、前も言ったけど結婚する人としかしたく無いの…だから待ってもらっても…なんたいうか…だいぶできないかも」

するとはんさんの表情が変わりました。
「…それって何、どういう意味?おれとは結婚しないから出来ないってこと?」

「違うよ。そうじゃ無い。けどまだ結婚してないじゃん…?」

「おれと結婚すればいいだけの話だろ?お前何言ってんの?おれとは結婚するつもり無いから出来ないって言いたいんだろ?!」

「まだ結婚してないじゃんってこと!私は結婚してからがいいの…!」


機嫌が悪くなり運転が急に荒くなりました

「わっ!!ね、ねぇ危ないじゃん。事故起こすよ?」


「うるさい、こうと結婚できないならもうなんでもどうでもいい」

「結婚しないなんて言ってないじゃん…」

自分の気に入らないことがあるとすぐ機嫌が悪くなる&全てどうでもよくなる傾向があることは気付いていましたが

運転まで荒くするなんて…怖かった


その時私は生命の危機を感じてしまいました。
事故を起こすのでは無いかとヒヤヒヤし、
心臓がドキドキしました。

この感覚は…私の大好きなあの死の恐怖感でした。




118: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/01(木) 00:53:39.18 ID:X76aJLal.net
詳しく書きませんが…!
拒み続けていましたが
とうとう拒みきれずに私は
初体験をしました。

はんさんが仕事終わってからちょっと会う約束をしていて
私は店の近くまで来ました。
すると高校の時の同じクラスの男子が数人前からやってきました
「あれ?こうじゃん!」
と声をかけられ
「わ!久しぶり〜〜!みんな何してるの?」
友達「これからここでご飯食べようと思ってる!」
「えっそうなの!実は私ここでバイトしてるんだー!2ヶ月位前から!」
友達「そうだったのか〜〜!」
そのまま少し立ち話をし、

そういえばもう仕事終わったかな?と思いラインを開くと
「裏切り者」
「ふざけんな」
そんな内容のものが沢山来ていました。
えっ????どういうこと?

あたりを見渡すと電信柱の後ろにはんさんが立ってこちらを睨んでいました。
私は自分の自転車をその場に止めて駆け寄りました
「はん…」

「近づくな!!!!」
と怒鳴られ
はんさんは近くに止めてあった自転車(知らない人の)を思いっきり蹴飛ばしました

ガシャーーーーン!!

すごい音がしました。
え??!なんでこんなに怒ってるの?どうして???

状況が読み込めず
とっさに後ろにいた友達が気になって振り向きました。
みんなポカーーンとした顔でこちらを見ていました

「その男たちの方が気になるならそっちへ行けよ!!」
完全に頭に血が上っていて目は血走っていました。
「ま、待って…」

「近づくな!!!おれに触るな!!!!」

はんは持っていたペンを地面に投げつけ
それが跳ねて私の顔に当たりました
「イタッ…」
はんは私が近づくと逃げ、
店の裏まで行き私もついて行きました。




119: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/01(木) 00:55:13.07 ID:X76aJLal.net
「どうしてそんなに怒ってるの??高校の時の友達だよ…たまたまそこで会って、話してたんだよ…」

「お前、おれの前で見せないような笑顔で楽しそうに話してたな。あいつらと話す方が楽しいんだろ!!なぁ!!」

「ご、ごめんなさい!!そんなつもり無かったし。はんさんが1番好きだよ!!」

「お前、こんな俺のことまだ好きって本気で言ってんの?こんなやつ別れたいって今思ってるんだろ!言えよ!!」

「そんなこと思ってない…!」

「こんなやつのこと好きとかお前も頭おかしいんじゃないの?なんで別れないの?あ、結婚するやつとしかしないって言ってたもんな、もうやっちゃったもんな!だから別れられないんだろ!」

「ひどい…そんなこと言うなんて…」
私は泣きました。

はんさんも泣いていました。
「ごめん…俺の悪いところが出ちゃった…俺相当嫉妬深いんだ。
一回キレると自分の感情がコントロール出来なくなるんだ。今まで頑張って隠してたけど…嫌いにならないでほしい」

「うん、嫌いにならないよ…」
これがはんさんが大きくキレた1回目でした。




124: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/01(木) 17:47:39.23 ID:6dLH8d/t.net
昨日は見れなかったので今見ました!
ドキドキ…ドキドキ…




125: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/01(木) 23:12:12.27 ID:ySni8oR6.net
>>124

いつも温かいレス
ありがとうございます!嬉しい

続き書きます。

はんさんの依存は強くなり

キレたり、泣いて謝ってきたりとジェットコースターのような恋愛でした
次第にそんな刺激を私も求めていってしまいました。

怒った後にすごく優しくなる
飴と鞭
まさにDVの典型でした

束縛はどんどんエスカレートしていきました。

男の人と2人で会うのはもちろんダメで
メール、電話
学校帰りにたまたま男の人と一緒になるのもダメ。

私が本当に男の人と一緒に帰っていないか確認する為に、
たまに学校の外で待たれることもありました。

男の子とメールして(全くやましい内容じゃない)それを見られ
はんが激怒して
部屋に閉じ込められたり、

些細なことで怒らせてしまい
ビンタされたりしました。

私は、何もやましいことはない、浮気なんて絶対にするわけない!と言うと

「浮気か浮気じゃないかはお前が決めることじゃない。俺が浮気だと思ったらそれは浮気だ」というのが彼の言い分でした。


もともと男友達はほとんどいなかったので私の人間関係が大きく変わることはありませんでしたが、
ボールペンが顔に当たって出来たキズを友達に聞かれて
訳を話すと

友達に心配され始めました。

「ねぇ、その人おかしいよ絶対。やばいよ。自分の感情コントロール出来ないって、まじで急に刺してきたりしそうじゃない?別れたほうがいいよ」

私「いや…ちょっと不器用なだけでそこまで悪い人じゃないんだよ!みんなは、彼のこと知らないからそう思うかもしれないけど、優しいところもあるし…」

「なんかそれ…DV被害者が言いそうなセリフ…。本当にこうちゃんが殺されたっていつかニュースに流れそう…その人、異常者だからね?10人中10人が別れたほうが良いって言うよ?やめたほうが良い」


『確かにやばいところもあるけどそこまでじゃないもん…』
私は友達の忠告なんて耳に入りませんでした。

ちょっと不器用なだけで私のことすきでいてくれてる。

この時までは本気でそう思っていました。




126: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/02(金) 00:13:42.41 ID:ID:hZG+Q7WZ.net
旅行に行こう!ということが決まり。

夜中から車で出発し、宿に1泊する。
実質二泊三日の旅行に行くことになりました。

付き合った人と行く初めての旅行でした。


夜から朝にかけての車でドライブ…とってもワクワクしました。

車にのり、出発しました。

私「楽しみ〜〜〜!!!」
はん「多分眠くなるだろうから、寝て良いからな。」

私「寝ないー!」

音楽をかけながら楽しく会話しながらのドライブ
あっという間に時間がながれていきました

3時頃になって
流石にちょっとうとうとしてしまいました。

はん「眠いんだろ〜寝てなさい。明日もあるんだから」

私「でも…はんもきっと眠いのに運転してくれてるから私も起きてる!
はんの話し相手になってる!」

そう言いながら気付いたら寝てしまっていました。

「着いたぞ〜」

はんに起こされ、
朝の海を見て、色々なところを散歩したりしてとても楽しい時間を過ごしました。

そして宿に着き、
夜ご飯を食べました。お酒も頼めたので一杯だけ飲みました。(私は普段ほとんどお酒を飲みません)
するとサプライズでケーキと花束を渡されました。

「嬉しい……ありがとう。」

はん「おれにとって彼女との初めての旅行だし、こうも初めてだし、良い思い出にしたくてさ…」
はんさんは照れながら微笑みました。

温泉に入った後
部屋に入りベットに寝転びました

「ふかふかで気持ちいぃ〜〜」

普段飲まないお酒を飲んだのと
前日車で2時間ほどしか寝ていなかったので
私は急激な睡魔に襲われ
一瞬で寝落ちしてしまいました。

(本当にベットに寝転んでからの記憶が無いです一瞬で気を失いました。笑)




127: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/02(金) 00:14:14.16 ID:ID:hZG+Q7WZ.net
はっ!と
目を覚まし時計を見ると2時を過ぎていました。
(いつのまに寝ちゃってた…やばいはん怒ってるかな…?)

横にはんは居ませんでした
あれ…?

ベットの前にTVとソファーがあるのですが
そこのソファーにはんは座りTVを見ていました。

こちらに背中が向いているかたちです。

背中しかこちらからは見えませんでしたが、一瞬で怒っているのが分かりました。
部屋の空気が違うのです。

恐る恐る声をかけました。
「はん…?ごめん、私気付いたら寝ちゃってたみたい…」

はんは振り向きリモコンを思いっきり投げてきました

「何度も揺さ振ったり名前呼んだり叩いたりしたのに
お前何やっても起きなかったな!!」

「ご、ごめん…」

「初めての彼女との旅行で寝られたおれの気持ちが分かるか?悪いけど2度と旅行したく無い気分だ、つくづくお前はおれの気持ちを踏みにじるな!」

「ごめんなさい…」

はんと体の関係を持ってから
会ったら必ず求められ
拒むと怒られていたので

旅行で寝てしまったら怒るに決まっていました。




128: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/02(金) 00:24:58.17 ID:ID:hZG+Q7WZ.net
この時の私は完全にどうかしていました。(ある意味今もどうかしてるけど…)

謝る必要の無いことにまで謝っていたし
自己が本当にありませんでした。

抱きしめてキスをして
はんの怒りは少しずつ沈まりました。

行為の最中私はなぜか違和感を感じました。

あれ…?

何かに見られている気がした先には
不自然な位置に、角度にはんのカメラが立ててありました。

「ちょっとまって!」

私はすぐはんのカメラをを取り確認すると
録画中の画面になっていました。


盗撮されてた…
うそでしょ??なんで??




129: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/02(金) 00:59:56.18 ID:ID:hZG+Q7WZ.net
「ねぇ、これってどういう事!!!??ひどいよ勝手に撮るなんて!消して!!」


はん「………これも思い出だよ」

「何言ってるの?信じられない、本当にやだ、消して!」

はんにカメラは奪い取られました

「あーー…わかった、消す消す。消すから、な?そんな心配するなよ」

「今すぐ目の前で消して!」

はんは私に画面が見えない状態で操作をして

はん「消したよ」

私「確認させてもらえる?」

はん「……は?なに、それ。疑ってるわけ?おれの言ってること信じられないの?」

私「本当に消したなら見せてくれたって良いじゃん」

はん「見せたく無い写真とかあるから…」
私「1番最新の記録に無いことだけ確かめさせてくれれば良いから!」
はん「プライバシーの侵害だ。消したって言ってんだろ?」

だんだんはんの表情が曇り始めました
はん「お前、そんなにおれのこと信用してなかったんだ。それって裏切りだよな。」

また怒られるのが怖くて
なにも言えなくなってしまいました

うそだ、絶対消してなんか無い……

はんに対する信頼はなくなっていきました。
好きという気持ちより
恐怖心と不信感一杯の状態で
付き合っていました。




130: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/02(金) 18:46:36.96 ID:IY1njU1p.net
うん、だんだんヤバイな!
盗撮までするとは...

いつも楽しみに見てます。
いつもコメントしてる者です。
お忙しいと思いますが更新頑張ってください。




132: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/02(金) 22:57:21.16 ID:ID:hZG+Q7WZ.net
今回の私の人生はこういう人生だと諦めるしかないのか?

と思うしか無いくらいやばい人にしか出会っていない。
なぜか泣きそうになってきた…



続き書きます。

次の日の朝荷物をまとめて帰ろうと思っていると
下着が無い?
あれ?あれ?
「下着がない…!」私はそう言いながら探しましたが見つかりませんでした。
とにかくもう宿を出ないといけないし辺りには見当たらないので

荷物の中をよく探せばあるかな…??

そう思い宿を出て車に乗りました。

車の中でもう一度荷物を確認しましたがやはりありませんでした。
「どうしよう…宿に下着忘れてきちゃったかもしれない、無いの」

はん「下着?あぁ、それなら俺持ってるけど」

彼は運転しながら真顔でこう答えました

え…?何言ってんの?
しかも私がさっきから探してるの気付いてたはずなのになんで何も言ってこなかったの?

この時は本当に吐き気がするくらい気持ち悪くなりました

「え、何言ってるの…?私の下着あなたが持ってるの?…返して?」

「俺が洗濯しといてやるよ」

き、気持ち悪い…

私「本当に嫌だ。お願いだから返して?」

彼「は?お前何怒ってんの?俺の家に泊まりに来た時にあった方が良いだろ?だから俺が洗濯しといてやるって言ってんの、俺の厚意がわかんねぇの?お前の為を思ってやってるんだぞ」

「そっか…分かった」

もういい、もう疲れた。言い返したって無駄だ。
かないっこない…

彼は口が上手くて私はいつも言いくるめられてしまいました。
(言いくるめられてしまう私もダメでしたが。)




133: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/02(金) 22:57:40.13 ID:ID:hZG+Q7WZ.net
それから3日後くらいに彼から電話がありました

「こう…こうに謝らないといけないことがあって…
この前、下着持って帰ってきただろ?あれうちにあるこうのティーシャツとズボンと一緒に洗濯して干しといたら無くなっちゃったんだ…誰かに盗まれたんだと思う。」


私「え??そうなの…⁉︎
それは、仕方ないよ…はんは悪くないんだし、気にしないで??」

「同じの買ってあげようかと思ったんだけど、どこに売ってるのかわからないし…」

私「いいよいいよ!また買えばいいから、気にしないで!」

そしてその1週間後
私が彼の家に行った時のことです




134: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/02(金) 23:13:15.46 ID:ID:hZG+Q7WZ.net
いつも彼の家に行くと部屋着に着替えるので

「ねぇー私のティーシャツとズボンて…」
ここまで言いかけて私は

あっそうだ盗まれたんだ!
と思い出しました

が、彼は
「ティーシャツとズボンならいつものタンスの中にあるぞ!」


え????なんであるの????
盗まれたって言ってなかった?

嘘をついてる…?

私は恐る恐る聞きました
「下着は…?」

「下着ねぇ〜無いんだよね〜」

「…そっか、」

もう私は怖くて何も言及出来ませんでした。
なんで全部盗まれたって言ってたのにティーシャツとズボンはあって下着だけ無いの?
しかもこの人私にその話をした事も忘れちゃったの?なんで平気な顔してそんなこと言えるの?
私の下着はどこへいったの……?

ここで、
この前話してた事と違うよね?
嘘ついてるでしょ?

と言う勇気が私にはありませんでした。

それを突きつけたらこの人どうなっちゃうんだろう?

この人が都合の悪い状況になった時に

血の気が引いて目が据わる顔がとても怖くて
悪魔のように見えるんです。
これを言ったらこの人がいつも以上に怖い行動を起こしそうな予感がしました。

何をするか分からない犯罪者のように感じました。

ダメ、この人やばいよ、
早く別れないとーーー。

もうこの気持ちで一杯でした。
でも気付くのが遅すぎました。

もっと早くにちゃんと友達の忠告を聞いておけば良かった。

私の中に後悔の波が押し寄せました。




135: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/02(金) 23:25:58.26 ID:ID:hZG+Q7WZ.net
私には束縛してくるのに彼はバイト先の女の子と2人でご飯を食べたと私に言ってきました


これは別れられる良い機会だと思い

「私は別にバイト先の人ならお互い知ってるし、ご飯言っても全然良いと思ってるよ。だけど私にするなって言うのに自分はするのはおかしく無い?
自分もするなら私に強制する資格無いよ…サヨナラ」

そう送り
私は彼のメールを返さず
電話にも出るのをやめました。


沢山メールも電話も来ましたがもう無視しました

3日後

学校に行こうと家を出て駅まで歩いていると後ろから急に手を掴まれました

「待てよ!なんでメールも電話も無視するんだよ!?」

待ち伏せされていたようです。

「痛い、離して…もう別れてください。」

嫌だ、お前を失いたく無いと泣かれ
別れるなら死ぬ
と言われ、私は別れることが出来ませんでした。

振り切る強さがありませんでした。




136: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/02(金) 23:33:30.78 ID:ID:hZG+Q7WZ.net
友達に別れたいけどどうやって別れたら良いかわからない…

と相談して
毎回ちゃんと別れてくるんだよ!と送り出され

別れ話を切り出すも

泣いてキレる→別れられない

と言うことを7回以上繰り返しました




137: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/02(金) 23:43:41.30 ID:kl7jLReL.net
>>136
こりゃ大変だわぁー
泣かれると困るよなぁー
死ぬって言葉を簡単に使うなって思う。
俺の友達にも同じよーな人おったんだよねぇー




139: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/03(土) 00:01:11.05 ID:ID:2u5/fyNv.net
>>137

本当に大変でした…今思い出して書いてるだけで

フラッシュバックして
しゅん…て気持ちになる/ _ ;




138: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/02(金) 23:58:53.54 ID:ID:hZG+Q7WZ.net
別れ話をするたびに


おれ変わるから
おれ頑張るから

そう言いながら彼が変わることはありませんでした。

連絡を返さないと
待ち伏せされて深夜でもおかまいなしに家まで来ました。

別れると言うと泣いて
私が良いよ、わかったよ

と言うまで帰ってくれませんでした。

もう私の力では別れられない状態になってしまっていました。




141: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/03(土) 00:03:24.85 ID:IxpaIITh.net
>>139
1つ言えるのは世の中はんさんみたいな男ばっかじゃないってことだなぁ。
良い出会いがあること祈ってますよ。




142: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/03(土) 01:10:52.07 ID:ID:2u5/fyNv.net
>>141
ありがとう…!
世の中こんな人ばかりじゃ無いってわかってるけど。
私はこういう人としか出会えないのかな…?
とは思っちゃってる。


そんなことをしているうちに
とうとう友達が愛想を尽かせ始めました。

「ねぇ、何度話しても結果が変わらないんじゃ相談してる意味が無いよ。
意志が弱すぎる!その人も異常だけどそんな人と付き合ってるこうも異常だよ。
その人と別れないなら、私こうと縁を切る。分かった?絶対に別れて来なよ!」


私は情けないけどもう
うん、別れてくる!とは言えませんでした。

「もう別れられる自信が無い…どうしよう。」

彼の人格からして
別れたら何をするか分からない勢いなのです。
盗撮されていたものをばら撒かれたらどうしよう?
家族に危害を加えられたら?
暴力を振るってきたら?
殺されたら…どうしよう。

私は恐怖でいっぱいでした。


「分かった。こうができないなら私がやる。携帯かして。」

友達は私の携帯を取り彼にラインを送りました。
とてもひどい内容でした。
私には絶対に送れないような暴言を友達は彼に送りつけました。

お前と付き合ってたことが私の生涯の汚点だ

お前さ、マジで頭おかしいよ?死ねクソ野郎

下着返せよ変態

こんなような内容を沢山送っていました。

私は途中何度も止めました
「いくらなんでもそれは言い過ぎだよ…!」
「もうやめよう…?」
かわいそうだよ…
この言葉は思っても心の中に飲み込みました。

今までどんなに嫌なことをしてきた人でも
相手を傷付けることがとても嫌で私には出来ませんでしたした。
そんな生ぬるいことを言ってるから私はいつまでも別れられないんだと、分かっていたけど…




143: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/03(土) 01:19:43.62 ID:ID:2u5/fyNv.net
当たり前だけど彼はブチギレていました。

こっちにもとてもひどい言葉が返ってきていて
傷付いたのは覚えていますが

本当になんて返事が来てたか思い出せない…

下着返せよ変態

に対して
「あんなもんとっくに捨てたよw」
と帰ってきたのしか思い出せない。

言うことが毎回変わる人だからもはや何を言ってても、
今までの言葉全部
嘘だったのか本当だったのか
分からない人だったなぁと思います。

彼から返ってきた暴言でとても傷付きました。
「あ、この人本当にただ私を思い通りに出来る道具みたいにしか思ってなかったんだな。」
と思ったことは覚えてるけど
何て言われたか思い出せないです…。すいません。




144: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/03(土) 01:27:31.63 ID:ID:2u5/fyNv.net
向こうがブチギレて

暴言を送ってきてる途中で友達がブロックしました。

そして電話番号も着信拒否にしました。

「もう見なくて良いからね、こんなやつからの言葉。
こう、きついかもしれないけど言わせて。
こうはこの人に愛されてるって思ってたのかもしれないけど違うからね。
こいつは誰でも良いんだよ。ただ言うこと聞いてくれる子が欲しいだけ。それはこうじゃなくても良いの、自分が大好きで自分のことしか考えてないの。
良い?絶対にブロック解除しちゃダメだからね。ブロック解除したら私あんたと縁切るから。」

「うん、わかった…ありがとう。」

彼から言われた暴言を見ても
友達に言われた言葉を聞いても
涙は出ませんでした。

人を意図的に傷付けたことが今までなかった私は
彼にあんな暴言を言って傷付けてしまった

その事実が1番胸に来ました。

それにあんなひどい言葉を言ってしまって…待ち伏せされて刺されるかもしれない。

本気でそう思いました。




145: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/03(土) 01:43:57.93 ID:ID:2u5/fyNv.net
友達と別れて駅に着いた頃にはもう暗くなっていました。

駅について改札を出るまでに彼が待ち伏せしているんじゃ無いか?そんな不安がよぎり

恐怖で心臓が痛かった

似た背丈の人を見るたびに心臓が跳ね上がりました。

幸いこの日は自転車だったので
歩いて帰るよりは恐怖は軽減されました。

一刻も早く帰ろう…


万が一待ち伏せされてたらと思うと恐怖で私はいつもと違う道を選びました。(遠回りだけど)

すごい速さで自転車をこぎました。
途中で人影が見えるたびに彼かと思いビックリし、

後ろから声が聞こえるたびに
彼の声の様な気がした

気が気ではありませんでした。

家に着く頃にはもうヒヤヒヤしすぎてとても疲れていました。
無理、こんな恐怖もう耐えられないーーー


私は家に着くとブロックを解除してしまいました。

友達とあんなに約束したのに私はこんなにもアッサリと破ってしまいました。

恐怖に勝てなかった。
彼が今何を思ってるか、何をしようとしてるか、
わからなくて恐怖と不安に押しつぶされそうだった。

三鷹のストーカー殺人事件が頭に浮かんで離れず

家の中に入ってから自分の部屋のクローゼットも直ぐに確認していました。

居ないよね?居ないよね?


今まで死の恐怖を感じるのは一瞬でしたが
(誘拐された時、トイレで盗撮された時、など)


この時私は連続して何度も死の恐怖を味わっていました。
一歩歩けば殺されるんじゃ無いかと怯えていました。




147: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/03(土) 22:01:16.11 ID:naQHkGh9.net
ラインのブロックを解除して何通か送りましたが既読にならず
(多分向こうがブロックされてるのに気づき私の事をブロックし返したんだと思います。)

ブロックされたのか確かめるために電話をかけるとやはりブロックされていてかかりませんでした。

私は携帯の着信拒否も解除して電話をかけました。
相手の心情がどうなっているかわからないことが怖すぎて耐えられなくて


彼は電話に出ました。

「なんだよ最低女」
「ひどいこと言ってごめんなさい。あれを送ったのは私じゃないの。
友達にあなたのこと全部話した。そしたら私のためを思って友達がしてくれたことだったの。
付き合ったこと人生の汚点なんて思ってないよ、それだけは伝えたくて…このまま別れるのは後味が悪かったから。


「俺の話を友達にはなした時点でお前は裏切りものだよ、そんなやつ信用できねぇよ


この後もずっと彼は怒鳴っていました。
もうなんて言ってたか覚えてないけど…

「私の友達がこんな言葉を送りつけるくらいあなたがしたことはひどいって、それだけはわかっておいて。」
そう言い電話を切り、着信拒否にしました。

この日を最後に彼に会うことはありませんでした。
待ち伏せさせれることもなく、何事もなく綺麗に別れられました。




150: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/03(土) 22:07:34.69 ID:0gkwaQoh.net
>>147
めっちゃドキドキした、、、、
ずっと読んでましたけど、この話が1番怖いですね、、、




151: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/03(土) 23:00:10.22 ID:ID:2u5/fyNv.net
>>150

ずっと読んでてくれたんですか!
ありがとうございます!


この話が1番怖いですか!

私も別れられる気がしなくて
本当にもうこの人と結婚するしか無いのかな…?って思ってました。




152: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/03(土) 23:54:10.82 ID:ID:2u5/fyNv.net
この後

次はちゃんと本当にいい人と付き合おう!
と慎重になっていて
4年間は恋人ができず。

この人なら幸せになれるかもしれないって人といい感じになり
4年ぶりに恋人が出来たけど、

付き合ってから相手が豹変、束縛がキツくて2ヶ月も続かず別れました。
前の彼氏ほどではなかったけど
なかなかアウトでした…
なんで見極められなかったんだろう……って感じでした。




153: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/03(土) 23:56:13.90 ID:ID:2u5/fyNv.net
なんで自分ばかりこんなに変な人に出会うのか分かりません…


自分の見る目が無いっていうのもあると思いますが…

私だけなのかな?とかたまに心配になる^_^;




154: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/04(日) 00:25:31.14 ID:ID:vGqdkVyy.net
これは恐怖体験じゃないんですが


私、大学に入って仲良くなった子が2人いて、3人で仲良くしていました。
2人ともバイなんですが、AとBちゃんとします。

Aちゃんに「ねぇ、こうちゃんってバイでしょ?私バイだから分かるんだよね、バイの子が。あと、Bちゃんも多分バイだよ。言ってないけどわかる…」

と言われ
「え?…そんなこと無いと思うけど、私男の人としか付き合ったこと無いし。中学生の時に女の子好きになったこと1回だけあるけど、カッコいい感じの子だったし…」

と話していました。

別の日にBちゃんと2人で話してた時のことです。

B「私、前女の子と付き合ってたんだよね…。こうちゃんは偏見なさそうだから話せる!」

と言われビックリしました。
『Aちゃんの言ってること当たってた…Bちゃん本当にバイじゃん!』

私「へぇー!そうなんだ!もちろん偏見なんて無いけど、なんで偏見なさそうってわかるの?」

B「ていうか私、こうちゃんバイだと思ってたーー。Aちゃんも多分バイだよ。」

そう言われてビックリしました。
Aちゃん→Bちゃんと私をバイだと言う(Bちゃん実際バイだった)

Bちゃん→Aちゃんと私をバイだという(Aちゃんもバイ)

バイはバイを見るとなんとなく分かるんだそうな。

そしてバイの2人に私はバイだと思うと指摘されて

私ってバイなのか……!?
ってなってしまった。




155: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/04(日) 00:51:25.06 ID:ID:vGqdkVyy.net
そして
Bちゃんは女の子と付き合ってて
ビアンのイベントにやたら誘ってくるんです。

こうちゃんも行こう、こうちゃんも行こう!
世界変わるよ?

わたしはなんとなくそっちの世界を避けていたので
(男の人に対する嫌悪はあったけどそっちに逃げちゃいけない、ちゃんと男の人でいい人を見つけないと!)

とおもっていたのでためらいましたがとうとう行ってしまいました。

そしたらすっごい楽しくて
男の人が居ないから何も警戒せずおもいっきり楽しめました。

アイドルの音楽が流れて私はBちゃんとノリノリで踊っていました。笑

そしたら女の子が近づいて来て
「このアイドルグループ良いよね!私もめっちゃ好き!」

と話しかけてきました。

「うん!大好き〜いぇーい!」
その子とハイタッチした次の瞬間

チューされました。

一瞬の出来事でした。

私「ちょ!!!」

「もう無理!女の子大好き!女の子可愛い!サイコー〜〜!」

そう言いながらどこかへ行ってしまいました。
い、今の子は一体何だったんだと思いながら。

キスされて全く嫌じゃなかった自分に気付きました。


私、本当にバイなのかもしれない…?
目覚めてしまったかもしれない!!




157: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/04(日) 11:38:08.23 ID:ID:vGqdkVyy.net
1です。
これで最後になりますが
今現在の話をします。

そんなことをしているうちに私のことを気に入ってくれる女の人が現れました。
その人は背も高くてちょっとボーイッシュで私的に全然アリでした。
女の子と付き合ったことないけど
男の人ともまともに付き合ったこと無いのでどうなるかわからないし一度経験してみるのもアリかな?

なんて思いつつも
やっぱり将来的には結婚して子供が欲しいと思っていたので悩んでいました。
(男の人ちょっと怖いっていう気持ちがあるのは確かで、女の人と付き合ったら絶対上手くいくんだろうな、っていう予感はありました。けどここで逃げていいのか…??と葛藤していました。)


そんな時です。
私は前働いた飲食店じゃない飲食店で働き始めていました。
お客さんがたくさん来る中で一組
(あ、この人前も来てたな〜)
てお客さんが居ました。二人組の男の人です。
よく来てくれるお客さんはいるので、あ、この人また来てる、というのは珍しいことではありませんでした。

そしていつも通り接客して料理を運ぶとその二人組の男の人のうち一人に
「おねぇさん、前も働いてましたね」

と声を掛けられました。
私「あっ!私も覚えてますよ〜前も来てくださってましたね。」

客「え、本当に覚えてます?嬉しいな〜。大学生?」

私「そうですよ〜」

客「何処大?」

私「〇〇大です!」

客「そうなんだ!」

私はそろそろ戻らないとと言って会話を終わらせました。
そしてまた料理を運んでる途中に
さっき話しかけられた男の人に連絡先を渡されました




158: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/04(日) 11:38:49.04 ID:ID:vGqdkVyy.net
「あの…これよかったら連絡先です。いらなかったら捨てて下さい…」

その男の人は可愛い顔立ちをしていて
前髪が長めで大人しそうな、気の弱そうな、暗そうなオーラを漂わせていました。

私「あっ…はい!」
受け取って唖然としてしまいました。
また料理を取りに行ってホールへ出た時にはそのお客さんは帰っていて既にいませんでした。

なんとなく私はその男の人に対していやな感情を抱きませんでした。
背もそこまで高くなくてどちらかというとなよなよしていました。
顔も可愛いし優しそうだし…

私は色々悩みましたが
3日後にラインを送ってみました。




159: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/04(日) 11:42:50.97 ID:ID:vGqdkVyy.net
また夜に続き書きます!
たまに見てレスくれてる人ありがとう…(^o^)

前の彼氏の話は長くなりすぎると思って大分駆け足に色々はしょってしまいました。笑




160: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/04(日) 15:13:52.05 ID:ID:vGqdkVyy.net
やっぱり書きたいので今続き書きます!

私はその人にラインを送りました。

その人は来ると思わなくてビックリした、
連絡先を渡したのは初めてでしたと言って
喜んでいました。
(嘘かもしれないけどそう言ってました)

チャラくなさそうで、大人しくて真面目そうだったので私もラインを送ってみようという気になったので送りました。


そしてご飯に誘われて私は行ってみました。
今までご飯に誘ってくる人は
割と自分勝手な感じがして嫌だったのですが(いつなら空いてる?いつなら空いてる?とグイグイくる感じが苦手でした)


この人は
忙しくなくなったらで大丈夫だよ、と
とてもこっちのことを考えてくれて優しい感じがしました。

そして1回目ご飯に行くと
最初は緊張していたものの
とても楽しくて自然に話せました。

私は普通のイケイケ系の男の人はなんとなく怖くて敬遠しているんですが
この人は大人しくて、哲学的な話もして楽しくて
何より音楽の趣味が合って自然に話せました。

私は割とマイナーな歌手や音楽にコッソリハマるタイプなんですが
たまたま相手も知っていてすごい!いいよね!ってなりました。
そして次にCDを貸す約束をしてその日は終わりました。




161: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/04(日) 15:23:13.71 ID:ID:vGqdkVyy.net
私は割と連絡を返すのが苦手な方で
(めんどくさがり屋なのかも…)

その人とのラインもすぐに終わってしばらくしてから(1ヶ月くらい?)
ラインが来ました。

こんばんは、あと、1週間くらいで学園祭だね。
忙しいと思うけど体調崩さないように頑張ってね。
あと君がオススメしてくれた人の曲聴いたけどすごく良かったよ、特に〇〇って曲が良くて最近毎日聴いてるよ。


私は、自分でも
学園祭がいつあるのかとか話したことも忘れていました

そんなこと言ってたっけ?
私の話全部覚えててくれて嬉しいな、しかも曲も聴いてくれたんだ…

と思いラインを返しました。

ありがとうございます、あなたも体調崩さないようにしてくださいね。
〇〇って曲いいですよね!良さがわかってもらえて嬉しい。

返事が来て

学園祭が終わったらまたご飯でも行きたいですね。

と綴られていました。
私も
そうですね、と言いました。

そして学園祭の前日に

良かったら演奏するので来て下さい。
とラインをしたら
その人は見に来てくれました。


この人、優しいしいい人かもしれない…
そう思い始めました




162: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/04(日) 15:45:12.98 ID:ID:vGqdkVyy.net
そして学園祭が終わり
連絡が来ました。


本当に演奏素敵だったよ。
よければご飯行きましょう。
いつが空いてますか?


会う日を決めて2回目のご飯に行きました。
お互いにオススメのCDと漫画を貸す約束をしていて
私は長編の漫画を貸す予定だったので
途中の巻まで持って行きました。


会って最初に
そう言えばこれ…とお互いに持ってきたCDと本を渡しました。

私「ありがとう、とっても楽しみ!」
男「こっちこそありがとう!楽しみです。
趣味に合うといいけどな…」

そして、楽しく話していましたがその人が変なことを言い始めました。

男「人の肉って食べたらどんな味がするんだろう?美味しいのかな?」

ちょうどお肉を食べていたので
なんでそんなこと言うんだろう…と思いながらも

「どうでしょう…?柔らかそうだから豚とか鳥とかそんな感じですかね?美味しいのかな?」

男「そういうフェチズムあるの知ってる?カニバリズムって言うんだけどさ…」

私「知ってますけど…こっちこそ怖いですよね!」

男「うん、しかも人間の肉を食べるとなりやすい病気とかあるんだよ、知ってる?」

え、そんなこと知らないし
知ろうとも思わないけど…この人やけに詳しいな…

私「え、知らないです!詳しいんですね…」

男「〇〇と〇〇と、確かあと〇〇って病気にもなりやすいらしいよ」

私「へぇ〜…」




163: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/04(日) 15:51:49.21 ID:ID:vGqdkVyy.net
そして色々な話をしている途中に
男「君って心に闇とか抱えてるの?すごい明るくて何もなさそうに見えるけど」

と聞いてきました

私「闇…はないですけど〜?あなたはありますか?」

と聞くと

男「無いわけじゃないけど…君には言えないようなことも沢山あるよ」

と言い始めました。

私の好奇心のスイッチが一気にオンになりました。

なになになになに!?
気になるんですけどっっっ、?

私「え、何?ねぇ何?引かないから!私引きませんから教えて下さい!」

男「いや、引かれたくないからさ、笑
それにあんまり人に言うようなことでもないし…」

むむむむむ
これは聞き出さねばとおもってしまいました。




168: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/05(月) 17:17:33.03 ID:ID:t2dVRLBU.net
一回目にご飯行った時から

やたらと心に闇はないの?と聞かれてた気がします


そして私はお酒が入ったというのもあり、
まだご飯を2回しか食べてない相手に

実は誘惑されたことがあること、
水商売のキャッチについて行ったけど大丈夫だったこと

そんな話をしてしまいました


相手は
「そんなことあったように見えない、漫画とかドラマみたいな話だね、本当にそんなことあるんだね」

と驚いていました。


するとその人も口を開きました
「俺。実は病気なんだ…」

え??
私はびっくりしたと同時に悲しい気持ちになりました。

早く死んじゃうとかそういう病気なのかな…?




170: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/05(月) 17:42:53.11 ID:ID:t2dVRLBU.net
私「そうなんだ……大丈夫?
えっと…なんの病気なのかとか聞いてもいい…?」

男「境界性人格障害と双極性障害なんだ。」

私は頭がクラクラしました…
境界性人格障害…⁇

私はその名前を知っていました。

私が付き合っていたやばい元彼も
まぎれもない境界性人格障害だったのですから。

なぜ元彼が境界性人格障害か分かったかというと
友達に境界性人格障害の子が居て
(その子は友達である私達には普通に優しいしいい子だけど彼氏に対して激昂型だったので)
その子に私の元彼の事を相談してた時に
「こうちゃんの彼氏、絶対境界性人格障害だよ。私もそうだからすごい気持ちはわかる。」
と言っていました。
そして境界性人格障害について調べてみたら特徴とかがドンピシャだったので
多分そうだったんだろうな、という感じです。
その元彼自身は自分が境界性人格障害だって自覚は無いと思いますが…。


私って…男運無いレベル通り越してなぜこうも数少ないやばい男性に嗅ぎつけられてしまうんだろう…
しかしこれくらいで驚く私ではありません

「そっか…私、知ってるよそれ、親友とか家族とか恋人とか、近い距離の人に対して怒鳴ったりキツくあたっちゃうやつだよね…?」

その男の人は目を丸くして
「え、知ってるの?
うーーん…キツくあたっちゃうわけでも無いんだけど…」

と口籠りました。

その人は今まで恋人と1年以上続いたことが無いと言っていたので

私「もしかして今まで長く続かなかったのってそれも関係してる?」

男「うん…かなり関係してる」

私はもう好奇心を止められずどんどん聞いてしまいました。




171: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/05(月) 17:45:56.25 ID:ID:t2dVRLBU.net
私「どういう人と付き合ってたの?」

男「俺もやばいんだけど、やばい子と付き合ってたこともあって…その子、キレたら刃物で切りつけてくるんだよね笑」

え?コッッッワ!刃物出てきたよ!
それを、笑顔で話してるあなたも怖いよ!

私「えぇ!?それってやばく無いですか!?殺されなくて良かったですね…」

男「それでさぁ、彼女がずっと怒鳴って怒ってるからどうやったら黙るかな〜って思って自分の腕を思いっきり切りつけたんだよ、そしたら返り血が彼女にかかって、やっと黙ってくれたんだよ!笑」

私「……………」

(こいつやばい、想像の斜め上きた)

男「そしたらその子なんて言ったと思う?『トラウマになるからやめてくれる?』だって、もうおかしくてさー、いつも自分は切りつけてくるくせに僕が自分の腕切ったくらいでトラウマになられても…ねぇ?笑」

この男はなんでこんな笑えない話を笑って話すんだ??
こ、こわいよぉぉぉーー泣

私「そ、そうですね!てか自分の腕切るとかやばい、しかも血が飛ぶって相当深く切ったんですか??」

男「うん…まぁ返り血が飛ぶくらいだからねぇ」

てか、刃物を使い慣れてることが既にやばい!
私はこの男の人に違和感を覚えました。(違和感どころじゃない無いよねw)


私「わぁ…想像しただけで痛い…
跡とかまだ残ってるんですか⁇残ってそうですよね…」

男「うーん…まぁ。」
「見る?」

”みちゃいけない気がする”
本能がこう言いましたが(私、血とか怪我とかダメなので)

私の好奇心はそうはさせません。

私「いいんですか…?」

男「うん、じゃあ…」

そう言って左腕の袖をまくりました


!!!!!!????
私は唖然としました。

そこには手首から腕にかけてズタズタにリストカットの跡が敷き詰められていました。
もはやどの傷かその彼女の前で切ったものかなんて分かりませんでした。


初めて生々しいリストカットの跡を見ました。
『ひぇぇぇぇぇぇえええこわいいいいい』
3秒くらい何も言葉を発せられませんでした。




172: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/05(月) 17:48:37.52 ID:ID:t2dVRLBU.net
しかし恐怖はこれでは終わりませんでした。

続きはまた後で!




174: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/05(月) 20:04:32.82 ID:tR5k6dGp.net
なんか人懐っこさがあるんだろうな
自分を特別だと思ってくれてると接する人は思ってしまうのかもしれない
だから普段は人との距離感を取るのが苦手な変な奴も近寄りやすいんだろう




176: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/05(月) 21:37:18.43 ID:ID:t2dVRLBU.net
>>174

どちらかと言えば人懐っこいかもしれません。
警戒心が無い
相手を信じすぎ
とはよく言われます。




175: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/05(月) 20:40:07.55 ID:TayIUs+m.net
自分も幼少期に(父親から始まり)性的ないたずらされ、変な人に目を付けられる所までは同じだけど
上手くかわしてスリルとして楽しめているのならうらやましい
自分も一応生きてるしかわしてるけど、結局変な男に「あわよくば〜」と思われてただけだし
それに付き合わされて時間を無駄にされたことに後から思い出してイライラする




177: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/05(月) 21:43:00.64 ID:ID:t2dVRLBU.net
>>175

あら、同じですね。
変な人に目をつけられやすい人ってなにか共通点あるんですかね…?

あなた童顔だったりしますか?
もしくは人に何か頼まれてもノーと言えない性格とか…。

一緒にするなと思うかもしれませんがあなたの言ってる気持ち
よーーくわかります!
なんでこんな目にあっちゃったんだろ?
なんで私だけ?って落ち込んでた時もありました。
それと同じくらい危険な人に好奇心が湧いてしまうっていうのが
私とあなたの違うところかもしれませんね…




178: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/05(月) 21:51:52.22 ID:ID:t2dVRLBU.net
続き書きます!


そして私は純粋にその男のひとが心配になって

私「ストレス発散とかしてますか?例えば…カラオケ行って泣きながら歌うとか!人に愚痴を言うとか!」

私は頑張ってストレス発散方法を色々提案しました

男「あんまりしないかなぁ…」

私「それしないとだめですよ…!心配…
私でよければ愚痴とか聞きますからね…!」

男「うん…あ〜〜だめだ、こうやって心配されて嬉しいって思っちゃうのがダメなんだよな…大丈夫!心配しなくて大丈夫だよ!!もう1年前から切ってないし…」


『1年前とか全然最近のことだし、全然まだ切っちゃう可能性あるし…しかもこの人一人暮らしなんて、心配だ…!』


そしてその人は双極性障害の話もしてくれました。

男「双極性障害なんだけど、すごい感情に波が激しいんだよね…」


私「双極性障害って躁鬱みたいなやつですか?」

男「まぁ、そんな感じかな…それでさぁ、2年くらい前なんだけど学校にいるときにちょっと不安定になってきたのを感じたから安定剤飲んだんだよ、
そしたらそっから記憶なくなって次目覚めた時は精神科のベットに手足拘束されてたんだよね…ハハッ笑」


エーーーーーー!??どういうこと!?
やばすぎる…!!




179: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/05(月) 22:02:03.36 ID:ID:t2dVRLBU.net
私「え、その間の記憶何も無いんですか??でも手足拘束されてたってことは暴れてたの??」

男「いや…わかんない…本当に何も覚えてないし周りの人に聞いても教えてくれなくて…
あ、けど自分は一粒しか飲んだ記憶無いけど持ってたクスリ全部飲んじゃってたみたいなんだ…先生に言われた。」


えっ…えっ………

私「それ相当危ないですね…一粒飲んだとこまでしか覚えてないのにその後飲んじゃってたって…」

しかもこの人、本当に何するか分からないじゃん?
自分でも覚えてないなんて…

何より笑えない内容の話をその人はとても楽しそうに話すんです、
サイコパスっぽい…

私「てか私に映画みたいな体験してるねって言ったけどあなたの方がよっぽど映画みたいな体験してますよ…!そんなの現実でもあるんですね…!」

男「そうかな…笑」

その人は嬉しそうに微笑みました。




180: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/05(月) 22:09:09.22 ID:ID:t2dVRLBU.net
男「けど、良かった…リストカット見ただけで結構引いちゃう人も居るからさ、引かないでくれて…」

私「引いては無いですよ…?けど純粋に心配というか、本当にそんなことしちゃダメですよ…どういうときに切りたくなっちゃうんですか?なんとか切らないで済む方法は無いのかな…」

男「なんていうか人を攻撃したらマズイじゃん?だから自分を傷付けるっていうか…
あと自分の中で処理しきれないモヤモヤとかが溜まるとその処理しきれなかった分のしわ寄せがリストカットに出ちゃうのかな…そんな感じかな…」

私「そっか…あなたは自分を傷つければ良いと思ってるかもしれないけど、あなたを大事だと思ってる人からしたら、貴方が傷付いてると傷つくと思いますよ?
例えば親とか…貴方のこと絶対心配してますよ…」




181: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/05(月) 22:16:03.33 ID:ID:t2dVRLBU.net
そんな話をしながら

私の動物的本能は
『この人やばいからもう会わないほうが良い』
と警告していました。


しかし、本とCDを貸したし借りてしまった…
どうしよう…

そう思いながら帰る時間になったので席を立ちました。

男「今日も、すごく楽しかったよ…ありがとう。CD楽しみだなあ
…また、会ってくれますか?」

私「私も楽しかったです…!ありがとうございました。は、はい!」

そうしてバイバイしました。




182: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/05(月) 22:20:57.54 ID:tR5k6dGp.net
よくいる病んでる自分に酔ってるタイプの奴じゃん




184: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/05(月) 22:42:42.02 ID:ID:t2dVRLBU.net
>>182

そうなんですかね?
あんなにひどいリスカも
話も初めて聞いたんでビビっちゃいました…




183: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/05(月) 22:21:12.59 ID:ID:t2dVRLBU.net
私は次の日食欲が無くてご飯が食べられませんでした。

(リストカットを初めて生で見たのでショックで…)

そして学校の子にすぐその話をすると案の定

「絶対にもう会わないほうが良いよ」

と言われました。
当然のことです。

私も危険な人だと思います。
刃物を使い慣れているのも怖いけどクスリを飲んで意識が無いまま暴れられたら…

考えたら背筋がゾクゾクしました。

それなのに、やはりどうしても

気になってしまう好奇心がありました…。
気付けばリストカットしてしまう人の心理について調べたり、
私は1週間ほぼ毎日その人のことを考えてしまいました

考えてしまう&
人にやめたほうが良いと言われるとやめたくなくなってしまう…天邪鬼な自分が居ました。




185: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/05(月) 22:43:50.51 ID:ID:t2dVRLBU.net
ここで話は終わりです。


またこの人と会うのか
これからどうなるのかはわかりません。


そんなにやばい人じゃないような気もしますけど…

見て下さった方ありがとうございました




186: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/05(月) 22:55:25.69 ID:ID:t2dVRLBU.net
あとちょいちょい書きこぼした元彼のやばい話


付け足しで書きます。

彼は借金がありました。
それと友達にもお金を借りてたみたいです。

それで彼がSNSに「TV買った〜」
といって写真を載せると

友達から、
TV買うお金があるならお金を返せよ!
と連絡が来たそうです。

当然だと思います
それなのに
「こんなこと言われたんだけど、ウゼーー笑」

と言っていて
呆れた私は
「じゃあさ、貴方が友達にお金を貸してたとしてその友達がまだお金を返してくれてないのにTV買ってたら貴方はどう思うの?」

彼「そんなん、フザケンナよ金返せ!ってキレる。」

と真顔で答えてるんです。
唖然とするしか無いです。

自分が同じことしてるってことに気づいてないのか…?
と思うくらい気持ち良く答えてくれました。

後にも先にも
ここまで自己中心的に
自分の事を棚に上げて他人にキレてる人を見たことがありません。

思い出しただけで頭が痛くなってきたーー^_^;




187: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/05(月) 23:03:46.42 ID:ID:t2dVRLBU.net
そして自分的にすごく傷付いた話


不正出血?があって、病院に行きたいかも…
と勇気を振り絞って彼に相談したんです。


そしたら
「お前…病院の先生だろうがなんだろうが他の男に見せたり触らせたりしたら終わりだからな?おれ、そう言うの無理だから。」

と言われました。

私の体を心配してくれるどころか
本っ当に自分のことしか考えてないんだなぁ…ということがわかりました。

この時はもうやばい人ってことは気づいていたので

涙なんか出ませんでしたけどね。

ただ悲しかったです。




188: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/05(月) 23:10:44.93 ID:ID:t2dVRLBU.net
私は今どこに向かっているんでしょうか…
なぜ危険とわかっていてそこに行ってしまうんだろう。
もうこんな事やめたい!って自分と
辞められるわけ無い…って自分が居ます。

私は今までの出来事を大まかに書いたのですが
客観的に見てどう思いましたか?
もし最初から読んでくれた人いたら
意見をお願いしたいです…!




191: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/06(火) 01:04:21.58 ID:mAaGw0VY.net
けどこのスレ立てて良かったです。

思ってたより自分に似た人が居るんだなって分かっただけでも…

私はあった事が無いからいつか会ってみたいな…




194: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/06(火) 10:56:08.61 ID:ID:ew/U8ZCw.net
思い出したんですが、

私小学生の時はかなり問題児で職員室に呼ばれたり何度もしているような生徒でした。

小学校低学年の時はすごーーくおとなしい子だったんですけど
高学年になった辺りから悪い子と仲良くなって授業妨害したり
イタズラしたりありとあらゆる悪い事をしていました。
(まぁ小学生がやる程度のイタズラなので今思えば大した事の無いものが多いですが)

それで先生に見つかるか見つからないかのスリルを味わっていたし
家に電話がかかってくるたびに
これは自分の悪事を親に伝えるために先生がかけてきたのかな!?
ってドキドキしていました。
(実際何回かお叱りの電話は来ていました)

しかし中学生になって
その悪い子とクラスが分かれて卒業するまで同じクラスになる事はありませんでした。
(多分この2人を一緒にするとろくな事が無いと小学校から連絡がいってたのかもしれません)

それに親が悲しむから私は悪い事をするのをやめました。
そうだ、人に迷惑をかけるのは良く無い。

スリルを味わいたいなら自分だけで完結させないとーー




196: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/06(火) 11:09:02.86 ID:XP/MEkCj.net
そう思った私は怖い話にハマりました。
ネットで怖い話サイトを片っ端から見て

恐怖を楽しみました。
中学1年〜3年までは
怖い話を見て自分の恐怖心を満たしていたのですが

次第に恐怖心は薄れていきました。
『こんなの読んでも作り話かもしれないし、怖くもなんとも無い…』
そして私は本当に体験した幽霊じゃなくて人の怖い話を読みました。
それを読んでも、次第に恐怖心は薄れていって
自分の身を持って恐怖体験をするようになりました

これが今の流れなんですが

このままいくとさらに上の刺激をいつか求めてしまうのかなぁって
思うと怖いです。

このさらに上の恐怖体験って何なんでしょう…自分でもわからないけど

私のようなバカは本当に殺される瞬間にならないと気付けないのかもしれませんね、




197: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/06(火) 11:11:25.59 ID:LRKpu2+t.net
傭兵とかになったらいいんでは




199: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/06(火) 11:13:06.93 ID:ID:ew/U8ZCw.net
>>197

傭兵かぁ…私一応女子ですけどなれるんですかね?

背も低いし明らか弱っちい見た目なんですが、笑




200: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/06(火) 11:24:41.91 ID:LRKpu2+t.net
冗談ですw
他になにか面白いエピソードがあれば聞きたい




201: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/06(火) 11:48:52.35 ID:ID:ew/U8ZCw.net
>>200

授業受けつつ更新してます。笑
今までの話ほど凄いのは無いですがちょっとした面白い話なら無限とありますよ〜!

私の面白い話って全部
人系のですがw




202: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/06(火) 11:56:27.31 ID:ID:ew/U8ZCw.net
では、駅であったちょっとビビる話を1つ。


私はイヤフォンで音楽を聴きながら
路線乗り換えのため改札を出てもう1つの改札に向かって歩いていました。

結構大音量で聴くのが好きで、周りの音はほとんど聞こえませんでした。

すると柱に寄りかかったサラリーマンの男性が居るのが見えました。
黒いスーツで高身長でした。

特に気に留めずその前を通り過ぎようとした瞬間その人に肩をガシッと掴まれて

何かを訴えかけられました
口が動いて必死な顔をしていて
何かを伝えたいのは分かったのですが

イヤフォンで大音量で音楽を聴いていた私は聞きとれませんでした

急いでイヤフォンを片方外しました




203: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/06(火) 12:06:21.38 ID:ID:ew/U8ZCw.net
男「今冬なんですか!!!????」

私「え…?(汗)」

その時は真冬で私は厚手のコートを着ていました。どう考えてもどう見ても冬です。

なぜこの人はそんな意味不明な事を聞いてくるんだ??
疑問に思いながら両肩を掴まれて揺さぶられている状況に恐怖を感じました。

繰り返し聴いてきます

男「今冬なんですよねぇ!!!???!?」
今にも泣きそうな顔をしていました


『何この人…怖い!!!』

私は「ちょ…すみません!!」
そう言い逃げるように乗り換え先の改札に向かって歩き、改札に入りました。

振り返る勇気も無く電車に乗りました。

『何だったんだあの人は…』

そう思いドキドキしながら、
これは面白い人と会ってしまった
みんなに報告しないと…!そう思い、友達に話しました。

すると、
友達「その人もしかして、タイムトラベラーだったんじゃ無い?普通今冬なんですか?とか聞かないよ?」


思い返すとその男の人、真冬なのにコートを着ていなかったから寒くなかったのかな…?とは思いました。




214: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/06(火) 19:31:53.40 ID:/drfZDjG.net
最初っからずっと読んでました!
コメントもちょくちょくしてた者です!
ヤバイですね!!
たぶん何かを引きつけちゃうんですね!!
本当にいつか大変なことに巻き込まれないことを願います!!

辞めた方がいいのは100%理解してるけど本能が求めてる、、、ってのめっちゃ分かります!!




216: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/06(火) 21:40:24.77 ID:bB2QxeeM.net
>>214

いつもありがとうございます!!
あなたの喋り方特徴的ですぐ分かりました、笑

言葉が並んでるだけなのに不思議…

明るくて元気な女性ですか?
そんな感じがする、笑


気持ち分かって貰えて嬉しいです。
危ない人でもその人の心の奥まで知りたいって思ってしまう…




215: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/06(火) 20:58:06.10 ID:negdOadc.net
逆に自分は危ないことは極力避けるのである意味羨ましいです
自分は海外旅行にいくのもスキーやスノボするのも死にたくないのでできません




218: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/06(火) 21:54:21.04 ID:bB2QxeeM.net
大事な事を言い忘れていました。

もしこのスレを見て
私もスリルを味わいたい!とか思って危ない事はくれぐれもしないようにして下さいね。

する人はいないとは思いますが…

私も楽しんでるくせに人にこんな事言うのは変ですが、
本当は私もまともで居たかったし
好奇心より身の安全をとるように賢く行動できるようにしたかったです。

けどもう好奇心を抑えられないから
開き直ってるかんじなので…

むしろ私の体験した話で人が楽しんでくれたら嬉しいなって今では思っています!

みんな思いませんでしたか?

中がどうなってるのか知りたいけど
自分で行くのは怖い…誰か見た人の話を聞きたい!
って。

私はその中を見て人に伝えたいし
その話をする事によって
人の興味を引けるのが嬉しいです。

私はかまってちゃんなのかもしれません…




220: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/06(火) 22:54:47.20 ID:wxF88KAa.net
1さん、自己評価が低くないですか?
幼少の体験で、無意識に自分のこと低く評価していませんか?

幼少の体験はあなたの責任ではありません
あなたが悪かったわけではありません

変人を引き寄せる人の傾向は、自己評価が低いひとが多いです




222: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/06(火) 23:36:53.37 ID:L6I5mX4E.net
>>220

自己評価低いとおもいます。

自分で自己評価低いと思ってるわけじゃ無いんですけど、

「なんでこんな事言われても平気なの?もっと怒りなよ」
と友達に言われる事がたまにあります、

傷付けられても気にならないのと

もしかしたら幸せになるのが怖いのかもしれないです。
幸せになったら不幸になってしまうかもしれない可能性を秘めてるけど

不幸だったらこれから幸せになれるって思えるというか…




237: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/07(水) 00:47:20.54 ID:2V6yRnr6.net
あとあなたはモテますか?
よく連絡先を聞かれたり告白されたりしますか?




240: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/12/07(水) 01:01:10.20 ID:DJaFzIIp.net
>>237

どちらかといえば…連絡先を渡されたり告白される事は多いかもしれません。

けど、変わった人が多いというか…
結構モテ無い人とかに好かれてしまうかもしれない
「この人だったら受け入れてくれそう」
って思われてしまうのかも知れないけど。
病んでて癒してほしいーみたいな人か、
すごい自己中でコントロールしたがりの人か、って感じで極端な気がします。

私が好きになった人に好きになってもらえる事はほとんど無いです。だから殆ど告白も誘いも断っているので交際には発展しないですね…







【激写】姉貴の部屋にガチで侵入したった!!!→ 結果wwwww(画像あり)

【画像】元AKBメンバーが脱がされるwwwwwwwwww

格闘技歴8年目で他のジムに未経験者のフリして体入したらwwwwww

【画像大量】切ない画像で心動いたら寝ろwwww

ホーリーランドを読んで格闘家と喧嘩した結果wwww

【壮絶人生】まだ20年間しか生きてないのに人生壮絶すぎワロリッシュwww


【閲覧注意】とんでもない胸糞漫画が発見されるwwwwwwwwwwww




  


この記事へのコメント

1.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2017年03月07日 07:41

ウンコくせ、妄想乙

2.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2017年03月07日 07:51

トラウトで草

3.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2017年03月07日 08:11

すまん、ツマンナイしめんどくさくなったので読むの止めた
誰か3行でまとめてくれ

4.  Posted by  名無し   投稿日:2017年03月07日 08:27

自分は特別だから変な人が寄ってくるって思ってるのが最高に周り見えてない。まともな人はまともな人としか人付き合いしない。見る目がないとかじゃないんだよな。自分で選ばないと一生程度の低い人間としか出会えないよ。正常な判断ができる人はそういう人付き合いしてる人と絡みたくないって思う。だから変な人が寄ってくるのに勘違いしてるからほんと乙だわ。

5.  Posted by  名無し   投稿日:2017年03月07日 08:57

だいたい幼少期に性虐受けた経験ある自分含めた周りの人は感覚おかしい
元からなのかそのせいなのかは知らん

6.  Posted by  名無し   投稿日:2017年03月07日 21:52

スリルを健全に味わいたいならスカイダイビングすればいいんだよ、金かかるけど1人で飛べるようになるまでスクール通って。

そうじゃなくて人が絡むスリルじゃなきゃ駄目なら、どこかに他人に対する依存心が潜んでるはず。

コメントの投稿