推理小説の10ルール 「中国人を登場させてはならない」



推理小説の10ルール 「中国人を登場させてはならない」

1 黒(埼玉県) 2012/11/18(日) 12:27:30.44 ID:+UzZWeTOP ?PLT(12000) ポイント特典
推理小説を書くルールがあるって知ってますか?

推理小説を執筆する際に、守らないといけないルールというのが実は存在します。「推理小説が大好き!」という人なら知っていると思いますが、たまに読む人やあまり読まないという人はもしかするとそんなのがあることさえ知らないかもしれません。

今回は、そんな推理小説のルールを紹介します。とはいえ、そのルールを絶対に守らないといけない!という訳ではありませんし、推理小説を書く際の入門的なものだと考えてもらえると幸いです。

まずは『ノックスの十戒』から紹介しましょう。ノックスの十戒とは、1928年に推理小説家のロナルド・ノックスが発表した推理小説を書く際の入門的なルールです。

1.犯人は物語の最初の部分から登場している人物でなくてはならない。
2.探偵方法に超自然的な能力を用いてはいけない。
3.犯行現場に秘密の抜け穴や秘密の通路が2つ以上あってはならない。
4.未発見の毒薬や難解な科学的説明が必要になるような器具を用いてはならない。
5.中国人を登場させてはならない
6.偶然や第六感によって事件を解決してはならない。
7.探偵自身が犯人であってはならない。
8.事件を読者がわからないような手がかりによって解決してはならない。
9.ワトソン役(物語の語り部)は自分の判断や見解をすべて読者に伝えないといけない。
10.双子の登場人物、または一人二役の変装などは予め読者に知らされなければならない。

http://news.mynavi.jp/c_career/level1/yoko/2012/11/post_2594.html

2 イエネコ(岐阜県) 2012/11/18(日) 12:28:31.42 ID:Tjmzc/mS0
そりゃ犯人がだれだかわかっちゃうからなw

4 セルカークレックス(北海道) 2012/11/18(日) 12:30:42.57 ID:T7ruyxQx0
<丶`∀´> ウリは?

6 ピクシーボブ(チベット自治区) 2012/11/18(日) 12:31:20.31 ID:HjJE5uPt0
奴ら仮死薬やら中国4000年の秘術やらでトンデモトリックの常連だからな

7 オセロット(福岡県) 2012/11/18(日) 12:31:26.52 ID:r4nqz/6h0
そういうことか

13 オシキャット(東京都) 2012/11/18(日) 12:35:43.54 ID:ifgJL1t70
マジレスすると、当時の中国人は、うさんくさくて
呪術師的な不思議な事を実現してしまう人たちというイメージだった。
ゼンジー北京から笑いを引いた存在だと思えば良い。

まぁ要するに、魔法使いを出してはいけない、って意味。

11 リビアヤマネコ(東日本) 2012/11/18(日) 12:35:35.32 ID:ZcxBawptI
推理小説なんて水戸黄門並みの様式美の世界だということ
8 エジプシャン・マウ(神奈川県) 2012/11/18(日) 12:32:54.30 ID:aROv8bIe0
いやでも中国人=犯罪者というイメージは叙述トリックには便利なんじゃなかろうか

9 茶トラ(埼玉県) 2012/11/18(日) 12:33:59.12 ID:GEbe2YLI0
怪しい秘術とか使うやつ出すなという意

23 ハバナブラウン(やわらか銀行) 2012/11/18(日) 12:40:36.17 ID:e6vmyyk10
>>9
せやな

001


29 ジャガーネコ(関西地方) 2012/11/18(日) 12:43:15.42 ID:b8s8ytik0
>>23
それそもそも推理小説じゃない

16 アメリカンワイヤーヘア(埼玉県) 2012/11/18(日) 12:38:10.25 ID:Tv6SCU6r0
十戒破ってるけど折れた竜骨は面白かったよ

20 ユキヒョウ(庭) 2012/11/18(日) 12:39:11.63 ID:R2vaHvuy0

24 バーマン(東日本) 2012/11/18(日) 12:41:24.89 ID:8/8RXidn0
ヴァン・ダインです

89 マーゲイ(関東・甲信越) 2012/11/18(日) 13:42:29.26 ID:a6joYhPc0
最近ってかいつからかこうした古いルールをワザと破るような風潮が出来上がったよね
島田以降の新本格の人達も顕著だけど赤川とか栗本とかもやってるし

>>24
ネタバレすんな

28 ラ・パーマ(鳥取県) 2012/11/18(日) 12:42:55.22 ID:Bp9OLs3p0
推理小説の最高傑作は僧正殺人事件で異論ないな?

30 ライオン(catv?) 2012/11/18(日) 12:43:22.36 ID:kguclelr0
>7.探偵自身が犯人であってはならない。

「犯人はヤス」はギリギリセーフ?アウト?

40 エキゾチックショートヘア(滋賀県) 2012/11/18(日) 12:46:14.26 ID:GmboeMwo0
ヤスは部下とか相棒みたいな感じだからセーフじゃね
プレイヤーが「探偵自身」に当たると思う

32 スノーシュー(埼玉県) 2012/11/18(日) 12:43:35.31 ID:kydiQ23X0
コナンはそれを全部無視してるような気がせんでもないw

49 マーゲイ(catv?) 2012/11/18(日) 12:56:57.48 ID:uWVcofTC0
コナンは偶然とか第六感的な結び付けしてるな。

61 コラット(宮城県) 2012/11/18(日) 13:11:24.67 ID:Rv6Vhdl+0
コナンは読者に伝えてる情報以外の事で事件解決するからな
コナン君かっけぇと思うための漫画

42 マンチカン(神奈川県) 2012/11/18(日) 12:47:02.27 ID:zr3/TXmk0
昔は未解決事件があると推理作家がコメンテーターに呼ばれてたりしたけどあれは役に立ったの?

43 ハバナブラウン(やわらか銀行) 2012/11/18(日) 12:47:47.53 ID:e6vmyyk10
> 5.中国人を登場させてはならない
たぶんアガサ・クリスティの「ビッグ4」読んで入れたんだろうな。年代的に合うし。

44 アメリカンワイヤーヘア(東京都) 2012/11/18(日) 12:48:53.47 ID:Lkai43OC0
中国人を見たら泥棒と思え、だもんな

51 ジャガー(やわらか銀行) 2012/11/18(日) 13:02:13.55 ID:UyNmWroq0
意外と守ってないの多いよな

最近読んだアリスミラー城殺人事件だと10がひっかかるな

53 バーマン(愛知県) 2012/11/18(日) 13:05:48.41 ID:CD7NjL490
9.ワトソン役(物語の語り部)は自分の判断や見解をすべて読者に伝えないといけない。
 →探偵助手兼語り部「ちょっとすることがあった」=殺人

って小説があったな。登場当時めちゃくちゃ叩かれて、一時著者が失踪したとか

56 マーゲイ(関西・東海) 2012/11/18(日) 13:07:50.75 ID:FwG2bLQL0
>>53
アクロイド殺し?

71 茶トラ(SB-iPhone) 2012/11/18(日) 13:16:44.14 ID:TPOKhj67i
>>56
アガサ失踪って煽り耐性なかったせいなのか。
「犯行はちゃんとここでほのめかしてるから私はフェアはい論破www」とか開き直ればよかったのに。

80 茶トラ(大阪府) 2012/11/18(日) 13:20:58.71 ID:uw7SnsYN0
>>56
最初あたりで、医者(名前忘れた)=ヘイスティングス
という表現がアンフェア感があると思う。

ポアロを読んだことのある人なら
ヘイスティングス=犯人とは考えないだろうから。

133 ターキッシュアンゴラ(チベット自治区) 2012/11/18(日) 15:00:28.62 ID:Z/nPyDw/0
>>80
なぜアクロイド殺しに限ってヘイスティングスではない人物がワトソン役をやっているのかってのがヒントになってるじゃん

67 オリエンタル(東京都) 2012/11/18(日) 13:14:02.01 ID:ugcrbyb20
>>53
一人除き容疑者全員が犯人ってのもあったな

94 マーゲイ(関西・東海) 2012/11/18(日) 13:54:13.25 ID:FwG2bLQL0
>>67
名前がオリエンタル
すごい偶然だな

72 バーマン(愛知県) 2012/11/18(日) 13:16:47.72 ID:CD7NjL490
>>67
犯人は容疑者全員だったけど、犯人は逃走したことにして無事解決だっけw

142 黒(千葉県) 2012/11/18(日) 15:44:44.68 ID:/+kk9KDMP
>>72
つまり、シベ超2をパクって有名になった奴がいたんだな。

55 ハバナブラウン(東日本) 2012/11/18(日) 13:06:25.22 ID:ggH9uVh20
密室の壁越しに気功的な技で殺人するからでしょ

69 ターキッシュバン(神奈川県) 2012/11/18(日) 13:15:18.14 ID:UfcBoMpL0
犯人はヤス
ダースベイダーはルークの親父
生け贄を集めたのは倉橋
村の周りは普通に現代社会
プレゼントの中身はブラッドピットの奥さんの首
座頭市はメクラではない
「きみのためなら死ねる」は主人公じゃなくてヒロインの台詞
セイバーはアーサー王
龍騎は最終回の1話前で死ぬ
人間編を選ぶとリドリーが死に、妖精編を選ぶと人類が絶滅する
「あの子」は二級生徒
隆士を撃ったのは青ムシ
真ん中の死体が実は生きてて犯人
獣の正体は落下傘付きの死体
ホセ・メンドーサの判定勝ち
地球を西から東に一周したことでまるまる一日を儲け、賭けに勝てた。
内海さんは晴海埠頭でSSSに刺される
彼女も黄泉がえり
登場人物は全員キューブ製作関係者
ランダム・ハジルはスナッチャー
水槽の中に入っていたのは恋人のパーツを繋ぎ合わせた「理想の父親」
トーマはセス
300体倒すと車椅子の奴がラスボスになるが一度倒されないとバッドエンド
よく映ってた魔王の城は勇者の自宅で、主人公の家のシーンがテロップで飛ばされてたのはそのため
八人目の主人公は人間不信から魔王になる
貞子は双子
オラの村には電気がない
死体は四季博士が密室内で生んだ娘
プリンセス・ハオ

75 バーミーズ(神奈川県) 2012/11/18(日) 13:18:17.80 ID:U6cXrabr0
>>69
よくわからんが、「きみのためなら死ねる」は岩清水君の口癖だろ
主人公でもヒロインでもない、メガネの秀才君だよ

70 バーマン(愛知県) 2012/11/18(日) 13:15:36.54 ID:CD7NjL490
>1.犯人は物語の最初の部分から登場している人物でなくてはならない。
 →名探偵コナンのアニメオリジナルで、冒頭に確かに出てたけど犯人がモブって斬新なのがあったな

>2.探偵方法に超自然的な能力を用いてはいけない。
 →コナンのキック力増強シューズとか蘭ねーちゃんの電柱をへし折る馬鹿力で犯人鎮圧はひっかかるか?

74 コドコド(関東・甲信越) 2012/11/18(日) 13:17:08.33 ID:E28z43cMO
ハリウッドの推理映画だとロシア人を出してはならない、だろうな
確実に悪役だから

77 コーニッシュレック(やわらか銀行) 2012/11/18(日) 13:19:35.54 ID:UjX0EpeX0
読んだことないけど中国人が主人公探偵の小説が昔あったんよな
マーロウよりは古いと思った 

118 コーニッシュレック(やわらか銀行) 2012/11/18(日) 14:30:53.20 ID:UjX0EpeX0
チャーリ チャン だった

120 バーミーズ(神奈川県) 2012/11/18(日) 14:34:49.89 ID:U6cXrabr0
>>118
これか
http://www.aga-search.com/18charliechan.html
面白そう

121 ツシマヤマネコ(家) 2012/11/18(日) 14:38:20.70 ID:KqsZdYc30
ホノルル警察の名探偵、チャーリー・チャンが登場するのはこの十戒より前なんだよな。

78 ジャパニーズボブテイル(家) 2012/11/18(日) 13:20:29.25 ID:nnVahFxz0
グロテスクの中国人編が一章丸々嘘でした展開思い出した

79 コラット(宮城県) 2012/11/18(日) 13:20:56.59 ID:Rv6Vhdl+0
インド人を登場させてはならない
ヨガテレポートで完璧な密室殺人ができるから

84 マーブルキャット(愛知県) 2012/11/18(日) 13:34:26.08 ID:ccxqZZhF0
7.探偵自身が犯人であってはならない。

探偵が実は犯人ってあんまり推理小説読んでない俺でも2冊知ってるぞ

95 セルカークレックス(福島県) 2012/11/18(日) 13:54:59.32 ID:gqISxMJg0
>>84
探偵がその物語の主人公ではない場合、許されることもある

85 黒(dion軍) 2012/11/18(日) 13:35:42.06 ID:AkhOOOrzP
Yの悲劇良かった
ちゃんと探偵より先に読者が唯一犯行が可能な人物を特定出来る

92 セルカークレックス(福島県) 2012/11/18(日) 13:51:59.37 ID:gqISxMJg0
最近 スタチャで何回も見ているが オリエント急行殺人事件 、あれは 推理小説ではないと思う

106 ピクシーボブ(沖縄県) 2012/11/18(日) 14:08:56.87 ID:70qsKY1k0
ひぐらしのなく頃にで竜騎士07が破りまくって皆を呆れさせたあのルールだな
作者も散々謎解きを煽っといて最初からファンタジーでしたは無いよな

115 スナドリネコ(千葉県) 2012/11/18(日) 14:25:38.40 ID:zyrx7PFC0
最初から犯人がわかっている古畑の方が面白いんだよな

123 スコティッシュフォールド(長野県) 2012/11/18(日) 14:46:05.81 ID:U6T6qHAK0
例の禿のせいで一躍有名になったルールか(´・ω・`)

124 ソマリ(兵庫県) 2012/11/18(日) 14:47:51.38 ID:3FfYQMtu0
最近の推理ドラマってこれ無視しまくってるよな

138 ジャガー(やわらか銀行) 2012/11/18(日) 15:30:17.14 ID:bLGsbukJ0
>>1みたいなのを片っ端から破って人気作家になったのがアガサクリスティで、
要は、読者を不快にさせなければなにやってもいいってこと。中国人は出しちゃダメだがw

しかし東野の聖女のなんとかって小説はひどかった……。
トリックのネタもなんじゃそりゃってレベルだったけど、そもそもあれは小説にするほどの味がなくて、
読みやすいけど一度読んだらもういいやって言うような品質だな。

ドラマとか実写版映画観るのが好きな連中用の、読み捨てコンテンツだわ。

144 ハイイロネコ(家) 2012/11/18(日) 15:48:10.27 ID:ds4yCi4l0
最近探偵小説というより刑事小説といったほうがいいものにハマってる
笑う警察官とか、足で手がかりを稼いで解決を目指すのが面白い

154 マンクス(福岡県) 2012/11/18(日) 16:16:24.04 ID:77Ba985z0
中国人=超能力者って事だろ。

156 コドコド(新疆ウイグル自治区) 2012/11/18(日) 16:23:15.15 ID:lYK0WJMT0
じゃ、じゃあインド人ならオッケー??

157 スミロドン(長野県) 2012/11/18(日) 16:29:11.21 ID:Fd/aiBML0
手足伸びたり火吹いたりするからNGやろ

171 ボルネオウンピョウ(宮城県) 2012/11/18(日) 18:02:08.75 ID:FWh99VHy0
昔の推理小説読むと、中国人の使役人出てきたりするよな。
アガサ・クリスティにも出てくる。執事役と敵役w

172 黒(庭) 2012/11/18(日) 18:17:00.73 ID:/+kk9KDMP
ホームズはインド帰りやオーストラリア帰りは出てきたな。アメリカ人も。
異質な者として出てきた。各地の不思議な薬品みたいなのも。

175 ノルウェージャンフォレストキャット (東京都) 2012/11/18(日) 19:36:47.12 ID:nTkMWYHX0
火サスに美保純を出してはいけない。

178 コドコド(三重県) 2012/11/18(日) 19:55:20.81 ID:M2RWeUzZ0
>7.探偵自身が犯人であってはならない。

おーい森博嗣せんせー

179 ジャパニーズボブテイル(東京都) 2012/11/18(日) 19:59:26.69 ID:qfg4KSjT0
ひぐらしはやっぱり推理物ではないな。


蓬莱学園の初恋! (富士見ファンタジア文庫)
新城 十馬
富士見書房
売り上げランキング: 190669



カテゴリ:  雑談  知識


この記事へのコメント

1.  Posted by  ななし   投稿日:2012年11月18日 22:20

1げっとおおお!

2.  Posted by     投稿日:2012年11月18日 22:20

���Υ������ȤϺ��������ޤ�����

3.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 22:23

ひぐらしは最初からファンタジーとして売ってれば佳作だった

4.  Posted by      投稿日:2012年11月18日 22:26

ひぐらし出てて安心した


正解率0.3%(キリッ

5.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 22:28

ヴァンダインのやつが有名やと思ってたけどほかにもあるんやね

6.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 22:29

所詮、ノックスなどと言う一作家の言い出したことを真に受けてる人たちって……

※2
そもそも日本人も中国人の内に含んでたぞ?
正確には、東洋人を出してはならない、だ

7.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 22:33

そもそもノックス自身が守ってない件

8.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 22:34

何年か前のこのミステリーがすごい!にランクインした舞城王太郎のとある推理小説は、
探偵も犯人も空間変異だの瞬間移動だの時間移動だの肉体変化だのしまくってたけどな

9.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 22:38

十戒、二十則原理主義者ってまだいたんだ

10.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 22:39

登場した銃は撃たれなければならない みたいなのなんだっけ

11.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 22:39

ひぐらしは推理小説でなくとも読み物として面白かったから良い
だがうみねこ、てめーは駄目だ

12.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 22:40

いくら大昔の作品だとしても
推理小説のネタバレは避けたほうがいいんじゃないだろうか
いや、ネタバレ完全回避したら何も話せそうにないからタイトル伏せるとか

13.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 22:42

1928年の欧米人からみた中国人だから、そりゃ偏見だらけだし登場させたら怪しすぎるわな。
今だと推理小説に宇宙人登場させるような感覚だろ。

14.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 22:43

ミステリーは古典しか読んだことないなあ

15.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 22:46

韓国人はどうなの?

16.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 22:47

 最近の推理はこれの内1つは守ってないの多いな。
 個人的にクビシメロマンチストはすきだけど、やっぱアレはミステリではないし。

17.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 22:47

うみねこはバトルパートがいらない

18.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 22:48

※15
 彼らは自分の頭の中でファンタジーを展開するが、それらが現実に影響を与える事は全くないので、出演させても構わないだろう。

19.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 22:48

>>75の勘違いっぷりにワロタ

20.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 22:53

背後に中国マフィアとか絡んできて、
話をうやむやに出来ちゃうからじゃない?

21.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 22:58

探偵ガリレオはあえてこの辺の決まりを破る作風なのが売り

22.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 23:01

※18
アイツラは現場を荒らしまくって金目の物をかっ払っていくからダメだろ。
証拠品が全部無くなるぞ。

23.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 23:02

ちょっと待て! 本スレの69がすごい博識過ぎるんだが。

24.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 23:02

※20
それだと、イタリア人もロシア人も出せないな。

25.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 23:05

なんつーか要するに当時の”中国人”キャラってのが
東洋の秘術とか使っちゃう奴だから。
要するによくもわるくもどっちで使っても”チートキャラ”なんで
すごいことやっても「はいチートワロスワロス」だし
逆になんもやらなくても「じゃあこいつはなんで出てきてんの?」だから。

26.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 23:07

『犯人はヤス』はワトソンが犯人みたいなものだからなぁ。

27.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 23:07

>13
要するに「犯人がニンジャであってはならない」って事かw

28.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 23:12

推理小説読む奴って自称天才タイプ多いよな。
キモい

29.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 23:16

実際は中国人だからって空飛んだり
消えたりはしないけどね

少林寺で修行した人は例外だけど

30.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 23:16

なんというか必要性を感じないな・・・

31.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 23:22

ノックスの十戒なんてそもそも
特定の作品かミステリ全般かを貶す時くらいにしか使われないものだからな。
得意げに紹介する人がいたら適当に流しとけばいいよ。

32.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 23:23

ビッグ4でも中国人は悪人だったな

33.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 23:24

※28

34.  Posted by     投稿日:2012年11月18日 23:30

※22
物盗りの線をフェイクにしてって流れだとむしろ重要人物として出せるな
問題は盗みという動機はドラマが無い事、フェイクとして既に多用されている事、そして何より出したら盗人が簡単に分かる事だな

逆転裁判のサイコロックはオカルト(超自然)の力だけど、怪しさが分かるだけで結局証拠持って問い詰める必要があるし
複雑になればなるほど犯人以外にもサイコロック持ちが増えるからアリかな

35.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 23:30

>>178は職業としての探偵と、役割としての探偵の区別がついていないんだろうな

36.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 23:34

広義の推理小説には
1.クイズやパズルを物語の形で提供する狭義の推理小説
2.1を話の種にする推理小説風小説
の2つがある。

ノックス云々は1に対する業界規制のようなもの
解けないパズル本を出し続けたら、いずれジャンル自体が消費者にそっぽを向かれるからね

ただ2に対して何も言及しなかったのが痛恨だった
・推理小説風小説を推理小説と騙ってはならない
ってね、おかげで両者の境界があいまいになってひどい推理小説もどきが横行→推理(笑)の風潮に

37.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 23:37

十戒なんて歴史的価値しかない化石なのに
普段ロクに推理小説読んだことない奴が、
「これが書く上でのルール」と聞いて、
「あの作品は反してる。この作品も反してる」
とはしゃいでるスレはここですか?

(つーか、ソースのリンク元では二十則も挙げられてるけど、十戒や二十則を
「推理小説を書く上での参考に」と大真面目に解説してるあたり、ライターもロクに推理小説読んだことないだろ

38.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 23:38

なんだこのタイトルは。
ノックスへの冒涜だろうが。人種差別に利用してんじゃねーよカス。

39.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 23:38

とりあえず折れた竜骨は面白いよ

40.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 23:45

韓国人を登場させる
→どう描写しようと差別だと騒がれる
→韓国人団体が出版社に圧力をかけ販売中止

41.  Posted by     投稿日:2012年11月18日 23:46

西村京太郎なんて残り20ページにポッと出てきたキャラが犯人とかザラにある

42.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月18日 23:49

>「あの子」は二級生徒
蓬莱学園か、と気付いて
ちょっと懐かしくなる

43.  Posted by     投稿日:2012年11月18日 23:52

>>69
推理小説のみならずあらゆるジャンルのネタバレすんなw

44.  Posted by     投稿日:2012年11月18日 23:56

別に十戒やら二十則やらを順守する必要性はないが
叙述トリックがシナリオ評価の全てとか思ってそうな
ギャルゲやラノベの三文文士共は頭の隅に常に置いておくべき標語だと思う

45.  Posted by     投稿日:2012年11月18日 23:58

コナンは中国人以外はある程度守ってるような
アポトキシンで幼児化した犯人が出てきたりしないしベルモットのチート変装も事件の根底には関わってこない

46.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 00:00

アガサクリスティーのアクロイド殺しも
引っかかりそうだな
全部守ってる方が少ないかと

47.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 00:01

露骨に差別でしょ。
1928年といえば中国人労働者問題がすっかり定着して、アジア移民を厳しく制限していた。

アメリカやカナダから強制帰国させられた移民が世界遺産の開平楼閣を作った頃だな。

48.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 00:03

犯人当てとか読者への挑戦とかするならせめてフェアであれってだけなんだけどな。

49.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 00:04

コメ>>42
お前おっさんだろw
('A`)人('A`)ナカーマ

50.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 00:08

コナンはああいうトンデモ発明品が出る世界観なのにそれを利用した犯行が一切無いのが逆に不思議

51.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 00:08

※45
48巻の「悪霊の棲む館」で10をやらかしてる

52.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 00:10

中国人云々はただ東洋人怪しげな能力を持ってそうっていうイメージだし
そもそも十戒はミステリーにおけるお約束を集めただけだから
もちろんそれ以外のミステリーも山のようにあるし合ってないから失格ってことは断じてない

53.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 00:16

イメージの問題かもしれんが、コナンは「そうか分かったぞ」って台詞を言う時に見つけた証拠を読者に見せてくれない気がするから、8番に引っかかるかもしれん。

54.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 00:17

松尾芭蕉

55.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 00:33

コナンもろにルール破ってる思ったが
アレは漫画だからセーフなのか

56.  Posted by      投稿日:2012年11月19日 00:41

犯人は韓国人

57.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 00:42

2,7,10は割りとみかける気がするな
特に昨今の開き直ったラノベレベルだと

58.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 00:43

「犯人は読者」
とかなんでもありじゃん

59.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 00:43

森博嗣のミステリィ読者の十戒

4.まだ発見されていない毒薬とか、複雑な説明を必要とする科学的な装置などが使われても、美形キャラがそれを使いこなしていれば問題はない

5.中国人が登場した場合も美形ならば特に問題はない

6.偶然や直感によって事件を解決する中年の刑事はアンフェア。しかし、同様のことをする美形探偵は文句なしに天才である


美形に恨みでもあるのかww

60.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 00:44

※37みたいにみんなが知ってることをドヤ顔で書き込むバカってどうにかならんのかね
何でこんな一般常識レベルの知識でそこまで得意気になれるんだか

61.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 00:45

本当に下衆が増えたなぁ

62.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 00:52

なるほど!
推理小説に出て来る犯人像ってリアル中国人の事だったんだね!

63.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 00:55

あ〜あれ十角館のことかw

64.  Posted by  名無しさん   投稿日:2012年11月19日 00:59

冗談半分で十戒を書いたノックスはまだしも
クリスティを否定したいがために顔真っ赤にしながら俺ルールを作ったヴァンダインを
未だに神聖視する馬鹿ばっか

65.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 01:02

これ意識すると途端につまんないものが出来上がる

66.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 01:08

推理小説は殺人をテーマにしなければならないのか?
答えはイエス
なぜなら殺人じゃないと読者が興味を持ってくれないから、だとさ

だったらいっそ、推理小説じゃなくて殺人小説とでも呼べばええじゃん

67.  Posted by  ※37   投稿日:2012年11月19日 01:12

※60
いや、十戒が化石ってのは(貴方の言葉を借りるなら)「一般常識的なこと」なのに、
それに反してる、これは反してると、
(自分で「これはアンフェアだろ」って感想を持ったならともかく)十戒を振りかざして推理小説にゴチャゴチャ言ってるのがどうよって思ったの

68.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 01:13

そもそもこれを守る義理も義務もない

69.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 01:17

つーか、誰でも知ってる一般常識的なことをドヤ顔で書き込んでるのは、ソース記事のライターだろ

70.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 01:18

中国人雇って殺させたというのが現実的すぎてシラケるというのが近年の社会派推理小説での理由ですよ

71.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 01:18

陳舜臣『枯草の根』に言及がないとは失望した。

72.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 01:27

ひぐらし抵触しすぎてワロタwwww
推理モノと売りだしたから糞だと思ってるわ。
真面目に推理した俺らに謝れ。

73.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 01:27

☆!!!緊急!!!☆
自民党が200兆円のバラマキ公共事業を復活!?
古い体質の政治を許すな!!
公務員・官僚・既得権益を潰せ!!!
拡散お願いしますm(_ _)m

74.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 01:32

>>70
>→コナンのキック力増強シューズとか蘭ねーちゃんの電柱をへし折る馬鹿力で犯人鎮圧はひっかかるか?

コナンちゃんと見てないから詳しくは知らんけど
推理関係なく犯人が逃亡するのを止めるためならセーフなんじゃね?
下手に突き詰めると探偵の異様に鋭すぎる推理力も超常能力の範疇に入りかねないし

75.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 01:45

>>178
探偵は紅子なんじゃない?

76.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 01:52

山村紅葉が登場しても笑ってはいけない。

77.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 02:07

>2.探偵方法に超自然的な能力を用いてはいけない。

サイコメトラーEIJIアウトー

78.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 02:11

ノックス自身の作品に十戒を破ってるのもあるし、彼の作品を読むと分かるけど、よく言えば稚気に溢れた、悪く言えば読者をおちょくったような作品が多い。
だからノックスは洒落で十戒を作ったんじゃないかと思ってる

ちなみにソースで「推理小説家」なんて書かれてるが、ノックスの本業はカトリックの神父な

79.  Posted by     投稿日:2012年11月19日 02:14

���Υ������ȤϺ��������ޤ�����

80.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 02:32

中国人といえばヒューリックのディー判事シリーズなんかもあるねー

81.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 02:34

超自然的な・・・とかルールは色々出てくるけど
ノックスとかは『推理小説のテンプレ』であって
別にこのルールに従ってなくても推理可能なら成立するよ
ただし中国人、あれは当時とは別の理由でダメだな
犯人にしたらリアルで暴れるし、某スタンドの如く何でも爆発可能だし・・・

例えば逆転裁判シリーズ、あれ心を読んだり証拠品を偶然拾ったり
はたまた同系作品で主人公が幽霊だったりするが成立してる

82.  Posted by     投稿日:2012年11月19日 02:41

要は読者が解けないクイズは出すなよ、ってことだよな
今はミステリーが話を盛り上げる為のエッセンスでしかない作品のが多いし、見当はずれな反論してる人が多いのもしゃあない

83.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 02:54

犯人はたかゆき
あと紳助も殺される

84.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 03:10

蓬莱学園の初恋ネタがこんなところで見れるとはw

85.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 03:11

魔王の城が勇者の自宅…ってモトネタなに?

86.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 03:20

最近はあえて超自然的能力を主人公(または身近な人)に持たせるのがブームだな

87.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 03:47

>>77
> 読んだことないけど中国人が主人公探偵の小説が昔あったんよな

《『ディー判事』シリーズ》。
実在の人物、狄仁傑を主人公にした探偵小説。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%84%E4%BB%81%E5%82%91

作者はオランダ人外交官のロバート・ファン・ヒューリック。語学の天才で一部は自分で中国語訳を起こしている。日本語訳も出てるので手に入れやすいよ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%92%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF

88.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 03:58

ドラマとかお手軽系は”偶然”がいっぱいあるよね
同僚が「直接行かなくてもパソコンで操作すれば大丈夫」とか言ってるの聞いて
主人公が「直接行かなくても?…ハッ」とするやつ
視聴者からしたら「どこが偶然?」ってかんじだけど

89.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 04:17

この十戒は古典的な本格推理小説の話だからね。
作者が意図せずに入れていたら失敗作だけど、話を面白くするために計算して
読者に許容される範囲で入れるなら、現代的にはアリ。

90.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 04:51

推理小説の十戒というよりは
探偵小説の十戒のほうがしっくりくるな てか当時推理小説なんて言葉ないだろ

91.  Posted by  +   投稿日:2012年11月19日 05:05

ミルキィホームズは超能力使ってるな
まぁ本格探偵物と比べちゃいかんけどw

92.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 05:52

おまら分かってないな、中国人は言い負かせば黒も白くなる民族だよ。真実なんてものは無い。おれの嫁も中国人だから真実が見えてくるんだよ。向こうに行く時は、買い物だろうが、駅でキップを買う時でさえも安く買いたたく、あたりまえだろう。乞食がいたらまきあげる。

93.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 06:10

>>51
アリス・ミラー城が引っかかるのは10じゃなくて1だろ
というかアレはあまりにもアンフェアすぎる上に動機もぶっ飛びすぎてて話になんねえ

94.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 06:15

ホームズは椅子模様迷彩してる

95.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 06:51

どうせおまいら氷菓の影響受けてちょっとかじっちゃった系だろww

96.  Posted by      投稿日:2012年11月19日 06:57

サイコメタラーEIGIはアウトも何も最初から推理物じゃないから

97.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 07:38

今の推理モノは推理するのが馬鹿らしいジャンルに成り下がってしまった
このジャンルのくだらなさはラノベを笑えない

98.  Posted by     投稿日:2012年11月19日 07:52

古畑とコロンボはミステリーじゃなくてサスペンスだからな?
http://sai-zen-sen.jp/sa/higurashi/
ミ ス テ リ ーww

99.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 08:09

十戒全ての要素使って面白い推理小説書ける?

100.  Posted by      投稿日:2012年11月19日 08:14

ハゲ騎士作品を引き合いに出すなら
ひぐらしより、うみねこの名前を出してほしかった

ノックスの娘が出てくるし

101.  Posted by  a   投稿日:2012年11月19日 08:47

名前は忘れたが映画で鏡の仮面を付けると不死身になる奴は
主人公だと思ってた奴が犯人で驚いたな

102.  Posted by     投稿日:2012年11月19日 08:49

ひぐらしは推理ものとしたらクソでしかない

103.  Posted by  名無し   投稿日:2012年11月19日 09:11

ダンガンロンパは余裕で破ってるけど大丈夫なん?

104.  Posted by  名無し   投稿日:2012年11月19日 09:43

いまだにコナンが推理物だとか思ってる奴いたんだ…

105.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 10:48

あれは大丈夫なのか、流水小説。

106.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 10:54

話しの冒頭で探偵が、いきなり落とし穴で死んではいけない。

107.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 10:59

こりゃあくまで推理させるための小説で、アンフェアな10項目みたいなことだろ
守ったからってストーリー自体が面白くなるわけでもないからな

108.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 11:41

今まで推理モノに中華のイメージが薄かったのはそういうことなのか
推理小説の法則とは関係ないけど作品に桃を出すとヤバいって話は本当なのかね?

109.  Posted by     投稿日:2012年11月19日 12:22

���Υ������ȤϺ��������ޤ�����

110.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 12:28

「ノックスの十戒」は、パズラーと呼ばれる「論理的に犯人がわかる」タイプの小説向けに作られたんじゃなかったっけ?
物語が進んで解決編に入る前に、作家が突然
「これで手がかりは全部出しました。あなたは犯人がわかりますか?」みたいな、読者への朝鮮を入れるタイプの。


逆に、「ノックス師に捧げる10の犯罪」って、十戒を全部破っていく短編集もあったような気がする。

111.  Posted by     投稿日:2012年11月19日 12:33

最後まで犯人が誰かわからない小説ってどのくらいあるの?

112.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 12:50

別に守らなくていい決まりだから「ひぐらし」は関係ないだろ
だがノックスの十戒の話を劇中で解説してた「うみねこ」、てめーはダメだ

113.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 12:53

ヴァン・ダインの二十則こそが黄金則だね
日本の推理小説はテレビ向きが多い、読むと粗が多いよ

114.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 13:00

そういや蓬莱学園の初恋も推理物っちゃあ推理物だったなぁ。まぁ純粋な推理物じゃないけど
ラスト辺りの怒涛の展開は今でも感動する
読み返したいんだけど古すぎてブコフの100円棚にも置いてないんだよなぁ

あとドワーフ村殺人事件シリーズが変化球すぎて好きだった。なんとファンタジー世界の探偵物w

115.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 13:33

※114
記事の最後のAmaを見るんだ。100円じゃないけどAmaで古本が買えるよ

デュダの話もいいけど、SWなら正統派の探偵役が出る赤い鎧シリーズもオススメ
続きは出ないのかな…

116.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 13:40

ノックス「これ破ると面白くなくなるよ」
ヴァン・ダイン「これ守っとくと面白いのが出来るよ」
竜騎士07「知るかボケェ!ここはワシの道じゃ!去ねや!」

モーゼ完成

117.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 13:52

>>114 ドワーフ村殺人事件

読んだこと無いが確信を持って言える
犯人はエルフだろww

118.  Posted by  .   投稿日:2012年11月19日 14:29

推理物のように見せ掛け宣伝したにもかかわらず中身はファンタジーで推理なんてねーよバーカと読者をコケにする作者の話はもういいよ

119.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 14:36

この中に
「リアリティのある人間としての能力」
を入れるべきだったな
抵抗する男を容易に殺せる女とか、50kg以上の肉塊をすいすい運べる犯人とかな

120.  Posted by  やまだやまだやまだ   投稿日:2012年11月19日 14:48

ひぐらしは推理小説じゃないし意図的にこのルール破ってるぞ。

かくいうノックス自身も破ったことあるんじゃなかったかな?

121.  Posted by     投稿日:2012年11月19日 14:51

���Υ������ȤϺ��������ޤ�����

122.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 15:08

推理小説じゃないと言いながら、推理小説のガイドラインを意図的に破るってどういうこと?
推理小説じゃなければ元々守る必要なんて無いじゃんwww

123.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 16:44

言っとくけど京極作品は推理モノじゃないからな

124.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 17:49

※10 1Q84読み返せ

125.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 18:04

単純な「作者vs読者」の謎掛け、謎解き推理小説の場合って事だからな
日本で言うと横溝正史のような古典的でオーソドックスなスタイル
大抵の推理小説と言われるジャンルでも冒険小説の様だったり物語的で読者に謎解き要素がないものも多いし
だから探偵小説や事件小説とでも言うでかいカテゴリ内の一つに推理物があると思った方が適切かもしれない

まあアンフェアな謎掛けした癖に作者が「意図的」だと主張したら
犯罪者が「過失」を主張してるのと同じレベルで見られても仕方ないよね
おまえがあえて破ったって言うけどそれは先人が読者ががっかりするからあえて避けたものに卑怯にも飛びついただけ
謎掛け部分って思う存分風呂敷広げられるからね
コナン・ドイルの時代からそういうアンフェアなネタの取捨選択してるのに
今さら自分の思いつきが革新的だと思う時点で十分読者に知能が劣ってるよ

126.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 18:48

王大人「死亡確認」

127.  Posted by     投稿日:2012年11月19日 19:16

���Υ������ȤϺ��������ޤ�����

128.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 19:34

え、今さら十戒とか二十則とかいわれても…
いまどき律儀に守ってる作家なんていないだろよ
アンフェアな印象さえ払拭出来れば、あとはもうあらゆる手練手管を用いて読者を騙しにかかる、それが推理作家だろ

129.  Posted by     投稿日:2012年11月19日 19:38

���Υ������ȤϺ��������ޤ�����

130.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 19:42

推理小説のアニメに桑島法子さんを出してはならない
言わずもがな

131.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 19:48

十戒を守ってないものにも面白いものがたくさんあるよwって意見の奴は勘違いしてんぞ
あくまでHOW TO本なんだから大まかな指針はこの通りってだけだよ
もし十戒を破るようならそれを覆すだけの面白さがなきゃいかんってだけ

132.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 19:52

武術家もダメだな
ブロークンフィスト的に

133.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 20:03

逆にバトルアクションものだと中国人は必須ですね。
カンフーつえぇ

134.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 20:11

ネタバレスレならそうと書いておけよファック

135.  Posted by  名無し   投稿日:2012年11月19日 20:15

ヴァン・ダイン……なの?

ま それはともかく 僧正殺人事件 は 名作。

136.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 20:59

中国から殺し屋がやってきた
みんな頭蓋骨砕けてるけど凶器がわからない

かかと落としで殺されてた

そんな新宿鮫シリーズ

137.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 22:25

だいぶ前このルールを紹介していた本があったな。
たしかこのルールが書かれた当時、中国人は奇術や魔術を使うという先入観があったから「中国人を登場させてはならない」という決まり事を書いた、というのが解説だった。

138.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 23:25

>>69
犯人はヤス
隆士を撃ったのは青ムシ
ランダム・ハジルはスナッチャー

これしかわからなかった俺は間違いなくオッサン

139.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月19日 23:33

>>69
これを全部分かる強者はいるのだろうか?
バカなもので解説が欲しい…

140.  Posted by  日本のチャングンソク   投稿日:2012年11月19日 23:46

日本は将来、政治・経済の崩壊で中国の属国になるねぇ中国領の日本にねぇハート その危機を在日同胞は救ってやるねぇハートイェイイェイハート

141.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月20日 01:42

どもども、コナンの存在そのものがトンデモだからなあ…

142.  Posted by  バウム◆ChyM//BvMxY   投稿日:2012年11月20日 06:25

山村美咲 西村京太郎サスペンスに、山村紅葉出さないといけない(笑)。




山村紅葉、西村京太郎 山村美咲の同棲の子供だからさ。

143.  Posted by  バウム◆ChyM/BvMxY   投稿日:2012年11月20日 06:30

水曜9時の相棒、土曜ワイド劇場止まりにしなければならない。




相棒の制作会社、東映株式会社は何回もシリーズ化にしてしまう癖がある。土曜ワイド劇場の相棒、警視庁の腐敗描いてないから好きだな。

144.  Posted by  バウム◆ChyM//BvMxY   投稿日:2012年11月20日 06:34

故藤田まことさん主演の土曜ワイド劇場 京都殺人案内、後釜いないから作れない。




矢沢永吉、ダメかな?

145.  Posted by  バウム◆ChyM/BvMxY   投稿日:2012年11月20日 06:38

土曜ワイド劇場の高田順次さんは、西村京太郎サスペンスの亀さんよりも意地悪上司⇒殺され役が似合う。

146.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月20日 11:29

読者目線からは犯人がほぼ確定できる状況なのに、主人公の探偵はひたすら推理に右往左往しているのも滑稽だよな。
その場合探偵ドラマ小説に分類されるのかw

意味不明にモテるハーレム物の天然主人公に似た何かがあるな…。

147.  Posted by  CFD-900   投稿日:2012年11月20日 12:15

密室系のルール
・殺人犯と一緒過ごせるか!俺は先に帰るぜ!という台詞の後は死ななければならない
・職業カメラマンか売れないフリーライターを登場させなければならない
・早く逮捕すればいいのに犯人はこの中にいますと宣言しなければならない

148.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月20日 18:58

フェアなゲームブックとして作るのなら守った方がいいと思うけど
そもそもゲーム性なんてどうでもよくて、ただ「ラストのドンデン返しがすごい!アイデアが斬新!」って言わせたいだけの場合は守る必要がない

推理というかサスペンス

149.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月20日 19:27

充分な証拠もなく、泣き落としで自白ないし自殺させてはならない
また、探偵役が最後に説教してはならない

150.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月21日 06:07


時代背景によっても変化して然り。

非日常的な
ドキドキ、ワクワクした
興奮を感じられたらいい。

151.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月21日 16:19

名探偵コナンは小説じゃないのでは…

152.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月21日 19:09

つ「生ける屍の死」
面白けりゃ何でもおkだぜ

153.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月22日 12:58

真っ当な古典も本格もいいけど戒めからはずれまくったのも結構好き
2回目そうわかって読むと分かるネタが散りばめられてると凄い楽しい

154.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月22日 14:38

とりあえず森博嗣読んどきゃノックスの十戒の重要さとつまらなさは理解できる

155.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月22日 15:59

>7.探偵自身が犯人であってはならない。
おーい森博嗣せんせー

ってあるけど、森の作品にそんなのあったか?
仮の主人公が犯人ってのはあったが。

156.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年11月23日 23:52

米143
自分たちの権力の腐敗って構図は仮面ライダーから続いてるからなぁ
(ショッカーは日本政府よ)

157.  Posted by  miumiu キーケース 正規   投稿日:2014年08月26日 13:28

http://www.powercolor.com/uploadfile/shopping/miumiu-news-64.htmlmiumiu 長財布 バイカラー
miumiu キーケース 正規 http://www.powercolor.com/uploadfile/shopping/miumiu-news-76.html

158.  Posted by  エルメス バッグ   投稿日:2014年09月01日 18:41

http://www.loplopland.com/cgi-bin/blog/data/sales/hermes-jp-164.htmlエルメス バッグ
エルメス バッグ http://www.loplopland.com/cgi-bin/blog/data/sales/hermes-jp-278.html

コメントの投稿