三国志の後半ってどうして人気無いの?


三国志の後半ってどうして人気無いの?

7 プラティ(東京都) 2010/05/11(火) 20:27:08.97 ID:j5mK/fim
ラストの方の武将の空気感は異常

10 キタマクラ(アラバマ州) 2010/05/11(火) 20:27:31.30 ID:9xHgsYD6
三国志なのに三国鼎立後って人気ないよね(´・ω・`)

15 イソギンポ(アラバマ州) 2010/05/11(火) 20:28:17.78 ID:+jJ0FKQX
みんな蜀が好きだから

17 アブラハヤ(青森県) 2010/05/11(火) 20:28:37.74 ID:ywhAFhqW
そもそもいつからいつまでが三国時代なのっと

32 ウマヅラハギ(長野県) 2010/05/11(火) 20:33:24.65 ID:abwdVYkl
>>17
後漢が魏へ禅譲してから晋が呉を降すまで



22 チカ(東京都) 2010/05/11(火) 20:30:55.95 ID:Ut8ZSih5
184年 黄巾の乱

|ここまでは分かる

234年 諸葛亮没

|何があったの?

263年 蜀滅亡
265年 魏滅亡
280年 呉滅亡

43 アカシタビラメ(ネブラスカ州) 2010/05/11(火) 20:34:51.86 ID:2jvp8hox
>>22
魏 司馬氏の台頭
呉 孫権耄碌
蜀 劉禅の幸せな日々

23 ツマグロ(神奈川県) 2010/05/11(火) 20:31:06.42 ID:B6BOj5UY
孔明が役立たずだから

26 ハヤ(京都府) 2010/05/11(火) 20:32:11.32 ID:F0IUDTtq
五胡十六国時代のカオスっぷりは異常

27 バラハタ(宮城県) 2010/05/11(火) 20:32:34.18 ID:aFkiRtMS
曹操がいるまでが三国志だから

30 ギンブナ(熊本県) 2010/05/11(火) 20:33:11.28 ID:o23yrnTw
逆に戦国時代の場合は後半から盛り上がるよね

31 エポーレットシャーク(兵庫県) 2010/05/11(火) 20:33:20.58 ID:mzXJ4nql
三国志の後半って、どこからが後半なんだ?

34 キンメダイ(catv?) 2010/05/11(火) 20:33:59.21 ID:CGZ0tbGh
>>31
曲が変わってから

36 アマダイ(catv?) 2010/05/11(火) 20:34:03.57 ID:Mg2ZB+p7
>>31
赤壁終わってからじゃね

40 ゴマサバ(アラバマ州) 2010/05/11(火) 20:34:40.07 ID:ZZHqR57P
三国志なのに三国になる前のほうが面白いとはこれいかに

44 キングクリップ(東京都) 2010/05/11(火) 20:35:43.64 ID:vrex4vDg
いろんな個性持った人たちがやっさもっさしてるから面白いんだよね
後半個性的な人みんな死んじゃってつまんない
なんか今の2ちゃんと似てるね

57 ツムギハゼ(岡山県) 2010/05/11(火) 20:39:22.06 ID:wBWhOEKo
赤壁以降ってあんまり描写がないというか駆け足で説明して終わるものが多いから全然印象に残らん
魏呉蜀のどこが残ったのかすら分からん

66 アマダイ(catv?) 2010/05/11(火) 20:40:32.11 ID:Mg2ZB+p7
>>57
>魏呉蜀のどこが残ったのかすら分からん

全部消滅しました

108 カネヒラ(北海道) 2010/05/11(火) 20:48:45.23 ID:u5u/KZrl
>>57
魏→仲達の子孫が乗っ取って晋に
呉→腐敗して晋に降伏
蜀→劉禅がやらかして魏に降伏

蜀→魏→呉の順にやられた

62 アカシタビラメ(関西地方) 2010/05/11(火) 20:39:41.51 ID:1AFTzj8c
三国志と比べると日本の戦国時代の盛り上げのうまさは異常
下克上が盛んになったあたりから人気が出てきて、信長の劇的な登場と死に様、
秀吉とか明とかいろいろあって、信長の下っ端だったあの家康が関ヶ原で勝って締め
山岡荘八の徳川家康が中国でそれなりに売れたらしいがやっぱり面白いよあの時代

79 ピライーバ(兵庫県) 2010/05/11(火) 20:43:15.25 ID:rz+KKS73
テレビゲームでしか見たことないから
最終的に誰が勝ったのかすら知らん
孔明が風起こして全員焼死したの?

80 チンアナゴ(関西地方) 2010/05/11(火) 20:43:34.22 ID:Ve6astRz
魏→晋(司馬一族にのっとられる)
呉→晋に滅ぼされる
蜀→晋に滅ぼされる

>>79
司馬炎

81 アイゴ(秋田県) 2010/05/11(火) 20:43:36.76 ID:NXJ6K82P
001

89 アカシタビラメ(不明なsoftbank) 2010/05/11(火) 20:45:04.55 ID:AQja1ss8 ?2BP(7001)
>>81
おい、劉備くれ

98 アイゴ(秋田県) 2010/05/11(火) 20:47:00.85 ID:NXJ6K82P
>>89
002

115 ベタ(大阪府) 2010/05/11(火) 20:49:59.17 ID:52frAfnC
>>89
袁術かわいすぎるな
張勲の気持ちが分かる

90 ヒイラギ(山形県) 2010/05/11(火) 20:45:21.38 ID:Dv5loVf6
だって三国志っていったら要は演義なわけだから
主人公の劉備、換羽、町費が死んで終了は当然
演義の影響を受けてない三国志なんて無いだろうし

95 カサゴ(長野県) 2010/05/11(火) 20:46:36.98 ID:W8r6xLUP
三国志で天下とったのが三国志でない国だから
なんだよ普って思ってるやつが多そう

103 バショウカジキ(愛知県) 2010/05/11(火) 20:48:15.98 ID:6Zl1UtoX
>>95
なんだよ普って

106 アカシタビラメ(東京都) 2010/05/11(火) 20:48:40.30 ID:HIGW+5Ty
古代ローマもカエサルが死んだ後はつまらんし、戦国時代も信長が死んだ後はつまらん
時代の変革者が死ぬとつまらんのはみな同じ

113 イトヒキハゼ(岡山県) 2010/05/11(火) 20:49:22.14 ID:pDVRVuvs
たぶん消化試合だから

127 ホトケドジョウ(埼玉県) 2010/05/11(火) 20:51:29.64 ID:fmSH+LS9
著名な英雄たちがみんな死んでるからな
三国志だけでなく戦国時代も末期のあたりは好きじゃない
俺の好きな家がとっくに滅びてるし

テレ東でやってる三国演技面白いのにあんまり人気ないのな
ニュー速だと恋姫無双ぐらいしか話題にならんし

148 アカシタビラメ(大阪府) 2010/05/11(火) 20:53:34.60 ID:0VMzD5gO
>>127
テレ東の三国演義は展開が早すぎる

あとサンテレビの恋姫無双は湯気が多すぎる
風呂回もうやめて欲しい

149 カネヒラ(北海道) 2010/05/11(火) 20:53:47.48 ID:u5u/KZrl
>>127
あれを見るなら横山か吉川を読む

あれは誰得作品

129 タテジマキンチャクダイ(高知県) 2010/05/11(火) 20:51:56.03 ID:IbtcMPmu
女性人気高い呉がひどいことになるからだろ
陸遜なんて耄碌した孫権にぶちぎれて死ぬし

140 トビエイ(岩手県) 2010/05/11(火) 20:52:58.77 ID:6fafXcAR
アカイナンとゴツトツコツは覚えてる

160 アカシタビラメ(東京都) 2010/05/11(火) 20:54:59.75 ID:MVfhnDZ4
話がグダグダだからじゃないか?結局三国とも異民族に滅ぼされるし。

168 アカシタビラメ(ネブラスカ州) 2010/05/11(火) 20:56:13.24 ID:2jvp8hox
関羽の死を前後して後漢末期の群雄割拠を生き延びた世代がバタバタ死んで逝くからな

186 アカシタビラメ(埼玉県) 2010/05/11(火) 20:59:32.32 ID:4CE1pM0T
>>168
確かにこうして見るとバタバタ逝ってるな

003

174 メヌケ(神奈川県) 2010/05/11(火) 20:57:26.18 ID:UlgdpLRn
たぶん、一般的には曹操、劉備が死ぬとこまでが三国志。
ちょっと知ったやつだと孔明が死ぬまでが三国志。
あとはたぶんオタの世界。

192 アカシタビラメ(兵庫県) 2010/05/11(火) 21:00:43.13 ID:6+u1bNKV
ここでいう三国志って横山光輝の漫画のやつ?
俺は横山光輝の三国志しか知らんけど他の三国志の漫画は
劉備、曹操死んだ後でも面白くないの?

217 カネヒラ(北海道) 2010/05/11(火) 21:06:20.44 ID:u5u/KZrl
>>192
普通は赤壁、酷いのは董卓まで

たまに孔明までのがあるがほぼ僅か。横山がベースにした吉川は孔明死後まで

195 リュウキュウアユ(埼玉県) 2010/05/11(火) 21:01:21.06 ID:903cjCKc
果てしなく広がるこの宇宙の片隅にー



199 ボウエンギョ(アラバマ州) 2010/05/11(火) 21:01:51.84 ID:4+V7rZMU
諸葛亮にびびる魏の武将達は面白かった

004-1004-2

220 イシガレイ(神奈川県) 2010/05/11(火) 21:07:29.25 ID:tA/egfSp
各国内紛が延々と数十年続く
つまらんにもほどがある

231 カライワシ(福島県) 2010/05/11(火) 21:08:53.82 ID:huudpcDA
劉備の入蜀以降のつまらなさは異常

236 バラタナゴ(静岡県) 2010/05/11(火) 21:09:34.53 ID:A1lN3Lsi
五胡十六国無双とかやろうぜww

239 バショウカジキ(愛知県) 2010/05/11(火) 21:10:00.86 ID:6Zl1UtoX
>>236
じゃあ俺は石虎でw

246 バラタナゴ(静岡県) 2010/05/11(火) 21:11:44.35 ID:A1lN3Lsi
>>239
ろくなやつがねぇな・・・w

251 ギンユゴイ(神奈川県) 2010/05/11(火) 21:13:18.79 ID:wovNTC5J
新キャラ投入梃子入れが遅すぎた

259 イトヨ(チリ) 2010/05/11(火) 21:14:51.26 ID:WbrnZv9D
光栄の三国志、信長の後半は消化試合だからな

267 アカシタビラメ(東京都) 2010/05/11(火) 21:17:07.70 ID:tCbfDYSG
正直 呉ってカスだよね。
蜀が魏を倒すために一人頑張ってるのを横目で見ながら内に引きこもって何もしない癖に
いざ蜀が大きくなろうとしたら蜀の将軍を暗殺して仲間の足を引っ張るクズっぷり。
じゃあ呉一人で魏と闘えるのかと問われれば合肥では毎回魏に打ち破られる始末。
呉というか孫権さえいなければ三国志はもっと面白くなったはず。
魏厨も蜀厨も認めるが呉厨はないわ

300 キュウリウオ(茨城県) 2010/05/11(火) 21:23:30.42 ID:CovGNg6K
横山の漫画では「りてん」って奴のモミアゲが好きだった
なんに功績も立ててなさそうだがあいつ

005

307 イトヨ(チリ) 2010/05/11(火) 21:25:29.90 ID:WbrnZv9D
呂布ってゲームで異常に強いけど実際どうだったの?

319 カネヒラ(北海道) 2010/05/11(火) 21:28:50.52 ID:u5u/KZrl
>>296
黄忠?

>>307
弓も上手かったらしい

327 イトヨ(チリ) 2010/05/11(火) 21:30:09.90 ID:WbrnZv9D
>>319
実際強かったのか

335 アカシタビラメ(西日本) 2010/05/11(火) 21:32:19.88 ID:5sbLmFNj
>>327
正史では一騎打ちってのは数例しか起きてない。
その数少ない一騎打ち経験者にして勝利者が呂布。

343 ヤガラ(北海道) 2010/05/11(火) 21:33:55.24 ID:a0dTDtqY
>>335
相手が郭�奈じゃなければなぁ…

337 メナダ(東海) 2010/05/11(火) 21:32:54.77 ID:QRE1cf4W
>>327
しかもめっちゃイケメンだったらしい

353 イトヨ(チリ) 2010/05/11(火) 21:37:29.92 ID:WbrnZv9D
>>337
完璧超人じゃん

359 アカシタビラメ(大阪府) 2010/05/11(火) 21:39:16.71 ID:0VMzD5gO
>>353
でもスーパーバカだぞ

392 オオタロウ(東京都) 2010/05/11(火) 21:49:25.80 ID:DNCiV4aM
>>359
世襲ならともかく馬鹿が武力だけで太守になれるわけないが

317 ゼブラフィッシュ(大阪府) 2010/05/11(火) 21:27:52.80 ID:iuHqW78N
関羽が呉にぶっ殺される辺りが一つのピーク。
蜀ファンは涙を、呉ファンはエキサイティングして
どっちも楽しそうだ。

351 アカシタビラメ(dion軍) 2010/05/11(火) 21:37:13.78 ID:i4A1kQXJ
呂布とか項羽って180cm以上あったんだろ
そりゃ、無双だわな
曹操はhideぐらいらしいし

352 アイゴ(秋田県) 2010/05/11(火) 21:37:15.74 ID:NXJ6K82P
006

366 ゼブラフィッシュ(大阪府) 2010/05/11(火) 21:40:31.31 ID:iuHqW78N
最強武将たって、横山とかの漫画みたいに強い訳無いぜ。
呂布より喧嘩強い奴なんて、当時だって唸るほどいたんじゃないの?

やっぱ、指揮官として凄かったんだろ、指揮官として

388 オニカサゴ(鳥取県) 2010/05/11(火) 21:48:08.73 ID:IUmenYxh
>>366
タイマンでいくら強くても戦争だからな、囲まれたり遠くから矢が飛んできたりしたらお陀仏なわけだ
その点で呂布は弓が物凄い上手かったから、比較的安全な遠距離からバカスカ攻撃して敵を倒してた
結局、呂布よりタイマン強くても弓が下手だった奴は突っ込んで行ってすぐ死んでただろうから、
長きに渡って名を残せた呂布ツエーってなったんだと思うよ
指揮官の腕は知らん

398 カイヤン(兵庫県) 2010/05/11(火) 21:54:14.58 ID:gjNzUOQN
結局劉備って何が凄かったってことになってるの?政治力?智謀?
コーエー三国志の能力値が知りたいわ

412 アカシタビラメ(西日本) 2010/05/11(火) 21:57:42.81 ID:5sbLmFNj
>>398
最新作の三国志11

名前 統率 武力 知力 政治 魅力 特技
劉備 75   73  74   78   99  遁走

402 アカシタビラメ(大阪府) 2010/05/11(火) 21:55:56.88 ID:lhuz8xMi
光栄は三国志と信長でどれだけの富を得たのだろうか…

410 イトヨ(チリ) 2010/05/11(火) 21:57:03.31 ID:WbrnZv9D
>>402
光栄全収益の70%くらいじゃね?

414 アッシュメドウズキリフィッシュ(滋賀県) 2010/05/11(火) 21:58:16.26 ID:z8KWq9wI
>>410
大航海・・・

406 アカシタビラメ(広島県) 2010/05/11(火) 21:56:22.58 ID:AG8tasFj
横山さんの三国志は最初から最後までおもしろかったぞ
はじめは全員同じ顔に見えてしまって入りにくかったけどw

でも横山さんが鉄人28号やサリーちゃん、リボンの騎士を描いてたとは想像できないな

421 ツマグロ(福岡県) 2010/05/11(火) 22:01:03.35 ID:dI9lfGJN
>>406
俺は全然駄目だった
顔が同じに見えて途中で飽きた。
吉川英治の小説のほうが感情移入できたな。

577 アカタチ(神奈川県) 2010/05/12(水) 01:08:52.79 ID:NfjWi6Kv
>>406
リボンの騎士は手塚治虫だよ

434 シビレエイ(石川県) 2010/05/11(火) 22:07:37.43 ID:p6511ySo
呂布は北朔の血が濃かったんだろう
儒教に理解なかったろうし中華に基盤もなかったろう
何処にいっても蔑視と偏見がついて回ったんじゃないか
それに耐えられずに転々としたんだと思う
頭が悪かったんでも性格が悪かったんでもなく
もっと根本的な問題だな、環境というか何というか

456 アカシタビラメ(西日本) 2010/05/11(火) 22:20:38.08 ID:5sbLmFNj
>>434
五原郡出身だっけ。基本的に儒教の素養も薄かったんだろうな。
丁原の下で田舎役人やってる頃はそれでも良かったんだろうけど、
中原に出てきて一群雄として表舞台で活躍しだしたら以前のようにはいかないわな。
董卓暗殺にしても、董卓の首を持って袁紹や袁術のトコまわったぐらいだから
当人は「お前たちが束になっても倒せなかった仇敵を俺が倒してやったぜ」って手柄だと思ってたっぽいけど、
中原の人達からしたら「父子の契りを結んだ義父をお前が殺すとかあり得ないだろjk」って侮蔑の目で見られただろうし。
頭が悪いかどうかより、育った環境や文化の違いだったんだろうな。

464 シビレエイ(石川県) 2010/05/11(火) 22:29:20.41 ID:p6511ySo
>>456
甘い誘いに乗る→悪評が立つ→甘い誘いに乗る→悪評が立つ以下ループ
呂布の価値観からすれば蔑視の理由なんて全く理解できなかったんだろうね

435 アカシタビラメ(東京都) 2010/05/11(火) 22:08:47.04 ID:9v97ts/4
一己の人間としての総合力で見ると、しゅうゆ最強。

知力、武力、権力、財力、容姿、人望、家柄、風流心、嫁。
完璧すぐる。

439 オニカサゴ(鳥取県) 2010/05/11(火) 22:11:19.63 ID:IUmenYxh
>>435
剣の腕は実はそれほどでもなかったらしい
実戦での強さより演舞的な動きが上手いというか

453 アカシタビラメ(千葉県) 2010/05/11(火) 22:17:51.87 ID:3C24Tzyk
三国志11の劉禅の評定は腹抱えて笑った

457 カネヒラ(北海道) 2010/05/11(火) 22:21:45.99 ID:u5u/KZrl
>>453
詳しく

463 アカシタビラメ(千葉県) 2010/05/11(火) 22:27:59.09 ID:3C24Tzyk
>>457
ニコ動ですまんが、参考に



474 アカシタビラメ(大阪府) 2010/05/11(火) 22:36:42.34 ID:0VMzD5gO
んで最終的には玉璽はどこ行ったんだよ

475 モツゴ(東京都) 2010/05/11(火) 22:37:46.07 ID:U3P7eNrx
>>474


479 レッドテールキャットフィッシュ(アラバマ州) 2010/05/11(火) 22:39:24.76 ID:h83kpln/
>>474
袁術の持ってたのが曹操に没収されてからは魏→晋と伝わって
五胡十六国のどさくさでどっかいった

496 ヤリタナゴ(catv?) 2010/05/11(火) 22:54:54.52 ID:JGazuuQS
本当に泣けるのは後半
悲劇の連続だからな

500 エイ(アラバマ州) 2010/05/11(火) 22:57:14.55 ID:FNPFXSXq
三国志のころの日本はどんな国があったのか誰が天皇だったのかさえ
よくわからないのに、こんなキャラクターが身近に感じられるのはすごい

527 アカシタビラメ(アラバマ州) 2010/05/11(火) 23:10:51.36 ID:v2cEOQqX
あたし兀突骨大王様のファンなの

007

564 ドクターフィッシュ(埼玉県) 2010/05/12(水) 00:31:42.26 ID:hDX+ZpxN
兀突骨(ごつとつこつ)を知ってる奴が居て安心



カテゴリ:  趣味・オタク  漫画


この記事へのコメント

1.  Posted by     投稿日:2010年05月13日 18:19

いぇい

2.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 18:19

1だ〜〜〜〜

3.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 18:22

胸が熱くなるな

4.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 18:25

天喰ら2やりたくなってきた

5.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 18:26

アカイナンで吹いたわw

6.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 18:27

兀突骨優勝おめでとう!

7.  Posted by      投稿日:2010年05月13日 18:29

テレ東の三国演義って切られても血も出ないし演出がぬるい
内容は良くできてるがいまいち物足りないんだよな
見せ方では蒼天航路のほうがまだ良かったわ

8.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 18:35

甘寧スキー

9.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 18:36

三国志大戦というアーケードゲームでは兀突骨が全国大会で優勝しました

10.  Posted by  ナナ   投稿日:2010年05月13日 18:39

何にしても最後のほうは盛り上がらないよね。

11.  Posted by  ゲームセンター名無し   投稿日:2010年05月13日 18:40

兀突骨は軍神になったというのに…

12.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 18:44

魏呉蜀それぞれ滅亡時の忠臣の死に様は実にかっこいい

13.  Posted by     投稿日:2010年05月13日 18:45

横山や柴田連三郎が孔明死後も書いてるけどマジでつまらない
正史でも孔明死後はイマイチだな
まぁ劉禅が馬鹿なんてのは真に受けないけど

14.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 18:46

おれは59巻までだとおもってる

15.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 18:47

羊コと陸抗の話は心温まる

16.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 18:51

島田紳助が松本竜介と解説をしてた、人形劇三国志に触れるやつがいないな。

17.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 18:51

名探偵コナンでよく三国志ネタあるけど
さっぱりなんだよね…。

18.  Posted by     投稿日:2010年05月13日 18:54

肥(無双)、恋姫、一騎当千、鋼、龍狼伝は死ね
三国志に腐狙い美形や名前だけ借りた萌や踏み台上等オリキャラはいらん
アニメ蒼天スタッフも死ね
横山も半端に終わったからアニメで一番クオリティ高いのはシナノの劇場版

19.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 18:56

司馬一族の台頭の所をもっと描写して欲しい
司馬炎の頃の北の蒙古族?とかどうなったかも知りたいし

20.  Posted by     投稿日:2010年05月13日 18:58

人形劇は呂蒙の扱い以外はいい出来
何で呂蒙あんな悪党にしたのかは理解できない

21.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 18:59

>消化試合だから

これにつきるな

22.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 19:00

後期の話を誰も描こうとしないからだよ
あれだけ味気のない正史を元にあんなに面白い演義が作れるなら
作者の器量次第で面白くできるだろ
三国がぐだぐだになって滅び行く話とか読みたいな
今やってるアニメは孔明死後もやるみたいだけど
どうせ呉はいつのまにか滅びてましたってされるんだろうなあ

23.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 19:01

鍾会と杜預の戦略的才能はもっとクローズアップされてもいいだろ。
羊コと陸抗のあたりも面白いし。
三国志後期は知る必要はないけど知ったら面白いよ。

24.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 19:03

最後のアフィリンクが何故にパワプロ

25.  Posted by     投稿日:2010年05月13日 19:03

三國志未読だが、

つまり、赤壁の戦いって
鷹村VSホークとかラオウ死亡とかみたいなもの?
終わってみるとそこがピークで以降は…みたいな。

26.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 19:04

そもそも三国志なんて存在しない歴史をなぜ語る必要がある。

27.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 19:04

蜀と呉のグダグダっぷりは酷いな
滅亡する国だからこんなもんか

28.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 19:04

だって結果的には
晋大勝利
 ↓
調子扱いてたらルーピーが皇帝に\(^o^)/
 ↓
八王の乱
 ↓
大混乱に乗じて蛮族が続々と進入し国を打ち立てる
 ↓
300年ほど北斗の拳
超絶バットエンドだからな 純粋な漢民族と呼べる物は三国志までっていうし
 

29.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 19:07

吉川の小説を今読んでるけど、入蜀したところで読むの止まってるわ

30.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 19:07

たしかに劉備や曹操に比べたら、姜維・鐘会・艾・司馬昭は小粒感が否めないけど、『演義』は最後まで面白いぞ。

31.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 19:08

蒼天アニメは無かったことにしていいんだよね・・・?

32.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 19:09

りっこたん

33.  Posted by     投稿日:2010年05月13日 19:12

���Υ������ȤϺ��������ޤ�����

34.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 19:12

水滸伝のラストのつまらなさは異常
ほとんど「戦いがあった。誰々が死んだ」の繰り返し

35.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 19:13

三国志演義自体同人誌みたいなもんだしな

36.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 19:17

歴史ファンワールドから三国志に入った俺は、若干歪んだ三国志観なのを自覚している
ゴツトツコツや曹豹がどういう奴らなのか知りたくて必死に読みあさったなぁ・・・

37.  Posted by  VIP   投稿日:2010年05月13日 19:17

スレ違いだが、
戦国時代は入門は何読めばいいんだ?

単純に高校の教科書?学研漫画?

38.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 19:18

呉は影が薄いが一騎当千では主役だ
アニメのパッケ絵は蜀のキャラがメインだがな

39.  Posted by  ななし   投稿日:2010年05月13日 19:19

誰かが必ずモテモテ王国ネタ持ってくると思ってた

40.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 19:19

>>359 527 フイタwww

41.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 19:21

横山三国志の後半は寂寥感があるからあんまり好きじゃない。
とても人間っぽい展開なんだが没落していく様子とかが多くて爽快感が無い。

42.  Posted by     投稿日:2010年05月13日 19:22

※33
腐も萌えオタも自分からたかが〜というくせに実際は全く自重しないから始末が悪い
作り手はいわゆる歴女レベルの奴か金儲けの道具に使ってるだけだし

43.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 19:24

三国志の時代の武器って全部銅製なんだよね
関羽や張飛の武器はかなり後の時代の武器で
この時代には実在しない後付の設定

44.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 19:25

アーケードの天地を喰らう兇力辰鮖姐饂屬紡疹詳しい知り合いに話したら
「1面ボスが李典なのはわかるよ。なんでいきなり2面ボスが夏候惇なの?」
と突っ込まれた。
ほんとなんでだったのやら

45.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 19:37

今やってる三国演義の作画のレベルは凄まじい

46.  Posted by     投稿日:2010年05月13日 19:39

ぶっちゃけ呉の番狂わせというと失礼だか、2強から徐々にのし上がってく感じは結構すきなんだが。
呂蒙とか陸孫とかかんねいとかなかなか面白い人物がいるし。

ただ、国の終わりが一番しょぼく感じるだけに残念。

47.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 19:40

馬超のウルトラマンエースみたいな兜が好きだった
孔明には嫌われてた魏延も好き

48.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 19:41

劉備、関羽、曹操が死んだ辺りまで=逆シャア

それ以降〜コウメイの死亡まで=ユニコーン

コウメイ死んだ後=f91以降

みたいな感じだな

魅力ある武将(パイロット)が死にまくって消化試合になってる感じ

49.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 19:44


SDガンダム三国伝も子供向けでいいのだが、

三国志+銀河英雄伝説+ガンダム

みたいなのをやってほしいわ

50.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 19:45

正直面白かったり萌えられればなんでもいい

51.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 19:47

武力最強クラスみたいに曹真が登場させた王双のかませっぷりは後半の武将の劣等ぶりを象徴している
王双が斬られた、王双が斬られた、うーん…

52.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 19:50

歴史としても主役は曹操で 物語としての主役は関羽

53.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 19:50

ショッキングピンク面白かったよ

54.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 19:51

呂布は中国人じゃないしね

55.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 19:52

曹操が領土拡張している話がおもしろい。
呉と蜀の話は読み飛ばしちゃうなー。

56.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 19:53

孔明が死ぬ前後くらいはけっこー好き
きょういとかとうがいとか

57.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 19:54

銀英自体が、古今東西の戦記物をモチーフにした作品だからなぁ
銀英並に重厚なガンダムは観てみたいが

58.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 19:57

ごつとつこつ軍神おめ

59.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 20:00

横山三国志のピークは牛で股裂きだった

60.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 20:06

逆に考えるんだ三国志は三国が出来るまでの物語だったと

61.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 20:08

※18
お前の方がきもいわ・・・
なんでもケチつけりゃいいってもんじゃねーぞ

62.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 20:12

コーエーの三国志、後の方のシナリオやると
ちゃんとそれなりにイベントがあったりして面白い。

230年とか240年くらいの時代で、
名前も知らない武将が敵同士でなんか励ましの文送りあってるみたいなイベントあった。
俺達の三国志ピークは194〜210くらいだもんなw

63.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 20:17

思い出した
羊コと陸抗の話。

64.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 20:19

>>48
Vガンが面白すぎるので
その例えはない

65.  Posted by     投稿日:2010年05月13日 20:25

俺は孫堅と孫策が好きだから序盤でクライマックス

66.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 20:26

あれだ、北方三国も読め
後半はやっぱりアレだが

67.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 20:27

三国志って光栄のアレと蒼天航路でしか知らないけど
晋ってトコが最後に残ったのか全然知らんかった

話としてはつまんなそうだけど三国志終盤に興味でてきた

68.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 20:30

ttp://dun2.xxxxxxxx.jp/index.html

ここってもう更新されないのか

69.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 20:32

劉禅
http://step-calm.hp.infoseek.co.jp/flash/LiuShanVer2.swf

70.  Posted by     投稿日:2010年05月13日 20:33

三国志の剛勇馬超が好きな奴はいないのか

71.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 20:36

孫権と陸遜の軋轢とかトウガイ、カクショウの頑張りとか
ドヨの破竹の勢いとか見どころは結構多いはずなんだがな・・・

病死と謀殺が多い事と、名将の息子たちの無脳っぷりが人気の無い原因だろう。

72.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 20:39

ファーザー様すてきぃ〜

73.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 20:40

主役は劉備、曹操、孔明の3キャラだからだろ

74.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 20:40

>>37
横山光輝の徳川家康
ほぼ大まかな全部の流れが描いてある
流れつかむのはこれがいいと思う

75.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 20:40

※70
馬超は無双・演義補正を一番受けたキャラ。

史実では、馬超は入蜀後何の活躍もしてないんだよ・・・

76.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 20:45

呉のその後ってか
孫権の晩年はほとんどスルーされてるもんなぁ
描いても面白みのない展開だからなんだろうけど…
横山三国志も最後ダイジェスト風味でひどかったし。

77.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 20:48

蜀は漫画にしやすい人物が多いからな。桃園の誓い(笑)

78.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 20:50

久々にファー様を見たわ

79.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 20:55

>>18,63
羊祜と陸抗好きな奴がいて安心した。「羊祜そ羊祜」
あと、鍾繇さんは書道以外でもっと評価されるべき

80.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 20:55

>>37
山岡荘八の織田信長もいいよ。
その後に吉川英二の新書太閤記がいいと思う。

81.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 20:59

三国志は終盤も十分面白いだろ。

蜀の孔明死後の政争も見ごたえがあるし、魏侵攻中の諸葛一族やキョウイの戦いも面白いだろ。もちろん魏側の活躍も面白い。

82.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 21:03

三国志大戦2の蜀後伝、呉後伝は面白かった

83.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 21:06

孔明死後のキャラには感情移入できないからつまらない
姜維とかあまり好きじゃない

84.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 21:06

戦争で滅ぼされるわけじゃなく、内政が腐って衰退していく滅び方だから地味なのよね

85.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 21:07

呂布の趣味って手紙書くことだったらしいから
(戦争中に袁術にイヤミ送ったとか歴史書には残ってるって)
学は普通の一般庶民よりはあったんじゃないの

86.  Posted by  さー   投稿日:2010年05月13日 21:08

北方三国志が至高

87.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 21:12

晋ってとこが最後に残ったのか全然知らんかった…

理系なのかも知れんがいちお世界史の太文字で習うよ

88.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 21:14

やはり・・・計算どうり・・・ぺ
軍神の話題があって満足

89.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 21:15

北方三国志の呂布のかっこよさは異常
最初は「奥さん一筋の渋い暴れ者か」(貂蝉は出てこない)だったのが
どんどん成長していって「もうお前が天下取れよ!」って思ったわ
完全に曹操・劉備を喰っちゃってたな

90.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 21:17

横山の三国志って、刑道栄が登場する場面に顔の描き間違いない?
刑道栄の罠に刑道栄がはまってあわてるという・・・
自分の勘違いならスマン

91.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 21:22

トウ艾とか無双でキャラクター化されたら物凄く人気出そうなんだけど
三国志本編が終盤だしゲームにし辛いから無理か

92.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 21:23

ファー様は反則だろww

五胡十六国とか五代十国とか確かによくわからん。

93.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 21:24

※44
博望ステージ(ステージ1、2)のボスだから

94.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 21:24

連休或は祭の後。

95.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 21:26

パイトッコツの方が言いやすくて好き

96.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 21:29

※50
なんでも腐目線(・A・)イクナイ!!

97.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 21:29

子供の頃、吉川を読んだけど、確かに兀突骨は覚えてる。

98.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 21:29

横山三国志しか知識ないが、姜維だけのころになると、
散々、読み進めて感情移入していた国が、あほな理由で没落して行く
姜維も遠征しまくりで国力ダウン。もう悲しくなって来るんだよね。

最後まで読み進めたのは張嶷の忠義心のおかげ。

99.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 21:34

おまえら漫画じゃなくて吉川英治の三国志読めよww
なんでみんな漫画なんだよww

100.  Posted by  名無しクォリティ   投稿日:2010年05月13日 21:34

水滸伝も108人揃ってからgdgdになるしな
それまで無双な棟梁達が雑魚に殺されたり毒殺・病死とか

101.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 21:39

姜維の最後って結構きついな

102.  Posted by     投稿日:2010年05月13日 21:41

そういえば、昔読んだ本に、三国志の時代の前の後漢は人口が5000万人ぐらいだったのが晋になってから800万人ぐらいになった、と書いてあったなぁ………

あんだけ戦争やって散々虐殺もしていれば、それぐらい人口が減るのも分かる気がする。

そして、人口も減れば蛮族も侵入するわな。

103.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 21:46

米99
吉川英治のは凄く読みやすかった
徹夜して読んだわ

104.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 21:58

オレはNHKの人形劇から入ったなぁ

105.  Posted by  名無しクォリティ   投稿日:2010年05月13日 22:02

NHK人形劇は若手の頃の紳助が一般兵士役で出てたね

106.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 22:04

兀突骨は名前の響きから意外と知名度高いと思うぞw
南蛮武将は日本語読みで良い感じの名前が多すぎる

107.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 22:06

孫皓と司馬炎のやりとりがけっこう好き

108.  Posted by  名無し   投稿日:2010年05月13日 22:07

なんかもう三国志なのに最終的には晋とかいう四国目が出てくるのが野暮ったい
司馬懿の出てくる辺りでテンションだだ下がり

109.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 22:08

今週の恋姫みて兀突骨出てきて、なんだこいつって思ってたんだけど
本当に実在したのか…、スゲエ名前だな

110.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 22:09

前半はいろんな武将が大活躍してるのに
後半はほぼ孔明一色だからなあ
展開に幅もなくなるし、似たような話が続いて飽きるんだと思う

111.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 22:09

りゅうぜん、あと、が馬鹿だってやつのために
ttp://step-calm.hp.infoseek.co.jp/flash/LiuShanVer2.swf

112.  Posted by     投稿日:2010年05月13日 22:18

※109
猛獲以外の南蛮絡みの人物は創作

113.  Posted by  最新   投稿日:2010年05月13日 22:19

三国志のことで、勉強になりました。

114.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 22:29

むしろ諸葛亮が死んでからのほうが面白い

115.  Posted by     投稿日:2010年05月13日 22:31

一般的にはピッコロまで
ちょっと詳しい奴でフリーザまで
かなり詳しい奴でセルまで
ブゥ以降はオタ

116.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 22:32

そう考えると日本の戦国時代はドラマのお手本みたいだよなぁ
信長という風雲児が駆け抜けて、壮絶な最後をとげ、その関係者である家康が関ヶ原という日本最大の大戦で勝利し天下を太平するという王道ストーリー
途中はアレだが十分ドラマティックだ

117.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 22:34

兀突骨はREDSTONEというネトゲにいるぜ!

118.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 22:34

羊コ&陸抗の友情物語とか、二宮の変のgdgdとか、面白い部分はまだまだあると思う。
宮城谷先生の連載に期待。

119.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 22:38

DQNネームの元祖、これも三国志「呉の孫休」。

120.  Posted by      投稿日:2010年05月13日 22:39

後継ぎ問題がこじれるのは呉だけじゃないから仕方ないとして陸孫死なせたのがでかいマイナスだよな。

魏も曹盃が病死しなけりゃってのもあるし、孔明だって遠征やめときゃ国の弱体化は押さえられたと思うが言い出すとキリがないな

実質的に三國志は曹操、劉備、晩年の孫権の時代までだな

周瑜が長生きしてりゃもっと面白くなったと思う

121.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 22:41

ガチで東洋史研究してる俺からしたら、三国志研究会は異常。
一般人も入会してるからっって、なんで学術講演会で一騎当千とか恋姫無双とかを取り扱うのだろうか?

122.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 22:41

NHK人形劇の三国志は良かった
眉毛すら動かない奴でも感情が分かる

123.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 22:46

後半がつまらん!とか言ってる連中はなんにも分かっちゃいねえよ
劉備が死んだ後にしょぼくなった人材を支えながら打倒!魏を掲げる孔明さんの純粋さに打たれるじゃん!
劉備も関羽もいなくなった世界で必死に蜀を盛り立てる孔明に感情移入しながら読むのが通

124.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 22:51

三国志は赤壁まで
大局が決定してほとんど地図が動かないというか戦いの性質が変わっちゃうからね

125.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 22:58

孔明とか神格化されすぎで一番嫌いな奴だな

126.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 23:07

3分とかぶち上げといてグダグダにした孔明マジ無能。

127.  Posted by  名無しクォリティ   投稿日:2010年05月13日 23:07

どう考えても、三国志は関羽が死ぬまでじゃね?

勢力が数倍の相手に大局的な戦略をもって勝ち目を見いだせたのはここまで。
荊州陥落後は蜀が喰われて・・大勢が決まった。だからつまらない。

緊要地形とはなんたるか
正面攻撃とはなんたるか、
迂回、包囲とは何たるかを理解していたのは蜀では孔明だけだったと思う。

蜀には悲しいかな、孔明が話す戦略に対して応えられる人間がいなかった(軍師不在)。
将軍として巍延はいた。しかし戦術家ではなかった。

まるで統合幕僚長が、大隊長に直接指導して、大隊が大丈夫なように動きを単純化して狭い地域でこちゃこちゃしなければならない。
目的を与えて結果を出せる人材がいない。きつかったろう。
そりゃ勝てないでしょうよ。

128.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 23:17

呉書見聞最高

129.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 23:18

傅彤の息子の傅僉の熱き想いとか
蜀滅亡後の姜維が鍾会を懐柔して蜀の復興を企んだり
劉禅と張嶷のやり取りとか
費禕のバカっぷりとか・・・・
張昭亡き後の孫権の堕落っぷりも楽しいし
張郃の鉄人っぷりとか
張遼の不死身っぷりなんて

後半だからこその三國志ってあるじゃまいか

130.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 23:20

*127
孔明は軍事的には無能。せいぜい戦ってるうちに3流から2流になった程度
そもそも普通にやって蜀が魏に勝つことはない。北伐で成果出したのも
魏延と王平に丸投げした時のみ。政治家としては天才だったが軍事は2流

131.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 23:28

>>267
こいつ本物のアホ。孫権の迷走ぶりは凄まじくアホだが、魯粛を重用できた奴は
おそらくこいつ以外に居ない。曹操が持っていてもあまり意味のない人材だし、
劉備もそう。魯粛の劉備に荊州を貸し与えるという凄まじい戦略がなければ三国鼎立は
有り得なかった。そんな奇抜過ぎる戦略を採用した孫権も凄い。しかし魯粛死後は

辛抱をやめて呂蒙を用いて関羽を殺し、唯一の魏を倒せる機会を潰してしまった
しかも後年魯粛は有能だったが荊州貸与は過ちだったとか言っちゃう始末
それこそがミラクルCの奇手だったのに。呂蒙は有能な戦術家だったが戦略家としては
到底魯粛・諸葛亮に及ばない。魏は倒すの難しいので蜀を攻めましょう!
防衛は俺らだけで十分です!とか言って勝つための策じゃないし

132.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 23:35

※130
孔明が政治の天才って・・・
秦朝時代から富裕層の入植が始まって、五穀・塩・諸産物が豊富な天府の国である四川盆地を握ってたのに、度重なる北伐の失敗→建前上反省する素振りを見せる→南伐で人間狩りの成功したら復職して、懲りずにまた北伐→失敗。
何かイメージでは、孔明は司馬仲達に劣らない(能力的には劣るが)野心家っぽいんだよなー
陳寿さんの諸葛亮は軍事は下手だけど、内政は蕭何(前漢 高祖の宰相)に匹敵する人だよーっていう評価は、蜀出身者のお国自慢であって鵜呑みにしないほうがいいかと。

133.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 23:35

ダシダイオウなら覚えてる

134.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 23:38

三国志は曹操が死んだらつまらない
ていうか曹操が面白すぎた

135.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 23:46

古典と現代小説と漫画は同じように評価しちゃ駄目だと思うが・・・

三国志演義、吉川三国志、横光三国志、北方三国志は蜀贔屓。

かといって陳舜臣三国志や蒼天航路は魏というか曹操マンセー過ぎ。
特に蒼天とか、曹操を完璧超人にし過ぎて、史実や演技の曹操の良さすらぶち壊してるからなぁ・・・。

最近の面白い三国志小説は酒見賢一の『泣き虫弱虫諸葛孔明』だな。

136.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 23:48

連載が後半だと飽きるんだよ
年月が長いからモチベ下がるし

イベントが減るしキャラ変わるけどどう見ても初期キャラ最強だし


.

137.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 23:48

孔明軍事無能論って最近よく見るけどそんな事無いだろ。

普通大軍による遠征で退却する時は負ける時なんだけど、孔明は北伐五回もして全て無事に兵を帰してるんだからむしろ優秀な方だろう

ただ一発目の北伐で長安を強襲しなかったのは痛かったな。
韓信にならってこの時魏延にやらせてたら、維持出来たかどうかは別として陥落してただろうな

138.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 23:48

孫休もなかなかいい

*132
孔明の位ならやろうと思えばいつでも禅譲できるレベルだったと思うから、
野心家ってのはないと思うぞ。それと北伐の失敗って政治関係ないじゃん

139.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 23:54

三国志は歴史の持つ無常さがたまらん。

曹操の人生一つ取って見ても父親息子は敵に殺され、嫁には離縁され親友2人を自らの手で殺している。
晩年曹操はどんな心境だったんだろうな

140.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月13日 23:55

陸遜の最後が切ない
質素な生活をしてたから
家には財産が残っていなかったらしいね

141.  Posted by     投稿日:2010年05月13日 23:59

孔明が無能って…
典型的な演義を読んだ後に正史を読んだ奴が陥る思考だな

142.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 00:00

*137
趙雲の奮迅もあるけどな。孔明は守りには強い奴だったと思う。大きな失敗をしないため
細心の注意を払い、大きな被害は決して出さなかった。でもおかげで成功もしなかった
国力差を分かっていながら最初の一撃で安全策を取った。重要な場面で馬稷みたいな
クズを起用した。赤昭の小城にこだわり抜けず。司馬懿を誘うつもりで陣地を構築するも

包囲されて兵糧が尽き撤退。自分も死亡。軍事的にはどうも・・・無能とは言わないまでも
良くないな。攻めには向かない。同数の兵で守りをさせれば勝つだろうが、
攻めても押し切れない感じ。大きな失敗はしないだろうが(馬稷の前科があるけど)成功もしない人物

143.  Posted by  <emoji:smile>名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 00:03

孔明は政治家として無能に近いだろうよ。
三国一の弱小国を対外戦争を行う事で維持させようとした…
こんな政策、自滅するに決まっているだろう?
結局軍もそして国家も疲弊して自滅。三国一の短命国家で終わった。

144.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 00:04

>>※37
戦国入門はまんがならへうげもの

145.  Posted by     投稿日:2010年05月14日 00:06

いいからさっさと天下統一しろよ

146.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 00:13

*143
国家の疲弊と滅亡は黄酷と姜維のせいだろ。遠因は荊州失陥と夷陵。孔明のせいじゃない

147.  Posted by     投稿日:2010年05月14日 00:16

建国の性質上四川に引きこもってる訳にはいかないだろ

148.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 00:19

ごつとつこつって孔明の南蛮攻めの時の?

149.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 00:25

周瑜に関してだが軍略においては
間違いなく諸葛亮より上だと思うよ

150.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 00:28

※146
つ遠因は荊州失陥と夷陵。
確かにその通りなんだよなぁ…。次代の南朝の話になると、荊州(江陵)が如何に重要な場所か改めて分かるし。
ただ夷陵のボロ負けや、有名な武将が死ななかったら、諸葛亮の独裁体制が確立しなかったのは事実だろうけど。特に劉禅に娘嫁がして、一品車騎将軍になってた張飛さんが死んでなかったら、間違いなく諸葛亮はやりたいことが出来なかったはずだし。

151.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 00:30

※147
しかしながら、中国王朝の中には王朝の名前や意志を引き継ぎながらも、北伐を実施しなかった国も有るんだよ・・・。

152.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 00:31

孔明は、軍師というよりも政治家として有能。韓信のような輝かしい戦歴
というよりも地道な戦略が得意だからね。赤壁は呉軍の戦果だし。
あれだけ戦争を続けていたのに、兵站・兵員の供給が滞らず、国内の不満
も少なかったのは事実。孔明が無能だと思うのは、人材育成と教育が不得意。

劉禅に対して意見できる立場であったのに、南蛮・北伐と対外的に活動して
しまい、宦官の台頭を許してしまった。また姜維や馬しょくなどそこそこ
有能な人材は育っていたものの、国家を任せるだけの大器を育てられなかっ
ったのは痛い。

三国志が孔明死亡後、面白くない・短いといわれる理由はいくつかある。
孔明や劉備など著名な人材は、史書のなかに個人別に章立てして記載され
ているのに対して、孔明以後の人物で章立てして詳細に記録さてている人物
が極端に少ない事が、正史的な理由。

あとは三国志ファンが見たであろう、三国志演義・吉川版小説・横山版漫画
といずれも孔明死去後の物語がはしょられているのが原因である。

実際、歴史的には姜維や夏侯覇らによる北伐の失敗、鐘会による蜀進軍、
蜀滅亡後の姜維らによる反乱計画など実に面白い。魏においては皇帝の
傀儡政権化と司馬氏の台頭・曹一族との権力闘争も面白いね。
呉においては、孫権のご乱心と陸一族の悲運な運命、孫権の跡継ぎ争いから
継いだ一族の悪逆非道なども伝えられている。

本当に三国志を楽しむなら、晋による統一までをきちんと学ぶと面白いよ。
また、後漢においても光武帝以降の皇帝が傀儡で幼くして死去している例が
多く後漢王朝が非常に権力争いの中、脆弱な皇帝権力であったか学ぶとおも
しろい。
黄巾の乱に限らず、太平天国の乱など中国の国家大乱は宗教思想にもとづく
ものもあるのでこの辺りは近代史と照らし合わせて学ぶと非常に面白い。

153.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 00:31

米143
それが国家のイデオロギーを支えてたんだからしゃーない。
米151のいうような国と蜀では事情が違うんじゃないかな?

154.  Posted by  名無し   投稿日:2010年05月14日 00:32

南蛮のネーミングセンスはバツグンだな

155.  Posted by  <emoji:smile>名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 00:34

※146
荊州の地を失った事を遠因とするなら、その後なぜ北伐を数度に渡って行う?
短期間に数度の戦争仕掛けて疲弊しなかった国が歴史上どこにある?

世に言われている程の人物なら、遠因が起こった時にいずれ疲弊するとわかると思うのだが…建国以前に起きた事なのだから。

156.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 00:34

余談だが
中国人からすると、知名度は関羽>>>>孔明>>劉備なんだってな。

前に洛陽行ったら、関羽さんを祀ってる関羽廟マジ凄かった。
関羽さん

157.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 00:37

実際、孔明・姜維の北伐は成功するか否かと言われれば、まず成功の見込み
は無かったんだよな。姜維に至っては内部の権力闘争から数万の兵しか投入
できず、魏の物量の前にそもそも、北伐自身が無謀な遠征も多かった。

孔明に関しても北伐は最大の人員投入で20万前後と言うのが歴史学者の中で
も言われているが、常にこの戦力を前線に投入できることもなく、魏は守る
側で兵力が数倍の動員能力があったのだから、勝てるわけが無い。
しかも司馬中達の戦略は、拠点防衛主義であって長期戦・持久戦になると、
遠征している蜀軍に不利なのは兵站・兵力投入の面からも不利。

いくら四川盆地が肥沃であっても、涼州から中原、渤海までの広大な国土を
持っていた魏に長期戦で勝てるわけが無いんだよ。

158.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 00:38

春秋戦国時代が注目されないのはなぜ?

159.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 00:41

三国鼎立っていっても
天下の大半は魏の領土で呉と蜀は端っこに割拠してるに過ぎないんだよな

160.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 00:43

イハギンが死んでからが後半

161.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 00:48

※152
晋時代に作られた『華陽国志』っつー蜀の風物・地理・歴史書が有るんだけど、やっぱり蜀の土地には金持ちが多いんだよな。

『華陽国志』の性質が、中原の晋王朝に「蜀にはこんな名士・豪族達がいますよ。仕官させてくださいm(_ _)m」という就職斡旋の本だからでも有るんだけど。

孔明さんは夷陵でボロ負けした後、南蛮制圧とかで兵隊・資金を略奪して、北伐を実施したっていう説が有るけど、国内の不満が少なかったっていうのは金持ち(豪族)に過度の負担をさせなかったっていう事かな。

そうすると、諸葛亮は理想家というより、土豪層の支持を着実に得ていった田中角栄ばりの堅実な政治家として見ることも出来るよね。

つ後漢の脆弱な皇帝権力
なんつーかほら・・・中国中世(後漢末〜唐)は貴族の時代だから…。

162.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 00:48

※156
関羽さんは中国の文化圏じゃ文字通り「神」だからねぇ

163.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 00:49

>荊州の地を失った事を遠因とするなら、なぜ北伐を数度に渡って行う?
>短期間に数度の戦争仕掛けて疲弊しなかった国が歴史上どこにある?

荊州は穀倉地帯であり、交州・南方との貿易による経済的な活動もしや
すいという面もあり、兵力・国力を蓄えるには絶対不可欠であった。
正直、益州と漢中だけでは兵力・国力には限界があり、魏の国内が安定
してからでは国力の差が大きく開きすぎる。

また曹ヒが献帝から禅譲を受けたまま長期間経ってしまうと国家として
魏を討つ大義名分が薄れてしまうという面もあったのかもしれない。
蜀漢は少なくとも「漢王朝の復興」という名目もあったから、禅譲とは
いえ、曹氏を討つという意味では北伐は行動として必須だったのでは?

出師の表にあるように、寒中・益州にこもっていては、ジリ貧で徐々に
衰退していく懸念があったのだろうなあ。

ここは推論だが刑州を失った時点で、益州だけとなり人材的な交流・行き来
が減少して有能な武将や人材が得られなくなったのも問題だったのかも。

164.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 00:52

関羽さんは軍事・商売の神でもあるんだっけ?
日本の神社の狛犬みたいに、明清時代には全国の孔子廟や山西商人の会館の傍に関帝廟があったとかなんとか。
それを文革でほとんどぶち壊した中国マジパネェ

165.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 00:56

関帝廟なら日本にもあるよ?
上野・神戸・横浜にはそれぞれあるし、結構にぎわっている。
華僑の人も多いが、横浜の廟なんて一大観光地だろ。

166.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 00:57

柴錬三国志の「生きるべきか死すべきか」を読めば後半もなかなか面白い、と思うかも。

姜維のファンになります

167.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 00:59

※163
『後漢書』や『晋書』の地理志に載せられている戸数(人口)じゃ、荊州(特に北部)は最大の人口集中地域だっけ?
ジュンイクさんを筆頭に、魏の官僚の進出地域であって、後漢の光武帝もここの出身。

そりゃ、荊州が無くなったら蜀はジリ貧だよなw
かといって、取り返す為に呉と戦争したら間違いなく魏が漁夫の利を狙ってくるだろうし。

168.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 01:02

※158
春秋戦国は長すぎるのが…
キングダムみたに、始皇帝の天下統一までを題材に、短いスパンで作れたらいいんだけどね。
個人的には戦国の四君を題材にした漫画が出たら売れると思う

169.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 01:06

まんゆうきの劉備が一番好きだな。

170.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 01:09

※163

賛同。
四川盆地が肥沃といったところで、耕作面積や人口ははるかに少ないんだからね、刑州を呉と二分してておいて漢中制圧後早々に長安・涼州方面と、
揚州から渤海方面への同時侵攻作戦が取れれば、天下がひっくり返っていた
かもしれないなあ。

というか、孔明が無能とか言っている奴は人材だけで戦争が出来ると思って
いるのだろうかね。諸侯が短い期間・狭い地域で争っていた官渡の戦い以前
までは正直、漢王朝内での領主争いに過ぎなかったから、呂布や袁術のよう
な人物でもどうにでもなった。

魏が天下をとったのは当たり前だと思うよ、晋に禅譲という結果ではあった
が孫一族や劉備がまだきちんと領地を持っていない時期に、曹操はすでに
献帝を擁立して大義名分を得て、その上で屯田制など長期を見据えた国家経営
をはじめていた。
曹操のすごいところは人材登用の目の確かと他の諸侯が権力争いをしている
さなかに領地・国家経営をすでに始めていたという点。

171.  Posted by  <emoji:smile>名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 01:12

※165
横浜の関帝廟は中華街の看板だからね
関帝廟再建・維持には華僑も多額の金を出すしイベントのメイン会場でもあるし

172.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 01:13

三国志6の兀突骨は武力92で一騎討ちではトップクラスの実力
なめんな

173.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 01:15

まあ、本題に戻って「三国時代の好き好き」は
やっぱりその興味を持った作品や作者に多分に影響されているのだろうな。

横山版漫画と陳舜臣三国志、蒼天航路どれも好きだぜ。
一騎当千や恋姫無双だって否定しないし、一方で三国無双もあり!!!


日本史とか世界史って「何の役にも立たない暗記科目」とかいう馬鹿が多い
けど、キャラ萌えでも何でも良いから歴史に興味を持って人物に触れて欲し
いと思う。そういう意味では歴史ブームはいい傾向。

面白いんだぜ、なせ現在の政治や思想があるかきちんと歴史をたどっていく
と4-5000年前から人間の政治・経済活動なんて基本的に変わっていない。
官僚の汚職は官僚制度が成立した中国古代からあるし、ピラミッド内部には
「最近の若いもんは・・・なっていない」みたな記述があったりして、
いつの時代も考えることはたいさないんだなーと。

あと幕末や戦国時代もそうだけど、国家の大乱や戦争状態はやはり、国士を
育て、魅力的な人物が生まれ切磋琢磨していく。
そういう時代の人物って輝いているんだよな・・・と坂本竜馬より長く生き
ているのにたいしたことが出来ていない自分がふがいない。

174.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 01:22

>>81とか>>98を見ると、
戦国武将をイケメン化する腐女子と変わらんなって思う

175.  Posted by      投稿日:2010年05月14日 01:25

ビームとか出るんだよね

176.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 01:41

※174
現代と当時の美意識は全然違うのになw
知り合いの腐女子に近江浅井氏巨漢デブ遺伝子説や真田信繁チビジジィ説を話したら、「あり得ない」って突っ張られたよww

ただ、俺も三国志の関羽や張飛を想像すると、KOEIのハリウッドスターみたいな顔を最初に想像しちゃうし、先入観って怖いなw

177.  Posted by     投稿日:2010年05月14日 02:00

少なくとも一騎当千って三国志を題材にする意味ないだろ
作者は漫画描くまでまるっきり三国志に触れたことないらしいから名前を利用しただけなのは丸わかりで何よりもつまらない


龍狼伝も三国志の漫画を読もうとする奴は三国志の人物に興味があるんであって踏み台上等のオリキャラ目当てで読む奴なんていねーよ

178.  Posted by     投稿日:2010年05月14日 02:09

※176
桂小五郎や土方歳三辺りなら仕方ないけど浅井や真田を美男子と信じてるって…
歴女って肖像画すら見ないのか

179.  Posted by  <emoji:smile>名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 02:13

依頼されて描かれてるから肖像画も意外とあてにならないけどね

180.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 02:14

そもそも「三国志」自体が小説なわけだし
演義がさらにそのフィクション版とくれば、それを題材に何を書いても許される気がするw

だが個人的には、暗君によって滅んだ蜀と呉はいいとして
司馬家が魏を乗っ取る過程には興味があるのだが、語られねえ

181.  Posted by     投稿日:2010年05月14日 02:18

劉禅が問答無用で暗君ってのも聞き飽きた

182.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 02:20

艾・鍾会・姜維の台頭からが盛り上がる

183.  Posted by  バカ貝   投稿日:2010年05月14日 02:22

三國志は兀突骨よりも刑道栄や木鹿大王とかの方がアホっぽくて面白い

184.  Posted by     投稿日:2010年05月14日 02:35

木鹿の獣に対してあのハリボテは笑える
中国でやった実写ドラマではさらにシュールだった

185.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 02:57

そんな事より三国志大戦やろうず

186.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 04:15

三國志は軍事戦略を記した物であってそもそもコウメイなんて歴史的に存在したかも証明されてないだろ。
三國志演技を歴史物とみて語ることが滑稽すぎる。
あれはただの小説。

187.  Posted by  <emoji:smile>名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 04:40

*186

今から1800年近く前の人物の
存在を証明をする確たるモノは何だというのでしょうか?

188.  Posted by     投稿日:2010年05月14日 04:55

曹操が死ぬとこらへんから読む気なくす

189.  Posted by  紳助   投稿日:2010年05月14日 05:10

三国志はワシが育てた

190.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 05:13

呉は影薄いとか散々いわれてるけど、三国志のハイライトシーンって、呉の水軍が魏の大群を打ち破るところじゃないの?

孫策と周瑜の義兄弟は蜀の三兄弟に匹敵するぐらいの魅力的な人物だと思うし。

孫権は好きじゃないけど。

191.  Posted by  <emoji:smile>竜助   投稿日:2010年05月14日 05:14

その頃は俺もいたぞ

192.  Posted by  中田氏   投稿日:2010年05月14日 05:32

張飛がアッサリ死んでおまえらあの誓いはなんだったのか辺りでショク(漢字出ないw)の魅力が無くなった
トドメは息子が馬鹿息子だった所
あの救出劇は何だったのかと

193.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 05:50

諸葛亮が顕在のときに魏を滅ぼすか大ダメージを与えられなかった時点で積みだしな
呉は端っかららやる気ねーし

194.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 06:46

蜀の衰退は姜維に原因がある気がするんだけどな。諸葛亮の遺志だと無茶な北伐を繰り返して、蜀を疲弊させた。
兀突骨w…伝承だと身の丈2メートル超えるよな?、しかも体中に鱗って…。

195.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 06:50

諸葛亮って、人を見る目はダメな気がするけど。

196.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 07:15

>>182
うわ同士がいたw
ゲームのときは、姜維を使って鍾会を魏から引き抜いて、戦局を逆転させるのが楽しみだろと。

197.  Posted by      投稿日:2010年05月14日 07:20

よく赤壁の戦いは水上戦が注目されるが赤壁のメインは魏と呉の謀略合戦なんだよな
あと水上戦もあったがごく一部で全体的には地上戦メインだし

198.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 07:34

うーん、どこからを後半とするかで変わるけど、
やっぱそれまでで好きになっていた武将たちがバタバタと
死んでいくのはあまり読んでいて楽しいものじゃないからかなあ。

あげく、最後に統一成功した晋は全然ダメでした、という
トホホなオチだし。

199.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 07:46

あえて姜威を擁護してみる

孔明の意思を継ぐなら姜威の行動は間違いではないんだよな。孔明の意思としては天下を三分して最後は一つに統一ってのが孔明の考えだから
それに無茶でも従うなら魏と呉を潰すまで戦いを仕掛け続けるしかないんだよな。
劉備、孔明が存命中に魏に致命的な大打撃与えられなかった地点ですべて終わり
理念のために国弱らせちゃいかんけどいわば姜威は敗戦処理押し付けられたようなもん

200.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 08:03

劉禅ってホントにバカだったのかハッキリしないよね?
国が弱ったのは無茶な北伐と南側の攻略だし
むしろ徹底抗戦して全員玉砕よりは民を助け、降伏したフリをして
いつか決起を、と言うつもりだったのかもしれないし。

日本の戦国武将なんてちょっと旗色悪くなったらあっちに付いたり
こっちに付いたりハッタリかましてだまし討ちにしたりウンコ漏らしながら逃走したり
”行いがはっきりしてない分”劉禅にそんなイメージが付いてカワイソスだと思う

201.  Posted by  まさ   投稿日:2010年05月14日 08:09

内政も考えた上での北伐なんだよね
蒋宛にヒイ死んで結局、黄皓をのさばらせる訳だから。
人がいないからか、姜維にそこまでの支配力がなかったからか。
悲願はわかるが三国維持が蜀の限界だったんだと思う。だから連戦は滅亡を早めたとしか言えないなあ

202.  Posted by  <emoji:smile>   投稿日:2010年05月14日 08:18

公明がうざいから人気がない
異論は認める

203.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 08:58

>>202
徐晃将軍ディスってんすか

204.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 08:59

二言目には孔明が無能というヤツは高確率で厨二病発症してるからな。ここは演義・正史を問わず均等に見ている人が多くてちょっと安心したw

※156
関帝廟なら横浜とか長崎みたいに中華街のあるところなら祭ってあるね。お祭りのある期間なんかお供え物とかで凄い事になってるよ。

205.  Posted by     投稿日:2010年05月14日 09:12

※200
確実に言えるのは孔明が好きなように動けたのは劉禅だったからということと孔明死後数十年間これという悪政を行わず帝位を保つ(在位期間は中国史全体でもトップクラス)ことができたことは十分に評価に値すると思う

206.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 09:13

孔明がウザいって言うか
それまで活躍してきた個性的な群雄がみんな死んじゃって孔明くらいしか目立つ人物が残ってないからじゃない
群雄割拠の時代物なのに結局最後に勝つのは司馬氏だもんね
劉備と曹操の決着が見たかったのに最終的に勝ったのは司馬氏と晋って

戦国もそうだけど最後に関が原ってラストイベントがあるからな

207.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 09:18

蜀を主役と見た場合、ばしょくがミスっった時点から後半な感じがする。

208.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 09:24

魏では楽進をもう少し評価してあげて…と光栄に言いたくなる。

209.  Posted by  名無しクオリティ    投稿日:2010年05月14日 09:36

米204

だよなぁ
劉禅の実態がわからんと断言できない部分はあるな
少なくとも帝位にいた期間は結構あるし降伏した理由にもよるしな

まともに戦うと敗戦確実で国土を焦土にする前に降伏したなら敗軍とはいえそれはそれで立派だと思うし日本でも上杉が徳川に頭下げたり伊達政宗が豊臣に従ってそのあと徳川に鞍替えしたのも責められないところではあるからな。

結果的に国土すべて戦禍にさらさなかったのは評価してもいいかもな

210.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 09:42

お前ら全員北方三国志読もうぜ

211.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 09:47

局地的な盛り上がりはあるけど燃える部分が少なすぎるからだと思う。
オチが内紛や腐敗で3国以外の国が勝ったことになってしまうのもアウト。

212.  Posted by  名無しクオリティ    投稿日:2010年05月14日 09:49

三國志にも戦国時代にも当てはまるんだがもっと謀略とか情報戦とかにメインスポット当てたらすごく面白いと思う

当時のスパイの動きなんかかなり興味あるわ

213.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 09:56

>>123
まったく同意だが、日本人の、小兵力で大軍に勝つ孔明好きが、大東亜戦争での敗戦に繋がってる、というのはうがち過ぎ?

214.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 09:57

本来なら司馬炎って一番しらなきゃいかん名前だよな
賈充もセットかな

215.  Posted by     投稿日:2010年05月14日 10:11

SDガンダム燃な俺は三国伝のおかげで三國志に興味を持ちました

216.  Posted by  名無し   投稿日:2010年05月14日 10:11

三国統一してもすぐにバラバラになる、その歴史がまたおもしろい。

217.  Posted by     投稿日:2010年05月14日 10:16

※209
演義が書かれた頃は異民族にボコボコにされた後の時代で朱子学の影響が強く、後漢の腐りっぷりを無視して漢王朝をマンセーするような奴がいっぱいいたから漢王朝の流れを断ち切った劉禅は無条件で憎まれてしまうんだよ

218.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 10:23

劉備と関羽って何で人気あるのかわからない。
張飛や孔明ならまだわかるけど。
やっぱ魏と呉がおもしろい。

219.  Posted by     投稿日:2010年05月14日 10:27

ぶっちゃけ劉備はそんなに人気ないだろ
演義と正史のギャップが強すぎて(俺は正史の劉備の方が好き)
関羽は完全に虚像が一人歩き仕切った結果

220.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 10:27

もっと櫓肅は評価されるべき

221.  Posted by     投稿日:2010年05月14日 10:32

張飛はアル中は嫌われるのか日本じゃあんまり人気ないけど中国じゃ大人気
全く逆なのが孫策かな?
日本では特に女性人気が高いけど中国じゃ全然(そもそも小覇王が悪口同然)

222.  Posted by     投稿日:2010年05月14日 10:33

戦国時代はメインが皆主人公向きだから仕方ない。
破天荒の信長、頭で立ち回る秀吉、しぶとくて短気の家康。

223.  Posted by  水野厨うぜ〜   投稿日:2010年05月14日 10:34

歴史好きだと友人に言って三国志と日本の戦国時代の話しかしないと馬鹿扱いされたり無双厨扱いされる。
馬鹿なのはガチだが無双はやったことがないのに悲しい。三国志と日本の戦国時代の武将はどっちが強い?みたいなスレで盛り上がってる奴はさすがに馬鹿だと思うが

224.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 10:41

孫堅は渋かっこいい。
孫策と周瑜の断金コンビは爽やかかっこいい。
あと、韓当の縁の下の力持ち的な活躍が地味に好き。
程普と韓当がお隣同士の郡出身とか想像が膨らんでいいよね。
周りに呉好きいなくて賛同は得られたことがないけど。

225.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 10:54

マスコミの演出問題。

前半をスルーして、後半を集中的にカッコよく作れば
逆転する。

226.  Posted by     投稿日:2010年05月14日 10:55

���Υ������ȤϺ��������ޤ�����

227.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 11:05

独特の寂寥感、好きだけどなあ 横山先生のも
祭りの後、みたいな感じがたまらない

228.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 11:09

中国では超子龍が一番人気と聞いたんだけど?。

229.  Posted by      投稿日:2010年05月14日 11:25

マスコミの演出》

レッドクリフじゃ超雲と周瑜が目立ってたな。

劉備は空気だったし

230.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 11:25

ジョン・ウー監督のレッドクリフは話題にものぼらないのか

231.  Posted by     投稿日:2010年05月14日 11:34

レッドクリフ?
そんなのあったっけ?

232.  Posted by     投稿日:2010年05月14日 11:37

専門家っつーかそっち系の人たちのなかでは三国志で一番の傑物は文句なく曹操だそうな。
俺もそう思うけどね。
あの時代が産んだ人間の中で最高傑作が彼だと思う。
コウメイはアンチとファンがはっきり別れてるみたいだが

実際コウメイはあんまり活躍してないらしいしね。

233.  Posted by  顔良   投稿日:2010年05月14日 11:37

わしらがいれば安泰じゃな文醜よ

234.  Posted by     投稿日:2010年05月14日 11:39

実写なら中央電視台の三国演義だろ
役者の入れ替わりっぷりと呂布と周喩がイマイチだけど
レッドクリフ?

235.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 11:53

関羽がなぜ神として祭られてるか考えてみな。

236.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 11:56

三国志と言えば邪馬臺国の卑弥呼。

237.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 12:00

孔明だって神様として祀られてますけど?

238.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 12:05


レッドクリフ2か…

小便っ!!
ショ〜〜〜〜〜べェェェ〜〜〜〜〜〜〜ン!!

239.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 12:06

前半なんて第一話の冒頭30秒くらいの紹介でいいんじゃない。
後半を12話かけて放送して、残り3話をWebで配信。

こうすれば、後半の人気沸騰。

もしくは、前半のオープニンうが終わった直後に1分程度かけて
パンチラを描写しながらパンチラの素晴らしさについて語ると

大人気。

240.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 12:15

モテモテ王国の三国志回は笑ったなぁw

241.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 12:21

魏延ってどうなの?、後頭部が出た骨相を見て諸葛亮から「反骨の相がある」とか言われて、なんか冷遇された感があるんだけど、諸葛亮には人材を見極める目は無いと思うし。

242.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 12:22

何回も死んじゃうゾンビな張コウが出るのなんだっけ?吉川?

243.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 12:22

前半に男臭いやつばっかりを登場させて
後半は、美少女から美女まで、女ばっかり登場させれば
前半も後半も人気がでると思うけど。

後半なんか男はどうでもいいって感じでメインは美少女と美女
男は、こういう歴史があったよ程度で「語られるのみ」。

244.  Posted by  .   投稿日:2010年05月14日 12:30

魏延の反骨は諸葛亮が魏延の反逆を暗示するための演出だろう。魏延以降あれ程優秀な武将は出てないし、五虎将と比べても既にヨボヨボの黄忠や、入蜀後の馬超よりは全然有能なレベル。実際には手なずけられるのが諸葛亮しかいなかったってだけで、時代の犠牲者だろう。魏延も諸葛亮も悪くないし、強いて言えば諸葛亮の跡継ぎ組の力量不足だろう。

245.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 12:30

群像劇から興亡史に移っちゃうからじゃないかしら

246.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 12:39

※241
単なる孔明の好き嫌いだけでしょ
人を見る眼がある玄徳さんの一押し人材だよ?

247.  Posted by      投稿日:2010年05月14日 12:46

前半は魅力ある武将の個々の活躍やらあるんだがこぞって早死にしちゅったりしてどうしても後半は大局的な視点に目がいくし動きも前半と比べたら大人しいからね

248.  Posted by     投稿日:2010年05月14日 12:48

※241
長安奇襲を用いられなかった不満があったとはいえ孔明との不仲自体は孔明死後派閥抗争に敗れて死んだことから逆算した創作で孔明は評価している

249.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 12:50

姜維,艾,鍾会あたり面白いよ。姜維かっこいい〜!

250.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 12:50

横山三国志だと、魏と呉が不遇に描かれてるような気がする
孔明のペテン師ぶりが痛快ではあるが

251.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 12:52

*241
力量不足というより方向性の違いだな。
諸葛亮の跡継ぎ組である蒋エン、費イあたりは内政中心で、
軍事中心でいこうとした魏延と対立している。
そもそも国力が数倍近く違う魏と無理やり何度も戦争したせいで
諸葛亮死後の蜀は人材も資金もなにもかも足りない状態だった。
結局魏延の死後蒋エンも費イも10数年の間に死んで、
今度は同じような争いを劉禅と姜維がgdgdやって終わり。

252.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 12:56

*244だった・・・

253.  Posted by     投稿日:2010年05月14日 12:56

※239、243
恋姫や一騎当千でオナってろ

254.  Posted by  ※241   投稿日:2010年05月14日 13:12

皆様サンクス、魏延に関しても色々な意見があるんだなとわかった。中国では嫌われ者らしいが。

255.  Posted by  名無し   投稿日:2010年05月14日 13:15

日本に入ってくるほとんどの三国志が演義ベースだからな〜
どうしても劉備ベースになるよな
吉川は三国志は曹操に始まって諸葛亮に終わるって書いてた

256.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 13:19

北方の呂布はカッコ良すぐる

257.  Posted by  <emoji:smile>名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 13:27

※205の劉禅についてだけど…

同じ中国史の中で明の歴史を調べればそんな評価はできなくなると思うよ。

258.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 13:51

柴錬三国志の「英雄生きるべきか死すべきか」の名前が挙がらないなあ。
出師の表〜孔明の死〜魏滅亡〜蜀滅亡〜姜維の末路まで描いた名作。

259.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 14:19


自己中で身を滅ぼした関羽が後世一番評価されてるのも変な話だなw

260.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 14:45

兀突骨って一説による身長3mあったらしいよ。

261.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 15:02

三国志演義自体がラノベみたいなもんなのに、恋姫や一騎当千にケチつけてるやつは気持ちがわるいねw

262.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 15:13

※75
蛮族相手の最前線にずっと立ってたんだぞ……
「三国志」という枠から半歩ズレて描写がないが、奴がいなけり蜀は劉備いた頃から国力が落ちまくってた可能性が高い
後方が信頼できるから、安心して兵を動かせたんだしな

263.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 15:18

恋姫から入ったやつがどれだけいるのか・・・

264.  Posted by     投稿日:2010年05月14日 15:21

※260、262
きんもー☆

265.  Posted by  <emoji:smile>名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 15:29

群像劇を面白がっているうちはお子ちゃま。
すそ野が広い興亡史を面白いと思えるようにならないとねw

266.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 15:33

恋姫とか糞すぎるだろあれwww

267.  Posted by      投稿日:2010年05月14日 15:37

恋姫は糞だが一騎当千は神だろ

孫権かわいいよ

268.  Posted by     投稿日:2010年05月14日 15:40

���Υ������ȤϺ��������ޤ�����

269.  Posted by     投稿日:2010年05月14日 15:42

かわいいとか余所でやれよ
三国志でやる必然性がないだろ
こういう奴らが美形化ホモマンセーを笑っても同族嫌悪でしかないわ

270.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 15:45

三国志の入門が「天地を喰らう」と「STOP!劉備くん」だった俺は異端か?

271.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 15:49

孔明よりも法正が好きだわw
てかもっと法正は評価されるべき。

272.  Posted by  <emoji:smile>名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 16:02

>孫権かわいいよ
君主がかわいいだってw
三国志好きってそんなやつらばっかなのか?w

273.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 16:08

実は三国志を盛り上げているのは劉備でも孔明でも曹操でもなく
呂布だと思う。

274.  Posted by      投稿日:2010年05月14日 16:09

トウ艾がショク侵攻中に武侯祠に寄って、「武侯が存命中に師事を仰ぎたかった」云々言ったトコが好き。

275.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 16:50

しっかりした知識があると孔明死後もかなり熱いんだけどな・・・まぁ人物が小粒になってるってのは否定し切れんけど

276.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 16:53

劉禅はちょっとひどい扱いされちゃってるね。
あそこまで酷くはないけど、まあ普通の人だよ。
なんだかんだで国は潰れなかったし。
鳩山より多分出来てる人。

あと魏延の墓は開発で移転させられたりしてちょっとかわいそう。

277.  Posted by      投稿日:2010年05月14日 16:58

>あと魏延の墓は開発で移転させられたりしてちょっとかわいそう。

いや、潰された筈だぜ。

278.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 17:04

法正は同意、もっと評価をされていい軍師、馬謖より間違いなく上だよな。
内政の諸葛亮、軍事の法正といった感じかね。

279.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 17:05

三国志最大の戦い、赤壁での立役者は孔明じゃなくて周ユだろ?祈祷(笑)して風向きが・・・なんてアホらしい
まあ孫権が即位してから少し味気ないかもしれんが、孫策あたりは、海賊あがりの将軍とかいて面白いな

280.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 17:05

劉備も劉禅も世渡り上手。
蜀では馬良がすきだな、蜀きらいだけど。

281.  Posted by     投稿日:2010年05月14日 17:18

���Υ������ȤϺ��������ޤ�����

282.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 18:42


恋姫や一騎当千は負け組キモヲタ引きこもりニート向けの三国志

三国志演義は勝ち組リア充正社員向け三国志

283.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 18:45


恋姫や一騎当千は負け組キモヲタ引きこもりニート向けの三国志

三国志演義は勝ち組リア充正社員向け三国志

三国志正史は文系大学院既卒の無駄に高学歴樹海逝きニート向け三国志

284.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 19:14

戦いこそが美徳とする、戦争マンセーものだから。
だいたい「三国志演義」ってなんだよw演義ww
劇空間プロ野球みたいなもんだろ。
実際の歴史とは全く関係ない学ぶものもない。

285.  Posted by     投稿日:2010年05月14日 19:16

���Υ������ȤϺ��������ޤ�����

286.  Posted by  ロバー   投稿日:2010年05月14日 19:18

ここまで驢馬の瑾兄さんなし(´・ω・`)

287.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 19:41

張悌の死にざまとかかっこいいんだけどなあ

288.  Posted by  <emoji:smile>名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 19:57

*283
三国志演義を高尚なものと勘違いしているようだけど…
西遊記、水滸伝と共に民間で語り継がれてきたもの。
同じレベルで語り継がれたものに金瓶梅、紅楼夢があるのを知っていますか?
その金瓶梅、紅楼夢どんな内容だかご存知?

289.  Posted by     投稿日:2010年05月14日 20:00

���Υ������ȤϺ��������ޤ�����

290.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 20:26

みんな脳筋が好きだから

291.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 20:36

>289
実際中二とか萌豚には売れてるからな

292.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 20:39

兀突骨に限っては三国志大戦2で劇的に知名度が上がったと思う。
ジャガーノートみたいな見た目で、演技を皮肉ったような性能がヤバかった。

293.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 21:16

※285
ですよねー
どうやったら恋姫とか一騎当千なんかを、歴史小説や正史と同じに見れるのか……
創作を創作と許容できない人は歴史系の板とかでも嫌われてる

294.  Posted by  ななし   投稿日:2010年05月14日 22:11

蒼天航路的に考えて曹操が死ぬまでだなw

295.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 22:12

兀突骨とか南蛮系は三国志オリキャラなんかでやる場合に仲間になってくれやすいので重宝する。

296.  Posted by     投稿日:2010年05月14日 22:24

開き直ってんじゃねぇよ萌豚共
そういう風にたかが〜みたいに下の立場に立って許容出来ない奴の度量が狭いみたいに持っていくのがうざいんだよ
金瓶梅なんて一から十まで創作で女体化とかやってない作品を例にあげても的外れなんだよ

297.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 22:25

むしろ天下三分の計ができるまでの話がメインかと。

298.  Posted by     投稿日:2010年05月14日 22:26

三国志って昔好きで正史の和訳や三国志演義の和訳読破したなぁ。
でも最近中国の反日侮日政策を知ってから中国に関するもんに否定的な気持ちになってきた。
三国志好きだったのになぁ…

299.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 22:39

*298
今は今。昔は昔と分けろ。少しは気持ちは分かるが

*286
諸葛瑾はいい奴だった。しかし諸葛瑾にすら諫言されないほど見放された老年孫権は酷いな
かなりいい判断してることもあるんだが・・・

300.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 22:41

演義的には五丈原がラストじゃね?。

301.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 22:46

※298
別人種と考えた方がいい
昔と現在の中国を混同してマンセーするようなヤツもいるがね

302.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月14日 23:04

漢王朝初代皇帝劉邦は巴蜀漢中から兵を挙げて長安を経て中原へ進出した。
漢王朝再興を掲げる蜀の領土もズバリ巴蜀漢中だ。
北伐は夢よもう一度という思いだったんじゃないか。

303.  Posted by     投稿日:2010年05月14日 23:22

���Υ������ȤϺ��������ޤ�����

304.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月15日 00:16

三国志より
俺は項羽とかの時代がすきなんだけどな

305.  Posted by  <emoji:smile>名無しクオリティ   投稿日:2010年05月15日 00:24

三国志演義どう考えても創作物扱いなんだけど…

306.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月15日 00:44

まあなんにせよ、いい加減蜀マンセー物語は見飽きた。
なんつーか「またか」って感じでなんも面白みが無い。

そんな俺は呉厨、黄蓋かっこいいよ黄蓋

307.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月15日 01:00

三国志よりか全然春秋戦国時代を題材にしたものの方が人気出ていいんじゃないかと思う。

308.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月15日 01:15

蜀を制圧したのに斬首された艾、裏切った鍾会、司馬一族の帝位簒奪、反乱を起こした諸葛誕と文欽親子、司馬師を呪った夏侯玄、陸抗と羊祜の戦い、羊祜亡き後の杜預の進撃、蜀から大船団で長江を下る王濬、わずかばかり司馬炎の治世、そして筆を執る陳寿などなど、リアルで「みんな死んじゃえ」と思っていた頃はこうした末期的なあれやこれやが楽しかった。いまとなっては……漢字を打つのが大変だと思った。

309.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月15日 01:17

祜はしめすへんに「古」ね。やっぱ出んかったか。

310.  Posted by  <emoji:smile>名無しクオリティ   投稿日:2010年05月15日 01:38

米307
政治闘争だけじゃなく中華の基となる思想や文化まで広範囲だし百花繚乱すぎるでしょ。
複雑すぎるからついていけない奴たくさんいるんだよ。

311.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月15日 01:56

呉は孫策までは好きだな
それ以降のコウモリっぷりは燃えない
周瑜はタカ派だったようだから早死にしなければ熱い展開があったかもしれんね
兀突骨という妖怪は俺も好きだよ

312.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月15日 02:24

蜀滅亡前後からの話とかも結構好きなんだけどなぁ。まあ、諸葛亮死後から蜀滅亡まではダラダラしてるのは確かだけど。

羅憲の話とかめっちゃ熱くて好き。そもそも羅憲知ってる人があんまりいないけど。

313.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月15日 02:28

>三国志のころの日本はどんな国があったのか誰が天皇だったのかさえ

モロ卑弥呼の時代だろうに………
天皇は4世紀後の話、中国が五個十六国の時代に入り戦乱で周辺国の歴史が分からない。
それで憶測を呼ぶ空白の時代。

314.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月15日 03:36

蜀漢については、当時の人たちは自分たちの国を「漢」と呼んでいたわけで、漢室再興というイデオロギーなくして存在し得なかった。

諸葛亮の行動は、当時の人口分布、交易ルートなどを考慮すると納得いく部分も多い。
南征もそうだが涼州方面侵攻は交易ルート確保もあったと思われる。

当時の人口の大部分が魏の領域に在ったため呉も人口確保に悩まされている。
3国とも、戦闘後に住民を連行、根こそぎ移住させるなど、人さらい政策を頻繁に行っている。

当時の中国は中原といわれる地域以外面積は大きくても人が全然住んでいなかった。

その意味からも、完全に国が出来上がってからでは蜀漢や呉が統一する可能性はほぼ無かったと言える。
まずは人口を増やし国力を高めることが必要。

これを前提に考えると、
諸葛亮は本気で魏を倒そうと考えていたのでは無く、富国強兵のための戦略行動をとっていたのではないかとも見れる。

315.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月15日 05:56

>>314
それに加えて、攻撃的防衛という側面も考えられる。
完璧な状態になってから攻められたら詰むから、完璧な状態にさせないためにちょっかいを出し続けるみたいな。

316.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月15日 06:16

水滸伝も梁山泊vs正規軍になってからはつまらないよね。

317.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月15日 07:16

張遼にも匹敵する知将満寵の呉対策や
陸抗の西陵の戦いのチートっぷりや
そんな陸抗を退けた羅憲さんの奮闘っぷりは
演義じゃ出ないから語れる人マジ少なくて泣ける

318.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月15日 07:32

孔明の事を人を見る目が無いって言ってる奴は
ショウエンとか俺の好きな費イが馬鹿にされてる気がしてムカツク
呉と破綻した同盟を修好させたトウシを抜擢したのも孔明だし
武官を見る目は無いけど得意分野の政治関係の官僚見る目あるだろ

319.  Posted by      投稿日:2010年05月15日 11:29

三國志扱い作品自体も小説、アニメ含め飽和ぎみだからな−
ぼちぼち春秋戦国時代あたりも面白いと思うが扱わないよな
三國志は前半から中盤にかけて盛り上がって後半から急に盛り下がる感がどうしてもな

項羽と劉邦(司馬遼太郎)読んでみたがこれはこれで面白いよ

320.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月15日 12:50

北方謙三の三国志と蒼天航路は読んでくべし。
蒼天の曹操は好きじゃないけど、劉備の性格はこれが一番好き。
北方版三国志は呂布がカッコよすぎ。

321.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月15日 12:52

>>武官を見る目は無いけど得意分野の政治関係の官僚見る目あるだろ

っ【馬謖】

彼は純粋に武官とは言えないし、諺になるぐらい有名になった、これが原因じゃないかな。
劉備による評は「大事は任せられない」みたいな事を言ったとされてるし。

322.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月15日 13:15

*321
軍事に抜擢して失敗した奴だろそいつ

323.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月15日 13:24

諸葛亮の能力の是非はほぼ語り尽くされた感があるな。
龐統って、実際のところどうだったんだろう。並び立つほどの傑物だったのだろうか?

324.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月15日 14:11

関羽が死んだとき


俺の中で三国志は終わった・・・

325.  Posted by  名無し   投稿日:2010年05月15日 14:59

恋姫なんて未来から来た主人公が劉備の代わりに歴史動かす戦国自衛隊的な話じゃん(原作)
真だと呂布が黄巾20000一人で蹴散らしてたりする無双ぶり
卑弥呼なんぞ東方腐敗だしな
あんなん三國志と思うほうがおかしいわ

326.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月15日 15:10

とりあえず「私釈三国志」読むといい
ここまでに出た疑問の8割は解消してるから

327.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月15日 18:58

*323
傅巽が「才知に優れた英雄だが、器量が不完全」と評していたらしいな
諸葛亮が荊州に居れば孫呉に対しても気を使っただろうから、相当違っただろうな

328.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月15日 19:01

*326
おもしろそうなサイトだな。三国志は検索しても有象無象が氾濫し過ぎて、
しかも演義ベースが多くて困る。ゲームも多いし

329.  Posted by     投稿日:2010年05月15日 19:14

※326
管理人乙

330.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月15日 20:44

おいおい
世界史とかで習っただろうが
なんで三国の滅亡とか晋のこと全然しらないんだよ

331.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月15日 21:55

誰か徐栄をもっと評価してやってくれよ・・・
曹操も孫堅も撃ち破り反董卓連合相手では無敗の男なんだぜ?
ゲームでのゴミ扱いには泣けた・・・近作でもやっぱりそうなんだろうな

332.  Posted by  <emoji:smile>名無しクオリティ   投稿日:2010年05月15日 22:56

世界史のお勉強できなくても三国志のゲーム程度はできるからねw

333.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月16日 00:02

史実の劉備って中小企業のおっさんクサくて演義派には受け入れられんだろうな。
小心者でそれゆえに時折キレたりして、結局優柔不断だし。
口先では理想論ばかりいって周囲の武将が右往左往する。
演義でもその片鱗は見えるからな。諸葛亮も嫁と田舎で畑を耕しながら政治学や
軍略の本を読みまくっておれはおまいらとは違うんだよ臭を漂わせていた理論家
だから、弁舌はたつが実務向きではない。結局は関羽や趙雲と言った高い理想に
感化され参加した優秀な武将に支えられてていた。だから英雄なき後の蜀の凋落
ぶりは言うまでもなく司馬懿との戦いで撹乱するのが精一杯だった。
演義は英雄神話なので三国鼎立で一応の終了を見るのは当然のこと。

334.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月16日 00:04

おいおい・・
世界史のお勉強したことあんのかよ
あのなかで三国志時代の話がどの程度盛り込まれているか理解して言ってるのか?
教科書読むよりもゲームしてるほうが三国志に関しては詳しくなれるほどだぞ

335.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月16日 00:15

世界史で一国の一時代毎にみっちり内容があったら
どんだけ授業時間あってもたりねーよw
三国時代を経て晋〜とか教科書で1-2pありゃ終わってる。
数学や物理の公式いくつか忘れてるのと同レベルで
すっぽり忘れても不思議じゃないさ。

336.  Posted by  <emoji:smile>名無しクオリティ   投稿日:2010年05月16日 00:22

詳しいのは三国志の中だけだろう。
後に晋が統一した事だって、それが仲達が皇祖とされる司馬一族だって事知らない三国志バカ結構いるぞ。

337.  Posted by  --   投稿日:2010年05月16日 02:06

北方謙三の三国志は、馬超の扱いが意表を突かれて面白かった。

ショクに来た後ほとんど記述がなくて、いつの間にか死んでたって扱いに対して、「こういう解釈もあるか」と。



それにしても、北方三国志の呂布のかっこよさは異常。

さすがハードボイルド作家。

338.  Posted by  <emoji:smile>名無しクオリティ   投稿日:2010年05月16日 02:29

※337
史実に近い描き方するなら北方本の三国志のような扱いになるんじゃないのかな。

339.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月16日 05:05

世説新語読めよ

340.  Posted by  <emoji:smile>名無しクオリティ   投稿日:2010年05月16日 09:50

人のイメージってあとになってこんな風に広まっていったんだあ
と思って読むと面白いよね

341.  Posted by      投稿日:2010年05月16日 13:18

司馬一族マンセーな自分
尽く統一まで拝めず毎回涙目です

342.  Posted by      投稿日:2010年05月16日 13:24

赤壁や死せる孔明がクライマックスだなんて悪い冗談だよね?

343.  Posted by  <emoji:smile>名無しクオリティ   投稿日:2010年05月16日 13:28

なーんか必死だなぁ
:*:・( ̄∀ ̄)・:*:クスッ

344.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月16日 15:03

ちょっと古いたとえだが、TRPGでキャラ作成にものすごく
情熱燃やして、できちゃうとプレイ前に一気に冷めるやつがいたけど、
たぶんそんな感じなんだろうなと思った。

345.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月16日 16:29

どうして人気がないか。
三国志をマンガか何かにするとき、主人公は劉備、曹操、諸葛亮になるケースが多く、
それらが死んだあとはマンガも終わりに向かい、
「その後、三国時代は晋の統一となって幕を閉じた」みたいなくだりで終わることがほとんどだから。
その後の話は自分で知ろうとしない限り・・・。
と、まぁ言い方変えれば、(主人公になるような)英雄が不在だから、と言うところだろう。
ちなみに俺は、諸葛亮が没した後は、あまりよく知らない。申し訳ない。

346.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月16日 16:52

>>319
春秋戦国時代モノとなるとキングダムくらいしか知らんな

347.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月16日 17:12

ここにいるぞ!

348.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月16日 17:15

劉備が主役の三国志だと曹操に肩入れしたくなって、曹操がメインだと劉備の方が面白く見えるオレはひねくれてるのかな

349.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月16日 18:01

北伐を領土戦と勘違いしてるやつって多いのな。
あれは羌族の取り込みが最大の焦点で、郭淮が反乱鎮圧した時点が勝負あった瞬間。

>>348
蒼天劉備は三国志作品の中でもずば抜けて魅力的だと思う

350.  Posted by     投稿日:2010年05月16日 18:52

一番好きな劉備は北方劉備
一番嫌いな孫権は北方孫権

351.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月16日 18:59

*326
対談形式で突込みがうざい。よく知らない読者にはあった方がいいのかもしれないけど

352.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月16日 21:08

ヤンが死んだあとの銀英伝がつまらんのと似たような理由だろ

353.  Posted by     投稿日:2010年05月16日 21:09

北方にソープ行け言われそうなのが多いこと

354.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月16日 21:31

劉備はそれほど有能でないが人望が厚い、みたいなイメージがついたのはやはり演義と横山の罪過か。
序盤は義勇軍を率いているし、後半では夏侯淵を敗死させたりと、戦術レベルでは陸遜クラスの相手でないと負けない程度には優秀。んで人材を見る目も人望もあるとゆー

それはさておき三国志時代で世界史に最も残っているのは九品官人法。
つまり真の主役は陳羣w

355.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月17日 00:13

三国志の頃の日本というと
卑弥呼が金印もらった国は魏
これ豆知識な

356.  Posted by  <emoji:smile>名無しクオリティ   投稿日:2010年05月17日 00:37


豆知識じゃなく基礎知識
教科書使って習っただろうアホw
いいかげんネタ切れか?

357.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月17日 18:02

>62同意日本史好きとしては非常に嬉しい

358.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月17日 19:28

※347
馬岱だっけ

359.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月17日 20:08

関羽の死後からを後三国志と呼ぶって
吉川英治がゆってた!

360.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月17日 20:09

馬岱の「ここにいるぞー」がギエンのピンチを救う時に使われるのが
TV版真恋姫クオリティー

だがそこが良い

361.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月17日 21:19

みんなで兀突骨ごっこやろうぜ

362.  Posted by  荀☆   投稿日:2010年05月18日 12:45

>>326
妄想と現場証拠(笑)だけでくだらんゴタク並べている糞サイト管理人乙
孫権配下粛清説とか誰が信じるんだよw
大体しきりに毒殺毒殺言ってるが、そんなに簡単に毒殺がまかり通るなら君主なんかまっ先に死んでるわw
あと対談形式が寒いし、キャラの設定も厨2で心底キモイ、死ねよ

363.  Posted by  名無し   投稿日:2010年05月19日 21:10

ゴッツええトツコツ

364.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月21日 17:53

*362
読んでないからどういう描写になってるのか知らないが、孫権は晩年配下の粛清やったろ
呂壱事件とか二宮事件とかで。正史読んだんだよな?

365.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月22日 03:18

>>364
晩年の話じゃねーよ、読んで来いや

366.  Posted by  徳皮家康   投稿日:2010年05月22日 12:27

劉禅は趙雲に救出されたときに馬上の振動で脳みそに悪影響が出たとか?

367.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年05月23日 07:04

>>365
10ページくらい読んで苦痛になったから読まないわ
余程暇な時があったら読む。悪いな

368.  Posted by     投稿日:2010年05月24日 16:20

劉禅以下の君主なんて中国史にははいて捨てるほどいるだろ
イデオロギー的な理由で暗君の代名詞にされてるけど

369.  Posted by  潰れる訳だ   投稿日:2010年05月31日 08:49

 

  最後まで三國志on-lineの話題無し




370.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年06月09日 19:42

三国志群雄伝 火鳳燎原ってどうよ?

371.  Posted by  じさみさ   投稿日:2010年06月13日 17:49

戦国前半の人気無さは三国後半をはるかに上回る。
¨半将軍゛細川政元や¨元祖梟雄゛木沢長政とか、畿内政権の人物はゲームの隠しキャラですら出て来ない。

372.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年07月11日 17:45

横山光輝の水滸伝の終盤はマジで酷い。一丈青一コマで死亡とかマジふざけんな。

373.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年11月28日 23:44

答えですが・・・
三国志後半は
愚人には一生気づかない
風水的な隠語が残されているからです

374.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2011年07月25日 20:41

水滸伝の後半はあれでいいんだよ。
原作読んでもひたすらグダグダなだけだから。

375.  Posted by     投稿日:2012年04月18日 03:23

後期は国内の内部闘争がメインだからなー

コメントの投稿