面白すぎて寝食の間も惜しんで一気に読んだ本



面白すぎて寝食の間も惜しんで一気に読んだ本

1 無名草子さん 2008/11/25(火) 21:45:12
スレタイ通り、そのあまりの面白さに何時間も集中し息もつかずに
(もしくは飲まず食わずで)読んだ本を教えてください。
もし書ければその本の大まかな内容も。


4 無名草子さん 2008/11/26(水) 03:03:36
俺が散歩の時間を忘れてまで読んだのは、ルソーのエミール
かな
13 無名草子さん 2008/11/29(土) 02:09:22
桐野夏生グロテスク

奥田英朗 邪魔 最悪

小松左京 果しなき流れの果に


14 無名草子さん 2008/11/29(土) 03:58:30
ジェフリーアーチャー ケインとアベル

宮部みゆき 模倣犯



15 無名草子さん 2008/11/29(土) 16:24:03
本には2種類あって、凄く好きな本だけど時間あるときに少しずつ読み進めていきたいタイプの本と、
読み始めたら食事中も話の続きが気になって気になってしょうがなくなるほどのタイプの本が
(後者は一度読んだら2回目は読まないor話の内容を忘れた頃に読む場合が多い)あると思う。
どちらがいいということではなく。

17 無名草子さん 2008/12/03(水) 20:43:10
良スレ 期待age

18 無名草子さん 2008/12/04(木) 21:48:11
ハンニバル

あまりに面白くて面白くて
コートのポケットに入れて散歩に行き
お気に入りの公園で夢中になって読んだ


そして読み終わった瞬間、地べたに叩き付けた

19 無名草子さん 2008/12/04(木) 22:46:12
>>18
ラストに納得いかなかったということかい?

20 無名草子さん 2008/12/05(金) 19:14:50
池上永一 「テンペスト」 ことしサイコー!!

22 無名草子さん 2008/12/08(月) 18:43:41
俺も「新世界より」に一票。

23 無名草子さん 2008/12/09(火) 21:59:19
確かに貴志祐介の本は一気型の本が多いね。

24 無名草子さん 2008/12/10(水) 21:35:57
司馬さん、新史太閤記


25 無名草子さん 2008/12/10(水) 22:44:29
司馬先生の本も一気型だな。

26 無名草子さん 2008/12/11(木) 00:39:33
真保裕一 「奪取


手に汗握りながら読んだ本は後にも先にもこの本以外にありません。

28 無名草子さん 2008/12/11(木) 04:00:14
東野圭吾の白夜行
とか。

29 無名草子さん 2008/12/11(木) 11:10:17
ドストの『罪と罰
』。
夕方の4時から読み始めて、翌日の1時に読み終えた。

30 無名草子さん 2008/12/11(木) 17:26:13
山本周五郎「赤ひげ診療譚

32 無名草子さん 2008/12/12(金) 09:35:33
R・N・パタースンの「罪の段階」「子供の眼」「最後の審判」「ダーク・レディ」「サイレント・ゲーム」等

33 無名草子さん 2008/12/12(金) 10:03:48
>>32
まだ邦訳でてないと思うけど、Conviction 最高だよ!

35 無名草子さん 2008/12/14(日) 07:40:43
ジェフリー・ディーバー「ボーン・コレクター」「エンプティー・チェア」等の
リンカーン・ライムもの

37 無名草子さん 2008/12/18(木) 04:46:59
半村良『産霊山(むすびのやま)秘録』『石の血脈』『妖星伝
半村のSF伝奇小説は大体面白い

38 無名草子さん 2008/12/18(木) 22:35:26
津村 記久子『アレグリアとは仕事はできない
今読み終わった。
あっさりした内容だけど、疲れないし笑える
気分転換に読むなら最適

39 無名草子さん 2008/12/18(木) 23:09:05
ブコウスキー「くそったれ!少年時代

43 無名草子さん 2008/12/21(日) 01:21:16
読むの大変そうで敬遠してた古典的名作長編に挑戦してみたら
意外に面白くてはまることってあるよね。
ドストエフスキーの『悪霊』ははまった。
前半かったるかったが後半は怒涛の展開で、人が死ぬわ死ぬわw
もう大スペクタクルだったな。
セリーヌの『なしくずしの死』と『夜の果てへの旅』も、
読む前の重苦しそうなイメージとは違って、悲惨だけど笑える。
自虐的なブラックコメディーって感じで、ちょっとセンチメンタルで泣けたりもする。
あとカポーティの『冷血』もおもろかった。虚無の深淵を覗くような怖さと悲しさがある。

41 無名草子さん 2008/12/19(金) 16:40:27
色々あるけど本当に自分でも以外だったのが
大地
文庫4巻を徹夜で一気に読んだ(会社も休んだww)

44 無名草子さん 2008/12/23(火) 00:24:23
>>41
いいな。そういう有給の使い方はアリだと思う。
でもあまり長時間読んでると、椅子に座ってても疲れるし寝転がっても
肩とか腰とか痛くなって、どんな体勢で読んだらいいか判らなくなるのが難点w

45 無名草子さん 2008/12/23(火) 20:10:52
面白すぎて・・とは違うけど
ダビンチコードを買ってきて、「さぁ読もう!」と思った所で大風邪をひいた。
インフルエンザだったため当然仕事は休み、家事からも開放された状態の中、熱が40度
出て関節は痛いわ寒気は凄いわ・・しかし頭痛だけは無かった事を幸いに、一気に読みましたわw
そんな状態でも本だけは読めるんだな・・と、つくづく思った。

46 無名草子さん 2008/12/24(水) 21:02:46
ダン・シモンズの
ハイペリオン)

世界観が壮大すぎで、小便もらした。

最後まで読んで、600ページの続編が待っていると知ってうんこもらした。

51 無名草子さん 2009/01/12(月) 01:11:09
真梨幸子「孤虫症
寝食忘れるというか、食欲がなくなるww

52 無名草子さん 2009/01/15(木) 00:38:35
ヴィカス・スワラップ「ぼくと1ルピーの神様

一気に読めて、何度読み返しても面白い。
この間、これを原作にした映画がアメリカでゴールデン・グローブ賞の作品賞等を受賞したそうな。
いわゆる古典とかベスト・セラー本以外で、自分が気に入った本が映画化され評価されたのははじめてなので、
自分のことのように嬉しい。

56 無名草子さん 2009/02/10(火) 23:37:50
ここで紹介された本を片っ端から図書館で借りて読んでる。

>>52さんの「ぼくと1ルピーの神様」は特に面白かったよ。
「新世界より」をこれから読みまーす。


63 \(´▽`≡´▽`)/ 2009/02/28(土) 17:29:30
>>56
自分も「新世界より」を読もうと思って書店へ行ったんだが値段が高くて買うの諦めたorz
ぜったい面白いと思うんだが高いよな〜ww
あぁ、悲し

57 無名草子さん 2009/02/23(月) 19:32:03
小池真理子「

58 無名草子さん 2009/02/27(金) 23:26:09
ルイス・サッカーの「

59 無名草子さん 2009/02/27(金) 23:49:53
星を継ぐもの

SFなんてと思ってた自分を殴り殺したい
最後の全身鳥肌具合はすごい

66 無名草子さん 2009/03/01(日) 22:29:43
スティーブン・キング 「IT

一昼夜かかって読了。泣いた。
少し痩せた。

67 無名草子さん 2009/03/01(日) 22:59:56
>>66
(x_x) ☆\(゚ロ゚ ) 痩せゆく男か

ゼロの使い魔 16 (16) (MF文庫 J や 1-19)
ヤマグチ ノボル
メディアファクトリー
売り上げランキング: 4
おすすめ度の平均: 4.5
5 思えば遠くにきたものだ
4 相変わらず
4 あの兄妹は蛇足だと思う・・・
5 すごくいい!
5 幕間かと思ったら、急転直下の16巻!




カテゴリ:  読書  


この記事へのコメント

1.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 09:50

嫌儲厨が湧く予感

2.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 09:50

1?
遠藤周作の深い河とかヘッセのシッダールタなんかは結構スラスラ読めたな。

3.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 09:50

1;;;;;

4.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 09:52

クリスマスのフロスト

5.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 09:57

1桁

6.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 09:59

十角館だろjk

7.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 10:00

ねじまき鳥クロニクルかな

8.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 10:00

ラノベでそういう経験はないな

9.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 10:04

ミーハーで恥ずかしいが
容疑者Xの献身

ジェフリー・アーチャー
途中で止められないのがおおい

10.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 10:05

犯人に告ぐは面白かったなあ・・・

11.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 10:06

Amazonふざけんなw

12.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 10:07

『新世界より』は上巻だけ読んでやめちゃったなぁ…
呪力とか図書館とか結構面白かった記憶はあるんだけど

13.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 10:08

>>十角館

あれよかったよなあ。。。。
初めて読んだ推理小説で衝撃を受けたよ。
で、未だにあの衝撃が忘れられずに、館シリーズを待ってるよ・・・

14.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 10:08

入院中に竜馬がゆくを買ってきてもらって一気に読んだなあ。

15.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 10:11

俺は小説は何でも一気読みタイプだな
ラノベで続きが気になってってのは終わクロぐらいか

16.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 10:12

村上春樹さんの
「ダンス・ダンス・ダンス」

17.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 10:17

深夜特急

18.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 10:19

米14
おお、同志よ。
風邪ひいたときに横になりながら一気に読んだなあ。

19.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 10:22

古いけど、夏目漱石の「こころ」

20.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 10:23

夢枕獏の”上弦の月を喰べる獅子”

それにしてもここまで露骨なアフィは正直引くわ

21.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 10:24

池波正太郎の鬼平犯科帳。
終わりが近づいた20巻辺りから、無性にさびしくなる

22.  Posted by  ゲームの達人   投稿日:2009年03月02日 10:30

シドニーシェルダンの明日があるなら

23.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 10:30

フルメタル・パニック
まだ完結してないが・・・

24.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 10:39

お前ら割と本読むよな

25.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 10:39

貴志祐介「クリムゾンの迷宮」

26.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 10:39

カミュの『ペスト』
おかんの「ごはんよー」を無視して読んで、夕飯抜き

27.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 10:40

北方謙三の「水滸伝」「三国志」は全巻買って一気に読んだな。
ラノベだと「十二国記」くらいか
佐々木譲「ベルリン飛行指令」「エトロフ発緊急電」等

28.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 10:41

小野不由美の「十二国記」と「死鬼」読んでた頃は、
一日中話の内容ばかり考えてた。

29.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 10:41

仰天!平成元年の空手チョップ だな

30.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 10:43

沖方丁「黒い季節」

31.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 10:45

大山のぶ代「ぼく、ドラえもんでした」

32.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 10:46

ジュフリーアーチャー の前作(戯曲除く)
村上龍 愛と幻想のファシズム、希望の国のエクソダス、5分後の世界

33.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 10:50

銀河英雄伝説全10巻
高2の冬休み、1巻だけ後輩に借りたんだが、
続きを読みたくて全部買って1日半で完読。

34.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 10:54

米欄でやっと北方がでたか
ベタだけど、燃えよ剣も一気に読んだな

35.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 10:56

なにこのアフィブログ^^;

36.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 11:00

>>4
カント乙

37.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 11:00

東野圭吾「償い」

美容室にかかってる5時間もの間休む事なく読み続けてた。

38.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 11:02

※22にしかシドニーシェルダンが無かったのにショック
ゲームの達人、面白いんだぜ

39.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 11:02

奪取があって安心した

40.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 11:03

『墜落遺体』

これは読まなければいけないという使命感に駆られた

41.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 11:09

浅田次郎の「日輪の遺産」

42.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 11:12

O.S.カードの「エンダーのゲーム」
そしてコミックだけど「ウォッチメン」

ページをめくる手がもどかしいなんて体験させてくれる本はそうない

43.  Posted by  名無し   投稿日:2009年03月02日 11:16

小説
司馬の三国志

44.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 11:26

※38
あーおもしろかったよな懐かしい
天使の自立 も一気読みだった

45.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 11:27

理系向けの本も紹介して欲しいぜ。
高校数学でわかるマクスウェル方程式とか最高に面白いよ

46.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 11:27

こういうスレは助かる。
本って知らないところの情報集めるの物凄く大変だから

最近読んだのだと、五分後の世界+ヒュウガウイルス
戦闘部分は描写がものっそい細かかった

47.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 11:28

アルジャーノンに花束を

48.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 11:32

ハイペリオン挙がってて嬉しい

49.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 11:38

シドニー・シェルダンの「明け方の夢」

50.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 11:38

ドストエフスキーの長編。
当時中学生だった自分、内職でずーっと読み続けた。
「カラマーゾフの兄弟」「罪と罰」「悪霊」
あとシェンケビッチの「クォ・バディス」

51.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 11:40

ぱっと思いついたのが坂之上の雲と魍魎のハコ
題材のわりにはすらっと読めたなと思ったのがフェルマーの最終定理
これを読んだら数論に興味を持っちゃうよ

52.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 11:41

今年というか去年だと「オリンピックの身代金」かなあ
刑事とか公安も大変そうだけど面白そうな仕事だと思ったよ

53.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 11:42

4のカントネタに誰かつっこんでやれよ

54.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 11:44

白井喬二 新撰組

55.  Posted by     投稿日:2009年03月02日 11:47

「リング」「らせん」「ループ」の三部作
「坂の上の雲」「蒼穹の昴」は
気がついたら夜が明けてた事が何度かあったな。
これで、寝る前に本を読むのを止めようと思った。

56.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 11:50


向山貴彦 童話物語

申し訳ないんだがどうしてもハイペリオン読むやつってハルヒ厨なのかと疑ってしまう・・・

57.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 11:52

さすがにアフィすぎてワロタ

58.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 11:55

健康って大事だなあ

59.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 11:57

※56
どうしてそう思う?

60.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 12:00

恩田陸さんの本ってあまり出ないな
「ロミオとロミオは永遠に」も「ドミノ」も
一気に読んだ記憶がある

61.  Posted by  ナナシ   投稿日:2009年03月02日 12:03

模倣犯はないわ…
毎日読み続けても二週間ぐらいかかった
あの本で俺はどんなに面白くても二度目を読むことがない本があることを知った

62.  Posted by  名無し   投稿日:2009年03月02日 12:04

壬生義士伝 かな。
映画はクソだがな。

63.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 12:11

7時間で夏目漱石 こころ を一気読み

橘玲(たちばなあきら)永遠の旅行者
図書館2日通って一気読み

64.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 12:11

山田悠介のリアル鬼ごっこかな

65.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 12:12

>>35 確かにwアフィだよなww

>>48 同意。ハイペリオンは俺も嬉しいぜー。
様々なジャンルが詰まりすぎているがそれぞれの内容をうまいこと繋げることに成功してる。脱帽としか言いようがない。
続編の「エンディミオン」シリーズもなかなか^^

66.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 12:14

アフィもここまでやれば立派だな・・

67.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 12:14

>>4カント乙。

最近なら「ゴールデン・スランバー」かなあ。
「テンペスト」は著者サイン本が
近所にあるが面白いのだろうか。

68.  Posted by     投稿日:2009年03月02日 12:14

���Υ������ȤϺ��������ޤ�����

69.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 12:17

筒井康隆
七瀬三部作

70.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 12:19

アフィながおじさん

71.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 12:20

米22
あれは名作だな、他の浅田作品は嫌いだが壬生義士伝は好きだ。

峰隆一郎の死ぬことと見つけたりはガチ、作者死んじゃったから完結してないのがすげえショックだった。

72.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 12:25

最近は重力ピエロ章立てが細かいとどんどんよんでしまう

73.  Posted by  名無しのクオリティ   投稿日:2009年03月02日 12:27

灰谷健次郎とかいないのかなぁ…島物語とかすごい面白かった。

寝食忘れたといえばハリポタ。

74.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 12:28

司馬先生の作品はどれもこれも続きが気になって堪らん!
ってなるからオススメよ

75.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 12:29

小学生の頃読んだ「15少年漂流記」が忘れられない。
四年生の頃、七時に父が買ってきて11時まで夜更かしして読んだ。
たぶん初一気読みはそれだと思う。
最近だと壬生義士伝。

76.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 12:34

15少年漂流より蝿の王

77.  Posted by  名無し   投稿日:2009年03月02日 12:39

ここ一年で読んだなかでは、湊かなえ、告白。伊坂幸太郎、ゴールデンスランパー、ラッシュライフ。貴志祐介、新世界より。東野圭吾、聖女の救済。乙一、ザ,ブック。が一気に読めた。恩田陸が大好きだけどラストにがっかりすることが多い。でも新刊が出ると買ってしまう。本貧乏です。

78.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 12:42

                |
                |
                |
                |
     /V\        71,J
    /◎;;;,;,,,,ヽ
 _ ム::::(;;゚Д゚)::| ジー
ヽツ.(ノ::::::::::.:::::.:..|)
  ヾソ:::::::::::::::::.:ノ
   ` ー U'"U'

79.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 12:44

スタニスワフ・レム『大失敗』
アルフレッド・ベスター『ゴーレム100』
クリストファー・プリースト『双生児』

趣味丸出しだけど、翻訳を待ち望んでいただけに
読み出したら止まらなかったなぁ。

80.  Posted by  黄泉   投稿日:2009年03月02日 12:50

中学ん時に読んだ「ドルイドの歌」が忘れられん。先公に怒られても授業中読むのをやめなかったくらい

81.  Posted by  名無し   投稿日:2009年03月02日 12:52

黒川博行 『国境』
宮部みゆき 『模倣犯』

国境なんて文庫本なのに、解説も入れると1冊で840ページ越えなんだけど、上下巻になってないのさ。もう何回読んでも面白い。

82.  Posted by      投稿日:2009年03月02日 12:55

>>4に突っ込みをいれる奴がいて安心した

83.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 12:55

石破茂「国防」

84.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 12:56

山崎豊子の「白い巨塔」だな。
ドラマが放映されていたときに買ったが、あっという間にドラマの展開を追い抜いてしまった。
結末がわかっているのに止められなかったな。

※51
俺もサイモン・シン「フェルマーの最終定理」は一気に読んでしまった。
数学史とそれに絡む数学者のエピソードで構成されているから、
数学嫌いでも歴史好きならハマる可能性が高いと思う。

85.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 12:59

どう考えても「赤毛のアン」だろう

86.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 13:01

最近読んだ「ゲド戦記」。
ワクワクが止まらなかった。

87.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 13:02

スティーブンキング 
ドラゴンハート

88.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 13:09

バトルロワイヤル

89.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 13:09

ラノベでアレなんだが「文学少女」
久々のヒットだわ、面白かった

90.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 13:21

ハリポタは初めて徹夜して読んだなぁ・・・
未だに最終巻読んでないがw
難しい本は一気に読めないのですよ

91.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 13:21

田辺聖子「中年ちゃらんぽらん」
浅田次郎「蒼穹の昴」
レイモンド・チャンドラー「長いお別れ」

92.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 13:26

蝉しぐれは時代劇ものとして最高だった

93.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 13:27

クリムゾンの迷宮は最後読んで


捨てた

94.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 13:30

真保裕一なら「震源」がお勧め

95.  Posted by     投稿日:2009年03月02日 13:31

僕はゼロの使い魔!

96.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 13:32

少女七竈と(ry
イラ買いしたがあたりだった

97.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 13:33

理系も面白いのものがあるけど、一気には読めないなあ。

98.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 13:33

これ小説っていうのかな?わからないけど平山夢明の「東京伝説」

99.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 13:35

「不遇なる一天才の手記」
「西部戦線異状なし」
「星新一ショートショート1001(1〜3)」

100.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 13:38

ゴールデンボーイ
映画は見てない。

101.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 13:40

19は釣りなのか…?

こころ読むのにそんなかからんぞ?

読んだこと無いけど有名だからwwww

っパターンか

102.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 13:40

多分出てると思うけど見ずにフェルマーの最終定理。

103.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 13:42

>>101
小中学生にとっちゃ「こころ」でも時間かかるんだろう

104.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 13:43

>>103
そういうことか

105.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 13:43

ぢん・ぢん・ぢん 花村萬月
知らない奴や嫌いな奴結構多いと思うがお勧め

106.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 13:47

アフィ、引くまでいけないけど
あー、一線越えちゃったねーって感じ。

わかるけど、ここの管理人にはやって欲しくなかったなあ。

107.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 13:51

この記事は儲かる!

108.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 14:04

ダビンチ・コードは面白くてほぼ1日で読んだな

109.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 14:07

スレに全然出てこなかったから
書き込もうと思ってたけど
コメに好きな作品ほとんど出てきてて嬉しかった。
中学生くらいのときは浅見光彦シリーズに嵌ってたなー。

アフィリンクうざいけど
作品へのリンク無いのもそれはそれでダルいな。
wiki繋いじゃうとネタばれするし。

110.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 14:11

アフィひどすぎワロタ

111.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 14:17

原錣痢屬気蕕伉垢眠り」以外の全作
氷室冴子の「海がきこえる」二作
スコット・B・スミス「シンプルプラン」

面白さはもちろんだがテンポがいいと一気に読める

112.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 14:21

アフィ( ゚Д゚)<氏ね!

113.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 14:31

ポーの感覚に響く生々しい描写とホラースタイルが好きでthe Pit and the Pendulumは一気に読んだ。

114.  Posted by  ※1   投稿日:2009年03月02日 14:37

ほら来た
俺大勝利

115.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 14:41

オリエント急行殺人事件。

ミステリーはやっぱり本格古典ものですよ。

116.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 14:41

ホイッスル!
浦安鉄筋家族

117.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 14:42

奥田英朗の「邪魔」「最悪」は俺も一気に読んだ。
読んでいて動悸が止まらなくなったのは初めて。

118.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 14:44

花の慶次の原作、「一夢庵風流記」だな俺は。
大好きなマンガの原作ということで始めてかった時代小説。
分厚い文庫本なのに夕方から読み始めて深夜まで読み、翌日起きたらすぐに読み始めその日の夕方に読み終わり、
「ああ、もうこの本を読み終わってしまうんだ…」とさみしい思いをしたのを覚えている。

119.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 14:50

小川一水の「第六大陸」
SF的な考証と登場人物達のプロ意識・情熱に感動した。

120.  Posted by      投稿日:2009年03月02日 15:00

十角館の殺人だな。ホントにすごい本だった。

121.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 15:01

全部アフィで気持ち悪い

122.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 15:04

>>米84
おまおれ

俺も白い巨塔に一票。
田宮版と唐沢版と映像作品見てから読んだけど一日で五巻読破した。

123.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 15:06

スティーブン・キングの「ミザリー」
もうこれ以上最悪な状態にならないだろ…と思ってたら更に最悪な状況になって、もう駄目だ…と思ってたら希望の光が見えて、でもそれも束の間また状況は悪くなって…。
続きが気になって本当に寝る間を惜しんで読んだ。

あと小野不由美の「屍鬼」藤崎竜が漫画化してるやつの原作。
一巻はなんの変哲もない小説。
むしろ物足りなさ過ぎてつまらないけど二巻からじわじわ面白くなってくる。

124.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 15:09

これはいいアフィスレですね

125.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 15:11

アフィワロタ

126.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 15:15

楡家の人々

127.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 15:19

岡島二人のクラインの壷
今までで一番熱中して読んだなー

128.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 15:23

何故伊坂幸太郎が出ないんだー

129.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 15:24

村上龍のコインロッカーベイビーズ

130.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 15:27

米77

本の趣味が全部一緒だ

131.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 15:30

フレデリック・フォーサイス 神の拳

132.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 15:33

アフィすげー気合い入ってんなw

>>26
禿同

133.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 15:44

氷と炎の歌と境界線上のホライゾン

134.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 15:48

アフィのボーナスステージだwwww

もしくアフィ経験値の稼ぎ場w

135.  Posted by      投稿日:2009年03月02日 15:57

辻仁成『白仏』
是非読んでほしい

136.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 16:00

せっかくだからここに出てるの買ってくかな

アフィは通らないけどな

137.  Posted by      投稿日:2009年03月02日 16:00

レイモンド・カーヴァー『大聖堂』

138.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 16:15

五木寛之「戒厳令の夜」
相当なトンデモ設定だけど、いったいどうなっちゃうのかと夢中になって読んだ

139.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 16:15

すべてがFになる

140.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 16:17

金森重樹 お金の味

141.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 16:20

吉川の三国志だな

142.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 16:35

舞城の「煙か土か食い物か」

143.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 16:57

十角館の殺人の衝撃は異常だった。

館シリーズ大好き。

144.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 17:07

北方水滸伝しかない

145.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 17:09

果てしなき流れの果てに、星を継ぐ者、
あがっていてとても嬉しい。
たいがいSFってふくらますだけふくらませて終わりがしょぼくて、
金返せって気分になるが、
この二冊はおぬぬめです。

146.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 17:10

ここまで「カラマーゾフの兄弟」が出てないなんて
文庫の新訳版がオススメ

147.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 17:13

割と最近のやつだが哲学的な〜シリーズの本良い
サイトもあるんだが同じ姿勢で読み続けるのかったるいから書籍版を買ったらこれがまた面白くて面白くて・・・
数学的な何かの方も面白かったけどサイモン・シンのを読んでるなら無理して読む必要は無いかも
というか参考文献に入ってたから内容が似てるかもね

148.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 17:14

京極夏彦「姑獲鳥の夏」
他のシリーズも極上だけどこれは群を抜いている

149.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 17:15

米澤穂信の小市民シリーズ

150.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 17:20

ポアロ登場は一気に読んだな

151.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 17:24

バトルロワイヤル

152.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 17:32

スレタイ読んで奥田英郎の「邪魔」思いついたけど
さっそく書かれてるっ!!
他にも色々あるけど、
あれ以上に手が離せなくなった本って無いかも。

153.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 17:33

スレタイ読んで奥田英郎の「邪魔」思いついたけど
さっそく書かれてるっ!!
他にも色々あるけど、
あれ以上に手が離せなくなった本って無いかも。

154.  Posted by     投稿日:2009年03月02日 17:38

���Υ������ȤϺ��������ޤ�����

155.  Posted by     投稿日:2009年03月02日 17:49

ヒギンズの「鷲は舞い降りた」だな。
シュタイナ中佐マジかっけええ。
読み返して、ノイマン?とか部下もキャラが立っててまたかっけええ。

そして映画版を見て、改悪具合に悶絶した。

156.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 17:54

「北壁の死闘」は今まで読んだ本で一番の勢いで読んだ気がする
本当に読んで損はない一冊

http://www.kanshin.com/keyword/891119

157.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 17:57

とりあえず岩波文庫の本挙げとけば知的に見えるよ。

そんなおれはスーパーダッシュ文庫の「戦う司書〜」シリーズ。

158.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 18:15

一気読みした本てあまりいい印象無いな〜
続きが気になって急いでしまい、感情移入できてないことが多い
しかも結末が好みじゃなかったら疲れがどっと出るしな
東野圭吾はコレが多い気がする・・・

でも村上春樹の『海辺のカフカ』は一気読みしたけど面白かったな
感情移入も出来た。一番じゃないけど・・・

159.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 18:18

ハイペリオン読む奴がハルヒ厨なんじゃなくて、
ハルヒの作者がハイペリオン厨、が正しいと思う。

160.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 18:24

『虚無への供物』をあげとくか。ブ厚いが止まらなかった。

161.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 18:25

マリア様がみてる
真田太平記
竜馬がゆく

シリーズものだとこのくらいだろうか。
読んで寝て起きて即読んでを繰り返して、マリみては三日かかったなぁ。
というか大抵の小説は一気読みするものだと思うんだが、違うのか…

162.  Posted by  774   投稿日:2009年03月02日 18:26

俺は

燃えよ剣
三好徹著の三国志かな

163.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 18:26

あと吉里吉里人。

164.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 18:32

星新一のショートショート全部

165.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 18:42

ボブ・ラングレー「北壁の死闘」
貴志佑介「クリムゾンの迷宮」・他
宮城谷昌光「孟嘗君」
スティーブン・ウッズ「警察署長」
司馬遼太郎「燃えよ剣」「坂の上の雲」
ラリー・ボンド「核弾頭ヴォーテックス」
ヴァル・マクダーミド「殺しの儀式」
福井敏晴「亡国のイージス」・他

ジェットコースターのように読者を飽きさせない作品が好きだ。

166.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 18:44

>>51の孤虫症は本当に食欲無くすからな!
文章だけでああまで体中嫌な感じになるのは凄いと思った

167.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 18:44

>>4はカントだろw

168.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 18:48

>>4
カントw
現代の日本人で、エミールを寝食の時間も惜しんで読もうとする奴は
ほとんどいないだろ・・・と予想

169.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 18:52

つーかハイペリオンって
アニメであっただけであって作者とは関係なくね

170.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 18:54

幻魔大戦だな

171.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 19:00

>>4
カント乙

他にも突っ込んでる人がいてほっとした。

172.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 19:01

消防の頃、漫画よりもルパンとホームズと怪人二十面相シリーズを読み漁ってたな
そして十数年経った今は漫画ばかり

173.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 19:06

ショーペンハウエル「読書について」

174.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 19:08

こういう時って、題名だけだとなかなか何も伝わんない気がする。

175.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 19:12

貴志祐介 の「クリムゾンの迷宮」

藤木はこの世のものとは思えない異様な光景のなかで目覚めた。視界一面を覆う、深紅色の奇岩の連なり。ここはどこだ?傍ら携帯用ゲーム機が、メッセージを映し出す。「火星の迷宮へようこそ。ゲームは開始された」

この人のは全部読んだけどこれが一番おもしろかった

176.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 19:15

>>26
 に出てた!
『奪取』はめちゃくちゃ面白いよー。

小説以外だと『暗号解読 / サイモン・シン』新潮文庫
が面白かった。
『フェルマーの最終定理』はまだ読んでないけど、ここであげられてるから気になるなー。今度図書館で借りて読む。

浅田次郎だと『蒼穹の昴』がどっぷりはまった。
『ぼくと1ルピーの神様』も読みたい。

あと、ここにあげられてない中だと
『オリガ・モリソヴナの反語法 / 米原万里』も一気に読んだ本。オススメ。

177.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 19:18

アフィ載せるの方も載せる方だけど
お前らもいちいち反応すんなよ、鬱陶しい

そこまで集中して本を読んだ覚えは余り無いが
バーティミアスなんかは連休真っ只中で暇すぎた、ってのも手伝って一気に読んだな
ちなみに最終巻は未だに読んでいない

178.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 19:21

十角館ってそんなに良かった?
なんとなく予想ができてたから驚かなかったけどなー。良くも悪くも先に「そして誰もいなくなった」読んでたのが良くなかったのかな。

自分は東野圭吾「秘密」。
高校受験直前に読んだのを今でも覚えてる。

179.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 19:27

真夜中のデッドリミットかな。

180.  Posted by  アフィクオリティ   投稿日:2009年03月02日 19:30

アフィ祭りじゃ

181.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 19:32

ネトゲつながりで読んだルーンの子供たちが結構面白かったな。

182.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 19:33

「蛇行する川のほとり」「ロミオとロミオは永遠に」「麦の海に沈む果実」恩田陸さん。
特に麦の海〜は朝までかけて読んだ記憶がw

183.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 19:37

我孫子武丸 「殺戮にいたる病」

184.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 19:50

ライ麦畑でつかまえて

185.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 19:53

>>※30

かなりの人が勘違いしているんだけど、“冲方”ね。

うぶかた とう。

186.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 20:05

神林長平著 七胴落とし
デイヴ ダンカン著 「力の言葉」シリーズ

187.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 20:07

一番ぶ厚い一気本はなんだろうかと考えたら『双頭の鷲』佐藤賢一だった。

188.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 20:08

初めて吉川英治の三国志を読んだときがそんな感じだったな。
すぐに次の巻を買いに走ったものだ。

189.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 20:09

ジュラシックパーク

クライトンもっと読みたかったなぁ…

190.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 20:13

こういうスレは気取り屋の集まりだからラノベとかは一切出てこないよな

191.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 20:14

井上ひさし「東京セブンローズ」
大学の課題で読んだんだけど
飯食う事も忘れて一気に読んだ。

192.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 20:17

いろいろあるけど、とりあえず平日の夜に
『エヴァ・ライカーの記憶』
を読みはじめてしまって、翌日会社へ行けなかった遠い日を思い出す。

復刊されたらしいので、一読おすすめ。

193.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 20:23

貴志祐介のクリムゾンの迷宮はラストが賛否両論だよなw
オレは好きなんだけどさ

194.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 20:27

吉川英治
新平家物語

195.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 20:29

十角館の殺人

196.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 20:37

そもそもそんな時間かかる本がねーな
SFとかドストか

197.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 20:39

マーク・トゥエインの「不思議な少年」。
死の直前の未完本。
読み終わった後に、

実はこっちが本物ですって言う、
マーク・トゥエインの「不思議な少年21号」。
を見つけて読んだ。。

198.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 20:42

宮城谷昌光の晏子
北方謙三の楊家将

199.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 20:45

森博嗣のS&Mシリーズ10作
京極夏彦の京極堂シリーズ
かな

200.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 20:49

カズオイシグロ「日の名残り」
映画も小説もいい。とにかく切ない。

201.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 20:50

絡新婦の理
文庫本なのに厚さ6センチ近いw
一気読みしたら腕が痛くなった
でも京極堂シリーズは面白いね

202.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 20:51

『インバータ電車制御概論』
電車が走る仕組みを逐一説明した良書
機械好きにはたまらんですよ。

203.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 20:51

スレにも挙がってたが、パール・バックの「大地」は本当にお奨め。
当時ガキで漫画や推理小説くらいしか読まなかった俺が
親戚に薦められて、普段絶対に読まないだろう図書館の「世界文学全集」の
棚から借りて読み出したら、マジ止まらない。一気に読んだ。
文句なしに面白い。

204.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 20:59

伊坂幸太郎 重力ピエロ 
映画化されて嬉しいようなもったいないような

205.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 21:01

amazonは管理人の趣味か?www

206.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 21:04

コメ100にもあったけど「ゴールデンボーイ」は
読んだあと夢に出るくらいのめりこんでたな
映画は見なくてもいいです

207.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 21:05

江森三国志
ただし覚悟が必要

208.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 21:05

....文学書やら哲学書なんぞ逆立ちしたって理解できないが

中学生の頃に、赤川次郎の小説は狂ったように読み漁ったなぁ...。

[三毛猫ホームズ][三姉妹探偵団][マザコン警部の事件簿]

あと、作者は忘れたが[双子探偵]にもハマッたわ。

209.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 21:14

シャナの最新刊

今回は燃えた。

210.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 21:14

重力ピエロ
姑獲鳥の夏
終戦のローレライ
驚愕の曠野
猫の地球儀
夏への扉
少年時代

211.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 21:21

結構読む本の分野偏ってるから、このページは永久保存させていただきます。

212.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 21:21

古川日出男 ベルカ、吠えないのか

213.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 21:21

うへぇ
皆さん、けっこう京極の師匠のことが好きなんですねぇ。

214.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 21:27

馳星周の夜光虫。ノワール小説では間違いなくトップクラス

215.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 21:28

今日から俺は!

216.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 21:32

罪と罰は小説読まない俺でさえ嵌まれる面白さだった

217.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 21:35

スシとニンジャ
 バカバカしいが終始笑って読める

218.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 21:35

米47アルジャーノンに花束をはおもしろいよね
夜中に読み終わった後にボーっとしてしまった

219.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 21:36

筒井康隆「家族八景」
薄かったしすらすら読めた
まだ生きてるのに死んだと思われて焼かれる話はトラウマ

220.  Posted by  SE   投稿日:2009年03月02日 21:37


伊藤元重著「経済学入門」

221.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 21:38


「英文法解説」

222.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 21:38

[アクセル・ワールド]..って、そんなに面白いのか?

223.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 21:49

先に恩田陸が上がってたけど「ねじの回転」も一気に読んだ。

中学生のときにアルスラーン戦記を友人が試験前にまとめて貸してくれた。
陰謀だと思った。

224.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 21:50

NHKスペシャルの本で、『マネー革命』は凄く面白くてためになるよ。

225.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 21:56

内海 文三「ハルビン・カフェ」
死んじゃって悲しい

226.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 22:04

中学の歴史の教科書が面白かったなw

[源平合戦][戦国時代][幕末][第二次大戦]は夢中になって読んだわ。

227.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 22:14

新・ゴーマニズム宣言

228.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 22:15

宮嶋茂樹の不肖シリーズ

229.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 22:16

スレタイ通りの意味なら
「バトル・ロワイアル」と「三億を護れ!」

230.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 22:18

厨房のとき、京極夏彦にはまったときは
朝から夜まで「鉄鼠」、夜から朝まで「絡新婦」みたいな感じだった。

あとは佐藤賢一の百年戦争もの。
「傭兵ピエール」とか読んでる途中、すごくワクワクした。

231.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 22:19

吉川英治の三国志だなあ。
子供の頃に三国志のゲームが流行ってたんで、
内容わからないから小説なんて読んだ事無かったのに手を出したら、
見事なまでにハマった。

232.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 22:20

米欄十角館多いな
十角館も衝撃的だったけど、館シリーズなら迷路館が一番好きだな

233.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 22:21

北方謙三さんと金庸さんの小説はだいたいそうだな。金庸さんのは読んでる
うちにむかむかしてくるけど。でも読んじゃう。おもしろい

234.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 22:22

コメントのほうが内容濃いとかwwww

235.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 22:23

こどちゃ

236.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 22:23

終わりのクロニクル最終巻。
今はもう無理だなーあの頃は若かった。

237.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 22:34

北方謙三の「三国志」が大好きだ。
呂布と馬超が出ているところは何度も読み返す。

「世界一短い○○への手紙」シリーズは読もうと思えば一気に読めるけど視界がぼやけて読めなくなるw
しんどいはずなのに嬉しそうなのなんでっていうのが印象に残ってるな。

238.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 22:39

すごい子供の時だったけど
15少年漂流記
冒険したくなった記憶がある

239.  Posted by     投稿日:2009年03月02日 22:51

村上春樹「海辺のカフカ」のナカタさん&星野さん編

240.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 22:55

買ってきたラノベは一気に読む



まぁ一気に読めるからこそのラノベなんだけどね

241.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 22:57

坂井三郎

大空のサムライ

めちゃめちゃ面白いよ。

242.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 22:58

迷路館は俺も館シリーズで一番好きだな

海外ミステリでいうと
ディクスン・カー「皇帝のかぎ煙草いれ」
バークリー「第二の銃声」
かな

243.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 22:59

マルドゥック・スクランブル/冲方丁
 次の日仕事だったのに三冊目に手が伸びるのを止められなかった
四季/森博嗣
 一気に手に入れたのが間違いの始まり
森博嗣はたいてい危険

244.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 23:04

石田衣良のブルータワーだろ

245.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 23:07

そして誰もいなくなった

246.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 23:08

何故みんな...[フランス書院]と声を大にして言わないんだ!?

247.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 23:08

・バトルロワイアル
・クリムゾンの迷宮
・化物語上下巻
・森博嗣のS&Mシリーズ10冊一気に

まさに寝食忘れて読んだ

248.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 23:10

「星を継ぐもの」があって超嬉しい
挙げた人とは一緒にうまい酒が飲めそうだ

そして>>66-67の痩せゆく男の流れに吹いたwwww

249.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 23:17

>>128
その名前がでてきて本当に良かった。彼の作品は1つとしてハズレが無い


最近だと”モダンタイムス”を丸一日かけて読んだ

250.  Posted by     投稿日:2009年03月02日 23:23

明日本屋に行こ

251.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 23:24

車輪の下は後半に入って止まらなくなった
ハンスのそれからが気になって気になって

252.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 23:28

一番寝食を忘れて読んだ本は、ミヒャエルエンデの「はてしない物語」だな。
夢見がちな小学生のときに手にとってさ、衝撃だった。
朝も昼も、本当に飯も食べず、家族に何を言われても聞く耳持たず、喉がカラカラになるまで集中して読んだよ。あんな読書体験もうないだろうな…

最近おもしれー!ってなったのは、恩田陸の「六番目の小夜子」
恩田陸の本で一番傑作だと思う

253.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 23:29

ミーハーかもだけど

「本屋大賞」に選ばれてる作品は基本的に面白いよ

254.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 23:33

な、何ですか
本をお薦めしてはならないというばっちゃの縛りを破る戦いですか
受験生が受験戦争後に楽しむつもりですか
戦っちゃいますよ
ぎ、銀英伝

255.  Posted by  かや   投稿日:2009年03月02日 23:37

殺Χ愛
がやばかったな。

256.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 23:38

2001年宇宙の旅 

257.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 23:40

椎名誠のSF三部作だな
「アド・バード」「水域」「武装島田倉庫」

258.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 23:41

みんな京極堂シリーズ好きだけど、『巷説百物語』も忘れないでくれよ
特に『続巷説百物語』がヤバい、京極夏彦の構成力に脱帽
『後〜』と『始〜』は蛇足っぽいけど、確かにこのシリーズはいくらでも読みたい

259.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 23:44

重松清「流星ワゴン」

260.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 23:45

貴志祐介好きが多くてうれしいのう。
しかし、皆クリムゾンんの迷宮を一番に上げるのか。
最初に読んだからなのかもしれんが、黒い家が一番印象深いなあ。

261.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 23:48

森博嗣「スカイ・クロラ」シリーズ

262.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 23:49

十二国記。
まさに寝食を忘れて読んだ。

263.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 23:51

文庫本1冊平均1時間かからないから
一気読みで普通なんだが…
睡眠時間裂くまでもないし

ただお気に入りというだけだったら
恩田陸「光の帝国」
小川洋子「博士の愛した数式」
浅田次郎「憑神」
ベタだがマジ泣きした。

264.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月02日 23:59

既出だけど伊坂幸太郎のゴールデンスランパー。
伏線の張り方がスバラシイ。読み返したくなる本。

265.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 00:01

出てないみたいなので、
夢枕獏の「神々の山嶺」。
マンガ版も良いです。

266.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 00:04

「クリムゾンの迷宮」「クラインの壷」「夜のピクニック」
「麦の海に沈む果実」とここらへんはみんなと一緒っぽいな

小川 一水「老ヴォールの惑星」その中でもギャルナフカの迷宮が好きだな

あと、中学生の時か「もうひとつの夏へ」というライトノベル上下
一気読みしたよ

267.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 00:06

「星を継ぐものは」は最初の数十ページで挫折する人が多い
中性微子物理学やら中間子力学やらワケワカランって
もったいない・・・と素直に思う

268.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 00:08

「エミール」に没頭するとかどんな奴だよ

269.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 00:10

森博嗣の四季、女王の百年密室
高村薫のリヴィエラを撃て
夢野久作のドグラ・マグラ
ル・グウィンのゲド戦記シリーズ

ハリポタも出るたびに徹夜してた気がする

>>15の前者だと「優雅なハリネズミ」
最近読んだけど、気に入った所に印つけて何回も読み返してる

270.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 00:11

「源氏物語」原文。
寝る間を惜しむと読めなくなるけど食事は殆ど絶ってた。
もう読書とかの領域じゃないかww

271.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 00:16

「夜のピクニック」はいいね

青春そのもの

272.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 00:25

「奪取」は面白かったなー。
「白夜行」も一気でした。
分厚いの一気って気持ちいいですよね。
小説じゃないけど、お薦めは
「昭和の劇―映画脚本家・笠原和夫」。
分厚い分厚い。

273.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 00:26

アフィ

274.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 00:27

高橋和巳「邪宗門」

275.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 00:29

タイトルで乞食アフィ記事余裕でした

276.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 00:33

平井和正の人狼戦線、
小松左京の復活の日、かな。

いささか古いが。

277.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 00:46

吉川三国志と北方三国志。流石に全部一気には無理だったけどね。
ウロボロスの偽書とドグラマグラも

278.  Posted by      投稿日:2009年03月03日 00:50

心霊探偵八雲

279.  Posted by     投稿日:2009年03月03日 00:50

こうゆうスレは米も参考になるから好きだ

280.  Posted by  ちゅん   投稿日:2009年03月03日 00:50

既出だが「十二国記」シリーズは何度も読んだな。
海外ファンタジーなら「魔法の国ザンス」シリーズか。7巻位までは相当面白かった。
SFなら「星を継ぐもの」にハマれるなら、シェフィールドの「マッカンドルー航宙記」。
クラークの「楽園の泉」や「宇宙のランデブー」もおすすめ。どれも古いな。
ミステリはゴダードの「千尋の闇」。
本川達雄の「ゾウの時間 ネズミの時間」や粂和彦の「時間の分子あっ書ききれない…

281.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 00:55

タイムトラベラーズワイフ
手が止まらなかった。今年アメリカで映画公開予定だけど
日本ではいつやるのかな、楽しみだ

282.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 00:57

ドストエフスキーや純文学上げてるやつは衒学趣味と言わざるを得ん
罪と罰は面白いから別だけどね

283.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 01:00

陽気なギャングで一確。上にあがってる伊坂作品もかなりおもしろいけど、なかでもこれはスピード感に溢れていると思う。奥田氏の真夜中のマーチも好きだな

284.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 01:08

>214
やっと馳星周出たと思ったら夜光虫か。
自分はダークムーンが傑作だと思う。

285.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 01:13

>>92
お前とはいい酒が飲めそうだ。

286.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 01:16

「汝ふたたび故郷へ帰れず」読みやすいけど内容も良い

287.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 01:19

茅田砂胡『デルフィニア戦記』だな
マイナーすぎるが

288.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 01:30

>>283
お前はよくわかってる

その続編「陽気なギャングの日々と襲撃」もそれぞれの個性と
最後のどんでん返しが秀逸

289.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 01:38

星を継ぐものをかなり前に読んだきり小説読んでなかったな
このスレのどれか適当に選んで読んでみるか・・・

290.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 02:10

金城一紀の「レボリューションNO.3」
中学生のとき一気に読んだな。アギーに抱かれたくなった。

291.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 02:11

不肖宮島こと宮島茂樹カメラマンだな
あれほど笑って読み続けた本は未だかつてないw
サマワのいちばん暑い日なんかは感涙に伏す場面もあったし修羅場を潜る人間の凄味を感じたよ

292.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 02:14

>>288
でも二作目はなんか話の先読めない?
一作目はあれもこれも伏線だって知らないで読むから、
どんどん回収してって面白かったけど。
二作目はそういった伏線の張り方するのを知ってる分、面白さが目減りした感じ。

293.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 02:47

か、空の境界
こころに7時間もかからんだろー

294.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 02:50

ラノベって読みたい時とどうでもいい時があるなあ

TRPGリプレイだと一騎読み多いぜ
ダブルクロスは特に多い・・・ルールは難しい方なのに

295.  Posted by  携帯乙   投稿日:2009年03月03日 03:03

>>4 カントwwwwwwww

296.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 03:42

「半分の月がのぼる空」は寝る間も惜しんで読んだ
単純に量が多いしw 3巻読み終えて寝るとか絶対無理

あと小説じゃないけど
星野道夫の「イニュニック [生命]?アラスカの原野を旅する」
も夜通し読んだな
何となく読み始めて一気に引き込まれてしまった

297.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 04:28

十二国記は一気に読んだなぁ。若くて時間いっぱいあったのもあるけど。
やっぱり独特の世界がその中にある作品は間あけて読むよりも一気に浸ると気持ちいい

298.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 05:26

米>>28「屍鬼」な。
1巻だけ友達に借りてその夜にブックオフに続き買いに走った。

299.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 06:35

指輪物語

探して探して市内の図書館歩き回って
隣りの市へ遠征を計画していたら
ガッコから三分の図書館分室に全巻揃っていたというww


授業をスカトして読みふけって
3限と4限の休憩に抜け出して新しいの借りてきて
5限と6限の間に新しいのと交換しにいったら
司書のおばさんがヘンな顔してた


ロードス戦記もスレイヤーズもなかった頃の話

300.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 06:42

俺も「十二国記」と「屍鬼」は睡眠時間泥棒された。
一気型の本て、常に読みたくて時間確保ばっかり考えてるから、生活がその本中心に回ってる気がするな。
そんで読み終わって本に解放されるとちょっと喪失感があるんだよ(・ω・`)

301.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 06:49

最近だがブラッドアローンは一気に読んだな…

302.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 06:57

町田康の『告白』
ファミレスで夜を明かしながら読み耽った

303.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 07:03

>59 無名草子さん 2009/02/27(金) 23:49:53
>星を継ぐもの

Zガンダムだと思った俺は誰に謝れば良い?

304.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 09:01

スティーブン・アンブローズ
「ハンド・オブ・ブラザース」
今でも読んでる。そしてビデオも見る。
やはり本のがおもしろいと確認する。

305.  Posted by     投稿日:2009年03月03日 09:29

戯言シリーズは一気に読んだな
漫画しか読んだことなかったから、こんなに一気に読める小説があるのかと驚いたわ

306.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 10:29

京極堂シリーズ

307.  Posted by  艦長   投稿日:2009年03月03日 10:51

既出でしたらごめんなさい。
藤原伊織氏の作品はお薦めです。
「テロリストのパラソル」「てのひらの闇」など

308.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 11:36

>21

池波正太郎が亡くなって未完の部分を読みたくなくて、
鬼平は21巻くらいまでしか読めないんだよな・・・

309.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 11:38

あるぇー、太宰は挙がってないのか。
じゃあベタだけど…『斜陽』。中二病やべぇ。でも好き!
カフカの『変身』も良かったな。短いけど読了後のナンジャコリャ感がたまらない。
あとは芹沢光治良。長過ぎてとても一気に読める代物じゃないけど。

310.  Posted by     投稿日:2009年03月03日 12:10

学校卒業してしばらく暇なので参考にさせて頂きます

311.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 12:32

本ごときで侵食を忘れるなんてのはありえない。
テレビ然り、ゲーム然り。

312.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 12:37

シドニィ・シェルダンの『ゲームの達人』
侵食忘れるよ!

313.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 12:47

シドニィ・シェルダン書こうとしたら真上にっ

『真夜中は別の顔』

っていうか、シドニィ・シェルダンは天才であると思う。
外れがないです。

314.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 13:49

十五少年漂流記とはてしない物語は小4ぐらいに一気読みした。
この2冊が本を読むようになったきっかけ。
今は金の都合で一気読みはしないようにしてる。

続きが気になって仕方がなかったのは
・ブルータワー 石田衣良
・ネクロポリス 恩田陸
とか。
最近あっちの小説にも興味がわいて
E・ブロンテの「嵐が丘」読んでみたら面白くて脱糞した。

315.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 13:56

恩田陸
麦の海に沈む果実

私は最後があんまり納得はできないけど
寝食は忘れて読み続けた

316.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 14:10

アフィwwこれはアウト

317.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 15:10

貴志祐介は好きだけど、「新世界より」はぶっちゃけつまんなかった

318.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 16:13

>4
カントさん何してはるんですか

319.  Posted by     投稿日:2009年03月03日 16:13

ヘッセのデミアンかな

320.  Posted by  ^^   投稿日:2009年03月03日 16:14

・平山夢明
・帚木蓬生
・フランクル『夜と霧』
…ツツイに関しては言うまでもない、自明の事。

321.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 16:21

十角館が好きな人は
米澤穂信の「インシテミル」おすすめ

322.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 16:48

上橋菜穂子「精霊の守り人」シリーズ

323.  Posted by  激愛   投稿日:2009年03月03日 17:59

著畑正憲の『ムツゴロウの青春記』

324.  Posted by  激愛   投稿日:2009年03月03日 18:04

チャダレー夫人の恋人

冷静と情熱のあいだ

馬敗れて草原あり

ダディ

我が闘争


コメント宜しく

325.  Posted by  名無し   投稿日:2009年03月03日 18:06

小学生の時に読む古典推理小説の面白さは異常
江戸川乱歩、コナン・ドイル、エラリー・クイーン…
学校の図書室にあった分を全て読破した奴は自分の他にも絶対いる筈

326.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 18:09

アフィ歓喜

327.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 18:50

船乗りクプクプの冒険

328.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 18:56

湘南人肉医

329.  Posted by  _   投稿日:2009年03月03日 19:27

お、E.ブロンテの「嵐が丘」が挙がってるw
個人的には姉のC.ブロンテが書いた「ジェーン・エア」も結構好きだ。

M.エンデ「モモ」
G.A.エフィンジャー「重力が衰えるとき」
W.ゴールディング「蠅の王」
J.ケッチャム「隣の家の少女」

あたりが好きだったな。

330.  Posted by     投稿日:2009年03月03日 19:31

文芸部しかいないのな

331.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 19:38

どうしてウンベルト・エーコの「薔薇の名前」がないの?

332.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 20:10

筒井康隆はほぼ全部
森博嗣ほぼ全部
貴志祐介 黒い家、青の炎
遠藤周作 沈黙
宮部みゆき 蒲生邸事件
京極夏彦ほぼ全部
ヴェルヌ 海底二万海里
著者忘れ 墜落遺体

その他もろのろ

厨2まで本読んだ時がなかった。筒井がいなかったら
漫画ばっか読んでただろう。

333.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 20:13

ガダラの豚 らも
タイタンの妖女 ヴォネガット
皆月 花村満月
一気に読んだといえばこのへん
でもチビチビ読みたい名作ってのもあるけどね

334.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 20:14

もろのろてw酔ってるとうまくうてんわ

335.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 20:17

蠅の王
魔法使いが落ちてきた夏
悪童日記
猫の地球儀
ダヴィンチコード

あと、13っていう数字がタイトルにやたらと付いてた外国のファンタジー

336.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 20:36

スティーブンキングのITはラストがひどい

337.  Posted by  ^^   投稿日:2009年03月03日 20:38

>もろのろ氏
まだ見てるかな?
なんか気が合いそうだなw
自分は遠藤周作なら『海と毒薬』かな。

338.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 21:21

砂の狩人
ザ・ジョーカー
魔女の笑窪

最近のだと

桃山ビート・トライブ

339.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 22:56

NIGHT HEADは小学生の時に読んですっごく感動して、ずっとずっと、何回も何回も読んでた。少ない小遣いで全巻揃えた。
この作品に会えて本当によかったと思ってる。未だに、初めてこの本を読んだ時の衝撃と同じものを与えてくれる小説に会った事がない。

340.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 23:14

影武者徳川家康 何度読み返したかわからん

341.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 23:33

辻村深月「冷たい校舎の時は止まる」
ランゴリアーズのように異空間に閉じこめられるっていう設定が凄い。
あの自殺した生徒は誰だったのかってのが気になって気になって
寝るに寝れず、平日だってのに上下巻を完徹して読んでしまった。
あとは「凍りのくじら」「子供達は夜と遊ぶ」オススメ

342.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 23:41

屍鬼のせいで学校二日休んだ思い出が・・
いい本だった。

343.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 23:45

桜庭一樹…赤朽葉家の伝説
大学受験近くに夜を徹して読んでしまった。

344.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 23:46

>26
真保裕一「奪取」は確かに面白い。
この作者はいろんなジャンルに手を出してるけど
これが一番面白い。

あとは横山秀夫かな。

345.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月03日 23:53

平野のロマンティック三部作は全部一気に読んじゃったわ

346.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月04日 00:01

小野不由美の一気に読ませるっぷりは異常
屍鬼と十二国記、再読することはあまりないけど
話の内容は一生覚えてると思う

347.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月04日 00:03

高橋直樹の「黒い風雲児」だなぁ・・・。
メジャーどころの戦国大名ではまず見れない、泥臭い弱肉強食が良い。

348.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月04日 00:16

岡嶋二人「クラインの壷」
西澤保彦「七回死んだ男」「人格転移の殺人」
上橋菜穂子「狐笛のかなた」
薬丸岳「天使のナイフ」
エラリー・クイーン「Xの悲劇」「Yの悲劇」

でもマジで寝食忘れたのはイリヤの空、UFOの夏くらい

349.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月04日 01:40

亡国のイージスと終戦のローレライだな
あとは機動戦士ガンダムUCくらい

350.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月04日 02:17

奪取
四季 夏・秋
そして二人だけになった
クリムゾンの迷宮
新世界より
狂骨の夢
容疑者Xの献身
どちらかが彼女を殺した

351.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月04日 04:29

浅田次郎 シェラザード
北方謙三 血涙

352.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月04日 07:44

悼む人

353.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月04日 08:36

司馬遼太郎の北斗の人
竜馬がゆくを読んだ後だったから余計にってのもあるが

354.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月04日 13:50

内田康夫 後鳥羽伝説殺人事件
タイムマシン H.G. ウェルズ

355.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月04日 15:40

クリムゾンの迷宮がかなり挙がってて嬉しい。
俺もこれは昼休憩に借りて5、6時間目、放課後とかけて一気に読んだ。
本当に面白かった。
同作者の天使の囀りと黒い家も面白かったー

ハイペリオン面白そう

356.  Posted by  にゃご   投稿日:2009年03月04日 18:20

金庸出てて良かった。
「連城訣」「射チョウ英雄傳」「神チョウ侠侶」(チョウは周+鳥)
は、次の展開が気になって仕方なく、止まらなかったです。中毒になります。カンフー好きな方は是非…

357.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月04日 18:56

森絵都「つきのふね」

358.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月04日 20:32

ノーライフキング いとうせいこう

忘れもしない
17年前、小学5年の自分に夏休みの読書感想文にどうだと
ゲームの師匠だった叔父に薦められて読んだ。

あの当時にコレを読めたことを今でも叔父に感謝する。

359.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月04日 21:44

瀬尾まいこで「天国はまだ遠く」
薄い本だから気軽にさっと読み終えた

田舎に一週間ぐらい旅行に行きたくなるいい本だ

360.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月04日 22:30

「南総里見八犬伝」
 中学校の図書室から借りて、一晩で読み終えた
 唯一の本

361.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月05日 01:09

Fate stay nightが文学だとしたら、
徹夜しても読み通す一冊と言えなくもない。

362.  Posted by      投稿日:2009年03月05日 14:24

ハリポタは?映画は糞だけど原作はスゲー良いと思ったんだけど

363.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月05日 15:37

高村薫「リヴィエラを撃て」
浅田次郎「蒼穹の昴」
ジョージRRマーティン「氷と炎の歌」
島田荘司「暗闇坂の人食いの木」
宮本輝「優駿」

364.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月05日 17:04


ロバート・A・ハインライン 愛に時間を

佐藤大輔 地球連邦の興亡 1〜4
豪屋大介 A君(17)の戦争 1〜9

365.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月06日 08:23

川上稔の都市シリーズに続いて終わりのクロニクル全巻まとめて読破した。
挿絵の使い方が上手く、演出で盛り上がり、最後の締めの一枚絵でやられるパターンが多かった。
まさにむさぼるように読んでしまった。

あと京極夏彦のシリーズ全部かな。
分厚さに見合った面白さを感じられたからすごく満足できたな。

366.  Posted by  かや   投稿日:2009年03月06日 09:47

殺Χ愛


がヤバい。

367.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月06日 12:27

ミーハー丸出しだがバトルロワイヤルだな
7時間かけて一気読みした。666ページで終わってるところでワロタ

368.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月06日 13:24

涼宮ハルヒシリーズ。
レギオンシリーズ。
アリソンシリーズ。

369.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月06日 13:25

涼宮ハルヒシリーズ。
レギオンシリーズ。
アリソンシリーズ。

370.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月06日 17:11

北方水滸伝と三国志はすごいスピードで読んだの覚えてるな〜

371.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月06日 17:27

狼と香辛料はないですか…そうですか…

372.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月07日 01:51

車輪の下
何度も読む

373.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月07日 11:12

「幸福な食卓」は原作・映画ともに良作

374.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月07日 15:07

なんだよ。関心してリンク開いたらラノベっぽいファンタシー物ばっかじゃねえか。

375.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月07日 18:53

エミール吹いた

376.  Posted by      投稿日:2009年03月08日 04:55

伊坂出てたか
俺は1作目がオススメ(作品名忘れた)

あとは山岡荘八の伊達政宗、大河になったが原作もすげー面白い。
池波正太郎の真田太平記も同意

あとは博士の愛した数式、映画見たあとに読んだのに面白かった。数学勉強したくなる。

377.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月08日 17:01

おれ……なんかほっとしたよ
電撃文庫とか富士見F文庫とか出てくるのかと思った
ちょっと詫びとく スマナカッタ

途中にあるゼロの使い魔に関しては唾棄すべき所だが

378.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月08日 23:51

星を継ぐもの
だけは、一度読む価値がめちゃめちゃある。

続編シリーズは・・・どうだろう。
読んだあと後悔するひとのほうが多いのかな?

たぶん読まない方がいいと思うけど、
あれはあれで別の魅力もある(むずかしい)。

今何も知らずにもう一度時間が戻るとしたら、
第一巻目だけよんでやめておけって忠告するかな。

つまらないとかじゃなくて、
方向性が違いすぎるから。

379.  Posted by  ちゃ   投稿日:2009年03月09日 00:22

「星を継ぐもの」大人気だねぇ。
ハードSFの中でも屈指の面白さだよね。
この辺が好きな人なら
デイビッド・ブリンの「知性化戦争」もオススメ。
古いけど…。

380.  Posted by  とほほ図書館   投稿日:2009年03月09日 02:12

岡嶋二人のダレカガナカニイル…に1票。

381.  Posted by     投稿日:2009年03月10日 16:02

社会人になってからもう一回よんでも森絵都のカラフルは面白かったな。
本は子供も大人も関係ない

382.  Posted by     投稿日:2009年03月11日 11:13

クラバート

383.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月13日 11:27

文学少女シリーズ。
アルジャーノンに花束を。

384.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月14日 20:37

ってか小説読み出すと寝る前に全部読んでしまう

385.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月14日 20:40

クラバートはファンタジーの最高峰だと思う。
他にはゲド戦記のアースシーの風かな

386.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月17日 22:56

モンテクリスト伯が出ていないとな

387.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月18日 20:35

ライトノベルだけど「猫の地球儀」は?
無性に泣けます

388.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月20日 15:54

北方謙三ってバカにしてる人多いと思うけど
すごいストーリーテラーだって最近ようやく気付いた
外国語に翻訳すれば正当な評価が受けられるような気がする

389.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年03月30日 09:27

バトルロワイヤル
最初に読んだときは衝撃だったなあ

390.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年04月11日 04:00

あえてSFのハイペリオンで喩えるけど、エンディミオンを含めて、上巻を読んでしまえば後は一気だな。
SFや推理小説、ラノベの類いは厖大な設定があって、それをまづ脳味噌にインスコ。これは苦行のよう。
インスコ後はDSのダウンロード式ゲームとは比較にならない速度で頁を繰ることができる。
あと、海外の本の場合は特にあれなラスコーリニコフだとか、憶えにくいこの人物名を把握するのがたいへん。

登場人物や厖大な設定で人を沸かせる類型は一気読みがデフォ。
設定は寡少なれど、ゆっくりとした心理・情景描寫による、文筆で表現したい事これを味はふを要するはじっくり耽りて熟讀すべし。
よーするに、文學がノンビリ、文藝が一気、って傾向がある稀ガス。
文藝は愉しむものだから、ガッツクのは当然だろうさ。

391.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年04月19日 06:13

東野圭吾は書き方が自分にあってるのかいつも一気読みだなぁ

392.  Posted by  名無しクオリティ 俺様   投稿日:2009年05月03日 12:19

東野圭吾だったら手紙が好きかな

393.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年06月28日 21:54

アガサ・クリスティの
「そして誰もいなくなった」

394.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年07月08日 19:30

あがってないので
「グレイブディッガー」「13階段」
「幽霊人命救助隊」
高野和明

395.  Posted by  からす   投稿日:2009年10月03日 08:49

既出だけど、

小野不由美の一二国記。
田中芳樹の銀英。

世界観とストーリーは圧巻。とくに銀英。本編の一〇巻を一日で読んで瞼が出目金のように腫れた…。当時高校生、その顔でまじめに学校に行って周囲からドン引きされた。

テンポで茅田砂胡。勢いで読めるから新書なのに一時間弱で読める。

396.  Posted by  テレビ電話を使ってみる   投稿日:2011年12月04日 19:54

$QHw$a_n, heartdesire.org/sp, テレビ電話を使ってみる, http://heartdesire.org/sp/?p=37

397.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年01月29日 18:15

イ・ヨンドの
「ドラゴンラージャ」

一人称視点の文章はものすごく引き込まれて、辞められなくなる。
登場人物も好きなヤツばっかで、嫌いなキャラが全くいない。
全12巻だが、3周読んだ。

398.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年09月13日 11:18

せっかくだから誰も挙げてないのをあげておこう。

車谷長吉 赤目四十八瀧心中未遂
大阪底辺町の異様に生々しい世界観に一気に引き込まれる。
兎の目とか地下室の手記が好きな人におすすめ。

ドストエフスキー 賭博者
ギャンブルで破滅する人びとの話。
追い詰められた作者が一週間で書き上げただけあって破滅に至るまでのスピード感がすごい。

飴村行 粘膜人間
戦時中が舞台だと思って読み進めていくとどんどんおかしくなっていく。
丸尾末広とゲームのSIRENが混じったような世界観。

コメントの投稿