おまいら何回も読んでる本てありますか



おまいら何回も読んでる本てありますか

1 この名無しがすごい!2007/04/23(月) 20:55:12 ID:t8MZICeq
俺は、ジョンアーヴィングの「ホテルニューハンプシャー」なんだけど


2 この名無しがすごい!2007/04/23(月) 21:03:04 ID:ezYYvAtY
海底二万海里(福音館書店版)は3冊ほど買い直したっけ。
カテゴリーは児童書だけど、面白い物は面白い。

5 シュガー魔女ルクテル ◆AP3BmdUsvw 2007/04/23(月) 22:54:00 ID:OGYMQ0gx
一回読んだらそれっきりがほとんどですね…
6 この名無しがすごい!2007/04/24(火) 16:49:55 ID:Ydyi0WZG

8 この名無しがすごい!2007/04/24(火) 21:49:22 ID:Ym1Gw+x3
>>6
いいね。俺も姉の本棚から借りてよく読んでた

10 この名無しがすごい!2007/04/25(水) 18:16:02 ID:iMJo5azw
>>8
私はあのお話を読んで、せいたかさんみたいな視野の広い人間になりたいと思いました^^
なれてるんでしょうか。なれるといいな。。

11 この名無しがすごい!2007/04/25(水) 22:44:57 ID:8LEURQQD
太宰治の人間失格を鬱になる度読みまくってる

12 この名無しがすごい!2007/04/27(金) 21:52:48 ID:Ha+wbVTg
太宰の短編と遠藤周作の沈黙は何回も読んでるな。

14 この名無しがすごい!2007/04/28(土) 11:28:21 ID:sq6OhAzZ

15 この名無しがすごい!2007/04/28(土) 11:48:05 ID:dkuSNYF4
>>14
読み終わって売って、また買う
それ3回繰り返した

16 この名無しがすごい!2007/04/30(月) 05:25:34 ID:EePPXm4b
ドラクエの小説は何回も何回も読み返したな
特に1。小学生の頃から思い出した時に読み返してる。

18 この名無しがすごい!2007/05/04(金) 23:01:03 ID:Pg4ZaU/t
アルジャーノンに花束を

19 この名無しがすごい!2007/05/06(日) 23:12:19 ID:LrH4H3RA
模倣犯
』と『カラマーゾフの三兄弟』
この二作はページ外れる程読み返したな

20 この名無しがすごい!2007/05/07(月) 07:28:30 ID:+it7J/ci
羊たちの沈黙

文章かっこよすぎる

21 この名無しがすごい!2007/05/10(木) 12:03:30 ID:bIgtqcV8
原田宗典「平成トムソーヤー」
かなり前に漫画になったっぽい話聞いたのを今思い出した。
検索かけるかな

22 この名無しがすごい!2007/05/11(金) 15:12:15 ID:OljMNhGO
川上健一『翼はいつまでも』
できすぎた話なんだけど泣ける

翼はいつまでも (集英社文庫)


23 この名無しがすごい!2007/05/11(金) 19:33:25 ID:F6PaVvSG
沢木耕太郎「深夜特急」
ケン・グリムウッド「リプレイ」

27 この名無しがすごい!2007/05/12(土) 08:49:07 ID:kkVJmj0N
リアル鬼ごっこ
リアル鬼ごっこ (幻冬舎文庫)


30 この名無しがすごい!2007/05/15(火) 03:36:09 ID:LneVTIwy
はじめの一歩

31 この名無しがすごい!2007/05/15(火) 09:57:49 ID:uuc1mvfC
黒犬獣「oasis」

32 この名無しがすごい!2007/05/19(土) 16:55:54 ID:nJCzY5fL
福井晴敏『月に繭 地には果実』
ターンAのノベライズだが隠れた名作だと思う

月に繭 地には果実〈上〉 (幻冬舎文庫)



33 この名無しがすごい!2007/05/19(土) 21:51:33 ID:CYqMnKV0
村上春樹の初期三部作ならかなり読んでる。

36 この名無しがすごい!2007/05/22(火) 07:35:18 ID:MSmS5E0U
マルキ・ド・サド「美徳の不幸」
ねーちゃんの話(「悪徳の栄え」)より
妹の話のほうがクるわw

37 この名無しがすごい!2007/05/22(火) 22:54:10 ID:TRcccKsR
定番だが「燃えよ剣」
燃えよ剣 (上巻)


38 この名無しがすごい!2007/05/22(火) 22:56:31 ID:P79eeNXN
十二国記はもう15回は読んだかな。そろそろ新刊を・・・

42 この名無しがすごい!2007/05/26(土) 07:20:25 ID:bXK5yRWy
東京タワーは名作
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~


45 この名無しがすごい!2007/05/28(月) 23:44:21 ID:GY/+te3m
アンマキャフリィの「竜の戦士」

47 津島囚人2007/05/31(木) 17:33:43 ID:8tSlcyZy
やはり、サリンジャーかな!?村上春樹版もよかったたす。
ドグラマグラ8年腰で、やっと読破!←ソノマエニ三浦綾子氷点続氷点の勢いにまかせ。

52 この名無しがすごい!2007/06/03(日) 21:20:42 ID:/gBsKVXO
姫野カオルコの『ツ、イ、ラ、ク』

53 この名無しがすごい!2007/06/03(日) 21:35:35 ID:YyeMS+Qa
森見登美彦
夜は短し 歩けよ乙女

54 この名無しがすごい!2007/06/04(月) 23:26:42 ID:BznnaUI6
現実逃避したいときに
鈴木公司の「楽園」を何度も何度も読んだ。
あと椎名誠の「アド・バード」
この二冊は人生のヘビーローテーションだw
そんなに傑作とも思ってないんだけどな。

55 この名無しがすごい!2007/06/05(火) 01:18:10 ID:kso5eU0t
吉本ばなな(今はひらがなかな)の「TUGUMI」。
何度読んでも飽きない。

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)
吉本 ばなな
中央公論社 (1992/03)
売り上げランキング: 41032
おすすめ度の平均: 4.5
5 きれいな小説だな、と思いました。
5 魅力的な主人公・つぐみ
4



58 この名無しがすごい!2007/06/07(木) 11:57:23 ID:bC++kmHC
村上 龍のコインロッカー・ベイビーズ
コインロッカー・ベイビーズ (上)


ストレスが溜まったら読む

59 この名無しがすごい!2007/06/08(金) 09:26:28 ID:TyzuCcgX
若草物語


妊娠した友達にもプレゼントする
家庭とは、子育てとは、って考えさせられる


60 この名無しがすごい!2007/06/10(日) 10:22:43 ID:vJwpHRC4
毎年夏になるとイリヤの空を読むですね
そのたびノスタルジックな感傷に浸るです

イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)


62 この名無しがすごい!2007/06/14(木) 02:06:38 ID:HfIVniOV
『ダンス・ダンス・ダンス』
完成度から言えば『羊をめぐる冒険』の方が上だと思うんだけど、なぜか読み返してしまう。

井上靖の『北の海』も楽しい。

63 この名無しがすごい!2007/06/14(木) 02:57:32 ID:Qp1tWRDQ
「イリュージョン」リチャードバック著 村上龍訳

64 この名無しがすごい!2007/06/14(木) 03:08:52 ID:eCC5RiCC
>>63
あーおれも同じ
最初の翻訳の単行本が高校生の頃に出たんだけど
それ以来ず〜っと何年置きかに読み続けてる
たしか去年くらいに新訳が出てたよね

67 この名無しがすごい!2007/06/14(木) 23:48:56 ID:QcWB86BB
星の王子様。心の洗濯です。
青春の門筑豊篇。バイブルです。

71 この名無しがすごい!2007/06/20(水) 02:44:26 ID:dI2NaXDO
川端康成『山の音』
斎藤敦夫『冒険者たち』
D・アダムズ『銀河ヒッチハイクガイド』(新潮社版)
            ホントはあんま同じ本何度も読まないんだけどね。読むの遅いし。
でも、この3冊は手に取るとすぐ読み耽ってしまうなあ。
我ながらジャンルバラバラだけど。

73 この名無しがすごい!2007/06/20(水) 22:23:52 ID:Y81fONbF
村上龍の『愛と幻想のファシズム』サイコー
愛と幻想のファシズム〈上〉 (講談社文庫)


74 この名無しがすごい!2007/06/21(木) 23:04:01 ID:vT0K+WoT
>>73

村上龍の
「愛と幻想のファシズム」
「希望の国のエクソダス」
「半島を出よ」

にたようなものだな。


72 この名無しがすごい!2007/06/20(水) 17:06:28 ID:Pd+S1ZuD
車輪の下がええな
車輪の下


76 この名無しがすごい!2007/06/24(日) 02:17:21 ID:YyUwwmw7
>>72に同意。
10歳の時から毎年自己確認のために読んでる。
もう10年か…

78 この名無しがすごい!2007/06/25(月) 20:00:48 ID:FVrHpRCQ
夏目漱石のこころ、夢十夜は年に一、二回は読む。

79 この名無しがすごい!2007/07/01(日) 17:39:24 ID:FkkWJUPT
梨木香歩の『村田エフェンディ滞土録』
舞城王太郎『好き好き大好き超愛してる』
舞城の表紙って買い辛いの多い気がするんだけど俺だけかな。

80 この名無しがすごい!2007/07/01(日) 19:23:34 ID:eIv0AGyE
あー、わかるなソレ…。
酒見賢一の『後宮小説』。しかし最近は読んでないな…。

82 この名無しがすごい!2007/07/06(金) 10:56:22 ID:qMhaNFEQ
北の海 井上靖
蒼穹の昴 浅田次郎
蜂蜜パイ(書き下ろし作品) 村上春樹

ありきたりでごめん。

85 この名無しがすごい!2007/07/09(月) 01:46:45 ID:t9r9nGh0
長野まゆみ「夜鳴く鳥は夢を見た」

86 この名無しがすごい!2007/07/09(月) 14:28:23 ID:N8LOd+yp
サリンジャー『フラニーとゾーイ』
夏目漱石『それから』
今までも年に何回か読んでたけど、就活中は馬鹿みたいに繰り返したw
それから


87 この名無しがすごい!2007/07/10(火) 01:30:49 ID:Jd3l0aL9
サリンジャーはどれも何回も繰り返して読んでるけど、それを人前で言うのは恥ずかしい。
銀英伝もやたら何回も読んでる。
あと『ハリスおばさんパリに行く』

90 この名無しがすごい!2007/07/14(土) 00:16:57 ID:ZZl4GEoR
村上龍の「五分後の世界」
伊坂幸太郎の「重力ピエロ」
司馬遼太郎の「燃えよ剣」
デールカーネギーの「道は開ける」

五分後の世界 (幻冬舎文庫)


この四冊は読んだ回数はふた桁はイットリウム。

95 この名無しがすごい!2007/07/18(水) 03:32:57 ID:ZbbpeFTt
「娼年」

小指を折って真っ白になれるなんて羨ましい。どんなにか素晴らしい快感なんだろう。

96 この名無しがすごい!2007/07/21(土) 07:34:01 ID:CrJKijKq
星新一のショートショート全般。あの独特な世界観は、いつ読んでも新鮮さを味わえる。

97 この名無しがすごい!2007/07/22(日) 16:37:41 ID:8bqHxN/G
大槻ケンヂ「グミ・チョコレート・パイン」グミ編
ゲッツ板谷「タイ怪人紀行」

前者は読む度に「もうちょっと生きてみるか」って思える。
後者は読む度に「あ〜・・・またタイに行きてーな」って思う。

98 この名無しがすごい!2007/07/22(日) 19:43:54 ID:eoAOEf9D
村上龍『コインロッカーベイビーズ』
筒井康隆『時をかける少女』

時をかける少女 〈新装版〉 (角川文庫)


「読む」楽しさを知った小説。

100 この名無しがすごい!2007/07/23(月) 16:38:20 ID:D0U8maJW
原田宗典「平成トム・ソーヤー」
「戦線スパイクヒルズ」ってタイトルで漫画化されてから何となく読むように。

平成トム・ソーヤー (集英社文庫)



101 この名無しがすごい!2007/07/23(月) 21:46:01 ID:x7D4+bIO
歌野晶午の「放浪探偵と七つの殺人」
どの短編もわりと出来が良いせいか読んでしばらくするとまた読んでしまう。
ミステリは普通一回きりしか読まないんだけどな…

あと、なぜかカフカの「変身」は何度も読んだ記憶がある。

103 この名無しがすごい!2007/07/28(土) 03:32:47 ID:oO5CQwH0
村上春樹
「国境の南、太陽の西」(特に前半)

村上龍
「イビサ」「ストレンジデイズ」

104 この名無しがすごい!2007/07/28(土) 17:10:31 ID:lnMQpZyI
村上春樹「スプートニクの恋人」

スプートニクの恋人 (講談社文庫)


109 この名無しがすごい!2007/08/18(土) 13:37:13 ID:dvZZHVq8
加納朋子
「ガラスの麒麟」「掌の中の小鳥」

111 この名無しがすごい!2007/08/26(日) 06:57:17 ID:vJh4Y52z
キーツ
バイロン
ボードレール
田村隆一

詩集。小説なんて糞。何回も読める代物なんてない。


114 この名無しがすごい!2007/08/26(日) 18:20:35 ID:HEgNPBEA
小野不由美の「十二国記シリーズ」と星新一の「ようこそ地球さん」

119 この名無しがすごい!2007/08/30(木) 10:22:25 ID:XwMAvXrt
人間失格
檸檬
スタンド・バイ・ミー
グミ・チョコレート・パイン

どう見ても中二

120 この名無しがすごい!2007/08/31(金) 01:44:43 ID:toXrynDi
>>119
それでも何度か読んでるんだろ?
斜め読みしてわかった気になるのが真の中二病者かと


ル=グウィンの本をよく読み返す
映画化騒動に巻き込まれてうんざり

123 この名無しがすごい!2007/09/03(月) 19:23:41 ID:spE/fkAA
兵士シュベイクの冒険 世界の牧歌的な残酷さとでもいうべき手触りがよいのです。
翻訳もぴったり。


124 この名無しがすごい!2007/09/04(火) 13:42:15 ID:NpMkvxQu
筒井康隆「笑うな」 初めて読んだ筒井。衝撃だった。
中島らも「アマニタ・パンセリナ」 この人のエッセイでは一番面白いと思う。
太宰治「新樹の言葉」 好きな作品が多い。

笑うな (新潮文庫)


短編集ばっかだ…

127 この名無しがすごい!2007/09/26(水) 03:17:54 ID:unkpjMti
芥川龍之介『蜜柑』

超短編だが、名文。学生時代から何度も書き写した。
たぶん50回以上。こんな文章が書ける作家になりたい。



128 この名無しがすごい!2007/09/27(木) 05:00:27 ID:Glo8nPKm
宮部みゆき『地下街の雨』
榎木洋子『STEP OUT』

地下街の雨 (集英社文庫)



131 この名無しがすごい!2007/09/29(土) 12:40:03 ID:/XeAp8Yf
小説なんて一度読んだらポイ
やはり詩集はなんども読む

132 無名草子さん 2007/09/29(土) 18:44:00 ID:xfR1B/xH
相性の良い作家と、悪い作家がある。
良い作家の本は、大体面白い。
悪い作家は、ほとんどが駄目だ。
だから、嫌いな作家は消えて欲しいと思っている。

135 この名無しがすごい!2007/10/02(火) 10:45:26 ID:kLPk8EYj
俺は村上龍の「コインロッカーベイビーズ」と
綿矢りさの「蹴りたい背中」「インストール」は何回も読んでるなあ。
前者は浄化作用があるからで、後者は文体のリズムが心地よくて体が忘れたころに
なると求めてる。内容的にはそんなにすごくないけど、とにかく文章がね、秀逸。

蹴りたい背中 (河出文庫 わ 1-2)



139 この名無しがすごい!2007/10/04(木) 10:28:10 ID:Dx8conPc
笹沢佐保・著
木枯し紋次郎

『赦免花は散った』は何度読んでも面白い。

143 この名無しがすごい!2007/10/08(月) 17:25:12 ID:sBP+NPL/
岩波文庫 中村元訳 『ブッダのことば』

146 この名無しがすごい!2007/10/14(日) 01:17:18 ID:xJEz8fG0
辻内智貴「青空のルーレット」

青空のルーレット (光文社文庫)


147 この名無しがすごい!2007/10/14(日) 03:34:47 ID:sLLMbsww
『不夜城2レクイエム』

著者、馳星周

登場人物が皆ダークなんだけど、憂いを感じる。
せつないっていうかさ。

151 この名無しがすごい!2007/10/15(月) 16:36:36 ID:59rFpKro
「銀英伝」「アルスラーン戦記」
最後まで読むと、最初のほう忘れてる。

153 この名無しがすごい!2007/10/18(木) 19:00:30 ID:qS8cwXzC
ミヒャエル・エンデ
『はてしない物語』。
児童文学かもしれんが人生を変えた一冊。

はてしない物語 (上) (岩波少年文庫 (501))



159 この名無しがすごい!2007/10/28(日) 19:08:02 ID:o1dw9uzG
あ、車輪の下が出てる。

夢野久作「ドグラマグラ」
これも何となく読み返すなあ。

ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)



161 この名無しがすごい!2007/10/29(月) 21:34:04 ID:g0DqXnzh
山田詠美「放課後のキーノート」
一番好きだった高校時代を思い出す

167 この名無しがすごい!2007/11/05(月) 23:45:41 ID:ljk4kDkS
三島由紀夫
金閣寺を何度も読んだ。学の無い俺にとってもあの美しい文章は後にも先にも金閣寺だけ。
最高の女を抱いてしまったかのように、以後他の作品には不感症です。

こんな俺はミーハーなだけでしょうか?
あと、もし金閣寺を越える作品、三島を越える鉄人があるなら紹介してください。

174 この名無しがすごい!2007/11/09(金) 20:49:24 ID:CcFFqFQu
宮部みゆき「火車」人に宮部をすすめるなら自分は断然これ。
「ステップファザーステップ」「初ものがたり」もいい。
宮沢賢治「グスコーブドリの伝記」「シグナルとシグナレス」
頭が殺伐としたときに読むと、涼やかな美しい表現にうっとり。
あとマンガだけどブラックジャック

まだまだある。てかどんな本でも1回だけってことはなくて、
最低2回は読み直す。上にあげたのは10回以上読んでる。
読解力が乏しいのか、何度読んでもそのたびに新しく感動する。
神経を逆なでするクズ本だけは一回読んでブクオフ行き。


火車 (新潮文庫)



178 この名無しがすごい!2007/11/29(木) 00:45:45 ID:8ABBaEAY
山田詠美「風葬の教室」
奥田英朗「イン・ザ・プール」

184 この名無しがすごい!2007/12/03(月) 06:55:45 ID:HKlgs7xw
石原の『わが人生の時の時』

この本の描写力にはビックリした
理解できる文章なんだけど、どうやって組み立てたのかが知りたい


186 この名無しがすごい!2007/12/13(木) 03:16:00 ID:QfHmUZIM
遠藤周作「沈黙」

読みすぎて文覚えた

191 この名無しがすごい!2007/12/28(金) 00:23:54 ID:vsnr+Tuv
この10年、年末には『ドグラマグラ』
ヨッパになりながらチャカポコのとこ読むと
ハイになってくるwww

197 この名無しがすごい!2008/01/08(火) 19:45:51 ID:cZTQvAL8
100万回生きたネコ

100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))


208 この名無しがすごい!2008/01/16(水) 06:15:08 ID:cYuwbZou
伊坂幸太郎、陽気なギャングが世界を回す。

212 この名無しがすごい2008/01/16(水) 23:14:45 ID:5VmgpvU5
北村薫「リセット」
読み終わってもまた読みたくなる。
泣きたいときに読む。

214 この名無しがすごい!2008/01/19(土) 12:10:48 ID:YOSN9VyO
「アルジャーノンに花束を」は忘れた頃に読みたくなる

アルジャーノンに花束を (ダニエル・キイス文庫)


217 この名無しがすごい!2008/01/21(月) 23:11:02 ID:BxGS/5jV
宮澤賢治「銀河鉄道の夜」
お守りみたいになってます。

220 この名無しがすごい!2008/01/21(月) 23:54:41 ID:+ipN0hcq
>>217
アレを何度も読むとか‥‥

未完成だし‥‥

221 この名無しがすごい!2008/01/22(火) 13:56:54 ID:B8kc3+pF
>>220
だがそれがいい

に違いない



自分も「銀河鉄道の夜」は3回くらい読んだ

ちなみに一番読み返しているのは遠藤周作の「沈黙」

222 この名無しがすごい!2008/01/22(火) 15:39:09 ID:zi1J6gEv
まだ2回目の途中だけど「下妻物語」。
映画が神だっただけに?と思って読み始めたけど原作もイイね

下妻物語―ヤンキーちゃんとロリータちゃん (小学館文庫)



216 この名無しがすごい!2008/01/21(月) 05:11:59 ID:EG4FFZf7
指輪物語かな

224 この名無しがすごい!2008/01/23(水) 16:36:04 ID:C++LepiN
>>216
おまえは俺か!
映画化された時はまじうれしかったぜ

230 この名無しがすごい!2008/02/11(月) 03:27:01 ID:NIcMprJo
やっぱり太宰治でしょ

この人の短編はホントにすごい
読むだけでは飽き足らず文章を書き写したりもした

231 この名無しがすごい!2008/02/16(土) 23:02:50 ID:avzy76B9
青の炎
映画はダメだけど原作は心にくるものがある

238 この名無しがすごい!2008/02/26(火) 00:55:02 ID:u5wkym70
小野不由美「十二国記」シリーズ
山本文緒「眠れるラプンツェル」
嶽本野ばら「ミシン」
恩田陸「麦の海に沈む果実」

特に十二国記と麦海は台詞覚えるほど読んだ。
今更ながら脈絡ないな・・・

239 この名無しがすごい!2008/02/26(火) 12:20:58 ID:iySnkF6q
 大塚英志「おたくの精神史」

「おたく」の精神史 一九八〇年代論



247 この名無しがすごい!2008/03/13(木) 18:39:30 ID:x+pyZmxi
カート・ヴォネガットの
「猫のゆりかご」
「タイタンの妖女」
「スローターハウス5」はまじオススメ


とくにスローターハウス5は二代目で風呂用にもう一冊
全文をノートに模写したこともある。

248 この名無しがすごい!2008/03/13(木) 21:27:01 ID:V6QDd2OM
坂井三郎の「大空のサムライ」と「坂井三郎空戦記録」
グレック・パスカル・ザカリーの「闘うプログラマー」(WindowsNT開発物語)
NHK東海村臨界事故取材班の「朽ちていった命」

などは繰り返し読んでるなあ
どれもオススメできると思います

251 この名無しがすごい!2008/03/18(火) 01:52:51 ID:BLR3pfvq
樹上のゆりかご

これは読むたびに好きだと感じるので、何度も読み返してしまいます。

樹上のゆりかご
樹上のゆりかご
posted with amazlet on 08.03.30
荻原 規子
理論社 (2002/05)
売り上げランキング: 141283
おすすめ度の平均: 4.5
5 読み返すたびに見えてくるもの
4 やっぱりおもしろい
5 何度読んでも、ちがいます。




カテゴリ:  知識  読書


この記事へのコメント

1.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 14:40

111111かい?

2.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 14:40

なぜ金城作品がないっ!?

3.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 14:41

夏の庭かな
あと阿刀田高

4.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 14:41

ひとけたゲト

5.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 14:43

6.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 14:43

中島らもがないぞ!

7.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 14:44

北方謙三 水滸伝
熱い

8.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 14:47

恩田陸の「像と耳鳴り」
なんか…好きなんだよなあ…

9.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 14:47

ラノベでいいなら
ブラックロッド、ブラッドジャケット、ブライトライツ・ホーリーランドの3部作
内容がラノベじゃないので微妙に売れなかったがな!

10.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 14:49

小林泰三がない・・

11.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 14:50

ボードリヤールの「象徴交換と死」「不可能な交換」とか

12.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 14:53

銀英伝は一年に一度読むな。もう何回目だろ

13.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 14:55

空想科学読本はおもろいよ

14.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 15:02

商売人だなここの管理人。ゲスめ。
画像貼るなら広告料無しにして貼れ

15.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 15:02

小林泰三ってどんだけ変態だよw

16.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 15:04

つまらないと思った本以外は複数回読むのが基本だからなあ、何千冊って単位になる。
しかしよく出てるドグラマグラは体力いるから2回位しか読んでないや。

17.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 15:07

カフカやボルヘスや乱歩の短編集は何度読んでも飽きん。
短編以外なら
スタインベックの「ハツカネズミと人間」
エンデ「モモ」
とか。オチ知っててもいいわ。

ドイルのホームズシリーズも何度でも読めるな。

18.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 15:10

たいていの本は何回も読む。気に入ったのは枕元で寝る前に
読んだりするな。いつでも中断できるから、読んだことがある
本のほうが都合がいい。

19.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 15:10

星新一のショートショート全部。

20.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 15:11

恩田陸 麦の海に沈む果実
斉藤洋 たった一人の伝説

何度も読んでいる本って思いのほか少ないんだな…。
読んでいても頭に文章が入らずに何度も読み直す本はあるけどねw
文章が自分に合わないととことん読めない…。

21.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 15:18

サン・テグジュペリなら「星の王子さま」よりも、「夜間飛行」の方が自分は好き。
落ち込むたびに、同じところを何度も繰り返し読む。

22.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 15:24

ミヒャエル・エンデが出てるのが嬉しい。
モモは一年に一回は読んでるなぁ・・・

23.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 15:27

ホビットの冒険
指輪より軽く読める、食事シーンは夜中に読むとやばい

漢字と日本人
漢字との関わり方や当用漢字の欠陥、中国との違いとか、文体も面白い

24.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 15:28

すげぇ・・・みんないろいろ読んでいるんだな
「ホテルニューハンプシャー」は映画で号泣した
安房直子の本ぐらいかな、読んで和むのが好きだ。

25.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 15:30

沈まぬ太陽は何回読んだか分からないほど読んだな

26.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 15:33

スラムダンクを挙げるようなにわかですみません(´・ω・`)

27.  Posted by     投稿日:2008年03月30日 15:33

���Υ������ȤϺ��������ޤ�����

28.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 15:33

「吾輩は猫である」は3冊読み潰して昨日4冊目買ってきたし
内田百里痢嵒患官狄鑄集」は2冊読み潰した

漱石作品と百虜酩覆和臘颯椒蹈椒蹐砲覆襪泙覇匹瀛屬靴討

29.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 15:35

鬼平犯科帳

30.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 15:37

森奈津子先生のお嬢様シリーズ

ってゆーか、花園学園シリーズ

31.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 15:39

笹本祐一「裏山の宇宙船」
オレの好きなものばかりで構成されている、というほどでもないが
色々バランスがいいのか、何度読んでも飽きない。
ただ、できれば上下巻に分かれた文庫版。
去年、上下巻を一冊にまとめ、細かい文章の直しやらイラスト変更
があったノベルズ版は、なんか雰囲気が違っちゃってた。

32.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 15:53

村上春樹人気だなー
俺も大好きだからうれしいな

33.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 15:54

龍之介を卒論に選んだ。いつの間にか彼の死んだ歳を越えた。
尚早を感じながらいつものだらだらした日常。

34.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 15:57

こういうスレは参考になるな・・・どっかに保存しとくか
一・二年前から漫画が個人的に面白いと感じるモノが少なくなってきて
「そういや小説とかはあんま読んでないな」
と気付いて色んな作家の代表作と言われるのを一冊ずつ読んでいってる
今は森鴎外

35.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 16:01

>>米欄26
ホントににわかだな。
ジャンプのスポーツ物と言ったら「キックオフ」だろうに。

36.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 16:01

落ち込んだら「人間失格」 年に数回かならず読む。
話の件とかもちろん覚えているけど、なぜか引き込まれる。
読んだ後はしばらく悶々するし、読むたびに印象が変わっていく。


37.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 16:02

アン・マキャフリーの
だれも猫には気づかない
子供の頃からたまに読む

38.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 16:06

塩谷七生 ローマ人の物語
絶頂期からすこしずつ転落していくのがたまらん

39.  Posted by      投稿日:2008年03月30日 16:06

流石にコメント欄にいらっしゃる方々はセレブ階級の香りがプンプン良い香りしますよ!


文学は素晴らしいですね!
映画以上に想像力いりますから、ぼけーっとしてはいられないね!!


僕は南伸坊が好き


40.  Posted by  小説好き   投稿日:2008年03月30日 16:07

鬼犯、剣客商売、北方の鬼哭の剣は何度読んでも楽しめる!
大先生みたいな生活がしたくなるw

41.  Posted by     投稿日:2008年03月30日 16:08

童話物語かなー

42.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 16:09

これ全部アフィなの?
ちょっとやりすぎ

43.  Posted by      投稿日:2008年03月30日 16:12

最近は東野圭吾さんにハマりました。
テレビ『ガリレオ』良かったし。


柴咲コウが大好きだから観たという方が当たってるかなww

44.  Posted by      投稿日:2008年03月30日 16:16

池澤 夏樹さん
スティル・ライフ
最高っすよ!

最新版は
星に降る雪/修道院

45.  Posted by      投稿日:2008年03月30日 16:21

何というアフィ記事…
参考にはなったが、やりすぎ感が否めない

46.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 16:22

このスレに参加できるくらいに本読まないとな

47.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 16:22

砂の女。
この前ひさしぶりに読んだら、
ページの間から古いサクラの花びらが落ちてきた。

48.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 16:34

福井晴敏の「亡国のイージス」「終戦のローレライ」「
浅田次郎「壬生義士伝」「輪違屋糸里」
荻原浩「コールドゲーム」藤沢周平「蝉しぐれ」
司馬遼太郎「花神」あたりはめちゃ面白い。
まぁほとんど映画化やドラマ化になった作品ばかりだか、原作は原作でまた違う味を出してる。とくに「壬生義士伝」は読みやすいし多分俺が読んだ本の中で一番感動した逸品。歴史が苦手な人でも読んでみて。

49.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 16:38

「リトル・トリー」と「ソロモンの指輪」
人生観が変わった2冊

50.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 16:41

夏になるたび小野不由美の屍鬼を読む
で、読んだ後にガクブルで後悔する

51.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 16:45

シルバーバーチの霊訓

52.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 16:45

リアル鬼ごっこって中学生が書いたの?

53.  Posted by      投稿日:2008年03月30日 16:46

コメント欄がハイレベルしている♪
凄いですね…


セレブ階級の感受性はやはり高級感漂います!

ケーキとコーヒーと本とバラの花・・・素晴らしいです

54.  Posted by      投稿日:2008年03月30日 16:48

ぉーお♪
シルバーバーチはセレブ階級の先駆者♪

55.  Posted by     投稿日:2008年03月30日 16:49

カラマーゾフが面白いって他のスレでも見たからあえて罪と罰を読む俺。

カラマーゾフ長そうなんだもん。

56.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 16:51

神秘の島

57.  Posted by     投稿日:2008年03月30日 16:53

「弟切草」「彼岸花「死人花」「幽霊花」
元々このゲームが好きだった。今でもたまに読んでる。
あとク・リトル・リトル神話大系。ホラー系で初めて怖いと思えた本

58.  Posted by      投稿日:2008年03月30日 16:58

佐野洋子さん♪
『100万回生きたねこ』大好きです。

♪何度死んでも生き返るとら猫クン,死ぬのなんか平気さ〜って威張っていたとら猫クンが 美しい白猫に恋をします。

二匹は円満な夫婦生活を送ります。
そして 老い 愛する白猫が死にます。
とら猫は悲しみ やがて 死にました。
とら猫クンは今度は二度と生き返ることはありませんでした。

59.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 16:59

※14
なんでアフィでリンクしたらゲスなの?
直接買えたら便利じゃん
ちょっとくらい収入得たっていいじゃん
誰も損しないじゃん

60.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 16:59

一瞬の光
僕の中の壊れていない部分

61.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 17:02

「論語」
読む度にいろいろな事を考えるので飽きない。

62.  Posted by      投稿日:2008年03月30日 17:04

動物系には勝てないな(笑)
純粋無垢すぎる魂には頭下がるよ!
特に個人的には
猫が一番良いな!


63.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 17:06

安部公房「箱男」

64.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 17:06

ねただよね?・・・ね?

65.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 17:06

確かに、リアル鬼ごっこは文章の意味を理解するために何度も同じ文章を読んでしまうな。
まぁ読めば読むほど判らなくなるのだが。

66.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 17:16

小川洋子 「アンジェリーナ」
江戸川乱歩 「宇宙怪人」

これ最高。

67.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 17:21

スティーヴン・アンブローズの「BAND OF BROTHERS」

68.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 17:36

J・ヘリオットの「ALL CREATURES GREAT AND SMALL」
同士求む

69.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 17:39

小野不由美「図南の翼」
成長物語の傑作

70.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 17:40

本じゃなくて話だけど
夢野久作の「死後の恋」
何だかしらんが大好き

71.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 17:42

アホがよーさん沸いとるわ

72.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 17:42

ドラゴン村上多いなー

73.  Posted by     投稿日:2008年03月30日 17:43

夏目漱石の「こころ」舞上王太郎の「煙か土か食い物」村上春樹初期〜中期全般 馳星周「漂流街」大沢在昌 感傷の街角シリーズ 作者忘れた邂逅の森あと聖書。カオスだWW

74.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 17:45

これから暇が増える俺にぴったりのスレだねー

75.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 17:46

ドグラマグラ

76.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 17:47

電撃ジーズ文庫の『Lの季節』
異端ですかそうですか

77.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 17:48

村上龍のkyoko

78.  Posted by     投稿日:2008年03月30日 17:53

サイモン・シンの「フェルマーの最終定理」も良かったなぁ。ドグラマグラ・カラマーゾフ・地下室の手記を読んでみよっと。

79.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 18:00

とんだアフェスレですねwww

80.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 18:03

カート・ヴォネガットJr『タイタンの妖女』、『猫のゆりかご』

81.  Posted by  名無し   投稿日:2008年03月30日 18:07

「そして誰もいなくなった」だろjk

82.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 18:09

浅田次郎『プリズンホテル』
何回読んでも最高

83.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 18:11

太宰治『人間失格』
短編だけど、中島敦『山月記』

昔読んだときは「こんな奴いるわけねーーwww」とギャグかと思っていた。

84.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 18:12

ボードレールの「悪の華」
サリンジャーの「ナイン・ストーリーズ」
S・キングの「死のロングウォーク」

85.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 18:15

「ホワイトアウト」だな
何十回と読み直してもう表紙がボロボロだ
この本を読んでから、小説を読むのが好きになったんだよなぁ
当時中学生だった俺はあのトリックにびっくりしたもんだ

86.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 18:15

なんかみんな読書家っぽい中でハズいんだけど
金原ひとみは何回も読む。短いから。

87.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 18:15

『赤頭巾ちゃん気をつけて』はガチ

88.  Posted by      投稿日:2008年03月30日 18:18

ヒルティ『眠られぬ夜のために』


『人生の途中でたびたび出会う最も不愉快なものの一つは…嫉妬である・・・』
他人からのネガティブ想念 嫉妬ほど厄介なもの無いですね…嫌だキモい

89.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 18:19

月と6ペンス
老人と海

90.  Posted by      投稿日:2008年03月30日 18:20

みうらじゅん

『アウトドア般若心経』(((゜д゜;)))

91.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 18:21

ロリータ、我が命の光、我が腰の炎、我が罪、我が魂。
ロ・リー・タ。
舌の先が口蓋を三歩下がって、三歩めにそっと歯を叩く。
ロ。リー。タ。
朝、四フィート一◯インチの背丈で靴下を片方だけはくとロー、ただのロー。
スラックス姿ならローラ。学校ではドリー。署名欄の点線上だとドロレス。

しかし、私の腕の中ではいつもロリータだった。

92.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 18:23

パウロ コエーリョのアルケミスト
 

93.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 18:25

むこうぶち
江崎かわいいよ江崎

94.  Posted by      投稿日:2008年03月30日 18:25

東野圭吾
『夜明けの街で』

僕の不倫相手は、殺人事件の容疑者だった。恋は続くのか?

95.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 18:26

十五少年漂流記だな。厨房のころ何度も読んだ。
あと漫画だけど火の鳥は年に1回は全部読む。その度に新しい発見がある

96.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 18:26

<47
あのねっとりした焦燥感がたまらん。
良い意味で。

97.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 18:26

>>31
おいおいwww

98.  Posted by      投稿日:2008年03月30日 18:28

三砂 ちづる
『月の小屋』

99.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 18:28

米14
あーそういえばそうだな。なるほどなぁ

100.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 18:28

人間失格と侏儒の言葉

101.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 18:29

スノーグースは何度も読み返したな。って今も読んでるんだが。

言えない……最近はバカテスを何度も読んでいるとは言えないぜこの空気じゃ。

102.  Posted by      投稿日:2008年03月30日 18:30

凄い♪
コメント欄がセレブ階級ですね!!
皆さん凄いです!
尊敬します。

103.  Posted by  f   投稿日:2008年03月30日 18:30

アルジャーノンに花束をは何回も読んだな
あとネガティブハッピーチェーンソーエッジとかイリヤの空とか青春っぽいのは何回も読みたくなる

104.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 18:31

安部公房「箱男」

105.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 18:32

獄門島
全部わかってる推理小説なのに、なぜか何回も読んでいる。

106.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 18:32

梶井基次郎の「泥濘」、太宰治の「もの思う葦」
芥川龍之介の「歯車」「河童」、佐藤春夫の「田園の憂鬱」
セナンクールの「オーベルマン」、パスカルの「パンセ」

展開が少ないから暇潰しに読み易いww
共感できるしww

107.  Posted by      投稿日:2008年03月30日 18:33

貴志 祐介
『硝子のハンマー』『黒い家』

108.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 18:33

『金閣寺』が居てよかった・・・三島の『豊穣の海』全巻は分け隔てなく読んでる。
三年くらい前までは村上春樹の『海辺のカフカ』は何度も読んでいた。
中学の頃は志賀直哉の『暗夜行路』・高樹のぶ子の『サザンスコール』『満水子』・石井總互(字が違うかも)の『水の中の八月』あたりが図書館にある最高傑作だと思ってた。まさに中二病。

今は『源氏物語』とか資料以外でも読める。

109.  Posted by      投稿日:2008年03月30日 18:36

NHK
『ダーウィンが来た!生き物伝説♪』


110.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 18:37

「E.G.コンバット」
完結してないから読んじゃうのかな・・・

111.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 18:38

京極堂シリーズは3周してもまだ読み落としがある気がする

112.  Posted by      投稿日:2008年03月30日 18:40

キャロラインB・クーニー♪
『ヴァンパイアの契約1・君を人気者にしてあげよう・・・』

113.  Posted by      投稿日:2008年03月30日 18:41

ハイレベルなコメント欄に馬鹿は入り込めない空気が・・・

114.  Posted by      投稿日:2008年03月30日 18:46

ティエリー・デデュー
『ヤクーバとライオン』戦わない!という勇気♪

『ライオンを殺す事が本当の勇気なのか?ヤクーバはライオンを倒しに行くが、そこで出会ったのは…瀕死のライオンだった。』

115.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 18:46

斎藤敦夫の「冒険者たち」を挙げてる人がいて感涙。ガンバ好きだわ
同著者の「グリックの冒険」と「ガンバとカワウソの冒険」も、自分にとっては最高の児童文学

116.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 18:47

白い巨塔
ドラマも映画も見てないが、本だけは擦り切れるほど読み返した
ていうか擦り切れて今ウチにあるのは1〜3巻が二冊目w

117.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 18:48

※7
お前とは友達になれそうだ

118.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 18:48

ラノベですまんが若木未生の「AGE/楽園の涯」
何故か分からんがやる気がもらえる。

真っ当なところだとがいしゅつもいいところだが、
「燃えよ剣」とか「こころ」かなー。読み飽きない。

119.  Posted by      投稿日:2008年03月30日 18:49

シャーロック・ホームズは何度読んでも飽きがこない。

120.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 18:50

荻原規子なら勾玉三部作が好きだな。
それまで本を読む事がなかった自分に本の楽しさを教えてくれた。
あと三浦綾子の「塩狩峠」も結構読み返してる。

121.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 18:54

ヘッセならやっぱりシッダールタだろ

122.  Posted by     投稿日:2008年03月30日 18:56

素朴な疑問なんだけど海外作家の作品って読むには読むんだけどなんか腑に落ちない事が多いのは 僕だけ?アメリカンジョークで笑えないあの感じ。翻訳時点での文化の違いがあるのかね?音楽・絵画・彫刻・映像で感じないから多分そうなんだろうけども。おせーてバイリンガル。

123.  Posted by  みどり   投稿日:2008年03月30日 18:57

夜回り先生が好きかな

124.  Posted by  ななし   投稿日:2008年03月30日 18:59

江國香織のきらきらひかる
恋愛小説なんてほとんど読まんがこれは別格

125.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 18:59

そのアメリカンジョーク自体が面白くないということも。

126.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 19:01

舞姫 森鴎外
エリスの健気さに萌えた。

127.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 19:02

>>80
まさかここで同士に巡り合えるとは・・・。
「実話じゃないんだろうか」と本気で思えるフィクションは何度読んでもいい。


ところで、推理小説何度も読み返す奴っていんの?

128.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 19:06

記事古っ
なんというアフィリエイツ

129.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 19:13

いいか、おまえら。

ショウペンハウエル「読書について」

これを「何回」も読め。「何回」も、だw

きっと鬱になれるぞw

130.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 19:15

長谷敏司「戦略拠点32098 楽園」
短いからつい何度も読む。

131.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 19:16

※127
> ところで、推理小説何度も読み返す奴っていんの?
シャーロキアンの再読率は異常

132.  Posted by     投稿日:2008年03月30日 19:20

>※128 むしろ聞きたいのだけど純粋な謎だけで1小説を魅力的に完結させられる小説家がいたら神だと思う。昔ある映画監督がいってたけど映画で人間若しくは動物が写ってなかったらそれは映画じゃなく記録だと。指摘している推理小説というモノが一体何を指しているかをまず教えてください。

133.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 19:21

機甲猟兵メロウリンク1巻 絶版
続刊無し orz

134.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 19:21

森絵都の「いつかパラソルの下で」
教科書みたいなもんです

135.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 19:22

甲田学人「Missing]
三枝零一「ウィザーズブレイン」

136.  Posted by  東証ダイモス   投稿日:2008年03月30日 19:22

二桁回も読んだ作品は『山月記』くらいしかないわ……

もうちょっと本を何度も読むようにするよ(・ω・´)

137.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 19:30

島田荘司の「異邦の騎士」
御手洗かっこよすぎです。

138.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 19:30

米129
「読書について」読んで鬱になるようなやつは
そもそもそれを読まないから大丈夫。

139.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 19:34

読みたい本があとからあとから出てきて
なかなか読み直せない

140.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 19:35

確かに吉本ばななの「TUGUMI」は、
つぐみがラノベのキャラみたいで読みやすいし面白い。

個人的には中山可穂の「ジゴロ」と「花伽藍」の中の「鶴」
自分男なのにビアンのキャラに憧れてしまうほど主人公に魅力がある

141.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 19:36

十二国記は何度読んでも飽きない。
後は、桜庭一樹の『推定少女』・『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』・『荒野の恋』、村上龍の『コインロッカーベイビーズ』、誼阿古の『クレイジーフラミンゴの秋』、ジョン・クリストファーの『トリポッド』、筒井康隆の『懲戒の部屋』かな。

142.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 19:40

ダシール・ハメット『赤い収穫』
レイモンド・チャンドラー『長いお別れ』

143.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 19:41

だれも知らない小さな国
俺も中学の頃、好きで読んでたな
また読み直したくなったよ

144.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 19:45

>>8 の「誰も知らない小さな国」はすごくなつかしい…。
市進のテキストとして、小4の時に読んだ…。
もう12年も前だけど…

145.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 19:48

沖方 丁のマルドゥック・ヴェロシティ二回目。展開が速くてせっかちな俺には丁度いいわ。

146.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 19:49

蒲生邸事件好きだよ

147.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 19:55

砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない

148.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 19:57

中島敦「山月記」は暗唱できるほど読んでる
神林長平「グッドラック ― 戦闘妖精・雪風」なぜか何回読んでも飽きない

149.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 20:00

今はもう手元にないんだけど小学生の頃何度も読み返した

「チョコレート戦争」

「コロボックルシリーズ」

かな

150.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 20:02

家畜人ヤプーは好きなエピソードだけ何度も読んでる。

151.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 20:03


隣り合わせの灰と青春
風よ龍に届いているか

中世好き、迷宮好きならオススメ

152.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 20:03

ポール・アンダースン『タウ・ゼロ』
J・P・ホーガン『星を継ぐもの』
この2つは何回読んでも飽きない

153.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 20:07

米142
ギムレットには早すぎる

154.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 20:15

紅楼夢

155.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 20:17

中島らも『ロカ』
坂口安吾『桜の森の満開の下』(短編)
三島由紀夫『中世に於ける一殺人中毒者の遺せる日記の抜粹』(短編)

銀英伝とか十二国記とかも読み返したいんだけど、時間かかりそうでちょっと……

156.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 20:43

蒼穹の昴
プルトニウムと半月
桜の森の満開の下

157.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 20:49

神林長平「戦闘妖精・雪風」と続編の「グッド・ラック」
ポール・ブリュックヒル(うろ覚えスマソ)「大脱走」
赤瀬川 源平 「千利休・無言の前衛」

158.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 20:51

米87
まさか同志に出会えるとは・・・。
『赤頭巾ちゃん気をつけて』は、初めて読んだその日のうちに5回は読み返したくらい衝撃を受けた。
その後の5〜6年の間にも100回どころではなく読んでいると思う。
ホールデンのように世界にバツをつけようとするのではなく、世界にマルをつけようとする主人公に感動した。

159.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 20:58

クレストマンシーシリーズ
小学生の頃からずっと好き

160.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 21:03

「FBI心理捜査官」

161.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 21:07

みんな小説ばっかかよ・・・論説なら幾らでもあるんだが
神林長平「戦闘妖精・雪風」「グッド・ラック」
小説ではこれだけだな。後半内容が複雑で哲学的になってくるので1度や2度では把握できない。

162.  Posted by     投稿日:2008年03月30日 21:07

童話物語、はてしない物語、指輪物語
ちゃんとつくられた架空世界>>>現実(笑)の会話小説

163.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 21:07

レイモンドブリッグズ 風が吹くとき
ミヒャエルエンデ モモ
コナンドイル 恐怖の谷
アイザックアシモフ 科学エッセイ集
コンラートローレンツ ソロモンの指輪
作者不詳(?) 太平記
  ‘   文明のあけぼの「シュメール」
古今亭志ん生 なめくじ艦隊
スティーブンキング タリスマン

あとラヴクラフト

164.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 21:16

村上春樹「ノルウェイの森」
エンデ・ミヒャエル「果てしない物語」
岡田淳「2分間の冒険」

いずれも3回以上読んでいる。もしも子供ができたら読んでもらいたい本

165.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 21:18

昔は全然本読まなかったからすごく損した気分だ
参考になるスレ。気になるの今度借りて読もう

166.  Posted by  ノ∀`   投稿日:2008年03月30日 21:18

水没ピアノ 佐藤友哉

167.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 21:20

丸山健二の「白と黒の十三話」「千日の瑠璃」

168.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 21:24

エンデ人気。なんか読んじまうんだよな

169.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 21:26

中上健次「枯木灘」
夏目漱石「草枕」
金井美恵子「愛の生活」
ガルシア・マルケス「予告された殺人の記録」
レム「ソラリスの陽のもとで」
スタンダール「パルムの僧院」
フォークナー「アブサロム・アブサロム」

170.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 21:29

こゝろ

171.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 21:29

「屍鬼」の上巻は何度も繰り返し読んだのに
下巻は買って1年経つのに3分の1も読み進んでない
なんでなんだろうな?

172.  Posted by      投稿日:2008年03月30日 21:32

コメント欄の素晴らしいクオリティーの高さにドキドキしました!
皆さん凄い勉強されていますね。

173.  Posted by      投稿日:2008年03月30日 21:34

小林 節
『国家権力の反乱』

174.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 21:38

>129
ショウペンハウエルなら「自殺について」のほうが鬱じゃないか?

175.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 21:38

プリズンホテルとひまつぶしの殺人。この二つはシリーズ全部そろえた。
あとは志賀直哉の短編とかは何度も読んだね。

176.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 21:38

※172
これが日本の実力よ

177.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 21:42

マークトウェイン トムソーヤの冒険

178.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 21:44

「走れメロス」

179.  Posted by      投稿日:2008年03月30日 21:51

嶋野 榮道
『愛語の力』
禅僧がニューヨークで活躍しているよ!

180.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 21:54

>>1とは気が合いそうだ
俺はフラニーがチッパーダヴに連れて行かれるときの
主人公との会話が大好き。
「姉さん、僕と話した事覚えてるかい?」
「あれはほんとうじゃなかったのよ。本当はたいしたことないのよ」

181.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 21:54

みんなそんなに何回も読んでるのか。
読み直したことがあるのは、京極夏彦だけだな。
好きな話でも、2回目は結末がわかってるだけに、
つらいな。

182.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 21:58

5分後の世界を好きな人がいてうれしいw
村上龍は毎回ワクワクしながら読める。共生虫とか。
あとは筒井康隆の夢の木坂分岐点。毎回気分悪くなる

183.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 21:59

竹内靖雄『正義と嫉妬の経済学』『国家と神の資本論』

高山正之『世界は腹黒い―異見自在 』

184.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 22:02

向田邦子「阿修羅のごとく」
伊集院静「春雷」
マキャモン「少年時代」
は萌える

185.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 22:02

ここまで
高畑京一郎「タイム・リープ」無し。
100回以上読んだ

186.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 22:02

カミュ人気ないんだなあ。しょぼんぬ。

187.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 22:03

小説ばっかなので新書を挙げてみる。
『アラブとイスラエル パレスチナ問題の構図』(高橋和夫)は
高校生にもかなり分りやすくて良かった。
中東問題を一から勉強したい人におすすめ。
ユダヤ人は、パレスチナ人を自らと似た境遇に追い込み、
「第二のユダヤ人」へと変えてしまった、というくだりには
良質の小説の山場を読む時のような興奮があった。

188.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 22:11

ここまでリバーズエンド無し

189.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 22:14

光瀬龍「百億の昼と千億の夜」
中学1年の頃初めて読んでからもう二十年以上。何十回と読み返した。
さすがに思想的背景はちょっと古さを感じるけど。

ウンベルト・エーコ「薔薇の名前」
1回目は下巻の途中で挫折。2回目で完読。
その後もう2回読んだ。まだよくわかっていない。

190.  Posted by      投稿日:2008年03月30日 22:16

シャミッソー『影のない男』
本当に大切なモノを考えさせられる。

191.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 22:18

筒井康隆の七瀬三部作は小学から高校までに10回は読んだ。
星新一も子供の頃は繰り返し読んでたな。
大学生になって村上春樹が好きになった。
海外の作品は苦手だけど村上春樹が翻訳したものなら読める。
「ライ麦」も「ロング・グッバイ」も昔読んだ時はどこが良いのかわからなかったけど
村上春樹の翻訳で読んだら面白かった。
村上春樹の翻訳ではないけどジョン・アーヴィングの「ガープの世界」「ホテルニューハンプシャー」はオススメ。
今は時間の余裕がないのでサラッと読める恩田陸や小野不由美を読んでる。
恩田陸は当り外れがあるけどね。
こういうスレは参考になるなぁ。
読んでない本がいっぱいある。
時間が欲しい。


192.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 22:31

アフィなんて誰もクリックしないかURL削るのにwww
管理人キモすぎ

193.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 22:35

アフィ開き直ったw

194.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 22:38

BATTLE ROYALE今十回目読んでるところ
学校でずっと読み続けてる

195.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 22:41

詩集厨必死すぎてワロタww

196.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 22:43

剣客商売 なんかルパン三世の再放送見てるような感じがいいんだよね

197.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 22:51

幸せな家族
最初何も知らずに図書館で読んだ時怖くて泣きそうになったトラウマな本。
でも何回も読みかえしてしまう。

198.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 22:58

まだ3周くらいだけど、ハリーボッシュシリーズ。
コンクリートブロンドとポエットは5回くらいかな

199.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 22:59

ドグラマグラは寝る前に読むたびに悪夢見たわw

200.  Posted by     投稿日:2008年03月30日 23:08

���Υ������ȤϺ��������ޤ�����

201.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 23:13

「きつねのおきゃくさま」
絵本だろうがなんだろうが好きなものは好きなんだ。
読むたびにぼろぼろ泣く。

何度読んでも分からないのが「かいじゅうムズング」
毎回分かったつもりにはなるんだけどまだ読み取り切れてない気がする。
いまだに子供向けなのが信じられない本。

いいなぁこういうスレ。
久しぶりに図書館へ行きたくなってきた。

202.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 23:15

隆慶一郎「一夢庵風流記」と田中芳樹「アルスラーン戦記」かな。
前者は心地良いリズムの文章に楽しくなり何度も読む。後者は先が出ないから読まざるを得ないw

203.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 23:15

何度も読んでる本は結構あるけど、
椎名誠のエッセイ、特に「ひるめしのもんだい」
筒井康隆全集、馮驥才の「纏足」、不思議の国のアリス
バック・トゥ・ザ・フューチャーの1
ミヒャエル・エンデの「はてしない物語」
グリム童話全集
漫画・絵本を除けば、擦り切れるほど読んだのはこのあたりかな
子どもの頃からの通算だから、どれも今はあまり読んでないけど…

204.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 23:19

ヴォネガットの「タイタンの妖女」とか「スローターハウス5」とか「ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを」とか。
好きな人は好きだろうね。

205.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 23:20

筒井康隆の俗物図鑑

206.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 23:25

アリアンロッド

207.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 23:25

宮部みゆき「蒲生邸事件」泣きたいときに読む本といえばこれになってしまう。

208.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 23:40

中島敦 「山月記」
高校の教科書で出会って、衝撃を受けた
こんな格調高い文をいつか書ける様になりたい

209.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 23:42

有川浩の図書館戦争、又は阪急電車。
前者はキャラがしっかりしているし、後者はサクサク読める
どちらも恋愛を絡めているから女性でも読めるかな。
更に図書館戦争アニメ化

210.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 23:49

海底二万海里

211.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 23:55

ジャック・ロンドンの野生の呼び声だな
古本屋で見つけたら買って本読みそうな暇人に押し付けてる
うっとおしいだろーなー

212.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月30日 23:56

指輪物語は旧版と新版あわせて何度読んだかわからん。

あとは隆慶一郎「吉原御免状」「影武者徳川家康」、
司馬遼太郎「新撰組血風録」
海老沢泰久「F1地上の夢」
押井守「TOKYO WAR」
あたり。

213.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 00:01

 31歳になるが、小三の時に初めての小遣いで買ったコロボックル物語はマジで身の回りから離したことない。どれだけ間隔が空いても2年は立たずに読み返してる。
 もちろん、いまさら面白いとか思うわけじゃないんだが、読書原体験とでもいうのかね。初恋を振り返るのと同じようなもんだと思うが、何度でも読み返してしまう。

20年以上の月日を経てもページの脱落のない、青い鳥文庫の作りに感謝してるわ。

214.  Posted by  ※213   投稿日:2008年03月31日 00:09

スレ読まずに※かいたら、>>6で出ててちと恥ずかしい。
ちなみに、俺が好きなのは、2作目の「まめつぶほどの小さな犬」と4作目の「不思議な目をしたおとこの子」。

特に、「まめつぶ」は本気で初恋に近い。初めて惚れた一冊だ。

215.  Posted by      投稿日:2008年03月31日 00:17

このコメント欄は宝物にします。

216.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 00:20

三国志
いろんな人のを回し読み

217.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 00:26

夏への扉
我はロボット
ロボットの時代
星を継ぐもの

218.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 00:27

太宰治「駆け込み訴へ」「グッド・バイ」
ルイス・キャロル「鏡の国のアリス」
京極夏彦「姑獲鳥の夏」「巷説百物語」
この辺りは数え切れないくらい読み返したが、それでもまだ暗記には至らない。
口伝する人って凄いと思う。

219.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 00:34

川端康成「みずうみ」「抒情歌」
永井荷風「濹東綺譚」

220.  Posted by  219   投稿日:2008年03月31日 00:38

↑文字化け部分は「さんずいに墨」

221.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 00:40

読みにくいよ管理人!!




まあそれはそれとして堀口大學って人の翻訳したものはかなり読み込んでる
三島も惚れこんだ日本語の使い手。ボードレールとかランボーとか意味はさっぱりわからんのだが言葉がこの上なく美しい。ので繰り返し読んでしまう
谷崎潤一郎の陰翳礼讃も結構読み返した
アルケミストとかシェイクスピアの本も何回でも読める

222.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 00:45

押井守の「獣たちの夜」を日本一読み返している自信があるw
小説としてどうかという批評はもっともなんだが、好きなんだよ。
あと燃えよ剣。散々既出ですが。

223.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 01:02

バイバイエンジェル
・・・・知ってる人、いる?

224.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 01:09

ここでラノベって言ったら叩かれるんだろうな。
まあ養老孟司さんの壁シリーズ3冊は何度も読み直したな。むしろオススメしたい。
そう言う俺はヲタ

225.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 01:22

渡部昇一「知的生活の方法」

30年くらい前のベストセラーだし突っ込み所も結構あるんだが、何度読んでも面白い。

226.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 01:27

重松清『エイジ』『カシオペアの丘で』
小野不由美『屍鬼』『十二国記』
池波正太郎『剣客商売』
宮城谷昌光『楽毅』

重松清全然出てないな、一番好きな作家なんだが

227.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 01:34

見事にアフィだらけだわw

228.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 01:38

村上龍の『昭和歌謡大全集』
タイトルと中身が大違いで、この作家にしては一番笑えてスッキリする
醜いオタク達 対 醜いおばさん達の殺し合いだぞ

229.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 01:42

余程つまらないと感じたものじゃなければ、どんな小説でも二回は読むなぁ。
スレに出てる春樹と龍の作品は、全部三回以上読んでるような。
繰り返し読む人って少ないのかな。

230.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 02:23

藤原てい「流れる星は生きている」

結婚して親になる前に1度は読んでおくべき。
初めて読んだ時は、中学生。そのときはありきたりな感想だったが
人の親になって読み返したときに、号泣した。
何があっても自分の子供を守ろうと思った。
以来育児に行き詰ると読み返して気持ちをリセットさせる。

231.  Posted by      投稿日:2008年03月31日 02:37

岩井俊二「リリイ・シュシュのすべて」
大槻ケンヂ「リンウッド・テラスの心霊フィルム」「新興宗教オモイデ教」など全般

かな。
鬱々としたのが好き

232.  Posted by      投稿日:2008年03月31日 03:05

松本清張
ぞくぞくします。

233.  Posted by     投稿日:2008年03月31日 04:18

佐藤多佳子の黄色い目の魚。

234.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 04:54

青色はアフェか?

235.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 06:23

谷甲州の「巡洋艦サラマンダー」
悪文だし古いし(宇宙船のモニターがCRTw)地味だけど
ハードSF分が不足してくるとつい読み返す。

236.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 07:07

「殺人の哲学」コリン ウィルソン
「人肉食の精神史」大西 俊輝
「ごんぎつね」
の三本です

物々しいタイトルだけど内容は結構面白いと思う
興味のある香具師は是非どーぞ

237.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 08:10

何度も読む推理小説なんかないと思ってたが
東野圭吾の「悪意」
これは別格、読んだあとゾクゾクしてすぐにもう一度読み直した。
推理小説でもっともすばらしい作品の一つだと思うわ。

238.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 08:27

アフィリエイトに異常な反感を抱いている人の気持ちが分からないな。

こういうブログだって作成の時間と労力がかかるんだし、このネタを
元にして書き込み(コミュニケーション)できるんだから、ブログ作成者のモチベーションを維持するためにもある程度の収益はあったほうがいいだろうに。

すべてをボランティアの無償奉仕でして欲しいという気持ちを自分で持つのは分かるが、大して大金を稼げるわけでもない個人のアフィリエイトに文句を言って何がしたいのか?月に数千円〜数万円くらいの収入に嫉妬するくらいなら、自分でバイトデモすれば言いし、ネットで稼げると思うならアフィでもやってみればいい(実際には月1万円でも稼ぐのは大変だけど)

239.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 08:36

finalventの日記から来ました

アフィ乙

240.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 09:05

大草原の小さな家シリーズは何回も読んでる

241.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 09:11

雪風が出ててワラタ。
確かに雪風はベットにずっと置いてある。

最近だと裸者と裸者 上・下(打海文三・角川文庫)かな。
ハードボイルドサイコー。

242.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 09:35

ねじまき鳥クロニクル
再読中

243.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 09:46

Dune シリーズ
古典落語

244.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 10:23

終わりのクロニクル

245.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 10:30

アフィうんぬんいう子もおすすめの本書いていけばいいのに。

舞城『阿修羅ガール』
佐々木マキ『おばけがぞろぞろ』
ダール『チョコレート工場の秘密』
乱歩『陰獣』

『赤頭巾ちゃん気をつけて』は、好きすぎて古本屋にあるのが耐えられなくて
見かけるたびに買ってしまう。
『宝島』は原作も翻訳全部も読んだけれど、やっぱりアニメが一番かっこいい。

246.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 10:30

ファイトクラブ/チャックパラニューク
笑うな/筒井康隆
骸骨乗組員/スティーブンキング

この辺は表紙がボロボロになって持つところが手垢で変色するくらい読んだ。
今でも時々引っ張り出して読む。

247.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 10:43

中島らも「今夜、すべてのバーで」は少なくとも20回以上は読んでるな
未完となった「ロカ」もかなりのお気に入り。
エッセイなら、東海林さだおが最強
どこから読んでも美味しいエッセイ集だが、似たようなのが多すぎて
持ってる本をまた買ってしまう危険があるので要注意w

248.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 10:44


汚れた英雄

カバーに入れて読んでるのに既に表紙の紙のミミは擦り切れてモゲた。
買いなおそうにも売ってない。

宇宙の戦士もたまに読み直すな。
ネタとして読んでみたら意外と考えさせられる事が多かった。

249.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 11:06

山田風太郎の忍法帖シリーズと
笑わない数学者

250.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 11:08

シオドア・スタージョンの名前がここまで来て出てこないとは・・・。

短編集『輝く断片』は何度読んでも切なくなる。

251.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 11:10

ヰタセクスアリス 森鴎外

なぜか何度も読んでしまうんだよね……

252.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 12:11

恩田陸 ネバーランド
たまに思い出しては読みたくなる

253.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 12:16

村上龍好きな同好の士が多くて嬉しいぜ。

村上龍「愛と幻想のファシズム」
村上龍「五分後の世界」
田中芳樹「銀河英雄伝説」
京極夏彦「鉄鼠の檻」

村上龍の扱う政治小説はマジ最高。ファシズムは初期最高傑作。


254.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 12:55

武田泰淳 ひかりごけ
上遠菜穂子 狐笛のかなた
幸田文 きもの
マーク・ゲイン ニッポン日記
とか

255.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 13:17

大原まりこ 「ハイブリッド・チャイルド」

いまだに内容がよくわからない。
なけない。
つまらない。

だけど、これ読んでから人を殺そうとか一切おもわなくなった。

256.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 13:21

司馬遼太郎の「『明治』という国家」だな。
明治人の心意気の高さに感銘して、落ち込んでいるときも元気が出てくる。

257.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 13:24

リアル鬼ごっこかよwwwww

258.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 14:04

池波人気無いのかなぁ
鬼平とか春になると読みたくなるんだけどな
んで、無性に蕎麦が喰いたくなるw

259.  Posted by  名無し   投稿日:2008年03月31日 15:02

ラノベだけど
上遠野浩平著の冥王と獣のダンス

すごい好き、今でも初めて読んだのは六年位前だけど大好き

260.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 15:30

※233

261.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 16:38

古川日出夫「アラビアの夜の種族」

夕方読み始めたら徹夜して次の日の夕方まで読みふけってた
Wizや砂の王という単語にぴぴっと来る人にもお勧め

262.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 17:30

ダブル村上多いなあ。

牧野修の「MOUSE」は、未だに何回も読み返してしまうよ。
グロくてカオスなSF。
そっちの世界にトリップしそうだ。

263.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 17:44

赤毛のアンが出てないのが悲しい
まあ続編は駄作だけどさ

264.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 18:52

出てるけど村上春樹のダンスダンスダンスは
何度読み返したことか

265.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 19:49

>197 同類がいたw カウビにも出た名作絵本

あとは小説DQ2。なんという恋愛小説?ってな感じの本

266.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 19:57

福井晴敏があまりないなぁ
「終戦のローレライ」は何度読んでも飽きないけどなぁ
後は本多孝好の「MISSING」と「FINE DAYS」
この人はもっと評価されてもいいと思う

267.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 20:27

再販されて嬉しいジャック・ヨーヴィル(キム・ニューマン)『ドラッケンフェルズ』。
人に片っ端から角川版をプレゼントしてたら俺の読む本が無くなったw

268.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 20:28

エルマーの冒険シリーズ
小学校のときから何回読んだ事か。
あれほどワクワクした本は初めてだった

269.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 20:54

また読みたい本を二度と開かないのが常だけど、
北村薫の「スキップ」だけは、二、三年おきに読み返す。

270.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 20:59

隆慶一郎全部
北方謙三『武王の門』
光瀬龍『百億の昼と千億の夜』
筒井康隆『旅のラゴス』
D・R・クーンツ『ウォッチャーズ』『黎明』
キング『デッドゾーン』
マキャモン『ミステリーウォーク』『少年時代』
海の男ホーンブロアーシリーズ

271.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 21:31

>黒犬獣「oasis」
エロ同人誌じゃねーかw

272.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 22:30

ドストエフスキーの「賭博者」は
人間の欲望を生々しく書いてあって
かなりはまった

273.  Posted by      投稿日:2008年03月31日 22:30

鬼平は一生読める

274.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 22:32

トムクランシー『レッドストームライジング』

275.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 22:36

恋空

276.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 22:51

フーコーの振り子。

解説本読んじゃあ本編読んで。

未だに理解はできない。

277.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 23:07

折原一「漂流者」「失踪者」
ハードカバー図書館で借りて読んで、文庫版買っては読んで。

西尾維新の戯言シリーズ
橋本紡「リバーズ・エンド」

278.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 23:10

何度も読んだなら剣客商売。
1番好きな本は他にあるけど、今後もこれを一番読むんだろうなぁ

279.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 23:12

ここまで「就職戦線異状なし」がなし。
マルドゥック・スクランブル→ヴェロシティは最近はまった。

280.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 23:48

山田www悠ww介wwwww

281.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年03月31日 23:58

梨木香歩『西の魔女は死んだ』
号泣するときにいい。
古野まほろ 天帝シリーズ
読みづらいって言われてるけど好き。
『空色勾玉』
初めてトキめいた。
『ばいばい、アース』
『マルドゥック・ヴェロシティ』
冲方の異様な能力には脱帽する。

282.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年04月01日 00:18

大塚英志『木島日記』
辻村美月『冷たい校舎の時はとまる』
あさのあつこ『ガールズ・ブルー』
京極夏彦『絡新婦の理』
川上稔『終わりのクロニクル』
恩田陸『麦の海に沈む果実』⇒『黄昏の百合の骨』


283.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年04月01日 00:45

神林長平の「戦闘妖精・雪風」、「グッドラック 戦闘妖精雪風」、「死して咲く花、実のある夢」、「今宵、銀河を杯にして」、「あなたの魂に安らぎあれ」

284.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年04月01日 01:22

田中芳樹「アルスラーン戦記」
西尾維新「戯言シリーズ」
池波正太郎「剣客商売」
時雨沢恵一「キノの旅」

285.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年04月01日 03:22

十二国記は何度読んでもその世界に入り込める感じがするから読んじゃうな。
なんか現実に飽きた時とか、旅行行きたい気分の時、旅行行く時の車内や機内、RPGとかやりたい時に読む。

そして「己という領土の唯一無二の主に」のセリフに毎度泣く

286.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年04月01日 06:14

初野晴「水の時計」
童話の「幸福の王子」が好きだったんで何回も読んでる

児童書から、
ミシェル ピクマル「にじいろのガラスびん」
人は見た目では分からないと知った本

287.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年04月01日 06:42

米欄で小林泰三が出ててきゅんとした
玩具修理者は傑作

288.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年04月01日 10:59

「多情剣客無情剣」古龍
最初から最後まで支離滅裂なんだけど
そんな事がどうでも良くなる不思議な魅力がある。

289.  Posted by     投稿日:2008年04月01日 12:35

���Υ������ȤϺ��������ޤ�����

290.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年04月01日 13:28

※104
※158
剥げしく胴衣

291.  Posted by     投稿日:2008年04月01日 16:24

本スレでも※欄でもあったが『燃えよ剣』

精神的にまいった時に読む。なんか魂が震える。

あと、マンガだけど『うしおととら』の最終巻。うしおが白面に「おれたちは太陽と一緒に戦っている」(うろ覚えだが)のシーンは読むたびに泣ける。

292.  Posted by  --   投稿日:2008年04月01日 17:15

指輪物語が出てなぜナルニアが出ないんだ!

小学校の頃ほぼ毎日読んでたから読み返した回数は四桁にいってるかもしれない。
面白すぎる



まあ、同年代に薦めるなら北方謙三の三国志かな。
男なら共感できるはず。

呂布が最高です

293.  Posted by  名無しクォリティ   投稿日:2008年04月01日 19:22

井上ひさしの四十一番の少年を定期的に読み返す。
落ち込んでる時に読むとさらにどん底に落とされる気がする。だがそれがいい。

294.  Posted by  アンチアフィ   投稿日:2008年04月01日 19:40

2chスレでアフィつけてんのが問題

編集が大変だろうが
収入が少ない云々よりも
他人の言葉で金稼ぎしてるのがここの馬鹿な管理人
それに釣られてる信者もまたさらに低脳な人間

295.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年04月01日 20:45

>>292
吉川の三国志読んだあと読むと余計面白いよね
呂布は英雄だ

296.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年04月02日 00:29

トーベ・ヤンソンの「ムーミンシリーズ」
果たして原作のムーミンを全巻読破してる人はどれくらいいるのだろうか
ヤンソン凄いよヤンソン 児童文学だなんて到底言えないよこれ

宮沢賢治著・ますむらひろし漫画のシリーズも何十回読んだことだろう
ますむら氏の描く擬人化した猫=登場人物が、静かに、淡々と、しかし
力強く辛抱強く歩き続ける素朴な人々を描ききってる素晴らしいコラボ

星新一 いつ読んでも変わらないドライさとシニカルさ。まとめられた
中で一番好きなのは「悪魔のいる天国」

大石圭「湘南人肉医」「殺人勤務医」「処刑列車」「自由殺人」
絶望的なハッピーエンド。犯人視点で進む話が多く、また犯人たちが
躊躇なく犯罪を重ねまくるのがいい。反省も後悔もしてない割に、
美学にはずれたことは決してしないのもいい。

297.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年04月02日 01:28

ベルヌが好きだ
海底2万マイルと十五少年漂流記

298.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年04月02日 10:29

頭の悪い俺は同じミステリを何度読んでも楽しめるwww

299.  Posted by     投稿日:2008年04月02日 10:36

トムソーヤの冒険
あれのワクワク感は異常

300.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年04月03日 12:07

十二国記シリーズ
これで難しい漢字を覚えたw
今じゃ見なくても「麒麟」って書ける

301.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年04月03日 15:47

おまえらスレに来て語ってくれw
過疎ってるんだよお

302.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年04月03日 21:42

恩田陸「麦の海に沈む果実」
これは何度も読んだ。
オチが嫌いなのに、それまでの部分が良すぎて何度も読んでしまう。

303.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年04月04日 22:36

ダレンシャンかな
子供向けだけど何回も何回もよんだ

原作神 漫画は糞

304.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年04月05日 00:01

もっとホテルニューハンプシャーの話題で盛り上がれよな。
めっちゃ面白いぞ。ジョンアーヴィングは沁みるぞ。

305.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年04月05日 11:20

戦闘妖精雪風とグッドラック戦闘妖精雪風を交互に読み続ける
アニメしか知らないやつは読んどけ、アニメはゴミだから

306.  Posted by     投稿日:2008年04月05日 19:20

���Υ������ȤϺ��������ޤ�����

307.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年04月05日 20:06

「悪童日記」以下三部作
あれはすごかった

308.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年04月05日 21:46

高橋克彦の「総門谷」シリーズ
小松左京の「日本沈没」

ブログ小説をあげている奴の気が知れん

309.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年04月07日 01:42

>>223
「勇嶺」で合ってるか?
夢水シリーズならば俺も幾度も読んだ。
成人してからだから薄いんだが、お蔭で一日に何度も読み返すことも出来る。
これがまた、飽きないんだよ。

310.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年04月07日 13:37

角川文庫「ゲッツェンディーナー」 人生観の根本になった。
っつても「他人は他人。自分は自分」っていう割り切りのきっかけになっただけだけどね。

311.  Posted by     投稿日:2008年04月07日 14:56

エイリアン9

312.  Posted by  -   投稿日:2008年04月07日 19:05

閃光のハサウェイ

かれこれもう20回は読んだ。

313.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年04月09日 10:06

Sキングの本は次々に何度も読んでしまう
あと貴志のクリムゾンの迷宮とか黒い家とか

314.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年04月24日 14:44

村上龍多いな。

315.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年06月07日 07:40

浅田次郎の『壬生義士伝』、3度、読みました。数ヶ月から半年位の間隔で。
3回とも、オイオイ泣けました。
私、浅田次郎と同じ年代ですが(決して泣き上戸じゃぁありませんが)、結構、読書好きで、沢山読みますが、今だかつて、こんなに泣かせる本は、初めてです。タオルがぐしょぐしょに成りました。

316.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年06月13日 03:44

鮎川信夫
太陽も海も信ずるに足りない

すてき…

317.  Posted by  プリンパフェ   投稿日:2008年07月18日 20:44

赤川次郎の三毛猫ホームズシリーズ

318.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年07月22日 22:08

新興宗教オモイデ教
文章がうまいわけでもない
なのに少年漫画読んでるようなテンションになる

319.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年10月13日 17:41

これは最高に好き。
花村萬月「皆月」

320.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年12月08日 01:43

横山 三国志全巻
何回読んでも最初の劉備軍結成には燃えるし
最後の蜀陥落にはがっかりする。

321.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年12月15日 21:21

「ドグラ・マグラ」
「1984年」
「ハッカーズ」
適当にページをめくって部分読みするのも好きだ

322.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年02月28日 23:09

おーなり由子さんの「きれいな色とことば」大好き。
最初読んだとき、スーっと言葉が入ってきて、衝撃だった。
あと、恩田陸さんはヤバイ。「常野物語」とかひどく泣いた。
他は畠中さんの「しゃばけ」シリーズ、北村薫さん「水に眠る」
星新一さんのSSとか、結構軽めが多いなぁ。京極作品を何度も読むガッツは私にはない・・・。

そしてそんなに頻繁じゃないけど、たまに読みたくなるのが東京S黄尾探偵団とブギーポップ。小説好きになったモトだから、かなー。

323.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年11月29日 14:46

>>179
嶋野榮道氏は、2010年の8月に、世界的権威であるニューヨークタイムス紙に、40年以上に及ぶ女性信徒への性虐待を、実名報道されたことを知っている?

www.nytimes.com/2010/08/21/us/21beliefs.html

324.  Posted by  漫画卿   投稿日:2011年01月06日 08:25

漫画で、かずはじめ著『マインド アサシン』
読み続けて10数年。
以前はコミック版で今は文庫。
映画化になったら2回は見たい。
かずはじめなら、全作品原価で持っていた。
最近の作『ラックスティーラー』でも、19時枠が無理なら深夜でも。
2作とも、役者をつかわなくても、アニメ映画や連続アニメのディスクでも価値あるのにな。

325.  Posted by     投稿日:2011年09月30日 12:35

���Υ������ȤϺ��������ޤ�����

コメントの投稿