スパイとか諜報に詳しいけど質問ある?



スパイとか諜報に詳しいけど質問ある?

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:12:27.38 ID:Cw/ydvjT0
日本人スパイってどんな活動すんだ?

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:16:04.08 ID:h8c85AlG0
>>6
企業スパイの日本人は日本人が思ってる以上に多い。海外とかで自社に有利な情報を集めたり、偉い人と懇意にして
活動してたりする。そのほかには公安、内調にもいるがほとんどが監視活動だと思われる。
7 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:12:37.86 ID:06RYtC5N0
給料はいくらくらいですか?

12 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:16:04.08 ID:h8c85AlG0
>>7
基本的には命をかけてる割に安い。でもパーティとか開く金、プレゼントの金なんかは結構出してもらえる。
一年間他国にスパイを置くと一人当たり数億必要。

10 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:14:49.44 ID:LaxzzpvW0
バックスタブの判定が怪しいんだけど

15 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:18:48.12 ID:h8c85AlG0
>>10
怪しいけど、結局は企業の体力とかで総合判定されたんじゃないか。
もしくはあちらさんからの工作があったとか。

11 :えろのひと ◆PreferADOo:2008/01/07(月) 10:15:49.76 ID:5eYKsouXO ?2BP(101)
二重スパイってホントにいるんですか><

15 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:18:48.12 ID:h8c85AlG0
>>11
キム・フィルビーは東独のダブルスパイでした。

19 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:22:33.04 ID:h8c85AlG0
>>11
間違ったギュンター・ギョームでした

13 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:18:27.50 ID:IfDMHd4s0
スパイになるための訓練ってあるの?

19 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:22:33.04 ID:h8c85AlG0
>>13
ある。ポリグラフかけられたときに反応でないようにするための訓練とか
記憶術の手ほどき、殺人技術、テーブルマナー、文化、法律などの訓練をされる。

14 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:18:27.97 ID:qfYefdFw0
忍者は実在するの?

19 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:22:33.04 ID:h8c85AlG0
>>14
戦国時代は当時は軒猿とか言われてた。今のスパイと大体同じ

31 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:25:45.83 ID:+af2J5ul0
>>19
忍者については俺のほうが詳しいようだな。ほほほ。

67 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:47:33.69 ID:A3X7M0YQ0
>>19
軒猿は謙信周辺だけじゃね? とマジレスしてみる俺は歴史オタ

77 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:54:01.11 ID:+af2J5ul0
適当な忍者知識

一般的な忍者の呼称は乱破、素破、草などである。

忍者の社会は封建的な階級社会である。
雇い主である上忍は大名等から依頼を受け、手下である下忍を派遣する。
平時は下忍は田畑を耕し、上忍はそれを管理している。

下忍の主な仕事は敵国の情報を探ること、悪い噂を流すことである。
上忍の主な仕事は仕事の請負と部下の管理である。

忍者は地域によって様々な呼称があり、技術も微妙に異なる。

伊賀、甲賀、軒猿とか色々ある。



80 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:56:39.93 ID:h8c85AlG0
>>77
ほう……勉強になりました。

16 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:20:23.51 ID:4b/dH39+0
何でスパイに詳しいの?

23 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:24:20.04 ID:h8c85AlG0
>>16
もともとスパイ小説やスパイ映画が好きで独学

18 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:22:23.05 ID:gBGSMHUEO
高級諜報員と聞いてやってきました。

今日本国が諜報員を送るとしたらどこ?

23 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:24:20.04 ID:h8c85AlG0
>>18
イラン。っていうかあれだけの国なのに外務省すら関心があんまりないらしい。
北朝鮮と懇意にしてるんだからあそこは重要地点。

32 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:26:31.80 ID:gBGSMHUEO
>>23
北朝鮮がらみか。
そういう諜報員はどこの管轄なんだろ。外務か総務かはたまた防衛か……

42 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:33:46.83 ID:h8c85AlG0
>>32
日本には対外情報機関がないので現状ではとても無理です><

20 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:23:04.98 ID:qEtCaYyk0
正しい暗殺の仕方教えて

33 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:26:36.12 ID:h8c85AlG0
>>20
リトビネンコみたいに毒は盛らない。バレるから。
大体は中東とかの外国にツレ込んで自動車事故に見せかけて殺る。

22 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:24:04.16 ID:Adq1myc30
映画のスパイと現実のスパイは全然違うものなのでしょうか

33 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:26:36.12 ID:h8c85AlG0
>>22
大体スパイは破壊工作とかあんまりしない。
あくまでスパイがやるのは情報収集が主。

25 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:24:52.48 ID:+af2J5ul0
KGBとFBIはどっちが強いんですか

37 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:30:51.89 ID:h8c85AlG0
>>25
KGB。アメリカの諜報組織はほとんど死に体。法律が厳しいからね。

28 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:25:02.72 ID:GeiOx2nV0
マタハリしか知らん
最近Civ4で少し興味わいたけど

37 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:30:51.89 ID:h8c85AlG0
>>28
マタハリは大部分が脚色

29 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:25:19.90 ID:98p0zAEIO
トリプルクロスはさすがに創作の中だけのものですよね

37 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:30:51.89 ID:h8c85AlG0
>>29
いると思うけど、トリプルクロスになるまでそのスパイ期間が浸透を許すかな。

30 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:25:36.19 ID:5TDeSPdF0
なんでスパイになるのに学校歴が必要だと思ってるの?

37 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:30:51.89 ID:h8c85AlG0
>>30
お前……だってスパイって頭よくなきゃ勤まらないぞ。語学の勉強だっているし。
あと偉い人は高学歴だろ? 偉い人も馬鹿とは付き合わない。

36 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:28:56.49 ID:W09DLw0HO
MI6になる方法教えて

42 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:33:46.83 ID:h8c85AlG0
>>36
奴らはあっちからリクルートしてくる方式だから無理だと思う。

46 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:36:09.82 ID:W09DLw0HO
バーカMI6はホームページで公募してんだよ
おまえ透けてるぜ?

57 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:40:34.11 ID:h8c85AlG0
>>46
プーチンの回想録嫁。
自分から「スパイにしてください」って寄ってくる奴をスパイが採用すると思うのか?

38 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:30:53.69 ID:gBGSMHUEO
昔学研のこども百科みたいなので読んだときは、
スパイ秘密道具:
差し歯に自殺用の毒
ベルトのバックルにカメラ
靴に飛び出しナイフ

みたいな装備があると書いてあってwktkしたものだ

42 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:33:46.83 ID:h8c85AlG0
>>38
これはウソだと思う人が多いとけど結構あった。
傘の先っちょから毒が飛び出す奴とかは東側で使われてた。

39 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:31:18.60 ID:m/nXzWnYO
スネークみたいな人はいないの?

47 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:36:12.67 ID:h8c85AlG0
>>39
いる。けれどあんな風に華々しくはない。
敵地に浸透するのと破壊工作を同時にこなすなんてのは無理。

41 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:32:40.37 ID:9m0Q6LvVO
誰の007が一番好き?

47 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:36:12.67 ID:h8c85AlG0
>>41
007はあんまり見てない。
強いて言えばピアース・ブロスナン

43 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:35:08.92 ID:0BtRuOM40
トヨタってアメリカで大成功してるけど何かしてるの?

57 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:40:34.11 ID:h8c85AlG0
>>43
してると思うよ。ただあれだけ一人勝ちされると正直工作でどうこうって事でないと思う。
アメリカの車会社の体力も落ちてるし、アメリカは車大国だからトヨタがいないと話にならないだろうし。

44 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:36:03.74 ID:wOZohnnPO
FSBとCIAってどっちが強いの?

57 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:40:34.11 ID:h8c85AlG0
>>44
総合的に言えばFSB。だが規模と装備力ならばCIA。

45 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:36:08.08 ID:c6wIBsS90
正直な話、日本の防諜能力はどうなんですか?

57 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:40:34.11 ID:h8c85AlG0
>>45
法的整備が出来てないし、防諜は出来ても積極諜報ができない。
つまりぜんぜんなっとらん。

51 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:38:18.47 ID:MqfemS2vO
モサドについて詳しく

59 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:43:10.05 ID:h8c85AlG0
>>51
神様的に頭のいい集団。平均的なIQが170ぐらいあるらしい。
なにより奴らは国の命運を握ってる機関だから危機感がある。

58 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:41:26.86 ID:hYt+Wfhw0
エルソン「大丈夫か!?こちらはまだ大丈夫だが・・。」
コービン「大丈夫だ!!機関銃、バリケード、戦車と何でもそろってやがる。おまけにドイツ兵の捕虜もあるぜ!」
エルソン「心配して損したよ・・お前らしいな!」
コービン「ははっそうか?・・え?何だ?うわあああああああああああああああああああああ」
エルソン「どうした?大丈夫か?しっかりしろコービン!」

こういう会話って実在します?

60 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:44:14.35 ID:h8c85AlG0
>>58
スパイが通常の言葉で仲間と通信することは有り得ない。
戦地ならあるだろうけど。ところでそれの元ネタ何よ?

61 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:44:12.85 ID:NKFwLIdaO
スパイって年収いくらなの?

63 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:45:25.39 ID:h8c85AlG0
>>61
正確にはわからんけど結構安い。
安全に暮らしたいなら普通に稼いでた方がよっぽど儲かる。

66 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:47:03.64 ID:NKFwLIdaO
>>63
お小遣い稼ぎ程度がベターなのかな

72 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:50:31.49 ID:h8c85AlG0
>>66
愛国心とか、国によって職務に抱く誇りはそれぞれ

62 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:45:04.55 ID:BPFV7jwh0
モサドってどこの諜報機関だっけ?
サウジとかその辺だったような覚えがあるけど。

64 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:45:45.15 ID:h8c85AlG0
>>62
イスラエル

65 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:46:38.82 ID:KhxG0Dsj0
中々面白いスレだな
スパイやる人物ってさ、何を求めてるんだろうな?
お金って感じではないみたいだけど

72 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:50:31.49 ID:h8c85AlG0
>>65
世界中の諜報機関職員に聞きました。あなたは何のために戦っている?

CIA「アメリカの自由と国民の命を守るため」
FSB「強いロシア再興のため」
モサド「我が民族の永続のため」
SIS「女王陛下のため」
外務省「自らの保身と権利を守るため」

69 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:48:31.13 ID:gBGSMHUEO
スパイって(本人の能力はもちろん)家柄も影響するのかな。

どう見てもScarletの影響です本当に(ry

78 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:54:15.32 ID:h8c85AlG0
>>69
あ り ま す 。特にイギリスとかは貴族が多いからね。
でも最終的に何が評価されると言えばやっぱり本人の資質。

81 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:57:16.57 ID:gBGSMHUEO
>>78
おお。片岡とも、やるなぁ。

サンダーバードのペネロープもイギリス貴族の諜報員だったな。
やはり家柄は信用を得やすいのか

83 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:59:24.63 ID:h8c85AlG0
>>81
普通の企業と同じ感じ。候補に挙がるところまではね。

85 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 11:01:49.59 ID:gBGSMHUEO
>>83
まあ、次に出てきた諜報員は一見普通の農民だったからな。

スパイに関係有るのか分からんが、よくある情報屋(街角の占い師とか花屋とか)も実在したんだろうな

86 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 11:04:49.10 ID:h8c85AlG0
>>85
ブラック・ラグーンでエダが教会にいるのは一応筋が通ってます。
でもあれだけ無茶やるとほとんどカバー職も意味を成さないけど。

70 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:49:12.71 ID:BPFV7jwh0
スパイやってる人って、家族とかには自分の職業どう説明してるんだろう。
「国務省に務めてるよ」とか言ってるのかな。

78 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:54:15.32 ID:h8c85AlG0
>>70
基本的にスパイは副業持ってるからそっちを答える。
神父、古書店の店主、大学教授、などなど。

79 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:56:33.60 ID:BPFV7jwh0
大学教授wwwまさにキートンwwwwww

75 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:51:45.68 ID:NKFwLIdaO
ニュースで長い間旦那がCIAだって知らなかったって話があったな

80 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:56:39.93 ID:h8c85AlG0
>>75
それ故スパイは離婚する人が多いです。誰にもほめられず、日陰で永遠
見えないものに尽くしてれば心もすさむ。

76 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:53:37.72 ID:gBGSMHUEO
そのMI6の募集をしたラジオで、現役の諜報員が声を世間にさらしただけで驚きだったらしいからな。

尤も、本当に現役なのかわからんけど

80 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:56:39.93 ID:h8c85AlG0
>>76
さてね。現役の諜報員が声さらすなんて事は絶対ないと思う。
イギリス人は「小さく信用させて大きく騙す」国だから。

88 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 11:10:10.11 ID:BPFV7jwh0
日本版CIAを作る、みたいな話は結局どうなったんだ。

90 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 11:11:15.09 ID:h8c85AlG0
>>88
日本版NSCね。あれは今国会での廃案が決まったから非常に残念だ。
安倍首相は本気だったのにいろんなところで足を引っ張られて可哀想だ。

89 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 11:10:29.69 ID:AK/jXdRLO
スパイってどのくらいの装備をしてるんだ?

91 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 11:12:08.05 ID:h8c85AlG0
>>89
基本的にスネークでもない限りあんまり装備とかはしない。
殺し屋ですらサイレンサーに拳銃程度。

93 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 11:13:54.26 ID:gBGSMHUEO
忍術って人心掌握とか情報操作とかも含んでたけど、
今の対諜報技術に通用するのだろうか

99 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 11:21:47.85 ID:h8c85AlG0
>>93
たとえばこの間日本で軍事転用できるレーザーだかがロシアの工作員に流れそうになった。
そこの社に所属してる研究員は窃盗で捕まったけど、これも人心掌握術の基礎。

こういう人間に工作員は近づいていってしばらく懇意にした後、そいつの話しを聞いて
「すばらしい研究ですね。あなたのような優秀な社員が評価されないのは間違っている」とこう来る。
人間には認知欲があるからほめられたことに気をよくして、機密とかを言われるままにあげちゃうことがある。
上記の事件はまさにそれに嵌った結果だと思うよ。

94 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 11:13:57.35 ID:hs2N2KH90
おもしろそうなスレ発見!
1さんがんばれ!

最近も中国人のおうちを、家宅捜索したら
自衛隊の部隊配置表などの、まるひ書類がたくさんでてきたね!
自衛隊には、かなりのスパイが浸透しているの?

99 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 11:21:47.85 ID:h8c85AlG0
>>94
日本国籍を持ってることが自衛隊への入隊条件だから浸透はしにくい。
しかし情報を流す奴と受け取る奴は沢山いる。宮永スパイ事件とか。

98 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 11:19:49.74 ID:NKFwLIdaO
創価なんて韓国スパイの温床になってそうだな
怖いわぁ

101 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 11:25:40.65 ID:h8c85AlG0
>>98
あれは正直にいうといただけないわ……政界に食い込んでる宗教組織なんて流出情報のプールだろうに。
すべての宗教組織にもっとよく対処しないとサリン事件みたいなことがまた起こるよ。

100 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 11:25:03.88 ID:hYt+Wfhw0
スパイグループに違うスパイのやつらがいる場合ってあるの?

102 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 11:26:22.48 ID:h8c85AlG0
>>100
沢山あります。二重スパイという奴ですね

103 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 11:27:17.95 ID:BPFV7jwh0
公安調査庁の中の人って創価にスパイしに行ってたりするのかな?

106 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 11:29:23.64 ID:h8c85AlG0
>>103
いるとは思うけど逆に蝕まれてる場合も多いと思うよ。つまり公安の人が創価学会とか
得体の知れない宗教に属している場合。

層化スレになるとイヤなのでちょっとこのネタは控えますか。

104 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 11:28:40.81 ID:hs2N2KH90
じゃあ、自衛隊員に美人な中国人が、仲良くしてくるのかな?

そういえばちょっと前、中国で、日本の外交官が自殺しちゃったけど
裏でなんかあったりしたの?

108 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 11:36:38.89 ID:h8c85AlG0
>>104
電信官が自殺した事件ね。あれは中国側のスパイ工作をしたれっきとしたスパイ事件。
女を抱かせて証拠を取った後、『ばらされたくなければ……』と脅して情報をふんだくってた事件。

大体大使館の電信官に手をつけるなんてやっちゃいけないことのウルトラC。
ある程度スパイたちにも暗黙のルールが存在するけど、それさえ無視した掟破りの事件だよ。
ソースも自殺させるし、事も露見するわであんまりうまい工作じゃなかったんだけど、気がつけなかった日本も相当脇が甘い。

105 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 11:29:05.36 ID:0fGxNcJK0
オセロットみたいに3重スパイってリアルにできるの?

108 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 11:36:38.89 ID:h8c85AlG0
>>105
上にも書いたけど、そこまで浸透されるまで諜報機関が気がつかないことはないと思う。

110 :44:2008/01/07(月) 11:45:44.43 ID:wOZohnnPO
CIAとマフィアって仲いいの?

116 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 11:47:48.84 ID:h8c85AlG0
>>110
仲いいって事はない。CIAがそんなことすれば国民に批判される。
せいぜいネタ元にするか、それとも大事が起こったとき臨時雇用するぐらい。臨時雇用もほとんどないけどね。

本当の意味で仲いいのはFS……おや、誰か来たようだ。

111 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 11:46:24.67 ID:MFF7rvA30
このまま特定アジアやらロシアスパイに情報垂れ流し状態の日本は
今後どうなることやら・・・
政治関連じゃないんだけどさ、企業秘密やらそっちのほうの情報が共産圏に
ダダ漏れなのはヤバいっしょ、って飲み会で発言しようものなら一般人からは変人扱いだし。

118 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 11:54:35.54 ID:h8c85AlG0
>>111
中国人スパイの話。
「日本人相手の仕事は気楽でいいよ。飲み屋にすら名刺置いていってくれるからね」

113 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 11:46:51.29 ID:hs2N2KH90
そういえば、横須賀かどっかで護衛艦のしらねの
指令室が燃えちゃって、消す時に海水使ったから
全部パーになっちゃって、直すのに100億円かかるから
廃艦にしちゃおうってことに、なっちゃったけど
本当は、どっかの国とかの破壊工作だったの?

まだまだ、しらねは使うつもりだったのに、
無くなっちゃって、大変!

118 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 11:54:35.54 ID:h8c85AlG0
>>113
それはないと思う。護衛艦なんて閉鎖的過ぎるし、日本政府もそこまでやられたら怒るだろう。
っていうか違ったら申し訳ないんですが、もしかして外国の方ですか?

114 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 11:47:34.57 ID:BPFV7jwh0
第二次大戦中の日本に有名なスパイがいたよな、たしか。
名前なんだっけか……ゲゲゲみたいな感じだったと思うが。
あれも二重スパイだっけ?


って書き込みを他所のスレに誤爆してきた。

118 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 11:54:35.54 ID:h8c85AlG0
>>114
リヒャルト・ゾルゲ。
ソ連のスパイ。

115 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 11:47:35.92 ID:wtyfFH4GO
オススメのスパイ小説教えれ。
国内物で手に入りやすいやつ

118 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 11:54:35.54 ID:h8c85AlG0
>>115
福井晴敏は厳密に言えばスパイ小説でないけど、華々しいシーンもあるから飽きずに読める。

117 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 11:51:30.50 ID:hs2N2KH90
ソ連の空母の修理用に、浮きドッグ売っちゃったり
リビアに、核兵器作れちゃう、遠心分離器みたいの売っちゃったり
中国に軍事転用できちゃう、無人機売っちゃったり
してるけど、企業にスパイがいるから売っちゃうの?
それとも、企業の人がスパイにだまされて売っちゃうの?
それとも、企業の人は罪悪感なく売っちゃってるだけ?

120 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 11:57:51.77 ID:h8c85AlG0
>>117
全くその通りでございます。
日本人は地理的に他国から侵略される危機感の薄い国民でして、そういう機密をポンポン
外国へ売っちゃうことに危機感がないんです。それを防止する法律もないんです。

というかますます他国の国籍を持つ方ですか?

124 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 12:01:55.89 ID:hYt+Wfhw0
自分が消される場合ってあるんですか?

127 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 12:05:52.75 ID:h8c85AlG0
>>124
つアレクサンドロ・リトビネンコ

128 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 12:08:26.77 ID:E5vf4DcWO
日本にスパイ防止法がない(作れない?)のは何故?

130 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 12:11:20.10 ID:h8c85AlG0
>>128
単純に危機感が足りないだけだろ。石破大臣も『宇宙人がどうこう』とか言って
装備せびろうとしてるみたいだけど、今の戦争は装備でなくて情報で勝敗が決まると言うことを理解してないようだ。

131 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 12:13:23.89 ID:Z5T2muecO
日本のNINJAはスパイとしては有能なの?

138 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 12:17:56.60 ID:h8c85AlG0
>>131
優秀だと思う。体術にまで秀でてたんだからね。
そんであの忠義の厚さは他国とは段違いだったと思う。

132 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 12:13:25.13 ID:BPFV7jwh0
宇宙人の話はそんなに馬鹿にしていい事じゃねぇと思うんだがなあw
そりゃあ来ないとは思うが、もしガチで来た時に「やべぇwwwどうしようwwwww」では困るし。

138 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 12:17:56.60 ID:h8c85AlG0
>>132
戦争はどう防ぐかが重要なのであって、どう勝つかは『日本にとっては』あんまり重要でない。
それにスパイは戦争のためにいるんじゃなくて、自国の利益のためにいる。

136 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 12:14:24.64 ID:HZQ6s8FCO
スパイになりたいんですけどどうすればいいですか?

138 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 12:17:56.60 ID:h8c85AlG0
>>136
とりあえず今すぐ猛勉強して外務省入れ。
似たことは出来るよ。

139 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 12:19:55.10 ID:Z5T2muecO
つーか、公○ってスパイじゃないのか?

142 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 12:27:13.40 ID:h8c85AlG0
>>139
スパイ組織だけどやれるのは防諜ぐらい。

141 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 12:21:48.65 ID:hYt+Wfhw0
実際にもスパイグッズみたいなのってあるんですか?

142 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 12:27:13.40 ID:h8c85AlG0
>>141
あるよ。上にも書いたけど先から毒が飛び出す傘、口紅型拳銃、特殊な止血材(拷問するとき殺さないようにするため)、
小型拳銃、盗聴器などいろいろ。外国のスパイが言うにはスパイが使う電子的な装備の大抵が秋葉原には売ってるから
驚くらしいぞ。

144 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 12:30:43.88 ID:0a0yHM6c0
スパイの必需品は?

147 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 12:32:53.80 ID:h8c85AlG0
>>144
情報をまとめるノート、鉛筆。贈り物やパーティ、接待のための金。
知識面で言えば国際情勢分野への確かな知識と語学力、国民性。

145 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 12:31:16.67 ID:fr5KGOGE0
よくテレビとかで「元KGBの〜」とかて顔出してる人いるけど
ああいう人らって消されないのか?

148 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 12:35:09.07 ID:h8c85AlG0
>>145
引退してて守秘する情報を流さなければ基本的には大丈夫じゃない?

154 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 12:43:14.85 ID:0a0yHM6c0
企業スパイとかばれたらどうなるの?タイーホ?

159 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 12:50:49.34 ID:h8c85AlG0
>>154
基本的に情報収集するだけだから逮捕はされない


そろそろ落ちます……ありがとうございましたー

160 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 12:54:56.84 ID:gBGSMHUEO
乙。なかなか為になったと思う。
スパイの中の人も大変だな


スパイのためのハンドブック (ハヤカワ文庫 NF 79) (ハヤカワ文庫 NF 79) (ハヤカワ文庫 NF 79)
ウォルフガング・ロッツ 朝河 伸英
早川書房 (1982/03/30)
売り上げランキング: 23096
おすすめ度の平均: 4.5
5 あっというまに読み終わった本
5 タイトルそのままの本です
4 スパイに憧れた日が懐かしい



カテゴリ:  質問ある?  オカルト


この記事へのコメント

1.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 00:02

まさかの1?

2.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 00:03

2げっとおおおおおおおおおおおおおお

3.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 00:04

なんか重くね?

4.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 00:05

すっぱいな。

5.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 00:06

質問あるスレ最近多いな

6.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 00:07

世の中には本当に色んな奴がいらっしゃる

7.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 00:09

亡国のイージスのダイスみたいに非公式に存在しないものだろうか

8.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 00:10

本物のスパイ名乗ってるのかと勘違いしてた
十分おもしろかったけど

9.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 00:10

ひとけただったらブログ繁栄

10.  Posted by     投稿日:2008年01月11日 00:13

10か?

11.  Posted by     投稿日:2008年01月11日 00:13

まさか一桁?

12.  Posted by  あきら   投稿日:2008年01月11日 00:18

内閣調査室を思い出した。

13.  Posted by     投稿日:2008年01月11日 00:20

個人的まれに見る良スレ

14.  Posted by     投稿日:2008年01月11日 00:20

10ならスパイになってくるわ

15.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 00:24

あまり見ないジャンルのスレで為になったわ。

16.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 00:25

ID:hs2N2KH90の文章が酷すぎる

17.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 00:32

>>1の知識が胡散臭い

18.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 00:37

これはなかなか面白いスレだけど
ソースが何なのか気になるな。独学って・・・
まさかそこら辺の本読んだだけってことはないだろうし

19.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 00:38

結構面白かった

20.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 00:39

スパイについて知りたくば佐藤優の本嫁

21.  Posted by  マダオ   投稿日:2008年01月11日 00:41

要するに日本は創価に蝕まれてますよってことだろ

22.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 00:42

とりあえず日本の国防レベルがスカスカってのはわかった

23.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 00:43

安倍総理こそ日本を「一番早く」武力国家にしてくれたのに

24.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 00:44

スパイ天国ってのはマジなんだね

25.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 00:44

そういえば日本には対外情報機関が無いんだな・・・。
このままで大丈夫なのか?

26.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 00:44

イギリスのスパイ募集の話、いわゆる007みたいな
目立つのは向いてない、身長170cm台の地味な感じのが
良いとかってどこかで読んだな。

27.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 00:44

こりゃだめだな、、、1はの考えは現実味ないのがけっこうある、、

副業神父、大学教授って

 ア ホ か

28.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 00:45

なかなか面白かった
秋葉すげえな

29.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 00:45

日本オワタな

30.  Posted by      投稿日:2008年01月11日 00:49

インターネットで公募してるのってMI5じゃなかったっけ?

31.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 00:54

デーブ・スペクターがスパイかどうかなぜ聞いた奴がいないんだ!

32.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 00:55

こいつ本当は他国からのスパイで、日本に間違った情報流してるんじゃないの?

33.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 01:02

間違ってるという人は正しい情報を書いてくれないとどこがどう間違ってるのか分かりません。
まぁVIPだし話半分に聞いていれば良いんじゃないの?
実際スパイ防止法とかは最近ちょろっと問題になってることだし。

34.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 01:02

ただしソースは脳内

35.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 01:05

佐藤優の本で得た知識ばかりだな(笑

36.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 01:08

スクープを掴むことを「素破抜く」と言うが、これは>>77にある素破(スパイ)の正体を見破ることが語源。
>>78にあるスパイに家系が関係するのは親族を把握しやすいから。○代前に他国人がいたりするとその国と繋がっている可能性があったりするが、元貴族とかなら家系がしっかり把握出来るためその心配がない。

37.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 01:10

米27
大学教授は実際多いらしいよ。
割合は知らんが。
学会などの理由で色んな国にも入国しやすいし、怪しまれにくい。

38.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 01:13

この中にもスパイがいたりな…

39.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 01:14

スパイはパイロであぶりだせ!

40.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 01:18

産業スパイは普通に逮捕されるだろ。
日本人も何人も捕まってる。
>>1は多分スパイに騙されてウソ知識教えられてるんだよ。

41.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 01:18

痛い奴だが面白いな。
絶妙な胡散臭さだ。

42.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 01:20

綿貫響乙

43.  Posted by      投稿日:2008年01月11日 01:20

スパイは職業かwww

44.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 01:24

スパイになるには?
で、外務省入れってアホかw

コマ数の多さ考えれば警察入って公安の外事警察進むのがが一番可能性
あるだろうが、高卒でも可能性大有りだしな。

このスレ主、知識の出所が胡散臭すぎ。

45.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 01:26

※40
産業スパイを具体的に取り締まる法律は日本にはまだないんじゃない?
民事でなら告訴可能だろうけど刑事は難しそう。
海外で日本人スパイが逮捕されたって話は聞くけど日本では滅多になさそう。

46.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 01:34

だいたい、この1、協力者と工作員の区別がついてないし
スパイは薄給ってスパイ的な事やってるヤツは普通公務員だっての。

47.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 01:36

なんとも中二病くさいスレだな。
日本がどーのこーのより、他国が異常な気もするが、それは俺が日本人だからかな。

独学で、スパイ映画や小説に影響を受けているっていうのもなんかなぁ。信用性に欠けるな。
まぁ、軍事オタ系は皆そうだけどね。

48.  Posted by      投稿日:2008年01月11日 01:37

ニートの妄想を巧みに映し出した良スレ

49.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 01:40

素人目には死ぬほど胡散臭いんだが。

50.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 01:41

リアル加持さんか

51.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 01:42

小説とかで得た知識を然も正しいという感じでひけらかしてるのが痛い

52.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 01:43

またここも
VIPスレの転載禁止ってルールを全く守らなくなってきたな

くだらない質問スレの多発なんかでVIP自体がクソ化してるのはどうでもいいが
それをわざわざ取り上げる管理人の質まで急速に下がってきてるのが気になる

53.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 01:47

ケースオフィサーとエージェントの区別ぐらいつけろよ

54.  Posted by      投稿日:2008年01月11日 01:48

↓こいつもスパイですかね?ww 御意見番のニートですかね?ww

55.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 01:49

諜報の現実なんて
証券会社やら広告代理店の企業がやってることの
スケールがでかい版みたいなもんだと聞くが。
基本的には公開されてる情報を収集→分析
必要なら人脈やらお金やらで非公開の情報も入手。
それを分析。
で、諜報機関として優秀かどうかは分析する人間と、
非公開の情報が必要となったときにどれだけ入手できるか。

56.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 01:51

※52
お前みたいな厨に来てほしくないからだよ。嫌ならブログ見なければ良い。

57.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 01:53

FSBとCIAは比べるようなもんかね?
FSBは防諜機関、CIAは対外諜報機関
確かにFSBの任務はプーチン以降肥大化してるけどね
比べるべきはSVRでは?
日本やドイツで技術情報収集してるような連中はSVRね

58.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 01:54

どうでもいいが、なぜVIPなんだ?

59.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 01:59

>>1は間違いなくリア工房で独学元はゲームと漫画、アニメと少量の小説

60.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 02:02

ここまでスパイに詳しいのはすごいな

61.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 02:02

>>1はワールドインテリジェンスは毎号購読してるのだろうか?

62.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 02:03

このシリーズツマンネ
もう載せなくていいよ

63.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 02:08

諜報に興味あるなら、中西輝政の「インテリジェンスという戦争」って論文おすすめ
中央公論2007年7月号だったかな。古本屋でしか売ってないか

64.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 02:10

佐藤優+漫画だなw

65.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 02:15

ぶっちゃけスパイがどうこうより
>>1 の素性が気になる

つか真顔で殺し屋とか言ってますけど信憑性どうなのよ
職業「殺し屋」より鉄砲玉の方が使いやすくねJK

66.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 02:18

間違いなく某PCゲームを連想してる奴が居る

かく言う俺もその一人

67.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 02:32

忍者の知識適当すぎわろたw

68.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 02:34

知識が胡散臭いとか言ってるやつの知識もうさんくさい
件について。
まあ、俺は面白かったよ。

69.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 02:36

これは痛い。

70.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 02:38

こういうの見るとワクワクするw

71.  Posted by     投稿日:2008年01月11日 02:38

���Υ������ȤϺ��������ޤ�����

72.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 02:40

正しい情報をVIPに期待してるやつはそもそもどうなんだと。
色々なトピックに対して面白く読めるかが大事で、面白くなかったらストレートに言えばいいのでは。

73.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 02:50

面白かった

74.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 03:13

公安とか平気で人ん家の電話盗聴するよな

75.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 03:20

胡散臭くて面白かった。が。

石破を擁護するわけじゃないが、
>>130
石破にスパイ防止法が無い事の文句を言うのは流石に無茶だろwww
奴は防衛省の頭として自分のシゴトをしてるだけだ。その良し悪しはともかく…
あと、自衛隊にも防諜組織はちゃんとあるんだぞ。

76.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 03:23

なんで外務省が諜報機関になるんだよ

77.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 03:24

ここまで鉄のクラウス無し

78.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 03:29

スパイがスッパイ(失敗)した

ってダジャレぐらいしか思いつかない

79.  Posted by      投稿日:2008年01月11日 03:51

忍者=探偵かと思いきや
スパイレベルなのか
それにしてもこの人詳しすぎる

80.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 04:24

まぁ・・・・微笑ましいよね、見ていて。

81.  Posted by      投稿日:2008年01月11日 04:40

スパイ大作戦大好きでしたwwwwww

82.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 04:41

知識の出所が胡散臭くても面白いことは面白い
>>1はスパイ小説書けばいいと思うよ

83.  Posted by      投稿日:2008年01月11日 04:51

ジェイムス・ボンドかっこいいです


84.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 06:02

お前ら正しい情報をネットに流すスパイがいるわけないだろうが
話すとしても多少ボカして書くだろ

85.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 06:16

ひきこもりとは正反対の仕事だな
童心をくすぐられてしまう素材だ

86.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 06:21

日本終わってないおオーバーキル状態だよw

87.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 06:39

日本版NSCが流れたのは本当に残念だわ。
無防備都市宣言とか、ほんと危機管理意識がなさすぎる。
いつも事件が露呈してからウオーサオーの事後処理してばっかり。
性善説ってやつかね?

88.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 07:34

小説で独学wwwwwwwwwwww
中二病ぶりを楽しむスレだろこれは。

89.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 07:35

米27
神父と大学教授って現実味無いか?
まぁ日本の話なら神父はマイナーかも知れないけど、
外国では神父がけっこう一般的な職業って国も多いぞ
色んな場所に怪しまれず行けるし色んな職業の人と怪しまれず交流できるし、
かなりいいポジションだと思うんだが

90.  Posted by      投稿日:2008年01月11日 07:45

知識だけだな

91.  Posted by     投稿日:2008年01月11日 08:42

産業スパイは背任罪として余裕で捕まります
ちなみに法律とは別に企業独自の条例があり無理な条件の条例じゃ無いかぎり立件できる
それに捕まっちゃうと顔がわれちゃうから就職が難しいですよ

にわか知識の>>1さん

92.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 08:47

スパイがいないと成り立たない国って言うのは
ぶっちゃけ民度が低いってことだろ。
移民社会になるとしたら、スパイが出没するようになるかもしれんが、
一番大事なのはやっぱり信用だよ。
ユダヤ人が国家持たないのに地位を獲得できるのも金銭に関して誠実だからだ。

93.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 08:53

独学(笑)

94.  Posted by  あか   投稿日:2008年01月11日 08:57

公安のゼロとかあったな。

95.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 09:09

※92
近くの国にどんどん情報や技術が漏れても問題ないというわけですね。
誠実にしてても無駄だと思うぞ、そんな国にはね。

96.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 09:11

>>23
91年の湾岸戦争の開戦前夜に、
イラクがイランへ戦闘機を退避させてるという情報を
掴んだのが、日本の外務省で当時から日本はイランと
太いパイプを持っているよ。

当時、中東の大国イランが湾岸戦争にイラク側で参戦するということになったら
大変なことだったから、かなり重要なインテリジェンスを日本は掴んだってことね。

「インテリジェンス武器なき戦争」佐藤優 手嶋龍一
「外交敗戦 -130億ドルは砂漠へ消えた-」手嶋龍一

この辺を読んでみるといい。

97.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 09:31

いつの時代を指しているのかわからんけど、
忍者が忠義に厚いって時点で忍者には詳しくないな‥。

98.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 09:34

>>96
それは湾岸戦争当時の話で、あれも個人の能力がでかいぞ。ペルシャ語のスペシャリストが情報を得たにせよ、佐藤大使が果断にワシントンへ情報を打電したお陰だろう? >>1が言ってるのは北朝鮮とイランの間の核ルートは最終防衛ラインだからもっと情報員を増派しろってことだと思う。

99.  Posted by     投稿日:2008年01月11日 09:37

日本に対外情報機関は無い
って言っているけど公安調査庁が対外情報機関じゃないの?

100.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 09:37

>>98
間違った斉藤邦彦

101.  Posted by  -   投稿日:2008年01月11日 09:39

ダイスが実在してるんじゃないかと思ってた時もありました

102.  Posted by     投稿日:2008年01月11日 09:39

リトビネンコ殺したのって本当にロシアが犯人なのかな?
バレバレな手口を使うとは考えられん・・・

103.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 09:44

ってか、FBIって諜報じゃなくて犯罪捜査中心なのに、国内のメディアだとよくスパイとして出てくるのは何故。
国外での捜査活動すら原則的には不可能だったはず。

104.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 09:46

一番なれる可能性が高いスパイは警察の公安外事課か?

105.  Posted by  津汚痢と油←   投稿日:2008年01月11日 09:46

米96
イラクとイランが仲が悪い件について
実際任天堂戦争前にイライラ戦争してるし
普通に国境で撃ち合いしてる
それに開戦前から負け確実視されているイラクに荷担してもメリットが無い

昔は知らんが今日本とイランは仲が悪い
あっちはあっちで反欧米政策しているしこっちはこっちで欧米が敵国認定だしてる
現に巻き添えで日本人が拉致られた件

本が絶対正しいとは限らないから注意しとけ

106.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 09:47

>>1の言うスパイの定義が曖昧やなぁ…。

107.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 09:53

米103
確かにFBIは国内専門だが外国の領事館類いは国内と見なされるため国外調査に行きます
それにFBIは防諜のために国内で諜報活動もしますから間違ってないはず

108.  Posted by     投稿日:2008年01月11日 10:02

リトビネンコ殺したのって本当にロシアが犯人なのかな?
バレバレな手口を使うとは考えられん・・・

109.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 10:56

この前も中国人の別件操作で自衛隊の資料が出てきたよな
まあスパイ防止法の無い日本だから
ただの窃盗で執行猶予で済んじゃうんだけど

そりゃアメリカも戦闘機売ってくれないって話だよな
イージス漏らしたのも向こうなら確実に死刑になってるようなものなのに

110.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 11:12

民主党の小沢一郎代表に韓国人女性秘書が居ることに
ついてどう思われますか?

と、>>1に聞いてみたかった・・・

111.  Posted by  1   投稿日:2008年01月11日 11:16

>>1だけど呼んだー?

112.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 11:48

スパイ映画とスパイ小説が好きで、知識は独学ってのがなあ・・・。
なんか通信教育の空手の達人みたいだな。

113.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 11:53

スカーレット、プレステ移植らしいね。
角川がねこねこにザオリク使ったみたい。

スパイ諜報=スカーレットのイメージしかねぇwwww

114.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 11:54

講談師見てきたような・・・ってやつか

115.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 12:09

>1のレスは一般情報だけな上に独自内容ゼロ。

「スパイは副業を持っている。大学教授と神父とか」というのと>>99の事件の元ネタは手嶋龍一と佐藤優の対談本「インテリジェンス―武器なき戦争」が元ネタだろうな。

特に、神父ネタは手嶋龍一が「ウルトラダラー」がらみで何度も書いてるね。「黒衣の神父が実は云々」の話でな。

116.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 12:22

モサドは人種の点で強いんだろ?
世界中に居るから横の繋がりもあるし、他国に行っても「外国人」として
見られないし。

その点、日本人は厳しい。

117.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 12:22

日本はもうあれだな
国ごと二次の世界へいってしまえ

118.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 12:24

なんかがっかりスレだったな

119.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 12:39

どう見ても中二病です

120.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 12:45

日本に危機感がないってのはよくわかるスレだったな

121.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 12:53

2ちゃんらしくていいよね

122.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 12:58

白組:
人員割合は9割。もっぱら、表の情報(新聞などの報道情報、政府会合の際の雑談等)からの情報収集と収集した情報からの推測による情報整理。

黒組:
人員割合は1割。
平時は、相手側の黒服と接触して、腹の探り合いを兼ねた情報交換。
または組織が入手した情報の裏付け活動。
(ただし、潜入とかの積極的なものではなく、現地にての噂話収集などの消極的なもの)
戦時は、工作活動。
(ただし、ボンドみたいに派手じゃない。)

茶組(日本のみ):
人員割合は10割。
既に老人会と化した成田空港建設反対派などの危険でない組織の監視。
裏金のための偽造領収書の作成。

ちなみに茶組の能力は、素人の共産党員に尾行を撒かれ、その件で裁判で訴えられ敗訴するくらい優秀。
重大事件が起こった後に「実は知っていたが、とある事情で手出しできなかった」と自己弁護するのは得意中の得意。

123.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 13:09

ここに書き込んでブログを非難してる奴は

書き込んだ時点で、IPアドレスが管理人に漏れていることに気が付いていない。

124.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 13:29

こう言っちゃなんだが所詮vipよ

125.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 13:42

NSAはどうなん?

126.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 13:49

そういや本で日本の民官べったりの体制は汚職はあるけど諜報が入り込む隙が か つ て は少なかったとか読んだな。
あと日本の企業スパイだけど実はあんまり自覚がないらしい。情報収集が主な任務で情報源の九割近くがオープンソースだからなのもあるけど、外から見れば立派なスパイ行為だとか。

127.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 13:55

なかなか良かったんでね?
即答出来てるし、趣味が高じての独学なのになかなか。
モノホンスパイが2chに書き込む訳ねーしな。
前のオカルトのスレと比べれば断然立派だろう。

128.  Posted by  名無し   投稿日:2008年01月11日 14:07

想 像 乙

129.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 14:20

>>72
外務省ワロタwww

まさしく!だな。

130.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 14:21

殺人技術の手ほどきww

131.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 14:38

どんな馬鹿でも出来る批判より、逐一レスする>>1の方が数倍信用出来るのは事実

132.  Posted by  jpt   投稿日:2008年01月11日 14:41

アルカイダ以上のエキサイティングなプロ集団は他には居ないよね!!

あの結束力は見習いたいくらい素晴らしいです。

すぐに解散するバンドメンバー等に見習って欲しいです。
海外のバンドメンバーは皆さん才能有り余るのに解散しません。

日本人はちょっとちやほやされたらすぐソロ活動します。
呆れちゃうよね(笑)

133.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 14:52

独学の内容が書籍や映画等に依存していることの何がいけないのか。
こういう特殊な内容に対して詳細を知ろうとすると書籍くらいしか頼るもの無いだろ普通。

スレ内にはプーチンの回想録とかノンフィクションも挙がってるけど、海外の小説や古いスパイ映画には本物の手腕が描かれている秀逸なものも多いからフィクションだからって侮ってはいけないんだぜ。
まともな小説家ってのはちゃんと取材をして書くものなのさ。
充分参考にはなるんだぜ。

らのべ?げーむ?んなもんしらねー

134.  Posted by      投稿日:2008年01月11日 15:07

確かに( ̄□ ̄;)!! 小説家は命がけの取材している方は多いのです!


小説は後で本当になっちゃっている話もありますよ!


昔の映画にポセイドン アドベンチャーってありますが、あれとかね!

最近は ポセイドンって新しくリニューアルしています。


135.  Posted by  Gjd   投稿日:2008年01月11日 15:08

はあー!?
(*゜▽゜ノノ゛☆

136.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 15:11

>>115
プロのスパイに聞いてもまともな答えなんか返ってこないと思うんだが。
大体一般論って、一般論が必ずしも間違いであるってことはないぜ。

137.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 15:14

なんだ、ただの厨二病か

138.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 15:15

>159 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 12:50:49.34 ID:h8c85AlG0
>そろそろ落ちます……ありがとうございましたー

背中に銃を押し付けられながらタイプしてるシーンを想像してしまったw

139.  Posted by   名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 15:22

興味なし

140.  Posted by     投稿日:2008年01月11日 15:28

���Υ������ȤϺ��������ޤ�����

141.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 15:34

それが世界の選択か・・・ 

142.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 15:35

木工用の接着剤を思い出す。

143.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 15:45

自宅スパイのみなさん、乙です。

144.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 15:46

※27
プーチンが元KGBなのは知ってるだろ?
あいつはサンクトペテルブルクの市長になる前は大学の校長さんで、優秀な学生をKGBだかFSBだかにスカウトする任務に付いてたらしい(記憶が曖昧3センチだが)。

145.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 15:47

危機感が全く無いよな
50年後は中華の領土か

146.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 15:55

>>16
もともとスパイ小説やスパイ映画が好きで独学

つまり本当のところを知ってるわけじゃないんだろ

147.  Posted by     投稿日:2008年01月11日 15:56

このスレの1って小説とか文献とか鵜呑みにしてるのか。
ただのオタかバカだろ

148.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 15:56

佐藤優の自演だろw

149.  Posted by     投稿日:2008年01月11日 15:59

「昔のスパイ作品は本当のことが書いてある」とかコメントしちゃってるアホがいるな

150.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 16:11

胡散臭い、中二病って書き込むのはいいけどさ
ちゃんと根拠も書いてくれよ米91みたいに
じゃないとただの戯言だぞ

151.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 16:18

どうでもいいけど
スパイ防止法が無い日本じゃ外国で死刑になるような
情報漏えいも窃盗で済んじゃうスパイ天国なことだけは事実だよねー

152.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 16:18

とりあえず創価が隣国に情報リークしてるのだけはわかった

153.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 16:38

別当・和泉九郎・スカーレット

154.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 16:49

別に真実じゃなくったってふいんきが判る程度でいーじゃん。
だから本スレ内容あんな感じでいんじゃね。

>>1は中二病ほど幼稚じゃないからせいぜい知ったかクンで許してあげようよ。

155.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 16:57

なかなか面白い話だったぜ

156.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 17:16

勉強になった。ありがとう

157.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 17:18

しらねはもうそろそろ退役の時期だったじゃまいか

158.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 17:31

こいつの知らないとこで日本も何かやってるかもよ
つーか素人の国民が知ってちゃスパイにならんだろ

159.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 17:33

知識がだいぶ偏向してるな

160.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 17:33

つーかただのスパイオタクかよw

161.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 17:50

>>57
新聞でMI6が就職案内出したの知らないんだな

162.  Posted by      投稿日:2008年01月11日 18:09

>>1自身がスパイで、嘘スパイ情報で市民をコントロールしようとしてるのかもしれない。

163.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 18:21

たとえ中二病スレだったとしても
面白かったから許す。

164.  Posted by     投稿日:2008年01月11日 18:34

刑務所に働いてるけど、中国人の殺しやならいる。
認めてなくても、凄い殺し屋っぽくて、絶対に殺せる体のポイント狙ってやがった。

165.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 18:39

1は佐藤優のファンっぽいな
『自壊する帝国』と『インテリジェンス 武器なき戦争』あたりは読んだんだろうな

それにしても米欄で1を叩いてる奴らの無知さときたら笑えるなwww
一般情報を馬鹿にしてるやつとか頭悪すぎ
たとえば小説でも、トム=クランシーは信憑性が高いらしい(『「情報」と国家』太田文雄 前・防衛庁情報本部)

そもそも一般情報(俺らも手に入る情報のこと)はオープンインテリジェンスといって、重宝されてる(『インテリジェンスの20世紀 情報史から見た国際政治』第2部 第9章「CIAの情報分析とその限界」)

1もスレたてるなら最低限このくらい読み込んでほしいね

166.  Posted by  74   投稿日:2008年01月11日 18:56

小説と映画の知識wwwwww

167.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 19:00

1に興味がある人が多いようだね

168.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 19:01

批判してる奴はアホ

169.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 19:13

詳しいけど(笑)

170.  Posted by      投稿日:2008年01月11日 19:15

別に1は厨二病では無いだろ
厨二と言いたいだけの厨二病患者が沸いてるな

171.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 19:18

スレ主の情報の真偽はどうでもいいんだが、
これで色々知った気になる奴がいそうで怖いな。

172.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 20:13

頭が少しかわいそうな奴が脳内ソースで語ってるようにしか見えない。

173.  Posted by      投稿日:2008年01月11日 20:18

↑に痛いほど同感

174.  Posted by     投稿日:2008年01月11日 20:26

>>165が『トム・クランシーは信憑性が高い』って言ってるけど、確かトム・クランシーって『レッド・オクトーバーを追え!』をゲームの説明書かなんかで書いたからその辺の知識が全くなかったんじゃなかったっけ? 大昔聞いただけだからよく覚えてないけど。

>>161
SISは求人広告出したけど、自分から『スパイにしてください』って言ってくる人はオタかダブルなので組織はまず信用しないよ。プーチンは昔スパイにあこがれて軍の募集所に行って『KGBになりたいんだけど』と行ったところ、『スパイにしてくださいってKGBに行ってもダメだから、いい大学を出ろ』とアドバイスされたんで猛勉強して大学入ったら『KGBに来ないか?』ってKGBから誘われた。でもプーチンは『自分から寄ってくるものは信用されない』っていう忠告を覚えてたから、一回断った、って言ってたぞ。

175.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 20:33

興味はあっても知識が無い分野だから、本の情報が書いてあるとありがたいね
>>1の情報が間違ってるっていうなら、対抗する情報のソースを書いて欲しいなぁ

信憑性?
中の人しか事実は知りえないんだからそんなもん中に入らなきゃ分かるわけないよなぁ
外にいる一般人である俺らは文献に当たるくらいしかできないんじゃないのかね
それとも、このコメ欄には敏腕ジャーナリストとか、外交関連の偉い人たちがあつまってるのかしら?

176.  Posted by      投稿日:2008年01月11日 20:36

本当かどうかは別にして
面白かったよ、ありがとう>>1

177.  Posted by  ナンテコッタイ   投稿日:2008年01月11日 20:44

内容が表面上の知識だけで中身がすこっぺらんじゃん
見てて面白いけどさ

178.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 21:07

おおお俺が童貞なのもお見通しってわっわわけか

179.  Posted by  165だが   投稿日:2008年01月11日 21:53

>>174
「『レッド・オクトーバーを追え』や、その次の『レッド・ストーム作戦発動』などは(中略)例えばSSBN(戦略弾道ミサイル搭載潜水艦)とSSN(攻撃型潜水艦)の違い等、軍事常識を養うにはもってこいです。」『「国家」と情報』P25,26

って書いてあるぞ

ちなみに太田文雄はゆうぐも艦長を務めた元海将だから、間違いに見抜けなかった可能性というのは低い
さらにわざわざ潜水艦の部分を例に挙げたぐらいだから、記述に自信があるのではないか

180.  Posted by  上の続き   投稿日:2008年01月11日 21:54

>>175
日本ではインテリジェンス研究は進んでなくて落合みたいな怪しげなジャーナリストの影響でうさんくさく思われてるが、海外ではきちんとした学術研究がなされてるよ
海外の大学でちゃんとそういう訓練を受けてきた日本人が書いた本なら、資料としての価値があると思わない?
たとえば小谷賢(防衛省防衛研究所戦史部教官)の『日本軍のインテリジェンス なぜ情報が活かされないのか』とか北岡元(国立情報学研究所教授)の『インテリジェンス入門 利益を実現する知識の創造』なんかは一読に値すると思う

181.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 22:04

太田の著書は『「情報」と国家戦略』でした
すみません

182.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 22:06

とりあえず創価は早くぶっつぶしたほうが良いということはわかりました。

183.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 22:09

対外工作や対諜報員用の機関・法体制がダメダメだってのはとりあえずマジ

これは本当なんとかしなきゃイカン

184.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 22:46

情報機関とかについて真面目に知りたいなら『ワールド・インテリジェンス』て雑誌読め。一巻がCIAについてだ。ロシアの情報機関についての特集はお前らの好きなプーチンの射撃中の写真が載ってたぞ。

185.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 23:04

36 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:28:56.49 ID:W09DLw0HO
MI6になる方法教えて

42 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:33:46.83 ID:h8c85AlG0
>>36
奴らはあっちからリクルートしてくる方式だから無理だと思う。

46 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:36:09.82 ID:W09DLw0HO
バーカMI6はホームページで公募してんだよ
おまえ透けてるぜ?

57 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:40:34.11 ID:h8c85AlG0
>>46
プーチンの回想録嫁。
自分から「スパイにしてください」って寄ってくる奴をスパイが採用すると思うのか?

186.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月11日 23:59

CIC燃えてダメになったのって海水で消したからか!
まだ燃えっぱなしの方がマシだったんじゃねーのか
バカ丸出し…

187.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月12日 00:11

独学ってwなんでスパイの情報をこんな日本の中二秒患者が
知ってるんだよwww偉そうでマジ痛い

188.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月12日 00:39

口紅型拳銃って、キス・オブ・デスとかいうやつ?
本当に実在すんのか。なんかワクワクするね

189.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月12日 00:56

一応日本にも防衛省情報本部「DIH」っていうそれらしい組織はできましたよ。
ただ、情報分析が任務なのでCIAとかモサドみたいなのではなく、
NROみたいな組織でしょう。
戦闘能力も表向きは持ってません。

190.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月12日 01:28

日本の公安調査庁はなかなか優秀って聞いたけど。
CIAとかとも情報共有してるらしいしね。

ん、だれかきたみたいだ

191.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月12日 01:39

こういう話は知っていることを知っている人しか真偽がわからんからなー。

でも(本物かもわからんし本当の事を言ってるかもわからん)元KGBとかテレビに普通に出てくる時代だし、
そういう細切れ情報かき集めればフェイクだとしても少しは情報が形になるかもね。

192.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月12日 01:47

まあ日本が表立って「スパイ組織作りました!」なんて言い出したら
海外(ってかお隣の国)がどんな反応するかは考えなくてもわかる。
そういう事は福沢諭吉時代からお偉いさんたちにはわかっていたことだし、
作っていたとしても絶対公表できないしさせないんじゃない?

アメリカFBIみたいな「力の象徴」も兼ねる諜報機関は日本にはいらない・・とか。

193.  Posted by  ガスパジンサトー   投稿日:2008年01月12日 02:47

引用元は佐藤優の
『国家の自縛』
『自壊する帝国』
『インテリジェンス――武器なき戦争』
『国家情報戦略』
『国家の謀略』の写経。

大学生として
佐藤先生にはナショナリズム論の手ほどきを受けたことが
あるが大変優秀な人だとは思う。

少し苦言を言うが
ID:h8c85AlG0は「参照引用 佐藤優」と付随しないと駄目だ。
他人の知識を自分が身に着けた自説のごとく語るのは
傍から見ていて不快でしかない。少し反省しなさい、ばかたれ。

194.  Posted by     投稿日:2008年01月12日 02:51

映画やテレビの見すぎだな。そもそも、プロの諜報員が情報を洩らすわけないから、スパイの存在は事実だとしても、掲示板に書かれてる内容のほとんどが妄想のでっち上げだろ。

195.  Posted by  スパイ   投稿日:2008年01月12日 03:18

スパイだけど何か聞きたいことある?

196.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月12日 03:24

所詮妄想だな。

197.  Posted by      投稿日:2008年01月12日 04:11

スパイさんには家族居ますか?

奥さんや子供さんは居ますか?


198.  Posted by      投稿日:2008年01月12日 04:14

スパイとは違うますが、町内会長はひとんちの内情をよく知ったいます o(^-^)o

199.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月12日 04:25

>つまり公安の人が創価学会とか得体の知れない宗教に属している場合。
公安なめすぎ。身辺調べられるから創価みたいなオープンな宗教に入ってるとすぐばれる。
つか全部ネットと本にある知識じゃねーか。

200.  Posted by      投稿日:2008年01月12日 04:36

スパイかっこいい!

201.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月12日 04:44

警察の外事課もある意味防諜か。

202.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月12日 04:53

副業が大学教授なんてなめとんのかって。
ウラヤマシス。

203.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月12日 05:24

わりかし現実に近いのはチャーリーマフィンシリーズぐらいか、
MI5(6?)に公募で入って給料はホントに安くて窓際族っていう(ry

204.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月12日 06:11

忍者の優秀さは異常でおk?

205.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月12日 07:43

ここの米欄の皆が本スレで突っ込んだ
質問しまくれば面白かったのにw

206.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月12日 07:59

企業の情報を流したら逮捕だろjk

207.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月12日 08:49

…厨ニもいいとこだなあ。ゴルゴの脚本でも書いたらどうだろうか。

208.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月12日 09:07

米欄の痛さは異常
てか真偽がばれたらまずいだろこの問題

209.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月12日 09:12

ID:hs2N2KH90はスパイ

210.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月12日 09:16

さて本当に分かってないのはどっちかね

211.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月12日 09:42

ある意味情報戦だなこれも

212.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月12日 10:31

まさかこのスレでとも氏の名前を見るとは思わんかった
なかなか面白い。今度、スパイについて俺も勉強してみようかな

あと、日本人の危機意識の無さは本当に酷いよな

213.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月12日 13:58

なんで同じ番号が何度もあるの?

214.  Posted by  スパイ   投稿日:2008年01月12日 14:21

奥さんは居ませんが、彼女は居ますよ。
3人兄弟で年末に帰省した時には、ポケモン大会が開かれました。

215.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月12日 15:08

やっぱりScalettの話が出てきてるよ

216.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月12日 15:46

久々にいい厨二病を見た

217.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月12日 16:17

外人怖いなww句読点のつけ方やばい

218.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月12日 17:14

なんでヲタの知識披露スレがこんなに賞賛されてるのかわからない

219.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月12日 17:43

米132
確かに、ソロ活動なのに売れたら勝手にメンバー入りさせるからなwアルカイダは

220.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月12日 21:01

元スパイの人の書いた本にも似たようなこと書いてたし
中二病と言い捨てるほど酷い内容とは思えないね

221.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月12日 21:50

米27
うちの大学の外国人助教授・・・副業が神父なんだ。
まさか・・・ね。

222.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月12日 22:35

活字離れってのは本当に馬鹿を産むんだな。
米蘭見て実によく判った。

223.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月12日 22:42

米220
本気で言ってんのか?

224.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月12日 22:44

※199
公安を過剰なくらいまで高く評価しすぎ。
そんなに優秀なら拉致は起こってない。

225.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月13日 01:05

話半分で楽しめばいい
何の根拠もなく自信満々で馬鹿にする人が居るけど
何様だろうな

嘘だろうがホントだろうが一般人にはかかわりのない話だし
どうでもいいけどw

226.  Posted by  米27   投稿日:2008年01月13日 01:49

そりゃいままでの外国スパイの歴史の中には大学教授だった人もいたかもな、


ただ1は大学教授にどのような人達がどのようにしてなるのかまるでわかってないな


227.  Posted by     投稿日:2008年01月13日 03:58

話の真偽はともかく、>>1が痛々しいのはガチ
文体が高圧的なんだよな

228.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月13日 13:14

これが自称本物のスパイです!だったら面白く読めたんだよ
真偽なんて気にしなかったし、米もそんな微妙な荒れ方しなかったろ

頭でっかち丸出し、危機意識どうこうのありふれた批判、
断定ともったいぶり多用、その正体が関係者でも経験者でもなんでもなく
「勉強したけど質問ある?」
どう譲歩してもただの邪気眼としか言えないじゃない

内容はそりゃよく勉強してるだけあって面白かったよ
007的なスパイ小説としては

229.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月14日 00:02

どう考えても佐藤優から影響受けてますね

本当にありがとうございました

230.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月14日 12:07

とりあえず221は神父な助教授に突してくるべき。

231.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月14日 23:35

米106
日本とイランが仲悪いってことはない。
しかも日本人を拉致ってんのは反政府の麻薬密輸組織だぞ?
外国人だから狙われたわけで、日本人だから拉致されたわけではないんだよ。

232.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月17日 03:01

米に妙なのが沸いてるね
さっきから何が言いたいんだか・・・

233.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月18日 02:39

スパイオタクが答えてたなw

あ 別に自分がスパイとは言ってないか

234.  Posted by  。。。   投稿日:2008年01月18日 17:48

もともと国に雇われてたことあるけど、今初めてここ観た。妄想が行き交ってるな。

にしても1が偉そうに語っててニヤニヤした。

235.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月20日 18:19

スレ主は明らかに佐藤や手嶋の本の受け売りだけど、おまえらの厨2秒という批判のほうがよっぽどガキっぽいと思うよ。具体的に反論できてねえもの。

236.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月21日 16:24

反論は具体的じゃないとダメだよな

237.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月21日 16:27

>>1の情報源は佐藤さんの本の中の知識がかなり多いね
コメント欄にもいくつも指摘があるが、
佐藤さんの本ってけっこう読まれているんだね

238.  Posted by  。。。   投稿日:2008年01月23日 09:00

具体的に反論はしないよ。
したら駄目なんだから。

知っている人間しか知らない世界。
それしか言えない。
あとは妄想で騒いでいればいいと思う。

239.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月25日 05:14

FujiSankei Business i
佐藤優の2007/8/22分のコラムと
日経の2007/10/21の7面の特集を検証すると、
佐藤ファンにはおもしろい。

240.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月26日 23:48

スパイでも、国内の企業スパイなら十分あり得ると思うんだ。
「あそこの会社にいって、情報とってきたら、大金やる。」とか
あと、「お前の会社の情報を横流したら、金やる」みたいなね。

ただ、先から毒が飛び出す傘、口紅型拳銃、
傘はアンビリバボー、口紅型拳銃はMGS3で出てたんだが、
そこら辺ぐらいの知識っぽい気がするし、
>あ り ま す 。
とか、安っぽいな。

241.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月28日 21:30

つくづく日本の「忍」が衰退したのは惜しいことだよな
もはや日本にいるのは技術も忠誠心もない腑抜けばかりか・・・

242.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年01月29日 13:59

会社では完全にお荷物な米国帰りの中年。
アメちゃんマンセーな話を聞いてやるのが俺だけだった。
飲み屋で泥酔するまで飲んでたらなんか態度がおかしい。
暫くして唐突に切り出した「CIAのエージェントとして…」
後日他に人がいるところでネタにつかうと
口が聞けなくなる位パニクっていた。本当の恐慌状態。
それ以降そいつと飲みに行くことはなくなった。

243.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年07月24日 19:31

北朝鮮に日本の公安が送り込んだスパイがつかまった事件が
このスレでは話題にされてないじゃん。騙り決定。
ただそこらの本で仕入れた糞みたいな情報ひけらかして悦に入りたかっただけの浅はかなバカじゃん。
(結局騙りだとこのサイトの人たちに看破されてるからそれもできなかったわけだがw)

244.  Posted by  OHMMS   投稿日:2008年08月24日 01:36

公安調査庁は、実際にヒューミントもしてるよ。自分の身分を偽って。あとは過激な宗教団体も監視してるしね。防諜は自衛隊の保全隊の仕事。それからCIAは”情報源”を利用して役目が終わったらアメリカに逮捕させたりしてるらしい。

245.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年09月17日 19:50

本当に >>1 中学生かもしれないね

産業スパイなら日本人の会社員たちがガチでやってるよ
国内でも海外でも。で、ときどき海外で逮捕されてるじゃん

ただ、どこまでがスパイ活動なのかな?
たとえばうちの兄は海外駐在が多い普通のビジネスマンだけど
某後進国の政府高官や企業関係者に金や女を都合して
取引を有利にしたり外部秘の情報を手に入れたり
現地の邪魔な武装グループを排除するために政府軍を動かしたり

これもある種のスパイ活動といえばそうだよな
でもこんなのって日本や欧米のビジネスマンが昔から
世界の後進国でやってることだよね

246.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2009年11月01日 05:28

何も語れないよりかは遥かにマシ

247.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2010年04月22日 18:20

2chの情報を丸呑みにするなボケ

248.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2011年03月28日 17:41

どうすればスパイになれる?

249.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2011年03月30日 00:34

なんにしても、経済大国だとされてる国がまともな諜報機関持ってないって異常だよな。
アメリカに反対されただの聞いたけど、他にも周辺各国から足引っ張られるだろうし。

スパイ天国って呼ばれて、どんどん蝕まれて国が落ちて行くのも必然か。
今までもこれからも、ただやられっ放し。

250.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2011年04月01日 00:08

コンカイノジシンノケンニツイテ

251.  Posted by     投稿日:2011年05月03日 21:47

クオリティ低いな、序盤で読むの止めた
対北の情報ルートは今も昔も東南アジアと東京だろうがアホ
ミサイル絡みでイラン!程度の発想が素敵()

252.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2011年06月04日 22:12

漏れの祖父は15年前に他界したけど、元日本軍のスパイとしてビルマで働いた人だお。陸軍中野学校を卒業後、軍事訓練を現地人にさせるため、教師をしてた。引き上げる時、足に大けがをして
殺されると思ったけど、教え子が助けてくれたんだって、帰る時はドラム管の中に潜んで、銀のスプーンを握りしめて帰ったらしい。他にも現地人の人に粉ミルクを分けてあげたり。心優しいスパイだったようだよ。死ぬまでそのスプーンでカレーを食べてた。アウンサンスーチーの父を教えたのも漏れの祖父らしいwだからスパイは普通にいる。

253.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2011年06月04日 22:20

ちなみに祖父の偉業を伝えたいから書くけど。当時、祖父は射的の名手で県で3位になった人。死ぬまでビルマが好きだったよ。スパイなのにね、ペン型の爆弾とかインパール作戦とかにも関与したらしい。現地の人に軍事訓練をして兵士にしてしまって何人か教え子を死亡させて。未亡人に粉ミルクを送って謝罪したりしたらしい。祖父はビルマ人と似て肌が浅黒いから、日本人とはバレなかったらしい。帰国御優秀な祖父は会社を作り
一財産を築いたけど。もうそれも昔の話し。だから漏れはビルマが好きだ。祖父の脱出を助けてくれた現地人に感謝です。

254.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2011年06月04日 22:35

それと、戦後も現地の教え子とも交流があり、手紙のやり取りをしてたよ。ビルマ人は義理堅い国民性なのか、祖父の家族の健康とか気にかけてくれてた・・・戦後は良き友人だったみたいだね。
スパイは存在する、でも普通の心優しい寡黙な、おじいちゃんでした。007とか嘘みたいだな・・・。長文失礼でした・・・。

255.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2011年07月28日 15:14

※254
お前まさかuziじゃないだろうなww
てか
59 :以下、VIPがお送りします。:2008/01/07(月) 10:43:10.05 ID:h8c85AlG0
>>51
神様的に頭のいい集団。平均的なIQが170ぐらいあるらしい。
なにより奴らは国の命運を握ってる機関だから危機感がある。
↑で大笑いした。
モサドの失敗の歴史知らねえのかよ。

256.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2011年09月09日 14:56

外務省にやたら食いついてる人多いけど、外交官も公然としたスパイみたいなものだってどっかで見たし、
少なくとも農水省やら厚労省やらよりは「近い」ことは出来るんじゃないの?

257.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2011年09月19日 23:25

米27
コイツ何も知らないな。

普通にそういう副業の奴いるからな?
住職とかいるし、教授もいる。

258.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2011年10月15日 08:31

途中で暗号みたいな※してるひとマジなのかな

259.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年08月28日 15:09

暗号は別に諜報活動してる方じゃなくても使えます
そういう趣味のある人とか

スパイに夢を見過ぎじゃないかね

260.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2012年12月05日 18:39

myfreecamsにはエージェントが居るから気をつけてね

コメントの投稿