何度となく読み返す本ってある?


何度となく読み返す本ってある?

4 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/01/20(金) 22:27:23
小野不由美の十二国記シリーズ。
番外編の『魔性の子』もいれると10冊になりますが
もう軽く10週はしてると思います。その時の心理状態に関係なく
つまりへこんでてもウキウキでもたちまち物語の世界に引き込まれる!
しかもなんか考えさせられる…。残念な事に次巻のでる気配が全くない…
泰麒はどうなったの〜!!

5 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/01/20(金) 22:30:27
>>4
私もです!



8 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/01/21(土) 02:54:20
中島敦『山月記』

10 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/01/22(日) 17:45:44
ジェイ・マキナニーの「ブライトライツ・ビッグシティ」
就職してモヤモヤしてるときに読んで、考え方が変わった
今でも暇を見つけて拾い読みしてる

13 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/01/23(月) 15:13:40
星新一の「殿さまの日」

14 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/01/25(水) 14:05:26
泉鏡花「草迷宮」

15 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/01/25(水) 16:50:38
芦原すなお「松ヶ枝町サーガ」

28 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/02/18(土) 18:59:12
ローマ帝国衰亡史 といっても3回だけ

32 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/02/21(火) 13:44:38
貧乏でなんのとりえもない高卒フリーター 株で2億! ひろっぴ (著)
平凡な大学生のボクがネット株で3億円稼いだ秘術教えます! 三村 雄太 (著)


もう何度も読んでる
赤線引きまくってる

33 名前: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2006/03/01(水) 13:32:18
きのこ。

84 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/05/10(水) 13:49:17
>>33今まさに読み返している。

宮部みゆき。
「あれどんなトリックだったっけ?」ってなる

34 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/03/01(水) 15:41:45
10回以上読み返してるのは
記・紀と聖書とトーラかな?小4でハマった
読み返したいけど通しでは1回読んだだけな史記
長いよ・・

36 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/03/02(木) 03:37:56
>>32
ワロタw

銀河鉄道の夜

35 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/03/02(木) 03:33:36
『家畜人ヤプー』

何故か、わからないけれども、
気がつくと半年に一回以上のペースで
全巻読みかえしている

37 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/03/02(木) 04:54:49
やっぱセカチューです<>

40 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/03/02(木) 10:27:01
高村『智恵子抄』
佐藤亜紀『戦争の方』

何回読んでも飽きん
本棚の整頓していると、この2冊んとこでいつも止まるorz

51 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/03/02(木) 22:33:09
>>40
おー私も戦争の法大好きだよ。

43 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/03/02(木) 14:38:41
速水敏彦「他人を見下す若者たち」

44 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/03/02(木) 19:07:11
深夜プラス1

45 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/03/02(木) 20:25:30
>>44
ギャビン・ライアルはいいね。英国推理作家協会賞取っとるしな。

46 名前: 投稿日:2006/03/02(木) 20:35:29
六番目の小夜子は何度もよんじゃうなぁ…

47 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/03/02(木) 20:58:20
砂の女だな!
中毒性がある

88 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/05/10(水) 15:51:06
>>47
いまさらだが、激同!
彼の小説はすごいね。次が気になってしかたない。
あの点の使い回しが絶妙で、また登場人物の会話に深いものがあるね。

48 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/03/02(木) 21:15:20
私、佐藤亜紀さんの遠い親戚です。本当です。

なんだか嬉しくて書き込んじゃいました。
私には難しかったけど、いい本なんだなあ。

アンネの日記、小5で初めて読んで、読み返すたびに違う感想を持ちます。
成長してるって事・・・だろうか?

50 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/03/02(木) 21:23:23
最も危険なゲーム。
ライアルは『深夜〜』から好きなんだけど、
刊行時期が新しいものと比較的人気のある作品以外は大抵品切なのが困る…
『拳銃を持つヴィーナス』とか読みたいんだが。

52 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/03/04(土) 23:11:39
バトル・ロワイアル。読むたびにお気に入りのキャラが変わったりする。
何度読んでも、少年少女一人一人の心理描写が巧いなと舌を巻く。

後、若いうちにしか楽しめそうにないかなってのも大きな要因の一つ。

56 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/03/11(土) 18:57:28
星新一のショートショートは何度も読んじゃうな。
その中でも「ある夜の物語」は何度でも楽しめるし、心がほっとする。

58 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/03/11(土) 22:45:05
>>56
あなたは俺ですか?同感!!つーかショート系
はすぐ読み終えるし短かくて多いから結構結末
忘れてて何度読んでも楽しめる。「ある夜の物語」
は大好き。優しい気持ちになれる。

59 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/03/11(土) 23:06:24
大槻ケンジ
「オモイデ教」
なんか好き。

60 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/03/11(土) 23:12:13
爆笑問題のネタの本(日本原論とか)は何十回も読んじゃうな…

61 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/03/12(日) 22:36:33
北村薫の時三部作。
「スキップ」「ターン」「リセット」をずっとよんでる。かれこれ10回はみたかな。

64 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/03/20(月) 00:19:47
ハリーポッター

出版される間隔が長いからよけいに・・・

66 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/03/20(月) 09:00:48
梅田みか「愛された娘」
山本文緒「眠れるラプンツェル」
狂ったように読み返してた

71 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/04/11(火) 14:18:28
ハリーポッターって前の話忘れてたりするから。
新しいの読む前に前の巻読み返すよ。
脇役達とか余裕で忘れるし。
マンガのベルセルクも同じ。

75 名前: 5回読みました 投稿日:2006/04/20(木) 14:06:10
「マンガ嫌韓流」を読んで、目から鱗が出た思いでした。
いろいろ聞くと、この本は事実にもとずいた書き方をしていて、反論がしにくいとか。
実際に反論関連の本を読んでも、感情論が主流を占めていて、まともに事実に
もとずく書き方をしたものがありません。

特に、私たちが不愉快に思ったのは、在日韓国人たちのさまざまの特権です。
彼らは、二言目には「差別だ、差別だ」とうるさく叫びますが、彼らの言う
「差別」とは「優遇差別」ではないですか?

私の周りにも、在日韓国人が何人もいますが、彼らは一様に裕福で、ゆとりの
ある生活をしています。
よく、何故在日たちは、あんなに金があるのかなぁ、と不思議に思っていま
したが、法律的なからくりがあったのですね。

彼らは日本で巧く生活をして、表面上はいかにも差別で苦しんでいるフリを
しているのです。

何度でも読み返して見たい本です。

76 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/04/20(木) 20:45:35
乙一。
表現技法が好きなので、たまに読み返したくなる。

82 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/05/02(火) 00:16:09
『天使の牙』
もう何回読んだだろう…頑張る気持ちが湧いてくる。

89 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/05/10(水) 19:34:50
森絵都「永遠の出口」
読み返すたびに懐かしい情景が目に浮かぶようです

95 名前: sage 投稿日:2006/05/11(木) 14:22:38
村山由佳の『翼』 何度読んでも泣ける。

101 名前: フェレット 投稿日:2006/05/18(木) 19:44:40
S・フィッツジェラルド著『氷の宮殿』

短篇集の中の一作品。
妙に後を引く読後感が癖になる。なんでだろう…
彼の作品中、一番読み返すなコレ。

106 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/05/19(金) 02:41:17
谷崎「細雪」

109 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/05/28(日) 20:24:24
コリン.ウィルソン
『賢者の石』

112 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/06/17(土) 00:33:49
筒井康隆「文学部唯野教授」

電話のシーンが面白くて毎回笑う

117 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/07/01(土) 16:09:08
海がきこえる


現在受験生。地方から東京の大学進学した主人公に憧れる

122 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/07/14(金) 23:14:00
奈月ゆうさんの
『君がくれた海』
何度読んでも泣ける。
少女小説なのに。
ティーンズハート文庫なのに。

127 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/07/27(木) 02:56:23
泣きたいときはこれ。
海夢 吉田梨恵

138 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/07/28(金) 04:21:20
夏目漱石『こころ』
町田康『壊色』 

なんでだろ・・・

142 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/07/28(金) 14:25:30
ここの投稿信じて、ハインラインと大澤買ってきた。
また長らく読み治すことお亜買った阿部コーボーも再読するつもり。

143 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/07/28(金) 22:10:57
ちょっとヘコんだときに
司馬遼太郎「竜馬がゆく」
を読む。ベタですけど。


144 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/07/29(土) 00:49:49
恩田陸 三月は深き紅の淵を

毎年三月になると読む。何故かw

145 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/07/29(土) 01:08:07
このスレ見てウィッシュリストがぱんぱんです><

146 名前: 142 投稿日:2006/07/29(土) 01:15:03
ここの投稿信じて、ハインラインと大沢買ってきた。
また長らく読み直すことなかった安部公房も再読するつもり。


いやあ、ものすごい誤字、誤変換の荒らし、こりゃ白痴だわ^^;

>>145
たしかにウィッシュリスト増えるね。
まあ打率3割なら上等でしょう。
実際、安部公房なんか、中学の頃の鬱屈した自分には心地よかったけど、
今読むとどうかなあ・・・・


147 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/07/30(日) 07:45:01
坂口安吾 「いずこへ」

これをきっかけに、坂口安吾を読みあさった。
今でも、人生の岐路には必ず読む。

148 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/07/30(日) 08:24:40
滝本竜彦の『ネガティブハッピーチェーンソーエッヂ』
は結構読み返す
なんか設定がラノベっぽいけど、そういうのもひっくるめて好き

149 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/07/30(日) 16:09:43
市川拓司「そのときは彼によろしく」

153 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/07/31(月) 03:38:46
スレ違いの予感ですが、十五少年漂流記とロビンソンクルーソー
森博嗣のすべてがFになる
司馬遼太郎の竜馬がゆく
味わって読むよりは、続きが読みたくて読む感じ。

155 名前: サラマンダー井上 投稿日:2006/08/01(火) 18:29:21
小説以外はほとんど再読したい。でも時間無い。

だって一回読んでそんなに頭に染み込まないもんね。

159 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/08/02(水) 12:02:46
広辞苑

160 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/08/02(水) 12:46:13
パソコンのマニュアル本

161 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/08/02(水) 15:00:29
>>159-160
ワロタ。


166 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/08/05(土) 12:44:25
リア鬼
若者私達のバイブルです
私達以外全員読んでます
本読む私達いい頭?

172 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/08/16(水) 07:22:24
ミラン・クンデラの小説。
最初は「なんだか理屈っぽい小説だなぁ」と思ったけど、読めば読むほど感動できる。

183 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/08/30(水) 00:18:44
ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」
年に一度ぐらい、読みたくなる周期が来る。
俺の頭が悪いだけかもしれないが、一年ごとに新しい発見があって楽しい。

184 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/08/30(水) 19:54:22
浅田次郎のプリズンホテルときんぴか

どっちも登場人物が格好良すぎる・・・

190 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/09/09(土) 20:47:13
村上春樹「風の歌を聴け」

191 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/09/10(日) 16:15:52
庄野潤三 「プールサイド小景」

193 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/09/18(月) 16:51:28
ヘッセ『シッダールタ』
フランクル『夜と霧』『死と愛』
神谷美恵子『生きがいについて』

やはり、人生と真摯に向き合った本は、
読み応えがあるから、何度読んでも味わえるね。

197 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/09/18(月) 18:11:39
文章の良い本なら何でも。
谷崎とか丸谷才一とか海老沢泰久とか川本三郎とか。

201 無名草子さん投稿日 投稿日:2006/09/24(日) 23:23:12
映画化された本かな
映画見る前とか、見終わった後とか。それくらいかな

212 無名草子さん投稿日 投稿日:2007/06/21(木) 16:54:34
村上春樹の「スプートニクの恋人」
特に前半のすみれがまだ変身する前のところをよく読むな

あとは「天国の本屋」かな
最後の「今行くよ、 」の所が好きだ

222 無名草子さん投稿日 投稿日:2007/07/21(土) 19:11:12
「戦争広告代理店」
「大仏破壊」
「チルドレン」


223 無名草子さん投稿日 投稿日:2007/07/23(月) 22:05:27
森の生活
何度読んでも飽きない、反復に堪える本。
上下巻に別れてなければ運びやすくて良いのに。

224 無名草子さん投稿日 投稿日:2007/07/24(火) 00:28:13
>>223
「市民の反抗」も復刊です。
ソローの本なかなか売ってないから(特に文庫)買っとかないと。

225 無名草子さん投稿日 投稿日:2007/07/25(水) 06:11:26
俺も『森の生活』好きだよ。
『市民の反抗』、未読なので、読んでみよう。楽しみだ。

232 無名草子さん投稿日 投稿日:2007/07/25(水) 23:51:54
坂口安吾の「白痴」かな
短編だし読み返しやすい

239 無名草子さん投稿日 投稿日:2007/09/06(木) 19:39:15
村上春樹「スプートニクの恋人」



DDD 2 (講談社BOX) (講談社BOX)
奈須 きのこ
講談社 (2007/08/10)
売り上げランキング: 44
おすすめ度の平均: 4.0
3 どちらかというと…。
3 もっと簡潔に!
5 読み応えはあります




カテゴリ:  読書  


この記事へのコメント

1.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 02:13

はつ1

2.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 02:14

ゲッターソシ

3.  Posted by  ( ・`ω・´)   投稿日:2007年09月09日 02:15

一桁

4.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 02:15

ひとけた

5.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 02:16

斉藤洋「シュレミールと小さな潜水艦」

6.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 02:16

ひとけた

7.  Posted by     投稿日:2007年09月09日 02:16

ひとけったー

8.  Posted by  名無し   投稿日:2007年09月09日 02:18

西の魔女が死んだオススメ
ほんわかした気分になる。表紙買いしたけど十分当たり

9.  Posted by  関西   投稿日:2007年09月09日 02:18

乙一
ハルヒの一巻。

ターゲット1900…

10.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 02:26

J.P.ホーガンのガニメデシリーズ。
いつもワクワクするな。

11.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 02:26

柳田国男「遠野物語」

12.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 02:27

12くらいかな?

谷川俊太郎『魂のいちばんおいしいところ』
姫野カオルコ『整形美女』
あさのあつこ『バッテリー』
ビアトリクス・ポター『グロースターの仕立て屋』

我ながらヲタ女クオリティだ。

13.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 02:28

恩田陸の「麦の海に沈む果実」。
最高だ…。何度読んでも最高だ…。

14.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 02:30

景山のトラブルバスター

15.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 02:32

ホームズがないとか・・・考えられん

16.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 02:37

オースン・スコット・カードの『エンダーのゲーム』
エンダーがめちゃくちゃ可愛い。

続編は微妙すぎるけど…。

17.  Posted by  和尚   投稿日:2007年09月09日 02:37

ああ・・・微妙に思い出せないけど・・・・

同窓会を開くけど昔クラスに居た虐められっ子を思い出すんだよ。
んで「確か心臓病だったんだよね・・・」って言うけど内一人が
「アンタ達が冷水を浴びせ続けたせいで彼は死んだのよ」って言い出して
「んな事あるか!!デタラメ言うな!!!」ってなって
凄く気まずいままで同窓会終了・・・みたいな感じの話。

物凄く印象に残ってる。児童向けの文学本みたいな雰囲気だった。

でも今考えると児童向けにしてはかなりエグイ内容だった・・・。

18.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 02:38

西尾維新

19.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 02:42

あずまんがとトライガンかな

20.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 02:42

よしもとばなな「キッチン」
初めて好きになった本だから思い入れが深くて

21.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 02:43

深夜特急・・・

22.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 02:47

我が闘争はテンション上がるから何回も読みたくなる

あとリリー・フランキーのコラムとかどくとるマンボウ航海記なんかみたいに洗練された文章で軽妙っていうか素直におもろいやつは何度も読んじゃう

23.  Posted by     投稿日:2007年09月09日 02:48

中島敦『山月記』
梨木香歩『家守綺譚』
宮沢賢二全般かな。

24.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 02:50

はやみねかおるの本全て。
本あんまり読まない俺が、これだけは子供の頃から読み続けてる。
パスワードシリーズに比べて、かなりペースが遅いから何度も読み返すけど、さすがに文章力の低さが目立つ。だがそれがいい。

25.  Posted by      投稿日:2007年09月09日 02:51

GS美神

26.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 02:54

ドイル「ホームズの冒険」
赤髪同盟は子供の頃から20数年何回も読んでも楽しい

27.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 03:01

山月記って特にすんごい綺麗で洗練された文章だったり美辞麗句があったりするわけでもなく
キングばりのワクワクテンポフィクションなわけでもないのに、何を何度も読むの?
教科書向けの訓話だと思うんだけど。

28.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 03:12

小野不由美『図南の翼』
冒険譚としても、ビルドゥングスロマンとしても面白い
十二国記シリーズの中で一番好きだな

29.  Posted by     投稿日:2007年09月09日 03:12

銀英伝はふと読み返したくなる

30.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 03:14

カイジだな

利根川サンの名言は心に響く

31.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 03:17

キングの短編「生きのびるやつ」が大好きで20回くらいは読んでる

32.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 03:19

夏に読む海底二万哩は最高にいい。
十五少年漂流記もいい。夏と秋の中間位に読むと凄くいい。
と言う事で十五少年漂流記は今の時期にぴったりだからお勧め。

33.  Posted by     投稿日:2007年09月09日 03:29

聖徳太子の謎
神武天皇の謎

小説なら我らが隣人の犯罪(宮部みゆき)
オムニバスみたいで読みやすいし何より面白い

34.  Posted by     投稿日:2007年09月09日 03:34

米27は何もわかっちゃいないな。
中島敦の文章は美しい。

35.  Posted by  ()   投稿日:2007年09月09日 03:39

山崎豊子の「沈まぬ太陽」
何故か何度も読み直してしまう

36.  Posted by  sage   投稿日:2007年09月09日 03:42

ダニエレブスキー「紙葉の家」
トーマスマン「魔の山」
佐藤友哉「水没ピアノ」
坂口安吾「堕落論」

37.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 03:44

ベタかもしれんが
ノルウェイの森

38.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 04:01

広瀬正の「マイナス・ゼロ」。
小学生の頃何度も読み直した。今も帰省すると手に取ってしまう。

39.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 04:03

※37
ノルウェイの森自体は大した話じゃないけど
あれに出てくる小説は名作ばかりだな

40.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 04:04

若山牧水の詩集を紙の色が変わるまで読んだ

41.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 04:17

津原泰水の短編集「綺譚集」のなかの「脛骨」って話。
この人はいつも最後の一文にその話の全てを凝縮してる。

読んでて吐き気を催す話もあるけど・・・読んでしまう・・・

42.  Posted by     投稿日:2007年09月09日 04:19

指輪物語

43.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 04:21

ライ麦畑で捕まえて
ホーンブロワーシリーズ
銀河英雄伝説
だな
とくにホーンブロワーは傑作ですよ

44.  Posted by  ドンマイ   投稿日:2007年09月09日 04:26

自分は読んでしまった小説に興味を抱けず、また読むことが出来ない。でも三浦綾子の作品だけは読む機会があれば、是非また読んでみたい。

45.  Posted by  jack   投稿日:2007年09月09日 04:30

パイロット・フィッシュ
青の炎

46.  Posted by     投稿日:2007年09月09日 04:30

蒼天航路・ベルセルク・今日から俺は・浦安鉄筋家族

47.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 04:33

小林秦三の『酔歩する男』
ひぐらしの梨花に起こったような現象を
あくまで科学的に、しかも徹底的に突き詰めたような話。
酔います。

48.  Posted by     投稿日:2007年09月09日 04:34

中上健次「枯木灘」
柄谷行人「探究1」
ニーチェ「この人を見よ」
ヘーゲル「精神現象学」
ウィトゲンシュタイン「論理哲学論考」

俺のバイブル

49.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 04:42

村上春樹『神の子どもたちはみな踊る』
梨木香歩『家守綺譚』
笙野頼子『二百回忌』

50.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 04:57

村上龍「五分後の世界」
隆慶一郎「死ぬことと見つけたり」
ロバート・A・ハインライン『夏への扉』

51.  Posted by  SMTP   投稿日:2007年09月09日 05:02

マーク・トウェインの『人間とは何か』かな。
これ読んで、対話形式の面白さを知った。

あと なだいなだ の『くるいキチガイ考』も

52.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 05:24

太宰の人間失格
気付いたら年に数度は読んでる
他の本やラノベなんて読み返したことないのになんでだろ・・・

53.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 05:26

思いっきりスレ違いくさいが
カーネギーの人を動かす
うん、人とコミュニケーションをとるのってなんか苦手なんだ。・゚・(ノД`)・゚・。

54.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 06:02

指輪物語だな〜
シルマリルとか追補編とか読んだ後に、もう1回読み直すと
さらにその奥深さに感動する。
読み返すたびに新しい発見があって、驚くべき世界の深さに圧倒される。

55.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 06:17

村上春樹   風の歌を聴け
チャンドラー 長いお別れ
原寮     さらば長き眠り

56.  Posted by  (´゚3゚`)   投稿日:2007年09月09日 07:00

森絵都 DIVE!!上下。
脇役レイジのラストダイブは何百と読み返した。
漫画版より断然元小説をお勧めする。

畑正憲(ムツゴロウ)海からきたチフス。
今から34年も昔に書かれた自動SF小説。なかなか現代でも見劣りしない良作。

57.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 07:34

スティーブン アンブローズ「バンド・オブ・ブラザーズ」
ついでにビデオも見る。

58.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 08:28

夏目漱石のこころ

59.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 08:53

リング→らせん→ループ
結構読み返してた

60.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 09:02

オーケンのエッセイは年に一度くらいのペースで
全て読み返す

61.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 09:31

十二国記
世界観がかなりいい感じ。早く続き出てくれ・・・

62.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 09:33

空の境界

63.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 09:45

漫画やラノベのタイトル挙げるおとこのひとって

敗れざる者たち

64.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 09:53

アゴタ・クリストフ「悪童日記」

65.  Posted by     投稿日:2007年09月09日 09:55

ココは小説は良くても漫画は禁止ですか?

66.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 10:08

デュマ「三銃士」→「10年後」→「ブラジュロンヌ子爵」
小学生の頃から何回も読んでるなぁ。

67.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 10:12

『ロッキンホースバレリーナ』
大阪の章で何度笑っている事やら。

68.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 10:14

中学校の時 浅田次郎の鉄道員を何度も見てたな。
朝の読書時間ってのがあっていつも見てた。
あと 山田詠美の 「僕は勉強ができない」も何度も見た。

69.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 10:33

綾辻行人の作品全般。
館シリーズはともかく、殺人鬼シリーズは何度読み返しても吐き気がするぜww

70.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 10:49

サウンドノベルになってしまうが、学校であった怖い話とつきこもりは何度もプレイしてしまうな。

71.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 10:50

オマル=ハイヤーム「ルバイヤート」
一見飲兵衛の戯言だが、何度も読みたくなる詩集は今のところこれしかない。

72.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 11:03

川上稔の都市シリーズ。
TOKYOがお気に入り。

73.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 11:21

え、誰も「剣客商売」を読まないの!?

74.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 11:23

「銀河英雄伝説」が出てないことに絶望した!

75.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 11:58

個人的読み返し数ランキング

1、羊たちの沈黙
2、フラニーとゾーイ
3、O・ヘンリ短編集
4、リプレイ
5、パン屋再襲撃

こうしてみると新潮文庫多い。

76.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 12:02

無限ループ

77.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 12:06

自分で書いておいてなんだが、タイトルだけ書かれても
さっぱり興味がわかないな。
どう考えたらウィッシュリストが増えるんだ?

78.  Posted by     投稿日:2007年09月09日 12:07

小説だとハサミ男
漫画だとさよなら絶望先生

79.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 12:08

山月記に1票

80.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 12:26

隆慶一郎「一夢庵風流記」「死ぬこととみつけたり」
どちらも読み終わった後、男ってこういう風に生きてみたいよなぁ、って思える作品です。

81.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 12:30

キノ

82.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 12:37

ミヒャエル・エンデの「鏡の中の鏡」
香月日輪の「地獄堂霊界通信シリーズ」の神隠しの山のエピソードは何回も読んでしまう

83.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 12:41

ノルウェイの森

84.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 12:49

取り説

85.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 13:04

『論語』『史記』は何度も読むなあ。

86.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 13:40

米34
アホかw
三島かしぇーくすぴあでも読んでなさいw

87.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 14:05

隆慶一郎「吉原御免状」「かくれ里苦界行」の吉原シリーズと
浅田次郎「壬生義士伝」だな。もう何回読んだか忘れた

88.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 14:15

devilmaycry1
やはりこれがどんな本よりも読んでる。

89.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 14:18

風の歌を聴け
旅行に必ずもって行く

90.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 14:20

茅田砂胡「デルフィニア戦記」

91.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 14:28

サラ、神に背いた少年
サラ、いつわりの祈り

作者には 糸色望 だけど
つい何回も読んでしまう

92.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 14:29

サラ、神に背いた少年
サラ、いつわりの祈り

作者には 糸色望 だけど
つい何回も読んでしまう

93.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 14:31

>>101
うわぁぁぁぁ禿同!!!
フィツジェラルドで一番好きだよあの話・・・
てか他の短編はどうでもいいけど、あの話だけ異様に好きだ

94.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 14:48

小野不由美の「魔性の子」
読後の何とも言えない虚無感がクセになるのか、もう何度読み返したか分からない

95.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 15:01

十二国記は新刊が出ないせいで既刊を読み直すしか・・・

96.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 15:03

俺も山月記に一票
虎になった男は他人とは思えん

昔高校で習ったときは「なんて最低な奴なんだ」と周りにすげえ貶されてて、
俺は「そんなに悪い奴かなあ」と一人で心を痛めたのは良い思い出

97.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 15:21

※77
タイトル名や作者名を聞いた事あるとか、前から存在は知っていたけど実際に読むのはためらっていた作品とかを、薦められて改めて興味を持つって感じじゃないかなぁ

本屋で毎日うろうろしてたらそういう本増えて楽しいよ

98.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 15:27

菊水の本だろうか

99.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 15:28

終戦のローレライを推しておくよ。

100.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 15:48

みんな本読んでるんだなー
川端康成の古都を何遍も読んでるとか言いづらいよ

101.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 16:30

「家守綺譚」はいいな…終わりの無い世界観のおかげで何度でも読める。
あと椎名誠の「わしらは怪しい探検隊」。電車通学の友。でもいつもハマダラアカイエ蚊で吹きそうになる

102.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 16:48

宗田理の「ぼくらの七日間戦争」。読んでて気持ちいい。

103.  Posted by     投稿日:2007年09月09日 17:05

リリイ・シュシュのすべてはいつもカバンに入れてる。
何度読んでも救われない話なのに、また開いてしまうんだよなぁ。
マンガなら動物のお医者さん。

104.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 17:09

坂口安吾の「不連続殺人事件」
PCの上に置いてあるせいか、暇なときにいつも読んでる。
そして、何度読んでも人の邪な部分の描き方が凄いと思ってしまう。

105.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 17:20

金田一少年の事件簿のノベライズ「電脳山荘殺人事件」
図書館で借りてきてもらったのをたまたま読んだんだけど、これは本当に面白かった。
元は漫画で始まったシリーズだけど、この話は小説でしか出来ないと思う。
(アニメも放送されてたけど、どんなふうに描写したのか殆ど覚えてない)
例えば、容疑者たちの名前とかアリバイトリックとか。
過去の完全犯罪(これは運良く成功したってだけだけど)が絡んでいるのも良い。

106.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 17:28

 司馬遼太郎の『坂の上の雲』は20年間毎年1度は通読してる。
忘れそうになる日本人に生まれた誇りを取り戻させてくれる。
 日露戦争で無くなった人たちが守ろうとした日本は
こんな日本でいいのかと考えさせられる。
この本を読んだ後に共産党や社会党なんかが
TVでしゃべってるのを聞くと殺意を覚える。

107.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 17:31

横山三国志だろw
あのおもしろさは異常

108.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 17:39

>106
『坂の上の雲』いいよね。一番最初に読んだ司馬作品だ。
児玉源太郎とか秋山好古とか明治人カッコよすぎだよな。
今『花神』読んでる。あれも良いんだこれがまた・・・

109.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 17:45

デールカーネギーの『人を動かす』『道は開ける』
仕事やプライベートで詰まった時に読むといい。

110.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 18:16

ツァラトゥストラの下巻

読んでるとトリップするほど奥深く
入り込んでは一日過ぎる

111.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 18:32

花村萬月の本
俺は重金属青年団が好き
薄いからw

112.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 19:21

>キーワード[ロードス]は発見できませんでした。

はぁ??

113.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 20:14

美味しんぼ

114.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 20:17

中島らもの超老伝

115.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 20:35

高里椎奈

116.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 20:41

高里椎奈

117.  Posted by  本といえば   投稿日:2007年09月09日 20:43

夏目漱石のこころ。
とくに先生がKの自殺を発見するところ。震える

118.  Posted by     投稿日:2007年09月09日 20:50

北村薫とか加納朋子とか宮部みゆきとか

119.  Posted by     投稿日:2007年09月09日 21:00

ヘミングウェイの老人と海

120.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 21:02

伊坂幸太郎の重力ピエロ
単純に面白いから何度でも読めるな

121.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 21:14

空気読まずに
『○○〜ポケットリファレンス』

122.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 21:48

バトル・ロワイアルは読む本が無くなったら読む。何回でも読む。読む前は『もう飽きたなあ・・・』とか思うんだけど読み始めたら止まらない。
同じ理由で小野不由美の『屍鬼』。文庫版で持ってて、ラスト5巻を読み終わるとすぐにもう一回初めから読みたくなるのを我慢して半年後に読む。

123.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 22:11

「きんぴか」はガチだなぁ。
あと「アルジャーノンに花束を」と「かもめのジョナサン」も。
何度読んでも泣いてしまうし、なぜかそれが悔しい。

124.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 22:17

スラムダンク、アレ読むとバスケしたくなるから困る。

125.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 22:36

広瀬正「マイナス・ゼロ」

126.  Posted by     投稿日:2007年09月09日 22:46

北杜夫 神々の消えた土地
遠藤周作 悪霊の午後
夢野久作 地獄少女

127.  Posted by     投稿日:2007年09月09日 22:51

少女地獄やったorz

128.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 22:54

・ドッグシェルター

・白夜行
・手紙
・容疑者Xの献身
・赤い指

129.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 23:13

「噂屋」
あれはクオリティ高い・・・。

130.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 23:25

皆川博子「死の泉」

131.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 23:33

太宰の富嶽百景は何度も読んでる
これほど簡潔かつ美しい日本語はそうそうない

132.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 23:33

ロミオとロミオは永遠に
恩田陸の書く本はいいよなぁ。
何度も読み返したくなるよ。

133.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月09日 23:36

星新一とかキノの旅みたいな短編ものは
ちょっと時間があるときに読んだりするな

134.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月10日 00:07

森博嗣のSMとかVとかGとかXとか

推理小説なのに何度読んでも面白い。

それにしてもシリーズがガンダムっぽいなww
列挙するといつも思う。

135.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月10日 00:12

天牌
何が楽しいのか牌譜覚えるぐらい読み返した。

136.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月10日 00:18

恩田陸 光の帝国は何回も読んだ。続編も面白い。

逆に京極とかは2回は読みたくないねw
面白いんだけどねw

137.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月10日 00:19

旧約聖書
文字どおりわたしのバイブルです

138.  Posted by  名無し   投稿日:2007年09月10日 00:58

加納朋子の短編集『紗羅は和子の名を呼ぶ』。
この中の商店街の話がすごく癒される。

加納さんの話は上品で優しいものが多いから好き。

139.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月10日 01:01

大西巨人の神聖喜劇
最低年に一度は読んでるな…

140.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月10日 01:04

銀英伝

141.  Posted by     投稿日:2007年09月10日 01:07

『天国の本屋』『つきのふね』

142.  Posted by     投稿日:2007年09月10日 01:10

バガボンド
すらむだんく

143.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月10日 01:12

森見登美彦「太陽の塔」

無意味な思考や
ネガティブな自己肯定の論理や
ええじゃないか騒動が

俺の心を捉えて放さない

144.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月10日 01:22

ノルウェイの森/村上春樹
魔術は囁く/宮部みゆき
流しの下の骨/江國香織

145.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月10日 01:22

バトルロワイアルっていうと
同級生の女の子殺した事件思い出す・・・・・・・・

146.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月10日 01:53

司馬遼太郎の「項羽と劉邦」はアホみたいに何度も読んだな…

いまだに所有
一生手放さんぞw

147.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月10日 02:03

宮本常一「忘れられた日本人」
民俗学の人の本なんだけど、学術的と言うより
昔の日本の人々の生活を断片的にスケッチしたような感じ。

笑えるのやジンと来るのも多いけど収録されてる「土佐源氏」が忘れられない。
土佐のある橋の下に住むめしいた乞食の爺さんの人生に源氏物語に匹敵するほどの
何かがあって、圧倒される。
何度も読んでます。

148.  Posted by     投稿日:2007年09月10日 02:04

バナナフィッシュ。

149.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月10日 02:06

「白い牙」「モモ」「鏡の中の鏡」「ムーミンシリーズ」「マルドゥック・スクランブルシリーズ」「十二国記シリーズ」「どこかにいってしまったものたち」「コーネルの箱」

150.  Posted by     投稿日:2007年09月10日 02:21

ポール・ギャリコが好きだ。
「ジェニィ」を初めて読んでいた時、突然号泣してしまい旦那が慌てていた。
「ひとひらの雪」「スノーグース」なども何度読んでも泣いてしまう。
漫画なら「動物のお医者さん」「柴王」「一丁目のトラ吉」 あと朗読CDで岸田今日子の「向田邦子シリーズ」、江守徹の中島敦モノ「山月記」や「李稜」はよく車の中で聞く。

151.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月10日 03:04

太宰の人間失格かな。
なんか読み返したくなる。
今年まだ読んでないけど最近読みたくなってきた。

152.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月10日 05:42

挙げられてる物に漫画が多いこと多いこと…
嘆かわしいですな

153.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月10日 08:43

テスト勉強の息抜きに浅田次郎のプリズンホテルを読み始め、テスト開始までに全巻読破し単位を落とした。
浅田サン、また極道モノ書いてくれないかなあ。

154.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月10日 09:33

米144が俺すぎてワロタ

江國香織はガチで何度も読み返す

155.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月10日 10:16

銀英伝!

156.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月10日 10:30

坂口安吾

安部公房

この二人が出ててうれしい

初心者には
バガボンドでおなじみ

吉川英治の

「宮本武蔵」はガチでおすすめ

157.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月10日 11:02

蜘蛛の糸だな

毎年夏休みの終わりに読んで毎年感想文を書いてる。

もう読まなくても書けるけど・・・

158.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月10日 12:37

マークボウデン著 強襲部隊(原題:Blackhawk Down)

159.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月10日 12:54

梨木香歩「からくりからくさ」

160.  Posted by  _   投稿日:2007年09月10日 12:58

東川篤哉の烏賊川市シリーズ。
コメディタッチの軽い推理小説で読みやすいから新幹線乗る時は常に携帯してます。

161.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月10日 13:58

プラパゼータ 精龍王
知らねーよなそーだよな でも好きなんだもん

162.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月10日 14:05

厨三からカフカの変身を愛読してる俺は異端なのかそうなのか

163.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月10日 16:02

※欄には銀英伝好き多いなw
年に一度は読み返す

164.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月10日 16:25

村上春樹のレキンシトンの幽霊に収録されていた『沈黙』
青木の復讐の凄さにため息しながら読んだ。

165.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月10日 17:05

サリンジャーと町田康、二人の世界観が好き。
サリンジャーでは「ライ麦畑でつかまえて」
町田康は「くっすん大黒」を読み返しまくり。

166.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月10日 17:24

十二少年漂流記と神秘の島かな…
両方とも似たような話だが('A`)
あとは人間失格も意外と面白かった




…ロードス島戦記はダメ?

167.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月10日 18:01

有吉佐和子「針女」

168.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月10日 18:55

あさのあつこの「NO.6」
すごい面白い。ちょっとBL要素あるお・・・腐女子向けだ!

169.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月10日 19:11

恩田陸さんのは
ネクロポリスとかユージニアとかも読み返す
まだまだ理解力に乏しいし

十五少年漂流記は15回以上は読んだなー
何回読んでもワクワクすんだよな

あとははてしない物語とか西の魔女が死んだとかブルータワーとか

170.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月10日 21:07

コーランだろ。
間違いなく読みまくりだ。
サッカー場では拡声器で音読。

171.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月10日 22:45

最近小説読まないからスルーするはずのスレなんだが
赤字で十二国記が紹介されてたからついクリックしてしもた

読んだことない奴へ。まじでおすすめ

172.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月11日 00:07

東野圭吾の秘密
年齢が上がるごとに、主人公のおっさんの気持ちが分かってくる
奥さんと子供を持ったときにこれ読むと、やばいぐらいなきそうだわ

173.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月11日 00:25

漱石の「吾輩は猫である」
後期の作品も好きだが、これは初めて読んだときの衝撃が大きかった

174.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月11日 00:54

タナトス
エクスタシー
を読んでおっき

175.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月11日 01:08

寝る前とか暇なときとかに良く「風の歌を聴け」を読み返すな

176.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月11日 07:01

升田幸三「勝負」「王手」なんです><

177.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月11日 11:12

坂の上の雲を読みやがれコンニャロウ

178.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月11日 13:24

守り人シリーズ
バーティミアス
キノ
年に数回は読む

179.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月11日 15:40

ノルウェーの森

LOVE&FREE

だな。旅行の時とかは絶対持っていく。

180.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月11日 16:11

宮沢賢治『よだかの星』

181.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月11日 17:08

レンズマンシリーズかな
最初に読んでから25年以上経つが、読み返すたびに胸が躍る

182.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月11日 19:59

十二国記小学4年のころから読んでるのに今じゃもう20歳ですよ…。
続きが気になる・・・。

183.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月12日 03:04

スコットフィッツジェラルドの「乗り継ぎのための3時間」かな

184.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月12日 08:02

ノルウェイの森の序盤の直子との回想が美しくて好き

185.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月12日 12:36

牧野修「MOUSE」
独特の文体に引き込まれる。

186.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月12日 21:48

出てないかな・・・、漫画だけど
浦沢直樹の「MONSTER][PLUTO]
山本英夫の「殺し屋1」「ホムンクルス」「新のぞき屋」
岩明均の「寄生獣」

187.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月13日 19:01

コーランは無いけど
クリシュナ - パガヴァット・ギーターは昔よく読んでいた

188.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月13日 19:42

森博嗣はSMみたいな推理系シリーズよりもむしろスカイクロラシリーズだと思っている俺がいる。
あれは顛末全部分かっていても読んでいるうちにどんどん続きが気になってしまうから困る。

189.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月13日 20:20

ここまでドロヘドロが出てないことに絶望した

190.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月14日 02:46

韓国百五代天皇御尊影画図

191.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月14日 07:08

「十二国記」は良い。
さっさと続きだして欲しい。

192.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月14日 23:19

米186
うわぁ・・・

193.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月16日 19:47

浅田次郎作品
秋山瑞人作品
島本和彦作品

ジョジョ
天才柳沢教授の生活
よつばと!

194.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月18日 01:02

小6から高1まで夏休みの最後にいつも踊る人形読んでた。
読書感想文のために。
40Pしかないwwwwwww

195.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月18日 17:48

ジョジョ第全部

何度も全巻並べても二日で崩れる
どのエピソードでどんなキャラがどの様なセリフを言ったか気になるからだ

196.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月18日 21:29

ここまで星の王子さまが出てない事に絶望した!

「一番大切なことは、目には見えない」

197.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月19日 14:00

そうか。
池波正太郎を事ある度に読み返す儂のような人間はもう滅んだのか。
人の在り方として良い提言がされてると思うんだがなあ。

198.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月19日 14:15

>>75は嫌韓流を読む前に国語辞書を愛読した方がいい。
そういう俺は誤植だらけの英語辞書が好きだったりするw

199.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月19日 21:56

大槻ケンヂの「リンダリンダ・ラバーソール」

200.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2007年09月19日 22:47

ラノベで恐縮だが・・・

高畑京一郎の、
ダブルキャスト
Hyper Hibrid Organization

遅筆過ぎて泣けるが出来のいい映画やドラマを見ている感じ。
H2Oは特に本編2巻を何度も読み返してる。
ラノベの癖に女の子全く登場しない。

201.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年07月26日 18:34

文学は存在価値すら不明だが、わくわくするファンタジーやSFは大好きだ。

202.  Posted by  名無しクオリティ   投稿日:2008年08月25日 01:17

『ガープの世界』ジョン・アーヴィング
『存在に耐えられない軽さ』ミラン・クンデラ

 現実にしろ、精神にしろ何かに挑み続ける小説は下手なラノベより燃える。
 次点でサリンジャーを挙げようかとも思ったけど、
 これはもっと反骨精神をもった奴にこそ相応しい(自分は日和見学生だったなぁ;)
どうも減ってるのかね、そういう学生さんは。

203.  Posted by  (・ω・)   投稿日:2008年10月04日 15:09

入間人間の『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』

コメントの投稿