「スーパーが日曜定休でも本当は誰も困らないはず…」労働者を大事にするフランスに日本が学ぶべき事←これ

1: ダイビングフットスタンプ(庭)@\(^o^)/ [CN] 2016/11/13(日) 20:47:29.97 ID:ID:SAP9EITJ0

http://toyokeizai.net/articles/-/144828

「日本って、すみずみまでサービスが行き届いていて、なんて快適に暮らせる国なんだろう」――。
フランスから帰国した日本人同士でおしゃべりすると、よくそんな話題になる。
しかし、そのすばらしいサービスや便利さの背景に何があるかというと、長時間労働が跋扈し、
それが女性の育児と仕事の両立を阻む原因となっている。
一方、フランスでは働く人の権利が第一に守られる。働く女性の割合も、日本より7.5ポイントも高い82.7%だ(OECD調べ。2015年)。
たた、それゆえか、フランスでの日常生活は、日本と比べて不便だと感じる場面も多い。

パリの地下鉄ホームに駅員の姿はない
たとえば、パリの地下鉄。日本では当たり前の「間もなく電車が参ります」のアナウンスなどない。
発車ベルすら鳴らない。いきなり電車のドアが閉まって動き出すので、乗客は大いに気をつけなくてはならない。

電車に乗り込んでからも、一部の路線を除いて、次の停車駅を知らせるアナウンスはない。乗り過ごさないように、
乗客側はつねに気をつけていなくてはならない。当然、「発車間際の乗車はおやめください」
とか「傘の忘れ物が多くなっております」などというアナウンスもない。これも、乗客自身で注意するべきだということなのだろう。

「とにかく客が働く」フランスのスーパー

お店での買い物も、店側は「お客様は神様」とはこれっぽっちも思っていない。スーパーのレジは、
レジ係がかごから商品を出してレジを通し、かごにきれいに入れ直すのが一般的な日本と比べたら、
驚くほどのサービスの悪さだ。客はベルトコンベアーのように動く台に、購入したい品物をかごから出して置く。
すべて出し終わったら、「次の客」と記された仕切りを台に置く。そして、素早くレジに隣接した袋詰めのスペースに移動する。
レジ係は何をしているかというと、ベルトコンベアーを動かして悠々と品物をスキャンし、
袋詰めのスペースへ置くだけだ。なお、スーパーや商店のほとんどは日曜日が休みなので、客は計画的に買い物をするよう心がけている。

(続きはサイトで)





引用元: 「スーパーが日曜定休でも本当は誰も困らないはず…」 労働者を大事にするフランスに日本が学ぶべき事

【悲報】車を出せない!博多陥没、立体駐車場に100台超閉じ込め 駐車料金の対応は決まっておらず←これwwwwwww

1: クロスヒールホールド(宮城県)@\(^o^)/ [US] 2016/11/13(日) 18:31:03.44 ID:ID:/1bfANnG0●.net

駐車場から車出せない 博多陥没、100台超閉じ込め

福岡市博多区のJR博多駅前の陥没事故で、現場に隣接するビルの立体駐車場に100台以上の車が
閉じ込められている。陥没した道路は埋め戻しが進み、14日以降に車の出し入れができる見通しだが、
駐車料金の精算など今後の対応は決まっていない。

陥没現場に面したビル3棟は事故発生の8日から避難勧告が続き、立ち入りできない状態が続いている。
そのうちの一つが「紙与駅三ビル」(8階建て)で、2〜8階が立体駐車場(最大収容台数247台)。出入り口は
陥没現場に面した1カ所しかなく、月ぎめや時間貸しで駐車した車など計約110台が出庫できなくなっている。

ビルを管理する紙与産業によると、月ぎめの契約者の多くは、博多駅周辺のオフィスビルの事業者。
事故発生後に同社から各契約者に連絡し、状況を説明した。契約者からは「お互い大変ですね」と声を
かけられたという。担当者によると、出庫できない期間の駐車料金の精算をどうするか決まっていないという。





http://digital.asahi.com/articles/ASJCC6QYWJCCTIPE04N.html




引用元: 車を出せない! 博多陥没、立体駐車場に100台超閉じ込め 駐車料金の対応は決まっておらず

【悲報】14日はウルトラスーパームーン、68年ぶりの大接近!大地震にご注意ください←これwwwwwwwwwww

1: フェイスクラッシャー(catv?)@\(^o^)/ [ニダ] 2016/11/13(日) 21:05:06.30 ID:ID:w8L1EmJJ0.net

11月に入り、朝晩の寒さも増してきたこの頃、寒い夜空に大きく輝くスーパームーンを見上げるのは格別だ。

2016年の今年は、大きいサイズの『ウルトラスーパームーン』という満月が観測されるとあって関心が高まっている。


68年前というのは、1948年1月26日を指す。

21世紀に入ってから、まだ1度もないビッグサイズの満月はまさにウルトラ級。

国立天文大の発表によると、11月14日は夕方の日の入り前後に東の空から月が昇り、夜8時21分、地球から約35万6000kmの距離を通過する。夜10時52分には満月となるらしい。

月の視直径は約33分30秒角。平均的な満月より8%大きく、今年最小の4月22日よりも14%も大きく、明るさも30%明るく見えるそうだ。

 
また、スーパームーンが観測される1週間前後に大地震が起きやすくなるという説もある。

ウルトラスーパームーンが観測された1948年1月26日の前日25日には、フィリピン パナイ島付近でM8.2の大地震が発生。70名が犠牲となった。

その他、1948年5月25日には四川省で死者800人の大地震(M7.3)、1948年10月5日にはトルクメニスタンのアシガーバードで大地震(M7.3)、2万人以上の尊い命が犠牲となっている。

2011年3月11日、あの東日本大震災が起きた8日後の3月19日に18年に1度しか観測されない『エクストリーム・スーパームーン』が観測されている。

フィリピン パナイ島大地震と東日本大震災はいずれもスーパームーンから1週間前後に起こっている。

2011年の東日本大震災後に見られたエクストリーム・スーパームーンの最短距離は35万6577km、今年の11月14日に見られるウルトラスーパームーンは、35万6511kmと2011年よりも近い。

11月14日に観測予定のウルトラスーパームーンと自然災害の関係
http://myjitsu.jp/archives/11297





引用元: 【警告】14日はウルトラスーパームーン、68年ぶりの大接近!大地震にご注意ください

SMAP木村拓哉が負のスパイラルでの対処法を告白「挑み続けますね」

52

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2016/11/12(土) 17:39:13.32 ID:CAP_USER9.net
11日放送のラジオ番組「木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!」(TOKYO FM)で、SMAP・木村拓哉が、負の連鎖への対処法を語った。

番組では、「薬剤師となって6カ月ですが、最近は失敗することが続き、負のスパイラルにハマってしまっています」という25歳女性のメールを取り上げた。
この悩みに木村は、何をやっても上手くいかないときはあるとし、その際の自分なりの方法を明かす。

木村によると、このような場合は「ジッとしちゃうと、ずっとそこなんじゃないかと思っちゃうんで」
「(負の)スパイラル中は、やりまくります。挑み続けますね」「これでもダメかみたいな」と、チャレンジをし続けるという。

そして、無理だと限界を感じたときに、「初めて、一歩下がってみる」のだとか。木
村は、ここで少し冷静に考えてみるとしつつ、「答えなんて大体出てこないから、そしたら、もう一回助走つけていきますね」と明るく紹介した。

最後に木村は、「僕は『行ったれ』としか思わない。
あるよ、そういうとき」「大丈夫、大丈夫」とリスナーを励まし、SMAPのヒット曲「がんばりましょう」を流したのだった。

http://news.livedoor.com/article/detail/12274060/
2016年11月12日 17時10分 トピックニュース




引用元: ・【芸能】SMAP木村拓哉が負のスパイラルでの対処法を告白「挑み続けますね」

【画像】 ハーゲンダッツの新作、マーボー豆腐にしか見えなくてワロタwwwww

1: クロスヒールホールド(宮城県)@\(^o^)/ [US] 2016/11/13(日) 18:25:25.79 ID:ID:/1bfANnG0●.net

ハーゲンダッツの新作買ったぞ! 開封! →マーボー豆腐……?
違う方向にうまそう。

11月8日からハーゲンダッツの新作「バナナキャラメルクッキー」の販売が始まりました。少し溶かしてから
混ぜて食べるという新しいスタイルを提供している同商品ですが、蓋を開けるとそこにはマーボー豆腐がありました。
いや、正確にはマーボー豆腐にしか見えないアイスがあったのです。


マーボー豆腐じゃねえか! (画像提供:匿名希望のTwitterユーザーさん)

編集部でも購入してみましたが、やはりマーボー豆腐、またはお湯を注ぐ前のカップヌードルのような感じでした。
アイスっぽさは感じません。


やっぱりマーボー豆腐

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1611/10/news112.html




引用元: 【画像】 ハーゲンダッツの新作、マーボー豆腐にしか見えない