クズやゲスい男の方がモテる理由ってなに??

no title

1:  匿名  2017/03/21(火) 10:12:36
浮気ばかりする男や金にだらしない男がモテるのはなぜでしょう?




引用元: クズ男がモテる理由

【画像】綺麗な海中の画像が集まるスレwwwwwww

no title

1:  匿名  2017/03/21(火) 14:57:42
綺麗な海中の画像を貼っていきましょう!
主が貼ったのは慶良間諸島の海中の画像です。海中の画像探してたらこの写真が出てきて、あまりにも綺麗すぎたので見とれてしまってました(笑)





引用元: 綺麗な海中の画像を貼るトピ

こんな女には気をつけようと思ったエピソード、教訓を語ろうwwwwww



1:  匿名  2017/03/21(火) 19:12:34
被害をこうむらないよう、傾向と対策を練りましょう。
皆さんのエピソード・教訓・自論なんでも良いのでお聞かせて下さい。
主は「普通そうな人ほど腹黒い」これです。
 




引用元: こんな女には気をつけよう!選手権

【爆笑】深夜だけど笑えるコピペ貼っていこうぜwwwwwwwwww



1:  匿名  2017/03/22(水) 00:55:49
女「なんで彼女つくったり付き合ったりしないの?」
俺「じゃあお前俺と付き合えるのかよ」
女「えっ」

はい論破^^

論破......
 




引用元: 深夜に笑おうぜ。笑えるコピペ貼っていこう

【画像】オタク用語の「バブみ」、テレビで誤用されて拡散されるwwwwwww

no title

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/03/21(火) 16:14:50.14 ID:ID:kX9fduQM0.net
@Kan_TORI

「バブみ」が腐女子のものになって悲しい…

https://twitter.com/Kan_TORI/status/843854432244645888/photo/1



@Makotsu54

バブみってキャラクターそのものに母性を感じるものだと認識してたんだけど、
女子自身がキャラに対して母性を溢れさせるものらしい
これが男子と女子の見解の相違ってやつか…

https://twitter.com/Makotsu54/status/843855951002140673




引用元: 【 悲報 】オタク用語の「バブみ」、テレビで誤用されて拡散される

【画像】日産 次世代EVの新型リーフ 2017年9月正式デビューへ!米テスラへ対抗か

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/03/20(月) 12:18:33.47 ID:CAP_USER
http://autoc-one.jp/nissan/leaf/special-3240822/






日産の北米法人は3月9日、EV(電気自動車)に関する公式ツイッターで「新型リーフ(LEAF)が今年9月に世界デビューし、今年末に発売を開始する」と発表した。

これを受けて、アメリカの自動車関連ウェブサイトでは、アメリカにおけるEV市場の今後を占う様々な記事が出ている。

アメリカ市場では、昨年から乗用車が売れない状況が続いており、その流れは今年になっても続いている。
トヨタ新型“カムリ”、ホンダ“アコード”など、アメリカのセールスボリュームを担うミッドサイズ乗用車は1〜2月の累計で前年同期比17.5%減と大幅な落ち込み。

一方で、大型SUVなどライトトラック分野は売り上げ増となる展開だ。これはガソリン価格が1ガロン
あたり2ドル強(リッターあたり70円程度)で安定しているため、顧客のエコカー意識が上がらず、ハイブリッド車よりもデッカイSUVを選ぶ人が増えているのだ。

EVについては、テスラ モデルS/モデルX、日産リーフ、そしてGMボルトが量産されているが、
テスラをファッション感覚で所有する富裕層が中核であり、一般乗用車として“リーフ”や“ボルト”を購入する人が多い訳ではない。
そうしたなか、このタイミングで日産が半年先の新型リーフ発表タイミングをアメリカ発で公開した裏には、2つの理由があると、筆者は考える。

まずは、ZEV法(ゼロ・エミッション・ヴィークル規制法)への対応だ。米国・カリフォルニア州環境局が定めるEVやFCV(燃料電池車)等の電動車の普及を目指す法律で、
2017年夏に発売される2018年モデルから、ZEV法が一部改正させる。
これを受けて、これまでZEV法の対象だった、デトロイト3(GM、フォード、FCA)と、日系ビック3(トヨタ、日産、ホンダ)以外に、
ジャーマン3(ダイムラー、BMW、VW)や韓国ヒュンダイ・KIA、そしてマツダ、スバルなど多くの自動車メーカーがEVや
PHEV(プラグインハイブリッド車)を北米市場に一気に投入する。

日産としてはこれからも、ZEV対応の筆頭をEVのリーフとしているため、カリフォルニア州環境局から日産に課せられた
ZEVの販売台数をクリアするために、競合車が増える2017年にリーフのフルモデルチェンジを合わせたと考えられる。

もうひとつの理由は、テスラ モデル3への対抗策だ。各メーカーからEVが出るのは、あくまでもZEV対応であり、
本気でEV市場を拡大しようと考えているのは、現時点ではテスラと日産の2社のみ。
VWがEV拡大戦略とうたっているのは、あくまでも排気ガス規制違反による企業のマイナスイメージ刷新が主な目的であり、本格的なEV量産にはまだ時間がかかる。

となると、EVの販売ボリュームゾーンは当面、『モデル3』と『リーフ』が担うことになる。よって、モデル3の量産が始まる
今年後半を意識して、日産リーフも新型投入となるのが妥当だ。

(続きはサイトで)



引用元: ・【クルマ】日産 次世代EVの新型リーフ 2017年9月正式デビューへ!米テスラへ対抗か [無断転載禁止]c2ch.net